日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 29日

関口知宏のベルギー列車の旅

NHK BSブレミアムで放送される、「関口知宏の列車の旅」は好きな番組である。
今日で10日間にわたって放送された「ベルギー列車の旅」が終わった。

ブルージュを出発して、列車でベルギーをぐるっと周り、最終日にブルージュに戻ってきた。


<以下の画像は全てNHK放送の場面から>
a0148206_9583925.jpg


a0148206_9424454.jpg



実は、妻を初めて海外に連れて行ったのがベルギーである。
20数年前である。

アントワープを拠点に、ブルージュやブリュッセルなど見て回った。

一度行った国はある程度の状況がわかっており下地ができているので、、テレビの旅番組を見ていても、そこに自分がいるような気になるものである。
今回も、関口知宏に付いて行っているようで、非常にリアルに伝わってきた。

実際には行っていない地方も、巡った気になった。

最終地、ブルージュは絵葉書のような美しい街である。
a0148206_954269.jpg


妻の術後でもあり、しばらく海外旅行は控えるつもりであるが、
こういうテレビの旅番組を通して、そこに行ったことにしよう・・・

今までの思い出を、テレビを見ながら組み立てなおす、
結構楽しいものである。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-29 10:11 | 旅行・海外 | Comments(2)
2016年 01月 28日

イタリアレストラン「トラットリア」」

市内青葉通りにあるイタリアンレストランでランチした。
レストランの名前は「トラットリア」。

実は以前、FB上で友達のひとりが、「トタットリア」(東京?)という店の話を紹介されたことがあった。
調べてみると、仙台市内にも同系列と思われる同じ名前のレストランが何軒かあった。

いつか行ってみようと思っていたが、ようやく実現できた。

簡単なランチコースをオーダー、おいしくいただけた。
a0148206_924448.jpg


a0148206_9243225.jpg


a0148206_9244981.jpg


a0148206_925711.jpg


聞いてみたら、シェフは市内にあるホテルのイタリアン・レストラン(ここは良く通っている)でチーフをしていたという。

???

市内に同じ名前のレストランがあるので、チェーンですかと聞いてみたところ、
全く関係はないという。

どうやらチェーンではなかった。

「トラットリア」というのどう言う意味か聞いてみた。
イタリアの大衆向きの小さなレストランのことらしい。

つまり「トラットリア」というのは、固有名詞ではなく普通名詞ということだ。
イタリアレストランを開くときには、だれでも使える名称ということ。

この名前を知るきっかけを教えてくれたFBの友達に、早速報告しようと張り切っていたのに・・・





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-28 09:46 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2016年 01月 27日

散歩の途中で声をかけた「頑張ってください!」

寒気もようやく遠ざかり、今日は快晴、8度と絶好の散歩日和である。

市中心街までのコースは、最近は寒さや雪道のため、途中バスに乗るなどキセルしており、
完走、いや完歩していなかった。

今日は頑張ってみよう!

家を出て10分ぐらいのところに、多くのプロ野球選手(金本、いまは阪神監督ほか)やプロゴルファー(松山 英樹、池田 勇太など)を輩出していることでも有名な「東北福祉大」のキャンパスがある。

いつもキャンパス構内を突っ切っている。
雪も大分減り、歩くのも支障はなくなっていた。
a0148206_1522747.jpg


途中で、野球部の学生がランニングの練習中で、一休みしていた。
そばを通ると、いつも向こうから挨拶してくれる。

一斉に「こんにちわ!」

「頑張ってください!」と返す。

「ありがとうございます!」

ひと呼吸して、誰かが叫んだ。
「おまえら、頑張ってないよね!」
多分、リーダーだったのだろう。

しばらく歩いて、振り返ったら、必死に走り出していた。
a0148206_15214057.jpg



日当たりの悪いところで踏み固められた雪が残っているところあったが、
a0148206_16204596.jpg


久しぶりに仙台駅まで完歩!
11,000歩を優に超えた。

勿論、途中でランチ休憩が入ったのは言うまでもない。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-27 15:36 | 生活・日常 | Comments(0)
2016年 01月 22日

バス事故多発に思うこと

軽井沢のバス事故の原因は運転手のミスによるものとされつつある。
ブレーキ系統にも異常は認められないようである。

運転手の経験不足か、過労のせいか・・・?


昨年、イギリス旅行したときのことを思い出している。

初日は成田からロンドン経由でスコットランドのグラスゴーに入った。
ローカル・フライトの遅れもあり、ホテルに入ったのは真夜中である。

翌朝は8時にバスでホテル出発となっており、余裕を見てロビーで待機していた。

8時になってもバスは来ない。

20分過ぎた頃だったか、添乗員からバスが遅れるので、出発は10時過ぎになりそうだと。
理由は?

遅れる原因は次のように説明があった。

バスは近くのホテルに待機中である。
昨夜、渋滞により到着が遅れ、バスは22時にホテルに着いた。

法律により、バスは10時間は運転できないことになっているので、10時まで待って欲しいということらしい。

決まりはきちんと守る・・・
融通が利かない国だなと、諦めざるをえなかった。

日本の最近のバス事故は、運転手の過労が原因となるケースが多いようであるが、
健康管理など、決まりをきちんと守るということが、なおざりになっているような話が多い。

日本では、事故が起こると、すぐに行政指導で、管理がより厳しくなるばかりである。
運転手2人体制などが、良い例である。

海外で2人体制など、見たことはない。
その代わり、決まりはきちんと守られているようである。

トイレ休憩でも、客が全部揃っても、運転手は休憩をしっかりとっているのか、なかなか戻ってこない。

日本人にとっては、イライラすることも多いが、向こうの人は当然という顔をしている。

これも国民性の違いか、単純にそう考えてしまいがちだが、
決まりはきちんと守る・・・当たり前のことである。

日本では、必ずしもそうでない事例が多すぎる。
管理が強化されればされるほど、抜け道を探してしまいがちとなる。

真面目とされる日本人、だが”真面目”の受け取り方がずれてしまっているのではなかろうか。

<昨年6月、イギリス旅行で初日からずっとお世話になったバス&運転手>
a0148206_958437.jpg











~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-22 10:07 | 旅行・海外 | Comments(0)
2016年 01月 21日

つららが七色に

一旦雪が積もると、なかなか溶けない。

屋根に積もった雪は溶けるとつらら状に。
朝日を浴びて、きらきらと・・・
a0148206_9354497.jpg


もっと引き寄せてみると、七色に輝く不思議な世界が見えてくる。
a0148206_9372513.jpg


つららの左側にはみ出して光る理由は???
理屈は分からないが、美しい。


<追記>
<つららの左側にはみ出して光る理由は???>
この理由は、どうやらリビングのガラス(ペアガラス)越しに撮ったせいのようである。

窓を開けて、撮るとこのハミ出し現象は出ない。

つまり、ツララで反射した光が、ペアガラスを透過する際に屈折現象が起こり、
”七色”が生じているようである。

2016-1-26追記




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-21 09:41 | 季節・景色 | Comments(0)
2016年 01月 18日

雪の日もやってくる

本格的な雪、まだ降り続けており、すでに20cm近くは積もっている。

毎日やって来るすずめたち、
a0148206_1101045.jpg


こういう風におねだりされると、つい残りご飯や、パンくずを与えてしまう。
a0148206_1113559.jpg



今日もまた、雪の中をごくろうさん。
a0148206_1124664.jpg


仕方がない・・・
a0148206_1131911.jpg



外出が多い我が家の唯一の”ペット”代わり?

とは言え、警戒心は相変わらず変わらない。



<追記>翌朝の我が家の雪景色
a0148206_1521646.jpg


カーポートの雪も溶け始めた。
a0148206_15215796.jpg





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-18 11:07 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
2016年 01月 15日

大崎八幡宮のどんと祭

小正月の前日、1月14日に宮城県内では「どんと祭」が行われる。

国宝大崎八幡宮で行われるどんと祭は、宮城県でも最大規模である。
我が家から歩いて40分ほど、ちょうど良い散歩の距離にある。

なお、大崎八幡宮で行われるどんと祭は、正式には「松焚祭」(まつたきまつりと呼ばれている。

最近は、寒い夜行くのは止めて、昼間に正月飾りを持っていくことにしている。
昨日も昼前に持っていった。

すでに高く積み上がっていた。
a0148206_9495348.jpg


昼間も大勢の市民が、正月飾りを持ち込んでいた。
a0148206_951135.jpg


参道も・・・
a0148206_9514848.jpg


16時頃点火され、市内各地から集まってくる「裸踊り」の団体が集まるころが最高潮となるが、
すでにテレビ中継車が4台集まっていた。
a0148206_9545293.jpg



やや古いが、そのどんと祭の様子を記した日記がある。
仙台のはだか祭り「どんと祭





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-15 09:58 | イベント | Comments(0)
2016年 01月 14日

久し振りにおいしい安納芋

安納芋は、もともと種子島の安納地区でとれたさつまいもであるが、
こちらの店頭でも時々見かけることがある。

そんなにたくさん採れるのか? いつも不思議に思っている。

我家はふたりとも、安納芋大好きであるので、見つけては買って、やきいもにする。
だが、期待した甘さ、おいしさが得られるのはめったになく、このところずっと裏切られていた。

焼き芋にして冷凍した”本場物”の安納芋が手に入った。
a0148206_14291083.jpg


4~5分、チンすればよく、久しぶりにあのとろりとした甘さが味わえた。
a0148206_143115.jpg


a0148206_14312318.jpg


説明書きに記されていた。
「皮ごとあ召し上がりください。むねやけも防止します」と。
a0148206_16303827.jpg



最初のうちは、試しに皮ごと食べていたが、やはり皮なしの方が美味しい。

安納芋は、収穫した直後も甘いが、収穫をしてから「長期熟成」させることで糖度が高まり、より甘みが増すそうである。
40日間程度、13〜14度の貯蔵庫で熟成し、品質がきちんと管理されて、初めて”本物の
安納芋”が生まれるわけである。

これはまさに”本物”、
美味しさがそれを証明している(^O^)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-14 16:32 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2016年 01月 08日

エスプレッス・メーカーに苦戦

年が明けて一週間が過ぎた。
孫たちに囲まれての賑やかだった正月の余韻も消えて、
いつものふたりだけの気ままな生活の戻っている。

暖冬?とは言え、庭からは花たちも消え、
一方で、暖かいリビングでは、過保護?のランたちが、自由気ままに競演している。
a0148206_1054048.jpg


a0148206_106171.jpg


a0148206_822337.jpg



エスプレッソ・メーカーが届いた。
さっそく試運転。
a0148206_10105763.jpg


二人共、コーヒーも飲むが、ミルクがたっぷり入ったカプチーノの方が好みである。
エスプレッスのように濃いコーヒーは、あまり口にしない。

それなのに、なぜエスプレッソ・メーカー?

実はこれは正式名称は、「エスプレッソ・カプチーノメーカー」である。

最初にエスプレッソを作り、スチームで泡立てたミルクを加えることで、カプチーノが出来上がる。

今日、2回試みたが、ミルクを蒸気で温めようとしたら、周りに吹き散らすし、
せっかく出来たエスプレッソをこぼしてしまったり、

とにかく手間暇がかかるし、何よりも時間がかかる。

つくづく思った、コーヒー屋のコーヒーも決して高くないと。
傍で見ていた妻も白状した、最初からそう思っていたと。


それでも、結構美味しく出来た。

自分好みにおいしいコーヒーを飲もうと思ったら、これぐらいで音を上げるわけには行くまい。
あとは慣れの問題だろうから、じっくり時間をかけて腕を上げていけばよい(^O^)







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2016-01-08 15:31 | 生活・日常 | Comments(4)