人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 31日

虹を楽しむゴルフ

今日から3日連続でゴルフ。この歳にしてそれに耐えられる体力に感謝すべきかもしれない。
そしてそういう仲間がいることも・・・

仙台近郊では、ゴルフの時期、特にコンペなどは11月で締める。
勿論、個人的には雪さえ降らなければ1年を通してプレイする人もいるが、手がかじかむほど寒い思いをしてまでゴルフする気は無い。

今日は不安定な天気で苦労した。
晴れていたと思っていたら、突然雨が降ってきたり、強風が吹いてきたㇼ、ゴルフするにはあまり恵まれた日ではなかった。

ただ、今日ほど虹を楽しんだことはない。
a0148206_19372323.jpg
虹に向かってのショット、爽快である。勿論ナイスショットした時だけだけど。
a0148206_19372339.jpg
こういう青空なのに、突然雨が!信じられない。

翻弄されたそういう1日であったが、ゴルフは楽しい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








by seokazuo | 2018-10-31 19:47 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2018年 10月 27日

ミュージカル「オペラ座の怪人」を観る

劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」の仙台公演がこの22日に始まった。3ヵ月のロングランである。

ホールは「東京エレクトローンホール宮城」、定禅寺通りに面している。
a0148206_05532551.jpg
a0148206_07212137.jpg

数日前、その前を通った時、チケットの有無を確認したら数枚残っていた。
ミュージカルにそれほど関心が高いわけではないが、つい衝動買いしてしまった。


観客は女性が圧倒的に多く、男性はちらほら・・・
a0148206_07221957.jpg
a0148206_07243685.jpg
ミュージカルの入門編として最適なのは、劇団四季の舞台から観た方が良いと言われているが、昔「キャッツ」を観たことがある。
ただ、それにどう感動したかどうか記憶も定かではない。

ニューヨークのブロードウエーで「シカゴ」を観たことがあるが、事前にストーリーを調べていたにもかかわらず、それでもついて行けなかった。


ミュージカルは事前に時代背景やストーリーを勉強しておかないと、我々素人には、その良さが分からず、居眠りをしてしまうこともある。
a0148206_07421333.jpg
a0148206_07421885.jpg

今回もネットであらすじは調べていたので、およその流れにはついて行けたが、それでも映画みたいにはいかない。

ミュージカルで圧倒されるのが舞台装置である。今回の主役は2万4千個のクリスタルビーズで飾られた、重さ300キロはあるとされるシャンデリアだろうか。
これが突然落下するシーンには、度肝を抜かれた。舞台とはいえ、音響や光線などでの演出効果も加わり、迫力があった。

ダンスや音楽や衣裳など、結構楽しいものである。
わき役にも注目すると面白い。

観劇後の感動は観た人にしか味わえないものがある。
やはり、映画と違って臨場感がすごい。

2時間40分の公演後、最後のカーテンコールも、くり繰り返しくり返し。途中からは観衆が立ち上がってのスタンディング オベーション(standing ovation)!
つられてつい立ち上がってしまった。

年甲斐もなく観たミュージカル、次があるかどうかわからないが、観てよかったというのが実感である。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~













by seokazuo | 2018-10-27 21:05 | イベント | Comments(0)
2018年 10月 25日

紅葉第三弾は裏磐梯

八幡平、蔵王に続き、紅葉第三弾は福島県の裏磐梯方面へ。
a0148206_06474997.jpg
途中、最初に立ち寄ったのが、達沢不動滝。
幅16m、高さ10mの岩肌に沿って水がスダレのように流れ落ちる豪快な滝である。  昔、修験の場だった雰囲気がのこっている。
a0148206_07300286.jpg
a0148206_06585269.jpg
中津川渓谷の紅葉。
a0148206_07024518.jpg
三湖パラダイス、裏磐梯に点在する「檜原湖」「小野川湖」「秋元湖」の三つの湖
が一望できる場所である。
a0148206_07082829.jpg
a0148206_07105287.jpg
a0148206_07111623.jpg
明治20年、磐梯山北側の小磐梯山が小規模な爆発をおこし、多くの湖沼が出来た多数の沼の総称、五色沼の中で最大の沼「毘沙門沼」。
a0148206_07150938.jpg
a0148206_07153964.jpg

後方は磐梯山。
a0148206_07155749.jpg

檜原湖で一休み。
a0148206_07204113.jpg
a0148206_07204802.jpg
a0148206_07205677.jpg
磐梯山ゴールドラインより猪苗代湖を遠望。
a0148206_07224635.jpg
a0148206_07223717.jpg


スキー場も紅葉。
a0148206_07234772.jpg
まさに、紅葉漬け一日だった。
a0148206_07262754.jpg
振り返ると、磐梯山が・・・
a0148206_16512611.jpg



<関連ブログ>





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




by seokazuo | 2018-10-25 21:45 | 季節・景色 | Comments(2)
2018年 10月 17日

一人生活:掃除

一人生活で面倒くさいのが掃除である。

我が家には普通の掃除機もあるが、今は出番はほとんどない。
a0148206_09381956.jpg
重いし、コードが邪魔で、コードレスタイプを追加している。
a0148206_09381930.jpg
それでも最近、稼働率がいまいちである。
何となくやる気がない。

ダスキンはどうだろうか?
お試しで借りてみた。1ヵ月借りたが、結局4回しか使わなかった。
これもダメだ!

要は掃除をしようとするやる気の問題である。

最後に行きついたのが、ロボット掃除機”ルンバ”である。
いままで、あんなおもちゃみたいなもの!と、関心はなかったが、物は試しと購入してみた。

意外とよく働いてくれる。
いつもはテーブルの下でこっそり待機。
a0148206_09381803.jpg
a0148206_09381973.jpg
床にはいろんなものが雑然と置いてあるが、四苦八苦しながらもよく働いてくれる。
しばらくは、付いて廻り、働きぶりを監視したが、何とか役立ちそうである。

拭き掃除用をして、マップも購入しているが、いまだ使ったことはない。
a0148206_09381946.jpg

一人生活にしては、掃除グッズが溢れてしまっている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




by seokazuo | 2018-10-17 09:52 | 生活・日常 | Comments(0)
2018年 10月 13日

切花から生花へ

花が好きだった妻が逝って1年余り、仏前にはずっと花は絶えなかった。
花瓶に花、盛花など・・・

妻は、庭中に花を植え、1年を通して花とともに日常を過ごしていた。
活きた花が好きだった。

たまたまホームセンターで見つけた鉢植えの菊、気に入って買ってみた。
小菊がいっぱい、こんもりとしているのが良い。
みんな咲いたらどうなるだろうか?
a0148206_09340666.jpg
購入したのは9月21日である。
これを仏前に飾ってやろう。

そして3週間余り、ほぼ咲きそろった。
直径50cm!我ながらよく咲かせたと感心している(笑)

咲かせたと言っても、日当たりの良いところに置き、適宜の水遣り、そして時々液体肥料を与えたにすぎない。
a0148206_09351439.jpg
a0148206_10433388.jpg
仏前に置いたことにして、実は日当たりの関係もあり、今はリビングに置いている。
花は条件の良いところに置くよう、いつも気を遣っていた妻だから、日当たり優先、本人もそれを望んでいるだろう。

買ってから知ったが、こういう育て方の菊を「ドーム菊」と言うのだそうだ。

すっかり気に入って、その後2つ目も購入している。
a0148206_09453616.jpg
まもなく満開。

このドーム菊の存在を知る前にも、仏前に置こうと、菊を買ってきて寄せ植えしていた。
これもお気に入りである。
a0148206_09483537.jpg
今まで花を育てたことはなく、何よりも土いじりが苦手だった。

こうやって少し動いてみると、結果が出るものだ。
我が家の庭も一人暮らしにしては結構カラフルである。
a0148206_13320169.jpg
これからも仏前に置いてやろう、そういう意識で少しずつ、花に接してみようか・・・


今、仏前はフェイク造花の胡蝶蘭などで賑わっている。
a0148206_10085598.jpg
a0148206_10092017.jpg

~~~~~~~~~~~~





by seokazuo | 2018-10-13 10:10 | 生活・日常 | Comments(3)
2018年 10月 10日

ひとりゴルフ、その後

ゴルフコースでのひとり実践トレーニング、その後も続けている。
a0148206_10410831.jpg

やはり練習場とは違い、練習効果は出ているような気がする。

昨日は、前でプレーしている人から誘われ、途中から一緒にプレーすることに。
待ち時間にはよもやま話、それなりに楽しいものである。

後で気が付いたが、お互いに名前の交換していなかった。


このコースで初めてプレーしたとき、カートの重さにてこずった。
2回目からは、カートを借りるのを止めて、携帯用のバッグを持ち込んでいる。

日頃クラブは13本使っているが、このバッグにはパターを含め7本しか入らない。どのクラブを選ぶか悩むが、でも何とかなるものである。
a0148206_08542418.jpg
a0148206_08543449.jpg
日頃はキャディ付きでプレイすることが多いので、グリーンまでの距離など教えてもらうが、なじみのないコースでのひとりプレーとなると勝手が違う。
そうだ!

思いついたらさっそく実行、アマゾンへ。
新しい相棒を手に入れた。
a0148206_09095042.jpg
グリーン(フラグ)までの距離を実測できる携帯型レーザー距離計(レーザー光を目標物に照射した後、反射して戻るまでの距離を算出する仕組み)である。
大人のおもちゃも次々に現れる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





by seokazuo | 2018-10-10 09:18 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2018年 10月 08日

紅葉第二弾は蔵王

先週の八幡平に引き続き、今週は近場の蔵王へ。

蔵王連峰は宮城県と山形県の県境をなし、主峰は熊野岳(1,841m)と刈田岳(1,758m)で代表される。
宮城県側から刈田岳近くを越えて、山形県側に通じる蔵王スカイラインは観光道路として人気が高い。

連休最後の8日、好天に誘われ混雑を覚悟の上、蔵王スカイラインを上った。
8~9合目辺りが一番見ごろであった。
右端が刈田岳。
a0148206_21330064.jpg
a0148206_21335123.jpg
ここは「こまくさ平」、駐車場、展望台があり、今の時期一番のビューポイントだろう。
見渡す限り紅葉!拡大しないと紅葉は判別できないかも。
a0148206_22055838.jpg
a0148206_21490814.jpg
a0148206_21352192.jpg
a0148206_21353636.jpg
a0148206_21355059.jpg
a0148206_21362395.jpg
蔵王は活火山、時々警報が出る。
行動はどうぞ自己責任でと。
a0148206_17491256.jpg

少し上が「賽の河原」と呼ばれ、ここから刈田岳までの登山道がある。歩いて1時間程度。
a0148206_22175507.jpg
賽の河原より刈田岳を見上げる。
山形県側からの蔵王は優しい感じに見えるが、こちら宮城県側の蔵王は、荒々しい景観となる。
a0148206_21522115.jpg

引き寄せると、ここにも紅葉が。
a0148206_21524521.jpg
見下ろしても・・・
a0148206_21532868.jpg

宮城県側を振り返る。太平洋は雲で見えないが。
a0148206_21464661.jpg
車なら5~6分程度で刈田岳頂上まで行けるが、さすがにシーズンの連休最終日、上り渋滞がすごく、頂上の駐車場まで行くには1時間では無理?諦めてUターンすることに。

蔵王の周辺は無数の温泉があるが、帰りの途中で青根温泉(江戸時代、伊達氏の御殿湯があった)に立ち寄り、温泉を楽しんだのは言うまでもない。

遅いランチは、仙台に帰ってから。今日は近場の紅葉狩りである。

a0148206_08423546.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~











by seokazuo | 2018-10-08 22:19 | 季節・景色 | Comments(0)
2018年 10月 07日

スマホ用バッテリー強化

スマホ用携帯バッテリーは外出時持ち歩いている。

ただ、今年の台風や地震時の停電を考えると、ちょっと不安。
そこで、より大容量のバッテリーを追加購入し、万全を期している。
a0148206_11261309.jpg
右上の白いバッテリーが日常持ち歩いている。容量は5200mAH、1日分は十分充電できるので、2日分はカバーできる。スマホは1回充電すると1日は十分持つ、その程度の使い方である。

右下の黒いバッテリーは、白の倍容量、10,000mAH、スマホ3回程度は充電できる。

その左隣、新規購入した長い黒のバッテリーは、更に倍容量の20,000mAHで、おそらく7~8回分はカバーできるだろうと期待している。

写真ではiPadを試験的に充電中で、おそらくiPadでも2回の充電にも耐えられるはずである。

なお、この大容量のバッテリーはあくまでも停電対策としての位置づけで、日常持ち歩くには重すぎる(450g程度)。



~~~~~~~~~~~~~~











by seokazuo | 2018-10-07 11:52 | 生活・日常 | Comments(0)
2018年 10月 04日

紅葉第一弾は八幡平


今年の紅葉第一弾は八幡平である。
山頂はすでに枯れており、アスピーテラインを上る途中が見ごろを迎えていた。
a0148206_21390275.jpg
a0148206_21394779.jpg
a0148206_21395877.jpg
a0148206_09491652.jpg


八幡平は岩手県と秋田県にほぼ等面積で広がり、名前の通り平べったい。
山頂は1613m。
a0148206_09414420.jpg

レストハウスがウオーキングの出発点。
a0148206_08400248.jpg

八幡平には無数の沼や湿地が広がっており、今回ハイキングツアーで訪れた。
a0148206_08430489.jpg
鏡沼。

a0148206_08442762.jpg

この鏡沼では、雪解けの頃、中央部分の雪を囲むように解けた水がドーナツ状にたまり、巨大な「目玉」のように見えるそうである。この風景を「八幡平ドラゴンアイ」と呼び、PRを始めたところ、台湾の観光客がSNSで発信したのをきっかけに、海外からも注目を集め、外国人訪問が急増しているそうである。

<ドラゴンアイの写真、ネットより転載>
a0148206_09245799.jpg



めがね沼、こういう沼が次々に。
a0148206_09311712.jpg

a0148206_08501201.jpg

メガネ沼の畔のチングルマの群生地。この時期はやはり紅葉か?
八幡平は高山植物の宝庫と言われているが、今に時期はほとんど見ることはできない。

石板を敷き詰めたなだらかな山道を登っていくと、やがて八幡平頂上(1613m)。
平べったいので山頂とイメージはない。
a0148206_08533020.jpg

展望台より岩手山方面を望む。
a0148206_08544926.jpg

八幡平は日本百名山のひとつである。
a0148206_08554190.jpg

展望台のすぐ近くのがま沼。少し望遠で引き付けると岩手山もはっきりと。
a0148206_08573421.jpg

八幡平で最大の沼、八幡沼。長さ600m、幅200m。
a0148206_09002245.jpg

八幡沼を眺めながらランチ。
この日、着いた時は10℃を切っており、また風もあった。ダウンを着込んでいたが、このころは日差しもあり心地よい暖かさに。

この八幡平の左側を進んでいくと、湿地帯に。
6月ごろはニッコウキスゲも楽しめるという。
a0148206_09050661.jpg

a0148206_09051169.jpg

この日は好天に恵まれ、岩手山も楽しめた。
a0148206_09103735.jpg


a0148206_09104603.jpg



歩いた距離は5kmあまり、約2時間半の行程だった。ガイドさんの丁寧な案内で充実した八幡平ウオーキングを楽しんだ。
a0148206_09131845.jpg
下りでもう一度紅葉ゾーンを楽しめた。
a0148206_09495292.jpg


帰りは松川温泉で疲れを癒し、帰途に。
仙台に帰り着いたことには、陽はもう落ちていた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












by seokazuo | 2018-10-04 09:33 | 旅行・国内 | Comments(2)
2018年 10月 01日

フィットネスジム

運動不足をどう補うか・・・

今のように気候に恵まれた時期は、ゴルフも多いし、歩くチャンスも多いから、それほど気にする必要はないが、
寒い時期、冷たい風の強い日、あるいは雪の日など、とたんに動く機会が減ってしまう。

そういう時の運動不足を補おうと、フィットネスジムに通っている。

ホテルの2階にある。
a0148206_09273717.jpg
a0148206_09273136.jpg

昨日のように大雨の日でも、車で直接地下の駐車場に入るので、自宅から傘なしでも通える。

今更筋トレをする年齢でもないが、いろんな健康マシンが揃っている。
ランニングマシンでひと汗かいても、80Kcalが精一杯。ビールコップ一杯に過ぎないが。

プールも時々利用している。

最後はバスルームでゆっくりして帰る。

実は、この風呂に入れるというのが意味がある。

一人生活になって、シャワーで済ませるシーズンは良いとして、寒い時期一人で入浴するのに、何となく不安を感じる。
万が一倒れてしまったら・・・

人目の前で風呂に入る、そういう目的で日帰り温泉にも時々行くが、フィットネスジムに通うようになって、風呂も済ませるのはありがたい。
風呂を目指してフィットネスジムに通い始めたと言ってもいいのかもしれない(笑)



~~~~~~~~~~~~~~~~~




by seokazuo | 2018-10-01 09:46 | 生活・日常 | Comments(2)