日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 29日

空高く咲く西洋アサガオ(ヘブンリー・ブルー)

朝夕の涼しさも本格的になってきたが、
我が家の西洋アサガオ(ヘブンリー・ブルー)は、まだ咲き続けている。

それも高く、高く・・・

9月23日時点では
a0148206_532614.jpg


そして今日はさらに高く、
a0148206_5324330.jpg


と云っても、はっきり見えないが、
a0148206_5333215.jpg


高さは、7~8mぐらいはあろう。

花数はさすがに減ってはきたが、
あの細い茎で、よく水分が届くものだ。

自然の凄さに圧倒されつつ、
毎朝見上げて応援している。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-29 19:28 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
2012年 09月 25日

吊り秤を購入

わが家には3種類の秤がある。

a0148206_16135314.jpg


左が封書など、郵便で送る場合にいくらの切手を貼ればいいか、
チェックするときに使っており、最大で500gまで量れる。

右は主に調理時に使っている。
と云っても、妻はほとんど目分量で料理しており、

「二度と同じ味はでないわよ」
が口癖である。

いずれも、何十年も使い込んでいる。


重いものを量るときは、体重計を使っている。
a0148206_16141431.jpg


ただ体重計は、大きなものを乗せるには不安定であるため、
量るものを手に持って体重計に乗り、

自分の体重分を差し引くことにしている。


最近、海外旅行で、手荷物を預ける場合、
重さ制限がうるさくなってきている。

エコノミーでは、1個あたり「23kg」、
一部のヨーロッパ便では「20㎏」とも。

行くときは自宅で量るので、問題はないが、
帰りはお土産など、どうしても増えるし、
重さを気にしながら、スーツケースの荷造りするのも気疲れするものである。

ネットで便利なものを見つけ、さっそく購入。
「吊り秤」である。
a0148206_16144181.jpg


非常にコンパクトで、スーツケースを量るのに丁度よい。
最大「50㎏」まで量れる。
a0148206_1615302.jpg


握りの上部にディスプレーがあり、重さがデジタル表示され、
100g単位まで量れる。


当然、海外旅行時の携帯品リストに加えることに。


また家で、たとえばコメの重さを量るときなど、
わざわざ体重計に乗る必要もない。

このような便利なものが、「ランチ」代一人分程度で購入できるとは、
便利な世の中になったものである。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-25 16:15 | 生活・日常 | Comments(2)
2012年 09月 22日

秋の大北海道展

いつものように散歩していたら、デパートで「北海道展」をやっていた。
しょっちゅうやっているようだが・・・
a0148206_21142095.jpg

「覗いてみるか?」

デパートの催し場では次から次へと催しが変わるが、
やはり北海道展は人気のイベントなのだろう。
結構混んでいた。
a0148206_21144486.jpg


いま、秋の大北海道展として、全国で展開しているようである。


「ちょっと早いが、食べてみるか」
今日のランチは、ここで済ますことに。
a0148206_2115638.jpg


北海道に行くまでもなく、この地でも、特別珍しいモノではないが、
周りの雰囲気に誘われてしまった。


昔は見向きもしなかったこういうイベントにも、
気軽に立ち寄るようになった、呑気な日々である。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-22 21:12 | イベント | Comments(2)
2012年 09月 20日

杜の都、仙台

仙台駅から地下鉄で10分あまり、「旭ヶ丘駅」で降りると、
「台原森林公園」が拡がる。

<地下鉄「旭ヶ丘駅」>
a0148206_19562452.jpg


a0148206_19565638.jpg


その名のとおり森林が残されている緑豊かな大規模公園である。
久しぶりに歩いた。
a0148206_19572615.jpg


広さは60ha、これは東京の新宿御苑(58ha)とほぼ同じ規模である。
a0148206_2033157.gif


主要道路を一周すると、約2.5km、
細い脇道が、入り組んでいる。
<からまつの道>
a0148206_5393412.jpg




自然林や人工林に包まれ、野鳥のさえずりが聞こえ、リスの姿を見かけることもあるという。
「台原森林公園」は、豊かな自然に囲まれ、歩いていても、今年の厳しい残暑も忘れることができる。
a0148206_19595130.jpg


ウォーキングしている人、ジョギングしている人、子供連れの家族など、
すれ違ったり、追い越されたり、
a0148206_200151.jpg


最高の散歩を楽しめる。

近くには、同規模の広さで、住宅地に囲まれた「水の森公園」もある。


勿論定禅寺通りや青葉通りのケヤキ通りは比較的に知られているが、
<定禅寺通り>
a0148206_201979.jpg


仙台市中心街に比較的近いところに、こういう森林公園があることも、
「杜の都」と呼ばれる所以であろう。

厳しい残暑も、朝夕の涼しさから、秋の気配も・・・
まもなく、杜の都も紅葉の季節を迎える。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-20 20:05 | 生活・日常 | Comments(0)
2012年 09月 14日

日陰を求めてゲーム感覚で・・・

異常なまでに厳しい残暑、
平年より5~6度は高い気温に、閉口している。

それでも、万歩計はきちんと進んでいる。

さすがに30度越えの日中に歩くことは少ないが、
朝夕の日陰を狙って歩いている。

一番多いパターンは、通勤ラッシュの終わったころ、街中に向かう。

途中でバスを降り、昼なお暗い?定禅寺通りへ。
a0148206_7345933.jpg



先週、この通りを中心に 「定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバル」が行われたが、
仙台でのイベントの中心となる通りである。

この時間は独占できる。
昨日は、珍しく外人さんとすれ違った。
a0148206_7352442.jpg


定禅寺通りからはアーケードが続く。
七夕祭りで賑わう通りである。
a0148206_735497.jpg


この時間はまだ日も高くはないので、ビル街では、日陰を探すのは苦労しない。
a0148206_7362343.jpg


約2㎞ぐらい歩くと、地下道に降りる。
a0148206_7365157.jpg


仙台駅地下街で、一服、
昨日は妻に「シェイク?」なるものを付き合わされた。
a0148206_7372074.jpg



仙台駅まで来ると、7000~8000歩
a0148206_7374026.jpg



帰りに、団地の木陰を歩けば、ほぼ目標に達する。
昨日も、午前中に目標をクリア!
a0148206_7387100.jpg


日陰を求めての散歩も、毎日コースが変わる。
日陰をどうつなげていくか?、
ゲームをやっているようなものだ。

リタイア族というのは、まことに気楽である。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-14 07:39 | 生活・日常 | Comments(2)
2012年 09月 12日

今日のキャディは東北福祉大生

今日のコンペは、我が家から車で20分足らずのところにあるなじみのコースであった。
a0148206_2114346.jpg


a0148206_21142986.jpg


a0148206_21144664.jpg


いま水不足が問題になっているが、このエリアは水に恵まれており、朝夕水をまいているそうである。
芝生のグリーンがまぶしいぐらいであった。

キャディは珍しく学生、
聞けば地元の東北福祉大の1年生とのこと。


東北福祉大は、ツアーで現在活躍しているゴルフプレーヤーを多く送り出している。

池田 勇太、
谷口 拓也、
谷原 秀人、
宮里 藍の二人のお兄さん(宮里聖志、宮里勇作)、
など、

そしていま一番元気なのが、在学中でアマで活躍している、
松山英樹

などなど・・・


このキャディは広島県出身で、高校時代は常にトップクラスで活躍していたそうで、福祉大に推薦入学したとのことであった。
こういう実績を持っていると、ゴルフ用具なども、メーカーから支給されるらしい。


グリーン上での芝の読み方など、並みのキャディとは違う。

質問にも気軽に答えてくれたが、

「こういうミスが出るが、どうしたら直せるだろう?」
と聞いたら、考え込んでしまった。

どうやら、手の施しようがないほど、問題が多いということのようだ。


彼は今年のプロトーナメント「東海クラシック」(今年は9/27-30開催)にアマ代表で出場するという。
将来有望と見て、一緒に写真に納まってもらったのは言うまでもない。


こういう学生は、キャディの仕事が終わった後、コースを廻らせてもらえるとのこと。
またゴルフクラブとして、週3回、このコースを廻るそうである。

我々のコンペが終わった後、学生たちがスタートして行った。
勿論、ティー・ショットは、一番後ろから。
a0148206_21162858.jpg


a0148206_21164211.jpg

[PR]

by seokazuo | 2012-09-12 22:12 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2012年 09月 10日

命日から2年目で、何故三回忌と呼ぶ?

先週末、姉の一周忌で、川崎市へ。

法事というのは、故人を偲ぶことが目的ではあるが、

日頃合う機会の少ない遠くに住む親族が集まって、お互いの近況を語り合えることも、
意義の大きい。

散開時、来年の三回忌に、お互い元気で会いましょう・・・


一周忌は命日から1年後に行うが、
三回忌以降の法要は、命日から2年目に行う。

何故そう呼ぶのか?

そういうものだと、あまり気にしたことはなかったが、
ネットで調べてみると、こういう記事が見つかった。

<一周忌以後の年間法要の数え方は、次の年を迎えるという意味で、一年プラスします。つまり、二年後の命日は、三年目を迎えるという意味で一年プラスして、「三回忌」と呼んでいます。ですから、三回忌の法要にあたる日は、二年後の命日です。 >

正解は「その日から、次の年を迎える」という考え方にあるようである。

恥ずかしながら、このことはいままで深く考えたことがなかった。


今回小学4年生の孫を連れて行った。
孫から「どうして?」と聞かれそうだったので、事前に調べておいただけである。

日頃、何でもない、当たり前のことと思っていことでも、
孫から聞かれ、言葉に詰まってしまうことが時々ある。

大人の相手は、特に苦にはならない歳なってしまったが、
孫の相手は油断できない。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-10 21:16 | 家族・友人 | Comments(0)
2012年 09月 06日

空高く咲け!

毎朝、ヘブンリーブルー(西洋アサガオ)が咲き始めて、もうどのくらい経つだろうか・・・

庭のあちこち、さわやかにブルーで染めてくれる。


裏庭のファエンスでは表側(道路側)に、
a0148206_8464390.jpg


裏側にも、
a0148206_8461915.jpg



そして、天高く・・・
a0148206_847341.jpg


これからも、上へ上へと、
頑張れよ!!!
[PR]

by seokazuo | 2012-09-06 08:47 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2012年 09月 02日

バスは正確に発車

日本の鉄道、特に新幹線の運転時間の正確さは定評がある。

先日テレビでやっていたが、
新幹線の発着時間は勿論のこと、途中駅の通過時間まで、秒単位でコントロールしていると。


市バスをよく利用しており、近くに始発のバス停がある。
その発車時刻がまことに正確である。

a0148206_8534742.jpg

いま”電波時計”をはめているので判るが、
数秒以内でドアが閉まる。

どのバスも、最近運転席に”電波時計”が置いてある。

仙台駅など、始発バス停でも同様である。


勿論、バスは途中では5分、10分と遅れるのは当たり前なので、何もそこまで・・・と思うが、
始発の発車時間だけは、秒単位で管理しているのは、日本人の几帳面さであろう。



そんなことに注視している自分は、まさにヒマ人である。

それと・・・そんなことぐらいにしか役立つ機会のない正確無比の”電波時計”である。
[PR]

by seokazuo | 2012-09-02 08:55 | ご当地 | Comments(0)