人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 26日

最高の誕生日プレゼント”富士山”

朝7時前、新聞に目を通していたら、次男が突然声をかけた。
富士山を見に行こう!」

ネットのライブカメラで調べて、今日は快晴、視界良好という。

次男の家は用賀ICのすぐ近く、家を出て数分後にはもう東名を走っていた。

まもなく視界に富士山が次々に飛び込んできた。
a0148206_13234477.jpg


やはり都内から望遠で望むのとは、全然違う。

1時間足らずで御殿場に入る。
a0148206_13255567.jpg


a0148206_8193538.jpg


せっかくだから湖を入れようということで、山中湖へ。
この辺りに来ると道路の周りにはかなり雪が残っている。

ノーマルタイヤで大丈夫だろうか・・・
やや不安も感じたが、幸い道路は乾燥状態が続いた。

山中湖の展望台、このビューポイントも予め調べておいたようだ。
a0148206_13294234.jpg


ため息が出るほどの美しさ・・・
a0148206_13303733.jpg


a0148206_1357277.jpg


a0148206_1333636.jpg


パノラマ・・・
山中湖の右岸は凍っている。
<画像をクリックし、次の画像の右側に現れる「+マーク」をもう一度クリックすれば、拡大する>
a0148206_13343125.jpg



山中湖畔に移動。
a0148206_1335318.jpg


このポイントなら逆さ富士が見えるはずだが、残念ながら風があり幻に・・・、


帰りは河口湖から中央道に乗った。

11時前には用賀に帰着、
遅い朝食となった。


いままで何回も「富士山を撮る」ことに挑戦し、悔しい思いをし続けている自分を、よく知っているのだろう。

次男が最後にポツリと一言、
「おとうさん、遅くなったけど、今日の富士山は誕生日プレゼントだよ」

そうだったのか・・・
まさに最高のプレゼントであった。

by seokazuo | 2013-02-26 13:58 | 旅行・国内 | Comments(2)
2013年 02月 25日

青山から新宿まで歩く

青山でランチして、夕方高校時代の仲間と会うまでの時間をどう過ごすか・・・
取り敢えず歩くか。

イチョウ並木の入口にあるレストランに入ったが、ちょうどお昼時で満席、
「外のテラスでよければどうぞ!」
日当たりの良さそうなテーブルに付く。

やや涼しい?気はするが、全く気にならない。
やはり東京は暖かい。
a0148206_634864.jpg


a0148206_8235581.jpg


テレビドラマの一場面としてよく出てくる「イチョウ並木」、
裸木であるが、歩くのは心地よい。
a0148206_826538.jpg


絵画館前で道を聞き、
a0148206_8265660.jpg


ヤクルトのホームグランド「神宮球場」を過ぎ、「国立競技場」をぐるりと周り、
まもなく「千駄ケ谷駅」。

新宿御苑「千駄ヶ谷門」より入る。
a0148206_8313621.jpg



さすがにこの時期人はまばらである。
a0148206_8302132.jpg



大都会の真ん中に、こんなに広いスペースがある、
東京の凄さの一面である。
パノラマ合成写真・・・ぐるっと見渡せる。
<画像をクリックし、(+マーク)を押すと、拡大する>
a0148206_834962.jpg


やや歩き疲れを感じ、芝生に仰向けに寝転がると、心地よい。
こういうことは何年ぶり?
a0148206_8353682.jpg


ここの温室は、歴史があるらしい。
a0148206_8373726.jpg


a0148206_838371.jpg



もう桜?
寒桜か・・・
a0148206_8383814.jpg


一面に水仙も・・・
a0148206_839328.jpg


改めて、都心部の暖かさに驚かされる。

「新宿門」を出ると、そこはもう新宿のど真ん中!

by seokazuo | 2013-02-25 08:43 | 旅行・国内 | Comments(0)
2013年 02月 23日

新宿53階で

大学同期の集まりが、毎年この時期に行われる。

今までは有楽町のレストランで行われていたが、
今回は新宿センタービル53階にあるレストランに会場が移った。

期待通り、素晴らしい眺めである。
a0148206_66846.jpg



遥かにスカイツリーが・・・
もちろん引き寄せて撮る。
a0148206_672430.jpg



お互い日本の高度成長期を必死に働いてきた世代である。
いや支えてきたという自信も話の節々ににじみ出る。
お互い良き時代を過ごせた・・・
いつもの話のパターンである。

一方で、こういう年齢での集まりになると、かって同じくした専攻は全く関係ない。

健康管理や誰もが付き合っている病の話・・・
いろんな趣味の披露・・・
政治や社会問題・・・

男性同士の場合、家族の話はあまり出ない。


あっという間に予定時間が過ぎ、再会を期してのお開きとなる。

新宿の夜は、まだ始まったばかりである。

a0148206_621479.jpg


by seokazuo | 2013-02-23 22:00 | イベント | Comments(0)
2013年 02月 22日

富士見坂

砧公園を抜けてしばらくすると、岡本地区、
ここに「富士見坂」があり、その上からは遮るものがないため、
晴れた日には富士山が見える。

a0148206_22283859.jpg


a0148206_2229341.jpg


世田谷区用賀に住んでいる次男宅に行ったときの朝の散歩コースである。

今回もしっかり見えた

by seokazuo | 2013-02-22 22:30 | 旅行・国内 | Comments(0)
2013年 02月 18日

最近歩幅が狭くなってきた?

歩くのは早い方だと自信をもっていた。


ゴルフの時、グリーンまでの距離は?
そういう距離を予測するとき、歩測することがある。

1歩でほぼ1ヤード、
35歩だから35ヤードだ・・・

昔の若い頃の話である。

最近歩幅が大分短くなってきているようである。


昔、妻と一緒に歩いている時、ふと気がつくと妻ははるか後ろの方に・・・
妻の歩速に合わせるのに苦労したものだ。

同じ距離を歩いても、万歩計のカウント数は、妻の方が20%ぐらい多かった。
歩幅の差である。


ところが最近、そのカウント数の差がそれほど変わらなくなってきた。
妻のスピードに合わせるように努力した結果、自分の歩幅が小さくなったのだろうが、

一方で、妻の歩幅が広くなってきたような気もする。
間違いなく、妻の歩きが早くなってきている。

今の時期、寒さに負けぬよう急ぎ足にしているが、
妻も遅れることなく付いてくる。


今日も仙台駅まで歩いた。
銀行の用事を済ませ、いつものランチ。

13,500歩の仕上がりである。

by seokazuo | 2013-02-18 21:19 | 生活・日常 | Comments(0)
2013年 02月 16日

即席「チーズ・フォンデュ」

今日は一日中雪がパラつき、最高気温は0度!、
さすがにウォーキングを兼ねた買い物はお休みにした。

夕食は有り合わせで済まそうということになり、
チーズ・フォンデュ」にしようということに。

日本人の知恵には感心する。
「チン」で簡単に「チーズ・フォンデュ」が食べられる。

即席「チーズ・フォンデュ」は鍋替わりの器までセットになっており、そのまま電子レンジで2分温めれば、すぐ食べられる。

今日の食材はパンのほか、ジャガイモ、ブロッコリー、ソーセージ、ベーコン。
a0148206_2050443.jpg


味も悪くない。
勿論好みにもよるだろうが、昨年スイスで食べた「チーズ・フォンジュ」より美味しいと言いたいほど。
味が日本人向きに調整されているのだろう。

昔は「チーズ・フォンデュ」を食べるとなると、チーズにワインを加え、アルコールランプで温めるなど、結構面倒であった。

このインスタント「チーズ・フォンデュ」は、スーパーで簡単に手に入る。
値段が安過ぎるので、躊躇しながら初めて買ったときは、味は期待していなかった。

馬鹿にしたものではない・・・
まさにそうであった。

このインスタント・フォンデュは後期限定販売であるが、今では我が家の「非常食」のひとつになっている。



by seokazuo | 2013-02-16 20:50 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2013年 02月 15日

和食の代表は刺身

和食と一言でいっても、その種類はあまりにも多いし、
例え外国の料理でも、和食風にアレンジしてしまうところも、
日本の食文化の凄さである。

一昨日、いつもの仲間とワイワイやった。
同じメンバーで、集まる店もいつも同じ。

オーダーするのも、同じコース料理。
いちいち料理を選んで頼むのも面倒だ・・・
そういう年代になってしまっている。

コースのメインはやはり刺身だろう。
季節折々の新鮮な魚介類が並ぶ。
a0148206_96326.jpg


刺身はやはり和食の代表と言える。
好き嫌いがあるだろうが、自分にとっては絶対に外せない。

いつも同じコースを頼むのも、
同じコース料理でも満足しているのは、
この刺身の盛り合わせあるからだ。

季節ごとに変わる三陸の魚介類も、
その種類の豊富さが、震災前並に揃ってきた。

by seokazuo | 2013-02-15 09:06 | 家族・友人 | Comments(0)
2013年 02月 13日

干し柿のいま・・・

昨年11月下旬に吊るし、ほぼ1ヶ月で完成した干し柿、
a0148206_10195338.jpg


a0148206_10201176.jpg


いまは一個づつラップに包んで寒い倉庫で保存している。
気温が上がり始めたら冷凍保存にする。

ところで、いまでは気持ちが悪いぐらいすっかり黒くなってしまった。
a0148206_10211620.jpg


デザートに、おやつにとおいしく食べているが、
甘さとトロリとした食感が最高に良い。
a0148206_10213763.jpg


もっとも、こんな色の干し柿を頂いたら、口に入れるのを躊躇するかも(^O^)


干し柿は食物繊維をきわめて多く含み、排便を促してくれるし、有害物質を体外に排出してくれると・・・

しばらくは食の友として楽しめそうだ。

by seokazuo | 2013-02-13 10:23 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2013年 02月 09日

沙羅ちゃんの飛ぶ姿を観てみたかったが・・・

沙羅(SARA)サラ(SARAH)(米の対決、
ぜひ観てみたいと蔵王へ出掛けた。
a0148206_2150441.jpg


a0148206_2151233.jpg



女子ワールドカップはジャンプ競技の中で世界最高峰の大会であり、今シーズンは全16戦の内、先週札幌で2戦が行われ、今週蔵王で2戦(第11,12戦)が開催される。

高梨 沙羅は今年はもう4勝しており、現在総合でトップ、
昨年の蔵王大会でも優勝しており、今回も優勝が期待されている。

ただ、最大のライバルがアメリカのサラ・ヘンドリクソン、
沙羅、サラ対決をぜひ見たい・・・


朝出発が遅くなり、12時近くに着いたが、予選は既に終わったという。
ところが、後5人程を残して強風のためキャンセルになったと。
a0148206_21533948.jpg


a0148206_2154717.jpg


13:30から本戦一発で決めるとのこと。
良かった、観れる。

ところが途中でまたアナウンスが流れた。
「開始は14:00からにします」
ちょっと嫌な雰囲気・・・

14時にスタートしたが、5人がジャンプしたところで、
「天候状況が悪いため、本日は中止となりました」(;_;)

<引き上げてきた選手>
a0148206_97419.jpg



明日、11戦、12戦を午前中にまとめて強行するという。


実際のジャンプ台を見て、
飛んでいる様子も確認できた。
a0148206_21523512.jpg


a0148206_21524928.jpg


a0148206_21531482.jpg


明日のテレビ中継を、今日のこの現場の状況を重ねてみれば、
よりリアルに観戦できるだろう。

中止で残念さもなくもなかったが、来て良かった。


我が家から約80km、2時間足らず、
それでも途中の雪道運転に、久しぶりに緊張した。

by seokazuo | 2013-02-09 21:54 | イベント | Comments(0)
2013年 02月 07日

実家が無くなるということ・・・

鹿児島で一人住まいして頑張っていた母が92歳で亡くなりもう6年、
それまで空家で放置していた実家をとうとう処分した。

<実家の池で元気に泳いでいた鯉を見るのが母の楽しみであった>
a0148206_17135383.jpg


高校時代まで過ごした実家、
家を離れて大学、就職そして定年・・・

毎年の帰省は楽しいものであった。
子供たちも、正月実家に行くのを楽しみにしていた。

中学時代、高校時代、
様々な思い出がいっぱい詰まった実家であった。

父が逝き、そして母も亡くなった。

我が3人の子供たちもそれぞれ独立し、家族を持っているが、
仕事の関係で、鹿児島には全く縁がない。

実家は消えていくのが宿命だったというべきか。

<実家は桜島を望むこの展望台のすぐ下にあり、散歩でここへ登ってくるのが楽しみだった>
a0148206_1715339.jpg



実家は無くなったが、親戚はまだ鹿児島に多い。
中学、高校の友もたくさんいる。

元気なうちは、これからもできるだけ往来することにしよう。

ふるさとは遠きに在りて思うもの・・・(室生犀星)
今まで以上に胸に響く言葉である。



by seokazuo | 2013-02-07 17:15 | 家族・友人 | Comments(2)