人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 30日

虹に向かって打つ

ひとりになると、歩くことが極端に減ってしまった。

歩くためにただ歩く、というのはなかなか長続きするものではない。
今日のランチは、あそこに行こう・・・
今日のショッピングはあそこへ・・・
歩くために旅行に行くことも・・・

結果としていつのまにやら歩いてしまった、というのがふたりでの散歩のパターンであり、長年続けることができた。


できるだけ体を動かすように努力しているが、そのひとつがゴルフの練習再開である。
ただ、クラブを振り回すだけであるから、練習だけではあまり運動にはならない。
あくまでもきれいな芝の上を歩いて、歩数を稼ぐための準備である。

今日も行きつけの近くの練習場に出かけた。
ふと気が付くと、虹が出ている。
a0148206_20473309.jpg

最初は右側だけであったが、円弧がだんだん左側へ成長して見事に完成!
まさに虹に向かって打つ!!!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





by seokazuo | 2017-09-30 20:57 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2017年 09月 24日

寝袋の活用

朝夕めっきり涼しくなり、毛布が欲しくなる。

寝相が悪いのか、ちょっと暑いと布団や毛布がベッドよりずり落ちることがよくある。

そこで頭に浮かんだのが、シュラフ(寝袋)である。
昔、キャンプで使った記憶があるだけで、何十年もその存在すら忘れていた。
いつものように思い立ったらすぐ行動する・・・即アマゾンを開く。

使ってみると、これがいたって調子が良い。
a0148206_19454976.jpg
昔はごつごつ感があったように記憶しているが、最近のものは羽毛布団のようにソフトで肌触りもよい。

袋の中に入るから窮屈ではないか?
ゆったりしており、左に右に寝返っても余裕がある。
笑いたくなるぐらい暖かい。

少し暑いときはジッパーを開いておけばよい。
決してベッドからずり落ちることはない。

ジッパーを全開すれば、広い掛け布団になる。
a0148206_19454883.jpg
今回試しに購入したのは、薄手の寝袋だったが、厳寒用のをもう一つ買ってもいいかなと思っている。

またこれは丸ごと洗濯機で洗うことができるので扱いやすい。

リビングに床暖が入るころになったら、これをもってリビングで寝る?(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





by seokazuo | 2017-09-24 20:01 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 09月 22日

トンボが飛び交うゴルフ場で

今何をすべきか・・・

考え込むといろいろあるが、今は何といっても健康を維持すること、体を動かすことである。
そうなると考えられるのはゴルフしかない。

1年ぶりに練習を再開した。

そして今日、会社仲間のコンペに参加した。
快晴、気温23度、心地よい秋風、そして飛び交うトンボたち、
忘れていたゴルフの楽しさを思い出させてくれた。

ロングホール、
a0148206_21081469.jpg

ショートホール、
a0148206_21081478.jpg

真っ青な芝生を歩くのが最高に楽しい。
今日は12000歩あまり。

ゴルフをやっているときは、他のことは一切考えない。
これがなによりも精神衛生上よい。
ゴルファーだけの特権である。

これからも機会を見つけて、できるだけゴルフの回数を増やすようにしたい。

このゴルフ場は我が家からはやや遠く30kmあまり、
往復のドライブも最高の気分転換になる。

久しぶりに爽快な一日を過ごした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






by seokazuo | 2017-09-22 21:23 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2017年 09月 21日

寝不足気味・・・

a0148206_19381372.jpg
この写真は何?
言い当てる人はまずいないであろう。

このところずっと睡眠不足気味である。
寝つきは割にいい方だが、真夜中、2~3時になると目が覚めてしまう。
特にトイレのせいではないようである。
後は明け方までうとうと・・・こういう状態が続いている。

よく大リーグの試合とか、米国ゴルフツアーで日本人が活躍すると、どうしてもその頃起き出してテレビを見ることが多いが、
昔から妻にそれはそうでしょう!とよく言われたものだ。

当然、昼間に眠くなることがあるが、体調が特に悪いわけではなく、日常生活への影響はない。

2ヵ月ごとに通っているかかりつけ医に相談し、睡眠薬を出してもらった。

今まで睡眠薬なんて飲んだことはない。
一旦薬に頼り出すと、もう止められないのでは?と素人は考えてしまい、しばらく手を付けないでいた。

しかしとうとう飲んだ。
まず半分から始めてみようと、半分からスタートすることにした。
割った残りが、上記写真である。
青い葉っぱのような絵は、薬を置いた小皿の絵柄である。

半分しか飲まなかったが、結構効いたようで、朝まで目が覚めなかった。
ただ、次の日は飲まなかったら、やはりいつものように3時に目が覚めた。

さて、今後どうするか・・・迷っている。


今までも眠れないとき、風邪薬を飲むと、それが結構効いたことがある。
風邪薬にもいろいろあり、睡眠効果のあるのとないのがあるという。

我が家には専属薬剤師がいたので、薬に関してはいつも安心して任せられた。
ちょっと調子が悪いというと、すぐに「これ飲んで」とくる。

孫が熱を出したり、何か体調に異常が出ると、すぐに母親(嫁)から電話が入り、妻に相談していた。
病院が休みの日など、電話するだけでも心強かったようである。

しかし、いまはもうその専属薬剤師はいない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








by seokazuo | 2017-09-21 19:48 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 09月 20日

灯油タンクの修理で思うこと

我が家は風呂などの給湯と床暖房は灯油式である。

200Lの大型タンクを設けており、生協におまかせ給油をお願いしている。
定期的に給油してくれるので、灯油で手を汚すことはない。
a0148206_14092446.jpg
冬場は床暖房の消費が多くなり、毎週給油に来てくれないと追いつかない。

先日、たまたまタンクのそばを通った時、地面が湿っているのに気が付いた。
タンクの下部についている水抜き部のキャップからぽたぽたと(2秒に1滴程度)落ちていた。
a0148206_14092556.jpg

応急処置として、シーリングテープ(もともと水道補修用)を巻き付けて、油漏れを抑えた。
a0148206_14092479.jpg

こういう場合、修理はどこに頼むのか?

近くのホームセンターに行ってみると、灯油タンクを扱っていた。
事情を説明して修理できないか相談したが、20年以上も経つタンクの修理は無理だという。

仕方がない、タンク自体を取り替えるか・・・その時はそう覚悟をした。

一旦帰宅して生協に電話して、タンクのメーカー、型式などを伝え修理の可否を問い合わせたところ、修理可能という。

そして今日、生協指定の業者がやってきて、30分足らずで簡単に修理してくれた。
キャップを交換し、ボイラー周りを含めてのパイプの水抜きをして終わり。
a0148206_14092441.jpg


必要時はタンクの交換も請け負うという。

機器が壊れた時は、どうしても機器メーカー方向に目が向いてしまいがちだが、
そうか、こういう時は生協に相談すればいいんだ!

我が家も建って20年を超えた。
いろんなところでトラブルが発生しても仕方がないが、そういう場合、どこに相談し、どういう手を打つべきか?
悩ましい問題が増えてくる。

高齢化社会の問題が、こういう形でも、自分周りにもひたひたと押し寄せてきていることを実感せざるを得ない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







by seokazuo | 2017-09-20 14:23 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 09月 18日

孫の柔道試合応援、逆転の一本

小5の孫が柔道をやっている。
仙台大学柔道塾で指導を受けている。

今日は宮城県内の少年柔道塾や同好会などが参加する団体戦で、小学生男子部門(5、6年生)では21チームが参加した。
1チーム5名、今年は孫が同塾チームの大将である。
a0148206_18215854.jpg
a0148206_18222006.jpg
1回戦は4勝した後、最後の大将戦では指導を受けて判定負け。相手は6年生で体も一回り大きく評判の強い選手だったようだが、出足が悪い。

2回戦は見事な払い腰で一本勝ち、見事に決まった。
a0148206_18263057.jpg
a0148206_18262937.jpg
a0148206_18262957.jpg
a0148206_18263009.jpg
3回戦ではチームは勝ったが、孫はまた判定負け。
どうした!どうした!

決勝では県内でも強いとされるチームが相手であった。
1人目、2人目、そして3人目はいずれも引き分け。
4人目は判定負け。
もう後はない。

最後の大将戦では、抑え込みの一本で勝った。
抑え込み!(カウント開始)
a0148206_18313055.jpg
20秒で一本!
a0148206_18313434.jpg
結局1勝1敗3分となったが、一本勝ちを優先とし、優勝が決まった。
見事な逆転優勝である。
a0148206_18342557.jpg

そして表彰式。
a0148206_18345121.jpg
a0148206_18345802.jpg
次は、宮城県代表として、東北大会に参加する。

ところで、背中には名前の下にそれぞれの所属するチーム名「仙台大学柔道塾」が入るが、孫は宮城県の強化選手になっているため、こういうローカルの大会でも「宮城」の銘が許されているのだそうだ。
a0148206_18430657.jpg
我が家系では初めての本格的な?スポーツ選手、これからの活躍が楽しみである。

なお、仙台大学柔道塾の塾長 南條充寿氏は、仙台大学の教授で柔道部の総監督であるが、リオ・オリンピック女子柔道監督として、女子柔道金メタルなど5個のメタル獲得するなど指導者として活躍された。

今日も鋭い目つきで指導にも力が入っていた。
a0148206_18554195.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








by seokazuo | 2017-09-18 19:16 | イベント | Comments(4)
2017年 09月 17日

主のいない寂しい庭

庭の管理人が居なくなって、雑草も増え荒れてきた。
倒れて緊急搬送入院したのが、昨年10月末だから、もう10カ月以上になる。

それでも、妻が育てていた花がチラチラ顔を出してきている。
以下は2017-9-17撮影。
a0148206_19325897.jpg


カクノトラノオ、
a0148206_19330070.jpg
アベリア、
a0148206_19330031.jpg

アリッサム、
a0148206_19325996.jpg

アオバナホトトギス、
a0148206_19325911.jpg

マリーゴールド、
a0148206_19325931.jpg


ゼラニューム、
a0148206_19325844.jpg

バーベナ、
a0148206_19325776.jpg

木立ベゴニア、
a0148206_19325703.jpg

シュウメイギク、
a0148206_19370907.jpg

ノボタン、
a0148206_19370872.jpg

ミズヒキ、
a0148206_19370886.jpg

???
a0148206_19371185.jpg
花の名前を覚えるのは大の苦手で、写真を撮るたびにいつも妻に聞いていた。
多い年は200種以上の花が入れ代わり立ち代わりで咲いていたが、妻はほとんど即答で教えてくれ、その記憶力にはいつも感心していた。

今はもう聞く人はいない。

過去の記録を見直し、かろうじてこれだけの花の名前を付すことができた。

庭の花はどんどん消えていくだろうが、撮った花の記録は、しっかり残っている。
妻の好きだった花園は、しっかり画像として残したい。花に囲まれていた妻の姿とともに・・・
a0148206_20422731.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









by seokazuo | 2017-09-17 20:45 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2017年 09月 14日

そば畑を探す

この時期、そば畑がきれいなはずである。
一面真っ白になる・・・妻の好きな花だった。

今の車に替わって、まだ遠出したことがない。
好天に誘われ、初めての県外、山形県の最上地方を目指した。
最上地方は、先日「リゾート列車「みのり」で回った、新庄市を中心とした最上川流域である。

目的地は肘折温泉、その手前にある「湯の台高原そば畑」、見事であった。
まさに白い絨毯を敷き詰めたような・・・そういう表現がぴったりである。
a0148206_20004111.jpg
a0148206_20004211.jpg
そばの高さが分かるように撮ってみた。
a0148206_20004145.jpg
肘折温泉まで来て、温泉に入らないわけにはいかない。
温泉街のはずれに立派な日帰り温泉施設があった。
a0148206_20004469.jpg
肘折温泉街は、古くは湯治場であったことから、いまでも自炊客が多いようだ。
町中も鄙びた湯治場の雰囲気である。
a0148206_20004390.jpg
a0148206_20004375.jpg
このエリアは日本有数の豪雪地帯としても有名であり、冬場の積雪は4mを越えるという。
冬場、地区外への唯一の出入り道路が、平成24年の大規模地滑りにより崩落したため、ラセン状の大橋ができていた。
遠景が肘折温泉である。
a0148206_20004439.jpg


帰りに立ち寄ったのが、そばが有名な大石田町、
名物のお団子屋「最上川千本だんご」で団子を食べ、
a0148206_20521608.jpg

ランチは当然「大石田そば街道」で「板そば」である。どういう訳か、イカのげそ天が付く。板そばは家を出る前から決めていた。
a0148206_06535472.jpg
a0148206_20004019.jpg

新しい車は普通のガソリン車である。
覚悟していたとはいえ、今までのハイブリッド車に比べ、燃費はほぼ半分、2ヶ月半で1000km走って、10km/L前後であった。

今日のドライブでは220km走行で、燃費は18.5km/Lと意外に伸びた。
それだけ道路が空いていて、信号はほとんどない田舎道を走ったということである。

今日の妻への土産はそば畑の写真とお団子である。
a0148206_05234310.jpg
a0148206_20515518.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





by seokazuo | 2017-09-14 20:59 | 日帰り圏 | Comments(0)
2017年 09月 03日

江の島散策


三男の住んでいるのは世田谷区、小田急沿線である。
「明日はお天気が良さそうだから、朝の散歩で江の島まで富士山を撮りに行ってくる」
と朝食は断っておいた。

当日朝、出発したのは6時20分、ちょっと出遅れてしまった。

小田急線終着駅「片瀬江の島」に着いたのは7時半過ぎだった。
a0148206_09385766.jpg
富士山は!?
この方向に見えるはずだが・・・見えない!
a0148206_09395271.jpg

犬を連れて散歩していた人に聞いてみたら、朝早くは見えたとのこと。
「これから待っても見えないでしょうね?」
助け舟を求めたが、黙って笑い顔で去って行った。

このまま引き返すのは悔しいので、久しぶりに江の島を歩くことにした。
よく考えてみると、江の島まで渡ったのは何回かあるが、島を歩いた記憶はない。

まず島の左側(東側)へ、土産物店が並んでいるが、まだ営業はしていない。
細い路地に入ると、釣具屋や宿が。
a0148206_09474494.jpg
生活感が漂う。
a0148206_09481526.jpg
江の島に住んでいる人は数百人とか。

さらに歩いていくと、思いがけない風景が。
波消ブロックの向こうに岩場が広がっていた。
a0148206_09482473.jpg

岩場に降りていくと、
a0148206_09490913.jpg

a0148206_09485766.jpg
島の周囲のほとんどは激しい浸食によって切立った崖になることに、今回初めて気が付いた。
a0148206_09552358.jpg

丁度潮が引いている時間帯だったから歩けたが、うっかりすると帰れなく可能性のある岩場である。
格好の磯釣りの場となっている。
a0148206_09591885.jpg
これ以上は進めないので、引き返してヨットハーバーへ。
1964年の東京オリンピックに際し、日本で初めての競技用ヨット用ハーバーとして建設され、1000隻以上ものヨットを収容できるそうである。
a0148206_10020091.jpg
a0148206_10023316.jpg

2020年東京オリンピックに備え、これだけのヨットを他所に移すそうだが、ここに来るとその大変さが伝わってくる。

入口に引き返し、右側ヘ歩くと、飲食店や土産物店などが両側に並ぶ中央の弁財天仲見世通りとなる。
a0148206_10115146.jpg
登っていくと「エスカー」という看板が目について。
何だろう?
屋外エレベーターで頂上まで行けるという。
歩いて登るのはそれほど苦にはならないが、試しに乗ってみることに。
エスカーは3つの区間に分かれており、1区間はせいぜいビルの3階相当分?の長さしかない。
a0148206_10203593.jpg

期待外れというか、歩くためにやってきたというのに、こんなものに乗って・・・恥ずかしい思いだった。

途中にある海の女神を祭ったという辺津宮神社。
a0148206_10222081.jpg
頂上まで上ると、分かりやすい地図があった。
a0148206_10245061.jpg

上が南方向、左が東、右が西方向である。
上(南)の海岸から左側のヨットハーバーに歩いたのが分かる。

この後、左側に進んだが、階段を下ったり上がったり、結構大変な散歩となった。
a0148206_21451281.jpg

水上バイクのレース?
展望所からは見晴らしがよい。
a0148206_21500320.jpg
a0148206_21515748.jpg
ヨットハーバーと鎌倉方面(東方向)を見下ろす。
a0148206_21584578.jpg
島の入り口に戻り、さらに右側(西方向)に進むと、すぐに岩場に降りてしまう。
ここから見る富士山や夕日は素晴らしいだろうな。
a0148206_22011722.jpg
江ノ島の西海岸は絶壁が続く。
a0148206_22012335.jpg

江の島を後にし、江ノ電で鎌倉に。
a0148206_22032718.jpg
鎌倉駅前は相変わらずの人、人、人・・・
早々に引き上げた。
a0148206_22033251.jpg
帰りは、
鎌倉~新川崎~登戸経由で帰り着いたのはお昼過ぎてしまったが、ちゃんとランチを準備してくれていた 。

17000歩の朝の散歩であった。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


by seokazuo | 2017-09-03 22:08 | 旅行・国内 | Comments(0)
2017年 09月 03日

孫がまたエスコートキッズに!

東京在住の三男夫婦は日本プロサッカーリーグJ1の「鹿島アントラーズ」の熱烈なファンである。時には全国各地で行われるリーグ戦にも応援で出かけることもあるようだ。勿論敵地に行くときは観光も兼ねているのは言うまでもない。

孫がアントラーズのエスコートキッズに選ばれたので、写真撮りにきてほしいと呼び出しがあった。
a0148206_09590950.jpg
昨年も選ばれており、幸運にも2回目である。
試合は鹿島アントラーズの本拠地、茨城県鹿嶋市にあるカスマスタジアムである。

家に引き籠っているであろうから、気分転換のため呼び出してくれたのだろう。


試合はJ1リーグ戦の合間に行われる「ルヴァン杯」、相手は皮肉にも「ベガルタ仙台」である。

三男の住んでいる世田谷区より車で2時間弱、
この日はわざわざレインボーブリッジ経由で走ってくれた。
a0148206_09535556.jpg
a0148206_09535504.jpg
ディズニーランド、幕張を通過。
a0148206_09535654.jpg
a0148206_09535643.jpg
さらに走ること1時間、成田を過ぎると、茨城県の田園風景は広がってきた。
a0148206_09535668.jpg

そしてカシマスタジアムが。
a0148206_09590712.jpg
a0148206_10191533.jpg
スタジアムの一角、エスコートキッズの指定場所に集合、説明を受けていた。
a0148206_09591819.jpg
a0148206_09591763.jpg
まず、練習でグランドへ。
a0148206_09591071.jpg
試合開始は18時過ぎ、
a0148206_09592020.jpg
いよいよ入場開始。
a0148206_09593403.jpg
孫の背番号は「33番」である。
本人の意に反し、相手チーム(べガルダ仙台)の選手と手をつないで入場することに。

そしていよいよ整列、先発選手が後ろに並んで記念撮影である。
a0148206_09535398.jpg
そしてすぐに解散、退場。この間ほんの1分半程度であっという間に終わってしまった。
そして試合開始・・・
a0148206_09535440.jpg
アントラーズの応援席に比べ、
a0148206_09590972.jpg
アウエーのベガルタ仙台側は寂しすぎるのも仕方ない。
a0148206_09591090.jpg


試合は3-2でアントラーズが勝った。


この日は鹿島アントラーズのユニホームを着せられ、敢えてべガルダ仙台を無視せざるを得なかったのは言うまでもない。
a0148206_09591899.jpg
この日はお月様も観戦?
a0148206_09535497.jpg
a0148206_09535479.jpg
帰りは順調に走り、1時間半で帰り着いた。
充実した一日であった。

少しでも気分を晴れさせようと、こういう企画をアレンジしてくれる気配りが何よりも嬉しい。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










by seokazuo | 2017-09-03 21:29 | イベント | Comments(2)