日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 23日

昨夜は大曲の花火大会

秋田県・大仙市行われる「大曲の花火大会」が昨夜行われた。

この花火大会は、全国の花火師が技を競い合うコンクール形式で行われ、
デザイン、色彩、創造性を重視して審査が行われる。
内閣総理大臣賞も授与されるなど、権威のある大会である。

昨夜は堪能した。

a0148206_17415743.jpg


a0148206_182840.jpg


a0148206_17424016.jpg


a0148206_1743599.jpg


a0148206_17432866.jpg


a0148206_17434312.jpg


実を言うと・・・

NHK BS放送での生中継を楽しんだのである(^O^)

以前、2度大曲の花火は見に行っているので、
その情景を重ねながら見ると、テレビでも十分楽しめるわけである。

さすがに、テレビ画面で撮った静止画像は、現地で撮るのとは比較にならないが、
大画面テレビで見る生中継は、7.1チャンネルオーディオ効果もあり、結構臨場感もある。

もう、わざわざ出かけるまでもなさそうである。
a0148206_17575496.jpg







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2015-08-23 18:03 | 季節・景色 | Comments(2)
2015年 08月 19日

Wi-Fi中継器を設置

前の日記:イギリスの旅(25) 最終章 本場のガーデニング


パソコンやプリンター、そしてタブレットパソコンiPadは、家中無線LAN、つまりWi-Fi電波で接続されている。

家中といっても、場所によっては電波が弱くなってしまう。

Wi-Fi電波の親局(ルーター)は1Fにあり、パソコンは2Fに置いているが、
パソコンの受信レベル表示を見ると、アンテナ表示最大5本のところ、3本(シグナルの強さ:中)、また場所・時間によっては2本(シグナルの強さ:弱)となってしまうことがある。

実用上は問題ないが、何となく気になっており、以前から中継器を設置しようと思っていた。
久しぶりに電気量販店で物色している時にそのことを思い出し、中継器コーナーを覗いてみた。

いろんなタイプが並んでいたが、気に入ったのがコンセント・タイプ。
非常にコンパクトで、コンセントに差し込むだけで良く、電源線など配線は一切必要はない。
正直、こういうコンパクト・タイプが発売されていることは知らなかった。

即購入、取り付けた。
<今回設置した中継器>
a0148206_9351438.jpg


親機は別メーカー製であるが、調整など全く問題はなかった。
こういう通信インターフェイスが標準化されているのは有難い。
<親機>
a0148206_1432242.jpg



中継器を中間地点に設置することで、弱まってきたWi-Fiの電波を増幅・再発信し、これまで繋がりにくかった部屋へWi-Fiの電波をしっかり届けてくれる。

2Fのパソコンの電波受信も、いままで3本程度だったアンテナ表示が5本(シグナルの強さ:非常に強い)となった。
これでネット画像などの受信通信速度もアップし、よりスムーズになったような気がする。

実際に無線LAN内の速度を比較してみたところ、
中継器なし:54Mbps
中継器あり:150Mbps
と、3倍近くにアップできた。


ところで、この中継器をどこに置くのがいいか・・・
その位置を決めるために、延長コードにこの中継器を取り付け、家に中をあちこち調べて回った。
a0148206_9592558.jpg


結論的に、2Fのほぼ中央にあるコンセントがベストと判断した。

勿論ノートパソコン、タブレットパソコンやスマホなど、家中どこでも安定して接続OKとなった。







@@@@@@@@@@@@@@@@@
[PR]

by seokazuo | 2015-08-19 10:05 | パソコン | Comments(0)
2015年 08月 07日

イギリスの旅(25) 最終章 本場のガーデニング

前編:イギリスの旅(24) ロンドン8 車のナンバープレート

妻は花が大好きである。
どんなに綺麗な景色が目の前に広がっても、足ものと一輪の花の方に気を取られてしまう・・・

我が家でも、1年を通して花の管理に勤しんでいるのは言うまでもない。


話は古くなるが、2004年に、世界で一番美しい街と言われているオーストラリアの西海岸、「パース」に行った。

<撮影:2004-4-26>
a0148206_2214072.jpg


たまたま朝の散歩で通りかかった住宅街の庭が、綺麗に仕上げられていた。
その1軒の家、ちょうど手入れをされていたご婦人に声をかけられ、しばらく楽しそうに花の話題で談笑?していた。

<撮影:2004-4-27>
a0148206_151176.jpg


a0148206_1512729.jpg


こういうのがイングリッシュ・ガーデンというのだろうな?

その時以来、一度はイギリスのカントリーサイドに連れて行ってやろうと思い続けていた。


その後たびたび海外には出かけていたが、魅力度的に一向にイギリスの順番がやってこない・・・
ようやく今回、本場のガーデニング・ツアーが実現したわけである。


「イギリスの旅」最終編として、念願だったイギリス・ガーデニング巡りの総括という形のスライドショー(デジブック)で締めることにする。



Published by デジブック


<補足>デジブック画面が表示されないか、クリックしてもデジブックが起動しない場合は、下記をクリック。
http://www.digibook.net/d/dd84a71bb01ea014257e17936d4d16ea/?viewerMode=fullWindow






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2015-08-07 15:11 | 旅行・海外 | Comments(2)
2015年 08月 02日

イギリスの旅(24) ロンドン8 車のナンバープレート

前編:イギリスの旅(23) ロンドン7 広い公園がいっぱい

街を歩いていた時、妻が言う、
「車のナンバープレートに、白と黄色があるけど、イギリスにも軽があるのかな?」

軽なんてまさかと思ったが、確かに、白と黄色がある。
手前のロンドン名物タクシー、ブラック・キャブは白、向こうの小型車は黄色、
a0148206_1732123.jpg


だけどバスも黄色、
a0148206_17375652.jpg


どうも大きさの違いではなさそうだし、日本のような自家用(白)と運送業(緑)の区別でもなさそうだし・・・

妻が聞いてきた。まことに単純明快である。
「前が白地に黒の文字、後が黄色地に黒の文字」

そういう目で見れば確かにそうだ。
前から見れば白、
a0148206_1745327.jpg


すぎ去っていく車を見れば、みんな黄色!
a0148206_17452897.jpg



後でわかったが、ナンバープレートの文字列の意味は次のようであった。
a0148206_17483344.jpg


左側から、
・青色はEUを示し、「GB」はイギリス
・GYはエリアコードで、登録地域。ロンドンはLで始まるので、このプリウスはロンドンではない。
・10はナンバープレートの発行年月。3月と9月の年2回に発行。前期となる3月は、西暦の下2桁、そして後期は西暦にプラス50。この車は2010年3月ということ。
・最後に3桁はアルファベット・数字のコンビネーションのRandom letters。

たまたま通りかかった時見かけたすごそうな車!
車も然ることながら、どうしてもナンバープレートに目がいってしまう。
a0148206_17593095.jpg


a0148206_17595978.jpg


これはイギリスの車ではない。
ドバイという文字が読み取れる。

ドバイの金持ちの息子が、ロンドンに遊びに来た?

帰国後分かったのだが、この車ブガッティは、フォルクスワーゲングループによって設立されたブガッティブランド初の市販車であり、2005年から発売され同グループのフラグシップという。

最高出力:1000馬力以上
最高速度:400km/h以上
そして、販売価格は何と、1億7千万円というとんでもないスーパーカーである。

そして、日本では数台しかなく、あのビートたけしが所有しているとか・・・


平民にはこれ以上、話の続けようがない(^O^)


次編:イギリスの旅(25) 最終章 本場のガーデニング
[PR]

by seokazuo | 2015-08-02 18:14 | 旅行・海外 | Comments(0)