人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

隣の外国人が突然叫んだ、「エイト!エイト!」

わが家の朝はミルクティで始まる。

今朝、いつものように妻が冷蔵庫から牛乳パックをテーブルへ置いたが、
その途端、お互い顔を見合わせて笑い出した。
a0148206_9461726.jpg



昨日スーパーで、この牛乳を買った時の出来事を思い出したからである。

棚から牛乳パックを取り出した。
いつものように、賞味期限をチェック、
「8月7日」である。
まあいいか・・・

カートに入れようとしたら、突然隣にいた外国人のご婦人が、
棚の奥を指差しながら叫んだ。
「エイト!エイト!」

確かに奥の方の牛乳の賞味期限は、「8月8日」となっている。


「Thank you!」
「You're welcome.」

にこやかに別れたが、外国人に指摘されるとは!
一本取られた・・・

二人で照れ笑いしたのは言うまでもない。


あのご婦人は、棚の手前の牛乳は「7日」、奥の方は「8日」とチェックし、我々が取り出した位置の牛乳は「7日」であることをちゃんと知っていたのである。

そういえば、この御婦人が我々の前にこの牛乳をカートに入れていた・・・


日頃我々は、棚の奥の方から取り出すなど、賞味期限には神経質になっているだけに、このハプニングは、もう笑うしかない。

これからしばらくは、牛乳を買うたびに、この”恥”を思い出しながら、
笑いが漏れ出そうである。

by seokazuo | 2013-07-30 09:46 | 生活・日常 | Comments(0)
2013年 07月 28日

幻のホームシアターシステムに・・・?

いまやデジタル家電に囲まれた生活になっており、コントローラーが家中に溢れている。

とくにテレビ周りがややこしい。

今回リビングのテレビを買い換え、いわゆるホームシアター化したが、
テレビ周りのコントローラーだけで4個、
その操作がより複雑になってしまった。

右から、
①テレビ用
②CATV受信用
③HDDレコーダー用
④オーディオ・アンプ用

a0148206_15551886.jpg


地上波テレビを見るときは①だけで良い。

BS放送やCATV多チャンネルを観るときは、①+②

地上波テレビを録画・再生するときは①でけでよい。
地上波テレビは、テレビに別置きしたHDDに録画できるからである。

BS放送やCATV多チャンネルの録画・再生時は①+②+③

さらに映画やスポーツ中継など、オーディオ・システムを活かすときは、
上記のコントローラー操作に④の操作が加わる。

以上の操作、いや説明は本人しか分からないだろう。

その本人ですら、コントローラーを操作しながら、
「あれっ?」
と考え込んでしまうことも・・・

頭の体操になるか、
それとも、そのうち誰もいじれない”幻のホームシアターシステム”になってしまうのではないか・・・

つい考え込んでしまう。

<オーディオ系(7.1チャンネルシステム)のスピーカーは、前部左右、前部中央、左右、後方左右、低音専用と8個設置されている>
a0148206_15572337.jpg


by seokazuo | 2013-07-28 15:56 | 生活・日常 | Comments(0)
2013年 07月 25日

やはり大きいのは良い

大画面テレビが発売され始めた頃、
当時はまだ液晶TVの大型化は困難な時期であり、
プラズマであった。

初もの好きで購入したリビングのTV(42インチ)は、もう10年近く働いてきただろうか、トラブルもなく、今日まで楽しませてくれた。

最近は液晶TVの全盛時代、
買い替えのタイミングを測っていたが、
ようやく思い切った。

買い替えの理由は、”省エネ”ということにしよう・・・


いまのフルハイビィジョン(画素数がヨコ1920×タテ1080)と呼ばれているTVは、2Kと呼ばれており、
次世代型として、4Kタイプ(画素数3840×2160)がすでに発売され始めている。

ただ4Kはまだまだ価格が高く、また放送自体がほとんど2K対応であることもあり、今回は技術的に完成しているとされる2K型を購入した。

4Kが一般化されるまでには、数年、いやもっとかかるだろう。


電気店で見た限り、サイズが大きすぎると、どうしても画質の荒らさも気になることから、2Kに適した最大は60インチが限界と判断し、60インチを選択した。

我が家のリビングの広さには十分である。

ホームシアター用オーディオシステムとの接続、
パソコンとの結合、
インターネットとつなぐ(無線)など、

TVの後ろ側は、いろんな配線が蜘蛛の巣のようになっており、
昔の記憶をたどるなど、ここ数日、久しぶりの頭脳労働?であった。

オーディオ関係も古いこともあり、アナログとデジタルが混在することになり、
ケーブル端子も、ピンプラグ、S端子、D端子、そして現在の標準である「HDMI端子」と多種多様・・・
インターファスに四苦八苦した。


さっそく、今日は大リーグ観戦、イチローの活躍?を楽しんだ。

a0148206_7224953.jpg


a0148206_724996.jpg


なお、プラズマテレビの消費電力は”500W”を超えていたが、
サイズは大きくなっても液晶TVは”210W”、
60%の省エネ効果である。

最近、中継を見ていて、飛んでいくゴルフボールがよく見えないことがあり、前に乗り出して確認する・・・
そういうことがよくあったが、

さすが高精細大画面、ソファーに座ったままで、はっきりゴルフボールが見えるようになった。

実は、これも買い替えの理由でもあった。

by seokazuo | 2013-07-25 20:17 | 生活・日常 | Comments(0)
2013年 07月 17日

早すぎたひまわり

わが家は丘陵地にあるため、天気予報で「仙台」として表示される気温より、我が家の周りは1度ぐらい低い。

現在14時30分過ぎ、一日の最高気温が出る時間帯であるが、
現在の外気温は「18.6度」、当然窓は締め切ってあり、室温は「22.2度」である。
a0148206_14443928.jpg




この涼しさを予想できなかったのか、今朝気がついたら、ひまわりが一輪咲いていた。
a0148206_1445812.jpg


さすがに、早すぎたことを後悔しているかのように、
うなだれていた。

一週間先までの天気予報を見ても、梅雨明けの気配はない。


まだまだ紫陽花の時期である。
a0148206_1446834.jpg


by seokazuo | 2013-07-17 14:33 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2013年 07月 16日

カキラン(柿蘭)

まだ梅雨は明けてはいないが、庭の日陰に、比較的地味な花、「カキラン」が咲いている。
a0148206_13135837.jpg


黄褐色で熟れた柿のような色なので、「カキラン(柿蘭)」の名前がついている。
大きさは直径が2cm前後、全体的な雰囲気は控えめである。
a0148206_13144056.jpg


ただこういう花は、どうしても下向きに花が開くので、
カメラの位置を低くし、アップ気味に撮ることになり、
結構苦労する。


庭にはそのほか・・・
夏の花が勢いを増してきている。

a0148206_1315926.jpg


a0148206_13152353.jpg


a0148206_13153899.jpg


a0148206_131651.jpg


a0148206_13162259.jpg


a0148206_13164867.jpg


a0148206_1317620.jpg



今日は梅雨の中休みで快晴、
最高気温27度と予報されている。

庭の花たちも心地よい風に揺れ、気持ちが良さそうである。

by seokazuo | 2013-07-16 13:17 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2013年 07月 12日

今朝は涼しい、22度

朝9時過ぎ、東京ではもう30度を超えたとTVで報じていたが、
我が家の室温は「24.3度」、外気温「22.0度」、
a0148206_9283497.jpg


風もあり窓を閉めたくなる涼しさである。


日本列島はいま猛暑に包まれている。
数日前には、日本中が30度超えの日もあった。


昨日は仙台でも最高29度、歩くと汗がにじみ出る。
39度がどんなに暑いか、想像もできない。

仙台の夏は、同じ東北でも涼しい方であろう。
特に、朝夕の涼しさが嬉しい。

こちらには、梅雨明け後にやってくる「やませ」と呼ばれる北東から流れ込む冷気がある。

今朝の涼しさは「やませ」の影響だろうか?

この「やませ」が長く吹くと冷害の原因になる。

涼しいのは嬉しいが、冷害にならない程度にほどほどで良い。

向こう一週間の予報では、梅雨明けの気配はない。
このところ、折りたたみ傘を持っての散歩が続いている。


しばらくはエアコンのお世話になることもなさそうである。

by seokazuo | 2013-07-12 09:28 | 生活・日常 | Comments(0)
2013年 07月 10日

1枚の写真に過ぎないが・・・

写真の整理をしていて、ふと1枚の写真に目をとめた。

ノルウェーの西海岸にある観光地「ベルゲン」、
ノルウェー第2の都市である。

市街地の背後にある展望所から撮った写真である。
a0148206_7161338.jpg


当日5隻のクルーズ船が入港していたとかで、街は観光客が溢れていた。


展望所から何気なく望遠レンズで捉えたのが、この船である。
a0148206_7141769.jpg


この船は最初の写真にも写っているが、始めて見た人は探し出せるかどうか・・・

同じカメラで撮っても、レンズによって、これだけ詳細に写せるものである。

<正解>最初の写真の、右上突端に停泊中。


この船の名前が知りたくて、トリミングしてさらに拡大してみると、
船名「Aida Luna」が確認できる。
a0148206_7145764.jpg



性格上どうしても興味がわき、検索追跡が始まる。

このクルーズ船は、ドイツの船会社「アイーダ・クルーズ」所属、船籍はイタリアであることが分かった。

総トン数:68,500トン
全長:252m
竣工:2009年
旅客定員:2100
・・・・

現在位置、ドイツ・ハンブルグ港に向け航行中。
速度は時速「15.2ノット(28km)」
・・・

時々刻々変化する、この船の航跡まで、ネット上で掴むことができる。


1枚の写真とはいえ、興味次第で、限りなく続く・・・、
さすがネット時代である。

by seokazuo | 2013-07-10 07:16 | 旅行・海外 | Comments(0)
2013年 07月 06日

サクランボをネットで購入

サクランボをネットで5月に発注しておいた。
当時発送予定は6月20日頃とのことであった。

6月末、法事のため東京に行くことになっていたが、
6月20日になっても発送したという連絡が入らない。

サクランボが、留守中に配達されても困るので、
業者に連絡をとったところ、配達は7月にはいってからになりそうとのこと。

「それでは7月3日以降に配達してください」と申し入れ、
業者からも「承知しました」との返信メールがあった。

帰宅してみると、宅配便の「不在連絡票」が入っているではないか!
3日前である。

慌てて再配達してもらったが、心配した通り悲しい状態になっていた。
a0148206_1720395.jpg


クール便ではなかった。

いままで送っていたサクランボは、全てクルー便であったので、今回もクール便
だと、何の疑いもなかった。

早速、業者にクレームしたのは言うまでもない。

配達日については社内の連絡ミスであったこと、
気候的に、まだクール便は必要ないと判断を誤ったこと、

と、業者より丁寧に詫びを入れてきた。

今日代替え品が届いた。
勿論クール便である。

新鮮なおいしいサクランボであった。
a0148206_17225542.jpg



今回は発送業者がきちんと対応してくれたが、
生もののネット・ショッピングは難しい。

by seokazuo | 2013-07-06 17:17 | 生活・日常 | Comments(2)
2013年 07月 05日

トイレがタダって、日本は良いな!

仙台への帰りは、首都高も東北道も空いており、
マイペースでのドライブが楽しめた。

特に東北道では、ほとんど「オート・クルージング」走行、
我が車の標準設定は「時速100km」である。

速度計は、実際の速度より10%程度多めに表示されるので、
実速度は時速90km程度、安全速度である。

ブレーキをかけると、「オート・クルージング」は自動的に解除されるため、
車が多い時は、使いにくいが、この日は90%ぐらいの区間はオートで走れた。

追い越し時のみアクセルを踏むだけで、
必要に応じ、手動で速度設定を調整する。

アクセル操作をする右足は至って暇で、疲れない。
こういう長距離ドライブでは価値ある機能である。


途中休憩で2回、サービスエリアに入った。
お土産を買い損ねたが、ここで調達できる。

何よりも嬉しいのは、「トイレがタダ!」


日本では当たり前であるが、ヨーロッパなどを旅行すると、
バスで移動中止まるサービスエリアでは、トイレが有料というのが多い。

使わせてもらうのだから、有料でも仕方がない・・・
そう思うようにしているものの、やはり日本人にはなかなか馴染めない。


前回行った北欧旅行時、バス移動中、途中でホテルに入った。

「コーヒーをどうぞ!」

ホテル庭からの眺望は素晴らしかった。

a0148206_14494082.jpg


a0148206_14182822.jpg


コーヒー付きとは気が利くなと思ったが、途中他にトイレがなく、
このホテルを利用するしかなかったようだ。

勿論、このコーヒー代も旅行費に含まれているのは言うまでもない。


それにしても、日本は本当に良い国だ(^O^)

by seokazuo | 2013-07-05 14:48 | 旅行・国内 | Comments(0)
2013年 07月 04日

”21人”の食事会はホテル・ビュッフェで

母の七回忌に集まったのは”21人”、
食事会をどうアレンジするか・・・?

3才から15才までのひ孫が8人、
「総持寺」での食事というわけにもいかない。

横浜の中華街でという案は、移動時間から無理。

「横浜港ランチ・クルーズ」も候補に挙げたが、
法要の予約時間との時間調整ができなかった。

意外とこの”謎解き”は厄介であった。


最終的に決めたのが、○○日航ホテルでの「ランチ・ビュフェ」、
個室が確保できたこともあり、ここに決断した。

ここに至るまでネットを駆使したのは言うまでもない。
何しろ、この界隈の情報は何一つなく、遠隔地、仙台からのコントロールである。


何よりも喜んでくれたのはひ孫達であった。

日頃親から、「野菜を食べなさい!」など、厳しく言われているだろうから、
好きなものを選んで、好きなだけ食べられる・・・

特に彼らの人気は、当日の特設コーナー、
<目の前で焼く実演コーナー「鉄板焼きサーロインステーキ」がお好きなだけ食べ放題!>

勿論デザート、飲み物も自由、
何度も行ったり来たり、大喜びであった。

後で聞いたが、体重が1kg増えた子も。


大人たちはビール片手に懇談・・・

主催者としては、その場では何も手を出す必要もなかった。


3才から81才(今回のメンバーの最高齢者)まで、
21人の食事会も、こうやって無事終わった。

みんなの食べっぷりに、母も笑っていたことだろう(^O^)


<常に料理を取りに席を離れていたので、みんなの写真を撮る間がなかった>
a0148206_144547100.jpg





by seokazuo | 2013-07-04 14:44 | イベント | Comments(0)