人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 30日

なばなの里(昼)<名古屋へ・その5>

「なばなの里」・・・
a0148206_1024982.jpg


三重県はもちろん東海地方を代表する花と緑のテーマパークである。
場所は名古屋中心部から伊勢方向に向かって、車で1時間足らずで行ける。

木曽川、長良川、揖斐川が合流して伊勢湾に流れ込むが、
河口にできた長い中洲(長島)のほぼ中央に位置している。
<Google mapより>
a0148206_10243967.jpg


同じ中洲の南部には、「長島温泉」で有名ナガシマリゾートがある。
「なばなの里」は、このナガシマリゾートの一施設である。
<Google mapより>
a0148206_1025952.jpg


何と言っても「なばなの里」の売りはイルミネーションで、全国一とされるが、
まだ全国的には知名度はイマイチかもしれない。


やはり明るいうちにひと回りしておこうと、出かけたのは15時ごろであった。
入口。
a0148206_8511982.jpg


入場料は、自分で払ったわけではないが(^O^)、「¥2,100」である。
入場料は季節によって変わるそうで、イルミネーションが華やかになる冬料金が一番高い。

ただ、「¥2,100」には、¥1,000分の金券が付いており、
その金券は園内の飲食や土産物の支払いに使えるため、

実質的な入場料は¥1,100ということになる。

なかなかうまいシステムである。

夏場は目玉が少なくなるせいか、入場料は¥1,000、
金券とし使え、実質入場料は無料ということになる。


思いがけず、ここでも紅葉が楽しめた。
夜景が期待できそうだ。
a0148206_9511125.jpg


a0148206_9513580.jpg


これは傑作!
池に写っている方を見てくださいということ(^O^)
a0148206_9522740.jpg


広大なお花畑(13000坪)では、四季を通じて様々な花々が鑑賞できるそうで、
いまは、ダリアが咲き誇っていた。
顔よりも大きい強大なダリア・・・日本でも珍しいそうである。

とにかくその種類の多さに圧倒された。
a0148206_9574563.jpg


a0148206_945467.jpg


a0148206_9451294.jpg


a0148206_9455967.jpg


a0148206_9462221.jpg


a0148206_1341881.jpg


a0148206_9581691.jpg



イルミネーションの目玉の一つである水上イルミネーションの、昼間の舞台裏?
a0148206_9481634.jpg


イルミネーションの点灯は17時過ぎとのことであったが、
光のトンネルの入口には、すでに人の行列が出来ていた。
a0148206_9495912.jpg


a0148206_959491.jpg


昼間に来たことで、こういうイルミネーションの仕掛けを楽しめた。

ようやく日が落ち始めた。
a0148206_13463960.jpg



「なばなの里(水上イルミネーション)<名古屋へ・その6>」へ続く>

by seokazuo | 2014-11-30 10:13 | 旅行・国内 | Comments(0)
2014年 11月 29日

次の仕事はWi-Fi環境作り<名古屋へ・その4>

孫の妖怪メタル購入騒ぎが終わった後、
もうひとつの仕事が待っていた。

いままでネット回線と有線で接続していたパソコンを、無線LANにすること、
いわゆる部屋中を”Wi-Fi”(ワイファイ)で接続できるようにする作業である。

親機となる無線LANルーターを購入して、インターネット回線に接続した。
a0148206_94014100.jpg


a0148206_9404012.jpg


若干の設定が必要だが、この親機から電波が部屋中に飛ぶ。

パソコンをどこに置こうが、インターネットに即つながる。

持参したiPadもインターネットに接続できるようになった。

テレビもインターネットに接続できるので、たとえばYouTube画像も大画面で高精細で見ることができるようになった。。

これがいわゆる”Wi-Fi”環境と呼ばれる。


実は、この”Wi-Fi”環境を整備した理由は、嫁(三男の妻)から相談を受けたからである。

彼女が使っているスマートフォンの契約は、
<電話はかけ放題の固定料金>+<2G(ギガ)までの通信料>

となっている。
電話はいくらかけても利用料は固定であるが、
インターネットの接続は通信量が2Gまでの範囲しか使えない。
(勿論契約を5Gとか10Gに変えれば良いのだが・・・)

ネットを使うにも2Gに達してしまうのではと、いつも気にしながら使っていたそうである。

対策としては、無料で使える”Wi-Fi”を利用すればいい。
ホテルとか、レストラン、コンビニなど、”Wi-Fi”を使える場所もあるが、
日本ではまだそれほど充実していない。

今回三男自宅で”Wi-Fi”が使えるようになって、
彼女が家にいる間は、通信量を一切気にしないで思う存分使えることになった。

ところで、今では、どこのうちでも”Wi-Fi”が使えるようになっているが、
スマートフォンを持っていても、そのことに気がつかず(”Wi-Fi”への切替設定をしないで)、

自宅においても、普通の通信回線(2Gの枠内)を使っている人がいるのかもしれない。

by seokazuo | 2014-11-29 10:19 | 旅行・国内 | Comments(0)
2014年 11月 28日

妖怪ウォッチって???<名古屋へ・その3>

名古屋の孫のところに着いた翌朝、

「今日は妖怪メダルの発売日なので、一緒に並んでください」と。
「???」

発売日が限られ、しかも抽選なので、新発売のメダルを手に入れるのは大変らしい。

朝食もそこそこに、何も分からぬままついて行った。
大手スーパーの入口に張り紙が。
どうやらこれらしい。
a0148206_9151495.jpg


すでに行列が出来ていた。
a0148206_9171284.jpg


9時に発売開始のアナウンスがあり、列がようやく流れ出した。
順番が来て、いよいよ抽選である。
a0148206_917338.jpg


当たりである。
その当たりくじをを母親に渡すと、もう1回並んでほしいという。

次は外れた。

ひとりの孫のために、両親、ジィジ、バァバと5人が並び、
それも2巡である。

結局、この日は8個のメダル買えたという。
非常に当たりが良かったようである。

これがそのメダルである。
a0148206_92645100.jpg


いままで持っていないメダルが入っていると、親子して大喜び!
すでに持っているものとかぶってしまったら、それらは友達と交換するらしい。

妖怪メダルを買うということは、妖怪と友達になることで、妖怪が友達契約の証として妖怪メダルをくれる・・・
そういうもんぼらしい。


まさに幸せである。
a0148206_9302397.jpg


そのメだルを妖怪ウォッチに挿入すると、何とも言えぬ音楽?が流れてくる。

a0148206_16140933.jpg
a0148206_9331094.jpg




次々にシリーズ化され、孫も物持ちになるよう仕組まれているようだ。
a0148206_953728.jpg



妖怪ウォッチはもともとニンテンドーから発売されたゲームソフトらしいが、
テレビアニメ版も放送され、いまや大人気となっており、一躍社会現象と化しいるようである。

確か今年の今年の流行語大賞にもノミネートされている。

正直、流行語大賞候補を見ても、知らない言葉ばかり・・・
今回の経験で、「妖怪ウォッチ」には少し近づけたかもしれない。


日頃、孫たちとの接触がほとんどないと、こういう言葉もよくわからない。
情けないが、それが現実である。


by seokazuo | 2014-11-28 09:53 | 旅行・国内 | Comments(2)
2014年 11月 27日

静岡市で途中下車<名古屋へ・その2>

今回は急がぬ旅である。

静岡で途中下車した。
静岡は妻にとっては薬剤師としての原点の地ということもあり、云十年ぶりの街並みはどう変わっているか、
楽しみな様子であった。

<駿府城石垣と静岡県庁>
a0148206_9221158.jpg


高層ビルが立ち並び、
アーケード街ができ、
地下道街までも・・・

当時と全く変わってしまっていたようであるが、
見覚えのある店もちらほらと、目についたようである。

古い建物であった老舗店は、ビルのテナントとなっているところも。

ランチして、わさびの老舗店で買い物をした。
店先にある「わざびソフトクリーム」もオーダー。

一口味わったが、これはおいしい!

妻は、もともとソフトクリームが大好きで、行く先々で変わったソフトクリームが目に留まると、
必ずと言っていいほど食べている(^O^)

静岡から名古屋までは、新幹線で1時間前後であるが、急がぬ旅である、
東海道線に乗ってみようかとなった。

昔、特急いや急行がメインの時代、
どれだけ往復したことだろう・・・

a0148206_9263266.jpg


a0148206_9265598.jpg


いまやすっかりローカル線の車内風景である。
通学の中高校生、買い物帰り風のご婦人など、のどかさが漂っており、

乗り降りするそういう人たちを眺めているだけで退屈しない。

大井川、
a0148206_931626.jpg


そして浜名湖を渡る。
a0148206_9315760.jpg


a0148206_9321576.jpg



豊橋駅で、新快速に乗り換えた。

豊橋駅には、学生時代だったが、懐かしい思い出がある。

当時の東京~鹿児島を結ぶ急行列車「きりしま」で、鹿児島へ帰省するところであった。
停車中に何か買おうと思ってホームに降りた。

そのときぱったり会ったのが、実は今の妻である。

彼女はお兄さん(今の義兄)と一緒に、やはり鹿児島に帰省する途中で、これから中国地方をまわって帰るところだと。

勿論、当時は顔を合わせても、ほとんど口を聞くこともない単なる”同郷”に過ぎなかった。

その時は、
「やぁ~!」
「あらっ!」

で終わったし、それから数年会う機会もなかった。

この偶然から、6、7年後に結婚することになるが、縁とは不思議なものである。


豊橋駅で発車待ちの電車の中で、妻が突然、
「あの時、ちくわを買っていたでしょう」

そう言われても、こちらは覚えてはいない。
もっとも、ちくわは好物なので、そうだったかもしれない。
妻の記憶力には、いまでも感心する。


こういう昔話のしながらののんびりした電車の旅も悪くはない。
新幹線だったら、話題にすらならなかったことだろう。


まだ暗くならないうちに名古屋に着いた。


ーーーーーーーーーーーーーーーー






by seokazuo | 2014-11-27 10:12 | 旅行・国内 | Comments(0)
2014年 11月 26日

新幹線から富士山を<名古屋へ・その1>

1年ぶりに名古屋にいる孫のところへ。

仙台から名古屋に行くときは、通常は飛行機、
1時間あまりで行ける。

今回は久しぶりに新幹線を利用することにした。
急がぬ旅である。

楽しみは富士山・・・

小田原の手前だったか、富士山の方向を見たら雲に覆われているよう・・・

沼津を過ぎて、もう見える頃と待ち構えていたが、どうも雲の中のようであった。
しばらくして・・・見えた!
a0148206_6423615.jpg


角度的に、西へ進むに従って、雲が少なっていきそうである。

ただ、新幹線から富士山を撮るのも楽ではない。
防音壁、鉄塔、送電線、建物など、障害物との戦いである。
a0148206_6514292.jpg


とにかく、”数打てば当たる”で狙うしかない。
a0148206_6542691.jpg


期待したのが富士川鉄橋である。
しかし、橋梁の間隔が狭い。
a0148206_6555227.jpg


連射したが、結局大半の画像はゴミ箱行きとなった。


これが橋梁の間隔であるから無理もない。
a0148206_659202.jpg


これはまあまあか。
a0148206_9294135.jpg


結局、トリミングで我慢することに。
a0148206_943440.jpg



新幹線から見た富士山は何年ぶりだろうか・・・
いつ見ても富士山は美しい。
a0148206_742647.jpg






ーーー

by seokazuo | 2014-11-26 07:07 | 旅行・国内 | Comments(0)
2014年 11月 20日

シャコバサボテン

この時期、リビングでにわかに目立ち始めるのが、「シャコバサボテン」である。
a0148206_8463619.jpg



和名の由来は、茎の形が「しゃこ」に似ているところからきていると言われている。

日が短くならないと花芽がつかない、つまり秋以降に咲く、いわゆる短日植物である。

赤・・・
a0148206_8471427.jpg


白・・・
a0148206_8475227.jpg



サボテンだから、暑さに強いと思いがちであるが、むしろ高温には弱く、
クリスマスのころに咲くので英名ではクリスマスカクタス(chrismas cuctus)といわれているそうである。

cuctusとはサボテンの意である。

by seokazuo | 2014-11-20 08:57 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2014年 11月 17日

干し柿を作る(2)作業開始・・・完了

干し柿を作る(1)渋柿の調達
の続編。

今年も干し柿作りに挑戦、
二人がかりで、約3時間程度の作業で終了した。
a0148206_5574764.jpg


干す場所は、カーポート。
a0148206_5401685.jpg


2台あった車も、いまは1台にしたので、空いたカーポートが干場に最適である。
干し柿は雨が大敵である。

また、出来上がる頃になると、ヒヨドリなど野鳥に狙われるが、
カーポートだと、ホバリング状態でないと突っつけないのだろうか、
どうやらそれがイヤなようで、
いままで被害にあったことはない。

このカーポートは、いつもは洗濯物の干場になっており、そこに間借りすることになる。

干し柿が完成するまでは、1ヶ月余り、
丁度クリスマスの頃に食べ頃になる。

我が家の秋の風物詩とでも言おうか・・・


後は辛抱強く待つだけ。

食卓に座ってままでも、出来具合が観察できる・・・
毎日の楽しみが増えた(-^〇^-)
a0148206_683923.jpg






干し柿作りの作業の手順を整理しておこう。

1)まず、柿を水で洗う。
a0148206_1549071.jpg


2)皮をむく。
ピーラー(皮むき器)で大まかにむき、ヘタのところは包丁で仕上げる。
a0148206_620823.jpg



3)ヒモに取り付ける。
渋柿のヘタにはT字型の小枝が残してあり、これが重要である。
a0148206_15543493.jpg


a0148206_15545639.jpg


4)干す前に熱湯に浸けて消毒する。カビ防止のためである。

浸す時間は、我が家では、5~6秒としている。
以降は、直接手で触れないように気をつけている。
a0148206_5553673.jpg


5)物干し竿に吊り下げる。
お互いに接触しないように、十分に間隔をあけておく。
a0148206_5363277.jpg


6)1週間程度経過し、柔らかくなり始めたら、指で丁寧に揉む。
こうすることで、干し柿が早く出来上がり、また種の肉離れがよくなるそうである。

7)一ヶ月程度で出来上がる、予定である。




ーーー

by seokazuo | 2014-11-17 06:14 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2014年 11月 16日

干し柿を作る(1)渋柿の調達

この時期、例年干し柿を作っている。

いつもは蔵王の農家に出向き、渋柿(はちや柿)を買っていたが、
問い合わせたところ、今年は不作でダメだという。
また道の駅の産直コーナーに電話してみたが、やはり同じように、出品者がいないとのこと。

スーパーには柿(甘柿)があふれるほど並んでいるのに、意外である。
この地域だけが不作ということか?

今年は仕方がないので、他県から調達することにするか・・・
ネットで調べていたら、オークションで渋柿が出ている。

オークションにはリスクを感じるので、いままで手は出していないし、
ましてや食べ物なんて・・・

柿は皮をむくものだし、金額も大したことはないだろうから、ダメもとで挑戦してみるかとなった。

やるからには、ほどほどの価格で落札せねばと張り切った。
締切時間直前のしのぎ合いがポイントだろう。

時刻の正確な電波時計を目の前の置き、
それまでの入札価格傾向を吟味しながら、5秒目に「入札」マークをクリックした。

即、結果が出た。
「おめでとうございます!
商品「予約干し柿用渋柿枝付き蜂屋柿10kg 1個270g前後2箱」を落札しました。」

このオークションの出品は4箱であり、
もうひとりの人が同じく2箱を同価格入札していた。

勿論、ネット上の市場価格より安い(^O^)

出品者は群馬県の果樹園であった。

こういうのも、ゲーム感覚で面白い(^O^)


現品が届いた。
a0148206_8152563.jpg


測ってみると、大きいのは300gはある。
なかなか立派なはちや柿である。
a0148206_8183921.jpg



不良品はなかった。
対応も誠に良心的な応札者で、来年もこの果樹園にしてもいいなというのが、
今回のオークションの結論である(^O^)

いよいよ干し柿作りの開始である。

次編へ続く。
「干し柿を作る(2)作業開始・・・完了」 





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



by seokazuo | 2014-11-16 08:31 | グルメ・飲食 | Comments(2)
2014年 11月 14日

紅葉のしんがりは我が家のモミジ

我が家の周りの紅葉も、ほぼ終わりを迎えている。
次の日曜日には、町内総出でバス通りの落ち葉清掃をやることのなっている。

我が家にも1本のもみじの木があるが、
裏庭に立っているので、日が当たるのは朝だけ、
毎年、この界隈ではいつもしんがりを務めている。
a0148206_10215455.jpg


左側の黒い部分が2階の屋根である。

朝日の頃が一番映える。
a0148206_10235274.jpg


裏側は・・・
a0148206_10302718.jpg


特に日が当たりにくい方は、黄葉・・・
a0148206_1025242.jpg


グラディエーションが、自慢である(^O^)
a0148206_10264936.jpg


a0148206_1051457.jpg



これも悪くはない。
a0148206_10275752.jpg



我が家の紅葉を見収める頃になると、いつも寒さが増す。
今朝は東北でも雪のニュースが・・・
今年の寒さは少し早まっているようである。

<追加>今夜、ライトアップしてみた。(2014-11-15)
a0148206_2111098.jpg


a0148206_21111970.jpg



ーーー

by seokazuo | 2014-11-14 10:53 | 季節・景色 | Comments(0)
2014年 11月 12日

カトレアが2階から下りてきた

紅葉が終わりに近づき、暖房が入り始める頃になると、
賑わっていた我が家の庭の花も寂しくなってくる。
a0148206_1035930.jpg


そういう時期になると、2階の部屋から花鉢がリビングに下りてくる。

カトレアが咲いたと、妻が2階から運んできた。
a0148206_9259100.jpg


右側の赤色は、シャコバサボテン。
a0148206_981693.jpg


カトレアは洋ランの女王とも言われるだけのことはある。
a0148206_984546.jpg


夏の間は2階のベランダで過ごしており、つぼみが出始めて寒くなってきたら部屋の中へ、
そして花が開いたら、暖房の良く効いたリビングへというのが、ランなどの年間のプロセスとなっている。

つまり、花が咲かない花鉢は、2階から下ろしてもらえないないわけである。

カトレアよりも寒さに敏感なコチョウランは、外に出ることもなく、
年を通して室内で過ごしている・・・
花の管理は妻だけの世界である。

これから庭に変わってリビングが華やかになってくる。
妻の腕の見せどころでもある。

a0148206_9175760.jpg







ーーー

by seokazuo | 2014-11-12 09:20 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)