人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 22日

仙台光のページェント

いまや全国各地にイルミネーションが、
それもいろんな工夫がされてエスカレートし、カラフルさ華やかさが増している。

仙台のイルミネーションは1986年にスタート、比較的に古い方ではないだろうか。
電飾も単一色を貫いており、「スターライト・ファンタジー」の副題が付けられている。

仙台のイルミネーションは定禅寺通りを中心に展開される。

a0148206_10222256.jpg


a0148206_10284636.jpg


a0148206_14563065.jpg


定禅寺通りは、片側3車線で、中央に遊歩道がある。
定禅寺通では、電飾されたケヤキが800mほど連続して4列に密に並び、夏季には緑のアーケードだったものが、「光の回廊」へと姿を変える。
この通りが、17時30分になると一斉点灯!!!
a0148206_1025191.jpg


a0148206_10482697.jpg


この期間中も、車は走れるが、混雑するのは言うまでもない。
a0148206_10262933.jpg


車で走りながらイルミネーションが楽しめるのも珍しいかもしれない。
渋滞が却って楽しさを増すわけである。

こういう写し方も楽しめる。
a0148206_1031932.jpg


これは、ピントを右側の木の部分に合わせることで、後方のライトをピントはずれにして撮ったものである。

幻想的な雰囲気が醸し出される。
a0148206_1035412.jpg


沿道両脇のビルにはハーフミラーのガラスを使用している建物もあり、映ったイルミネーションも演出をましてくれる。
a0148206_10364814.jpg


イルミネーションは、ケヤキの葉がすべて落ちてから、ライトが付けられる。
ケヤキの木に巻きつけた様子がわかる。
a0148206_10385546.jpg


ライトは枝先まで取り付けられる。
見上げると、雲の間からお月様も・・・
a0148206_104117100.jpg


仙台七夕と関連付けもあって「地上に舞い降りた天の川」との形容がなされているが、
お月様も楽しんでくれているかもしれない(^O^)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-12-22 11:02 | 季節・景色 | Comments(0)
2015年 12月 21日

干し柿は冷凍に

干して4週間後、
a0148206_1394728.jpg


a0148206_1310784.jpg


すでに冷凍庫に納まっている。

毎年、干し柿を作っているが、出来上がる今頃は、りんご、みかんなど、
果物が豊富なので、わざわざ干し柿まで手を出す必要がない。

取り込むとすぐに冷凍する。
しばらく寝かせて、時たまデザートやおやつに、

いわばデザートの保存食である。

ただ、うっかりすると、昨年の干し柿がころりと出てくることも。
それでも味はほとんど変わらず、美味しく食べられる。


それにしても、今年は果物が豊作、
果物好きには堪えられない(^O^)






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-12-21 13:21 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2015年 12月 20日

ふるさと納税

ふるさと納税ブーム?となっているが、今年の寄付申込件数は、すでに528万件に達しているという。
まもなく今年度の締切である。

関心はあったが、いままでやったことはない。

年賀状の印刷も終わったことだし、次は何をしようか・・・
思い出して、ふるさと納税しようということに。

手続きはいたって簡単である。
ネット上で申込も支払いも簡単に出来た。
a0148206_9484495.jpg


どこの自治体に寄付をするか?

いろいろ悩んだ末に、ふるさとの県の小さな町を選んだ。
寄付額に応じ、お礼の品を送ってくれることになっており、
その品物選びにもちょっと悩ことに。

住所、氏名、連絡先などをインプットし、品物を選択するだけである。
最後に支払い方法を指定する。
いまやクレジットでもできる時代である。

あっという間に終わり、即受付完了のメールが届いた。
a0148206_9563923.jpg


いずれ領収証書が届くので、それを添付して確定申告することになる。


年甲斐もなく、新しいことに挑戦する意欲はまだ衰えてはいないようである(^O^)










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-12-20 10:05 | 社会 | Comments(0)
2015年 12月 18日

高圧洗浄機を買い換えた

高圧洗浄機を買ってもう10年ぐらいは経つだろうか、
使う頻度はそう多くはないが、時には威力を発揮してくれる。

洗車、
網戸の洗浄、
屋外の階段やベランダ洗い、
カーポートのコンクリート床の清掃、

などなど。

妻から、「お風呂の壁や天井のところどころにカビのようなものがついている」と。
こういう時は、この高圧洗浄機の出番である。

ホースの引き回しなど、段取りにちょっと時間がかかるが、あっという間に綺麗になった。
a0148206_15154271.jpg



ただ、10年も使うと劣化も進み、水漏れがするようになった。
メーカーに問い合せたが、部品もなく修理不可能という。

ボツボツ替え時かもしれない。

そう思ってしまうと、さっそくネット調べが始まるのはいつもの通り。

調べていたら、探していた機種の価格が、急に下がった。
a0148206_11431448.jpg


9月以降1万6千円オーダーで推移していた最低価格が、突然1万円台に下がった!
この種の装置の値段は、そんなに急変するものではない。

この価格推移は、ネット市場でもっとも安い価格を専門に調査する会社が提供しているサイトである。

急落の最低価格を提示しているのは、ネット販売では最大手である。

ひょっとして事務ミスか?

そのうちまた上がるだろう・・・

よし買った!
すぐにクリックした。

3日後に届いた。
試運転してみたが、調子は良い。
a0148206_1235857.jpg


その後も時々、最低価格を覗いていたが、数日後急上昇し元の値段にもどったではないか!
いや、前の値段より高くなってしまった。

間違いなく、価格のインプットミスに間違いなかろう。


だから、ネットショッピングは止められない・・・
と言いたいところだが、こういう笑いに遭遇することは、二度とあるまい。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-12-18 12:18 | 生活・日常 | Comments(0)
2015年 12月 16日

ハイブリッド・カーの泣き所、暖房

いまやハイブリッド・カー全盛時代、プリウスなどハイブリッド専用車はもちろんのこと、
一般の車も、ハイブリッド仕様車がシリーズ化されつつある。

我が家もハイブリッドに乗り換えてすでに4年が過ぎ、低燃費の恩恵を受けている。
もっとも、最近はガソリン価格が下がり、周りのスタンドでは、「111¥」が当たり前、
しかも走る距離はたかが知れているので、恩恵といっても大したことはないが。

ハイブリッド車は、通常はエンジンで走るが、
アクセルを離した慣性走行時、
下り坂、
ブレーキ時
など、従来捨てていたエネルギーは、バッテリーに貯められる。
<ナビ画面より:運転中は、エネルギーの流れが矢印で表示される。>
a0148206_10405685.jpg


バッテリーが充電されると、モーターの力も駆動力として併用されるので、燃費が格段に良くなる。

我が車の場合、同クラスのガソリン車に比べ、170~180%程度、リッター当たりの走行距離が改善されている。

ただ、このハイブリッドにも泣き所がある。
暖房である。

車の暖房は、エンジン熱を利用している。
エンジンがかかると、冷却水が温まり、その熱を室内に引き入れている。

普通の車は、エンジンが常に回っているので、冷却水も高温を保持しているので、暖房を入れたとしても、燃費にさほど影響はない。

一方、ハイブリッド車は、停止時はエンジンは動かない(アイドリング・ストップ)し、バッテリーが充電されている間は、モーターだけで走行するなど、エンジンが動いている時間は少ない。

つまり、エンジンをいかに動かさないようにするか、それが燃費向上の仕組みである。
冷却水温度が上がりにくい理由である。

このため、暖房スイッチを入れると、冷却水温度を上げようと、あわててエンジンが起動する。
停止中もエンジンが回りっぱなしになることもあり、せっかくのアイドリング・ストップ機能も効かないことに。

結果として、せっかくの燃費も、暖房を入れると悪くなるわけである。
表現を変えると、暖房で影響を受けるほど、通常走行の燃費が良いということである。

高速道走行時など、エンジンがかかっている時間が多い走り方の場合、
暖房の影響はさほどではないのは、言うまでもない。

なお、購入時、オプションとして「寒冷地仕様」を追加した。
この仕様にすると、エンジン排気熱も暖房に利用する機能が付加されており、燃費改善をはかっている。

ハイブリッド車は、燃費改善のためこういう細かいところまで、目をつけていることに感心している。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-12-16 10:47 | 車・写真・カメラ | Comments(0)
2015年 12月 10日

松島を散策

このところ、自宅を中心とした動きが多かったが、好天に誘われ、久しぶりに松島へドライブした。
我が家から1時間足らずの距離である。

松島は、大小260余りの島があると言われているが、高台に上がって見回しても、元の一部しか見えない。
a0148206_9252490.jpg


a0148206_925468.jpg


見る場所を変えても、こんなもの・・・
でも、眺めているだけで落ち着く。
a0148206_9342319.jpg


a0148206_926568.jpg


この時期、観光客は少ないが、それでもこういう店が集まるところは賑わっていた。
a0148206_936395.jpg


ランチは、よく利用しているホテルで。
日頃、カレーは自宅でしか食べないが、勧められるまま珍しい牡蠣カレーをオーダー。

カレーの上にチーズを乗せ、軽くオーブンしたのだそうで、香ばしい。
a0148206_9383892.jpg


一口で食べるには、大きすぎる。
a0148206_9385561.jpg


ここまでランチに来るのは、せいぜい年に数回。

松島の観光ポイントの「瑞巌寺(ずいがんじ)」
a0148206_9443455.jpg


瑞巌寺の荘厳さを演出していた大杉も塩害にやられ、大部分が切り倒されてしまっている。
昼なお暗いあの並木通りも、見上げると青空がくっきり!
大津波の後遺症が、こういう形に変えてしまうとは、悲しい限りである。

紅葉の終わった「円通院」は素通り。
a0148206_946643.jpg


裏通りを歩いていたら、こういうマークに気がついた。
a0148206_9472623.jpg


松島は、周りの自治体に比べると被害は少なかったが、それでも傷跡は残っている。









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-12-10 09:53 | 日帰り圏 | Comments(0)
2015年 12月 07日

りんごの美味しい季節である

今年は秋の果物の豊作だろうか、りんご、みかん、柿など、店頭に山盛りで並んである。

りんごは年中見かけるので、あまり感激することはないが、今の時期が一番美味しい。

「これ、美味しいですよ」
と、近所や知人から、りんごをいただくことが多い。

そのおいしいというりんご、割ってみると大抵蜜がいっぱい!
a0148206_18571436.jpg


a0148206_18573290.jpg


上記写真も、頂いてから数日たっており、採りたてならもっと蜜が多いはずである。

蜜の多い品種は限られるが、写真の「ふじ」は多い。


実は、蜜が入ったりんごは、20数年前仙台に移り住んで初めて知った。

りんごを割ったとき、この蜜が見られるのは、りんごが新鮮なうちで、時間が経つと散ってしまい果肉に吸収されてしまう。

つまり、それまでは、採りたての新鮮なりんごを食べる機会がなかったということである。

ところで、この蜜の部分だけを切り取って食べてみると、さほど甘くはない。

蜜が入っているということは、りんごが完熟して証拠であり、そのりんごは一番美味しく食べられるタイミングということである。

日頃りんごを食べることはあまりないが、この蜜が入って時期だけは、よく食べる。
a0148206_19104530.jpg


by seokazuo | 2015-12-07 19:17 | 生活・日常 | Comments(0)
2015年 12月 03日

「今夜は軽めでいいよ」

このところ、「ウォーキング」+「ランチ」のパターンが日常化するまでに、妻の体力も戻ってきた。
退院からまもなく2ヶ月である。

以前は家から中心街、仙台駅までも歩いたものだ。
1万歩は軽く越すルートである。
帰りはバス。

さすがに、いまは行きも途中バスを使うキセル方式が多い。
歩数を少しづつ増やしてきたが、現在はまだ7~8千歩に抑えている。


「夜は軽めでいいよ」と言っておいた。
体重コントロールしており、しっかりしたランチをした日は、夜は軽めにするようにしている。

焼酎をちびちびやっていたら、あっという間にご飯が出てきた。
早すぎる!
いつもは、20~30分飲む時間があるのに・・・
a0148206_5455243.jpg


これなら早いはずである。
2、3日前、いくらの醤油漬けを作っていたのは知っているし、
生わかめ、一夜漬けのキュウリ、大根、ちりめん山椒、ハリハリ漬けなど、

有り合わせのモノを、炊き上がったご飯の上に、トッピングにするだけである。

もともと妻は料理が早い方であるが、こういうオーダーをすると、特に早いし、
そして云く、「楽で嬉しい!、毎晩でもいいのだけど」

この時期、いくらの醤油漬けは、いつでも手軽に作っている。
いま店頭に並んでいるサケの腹子をほぐし(これがちょっと手間がかかるが)、醤油にみりん、酒などを加え、一晩漬けるだけ。

ただ、いくらはコレストロールが多いとかで、いつでも作れるとはいえ、丼に山盛りという食べ方は控えている。
そして・・・いくら漬けは続くと飽きる(^O^)

by seokazuo | 2015-12-03 21:11 | 生活・日常 | Comments(0)
2015年 12月 01日

個人番号カード申請のトラブル

個人番号(マイナンバー)の通知が遅れていると、ニュースになっているが、仙台市では比較的早く配布され、
我が家には、10月末に届いた。

すぐに個人番号カードの申請を行った。

ところが、一週間ほど前に、「個人番号受付センター」より、申請書類に不備があるので、再度申請やり直しするようにとの連絡があった。
a0148206_1558421.jpg


「代理人欄の記載がありません」という理由である。
a0148206_15583775.jpg


「15歳未満の方が申請を行う場合は、代理人記載欄に記入してください」と記載されていた。

???

申請書には、生年月日も間違いなく記入してあるし、貼り付けた写真も見れば、15歳未満と見間違うはずもない!!!

「個人番号受付センター」に問い合わせの電話をした。
ところが何回電話しても通じない。
「只今混雑していますので、かけ直してください」と。

諦めて数日放置していたが、昨日何回目かのトライで、ようやく電話が通じた。

事情を説明して、調べてもらったところ、どうやらセンター側の手違いのようですとの返事である。
「正式にはこちらから連絡しますので、電話番号を教えてください」と。

実はこの時、調べますから、個人番号をどうぞ!ときた。
一瞬、大丈夫かな?と思いながら読み上げたのは言うまでもない。


そして、今日センターから電話があった。
「申し訳ありませんでした。こちらの手違いでした。
さっそく個人カードの発行手続きに入りますので、送付した書類は厳密に廃棄してください」
とのことであった。

これだけなら、昨日電話した時に、そう言えばいいのに!
わざわざ今日電話する必要もないはず。


一件落着、やれやれである。

今回のトラブルも、些細なことであるが、お役所仕事というのは、これが現実なのだろう。
つまらないミスを犯して、その後始末でバタバタしている。

今回だってどれほどの無駄な時間を費やしたことか・・・

そういうロスは全て、我々の税金のロスにほかならない。

そして責任を取る人は勿論いない。


マイナンバー制度がスタートしたが、本当にシステムそのものは大丈夫なのか?
10年後、20年後にも通用するのか・・・

いまから心配である。

by seokazuo | 2015-12-01 16:06 | 社会 | Comments(2)