人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

雲に隠れるスカイツリー

あいにくのお天気である。

4、5㎞ぐらい離れている、いつもの定点観測?に立ったが、
雲間に見えるスカイツリーは迫力に乏しいが、

やはり高さを感じる。

雲に隠れるスカイツリー_a0148206_11284786.jpg



特に上部のアンテナ塔は、見えたり見えなかったり・・・

雲に隠れるスカイツリー_a0148206_11291391.jpg



展望台付近には、まだ工事用のクレーンが一基残っている。

雲に隠れるスカイツリー_a0148206_11293485.jpg



瞬間最上部、”634m”部分が、姿を現した。

雲に隠れるスカイツリー_a0148206_1130028.jpg



それにしても、工事中にもかかわらず、
あの地震に耐えたのは立派!

先日放送された「NHKスペシャル」を見て、
建設プロセスの苦労を知ったが、

まさに歴史に残る大事業であろう。


東京に来るたびにに眺めてきたこのタワーも、
今では東京になくてはならない姿であろう。

by seokazuo | 2011-07-31 11:27 | 旅行・国内 | Comments(0)
2011年 07月 28日

久しぶりに東京へ走る

東京へ車で行くのは久しぶりであった。

二男の住む世田谷区の用賀まで、
400km弱、

到着時間に縛られるわけでもなし、
途中のサービスセリアでの、数回の休憩を楽しみながら、

5時間半のドライブであった。

東北道から首都高に入り、
池袋から渋谷に抜ける新しいトンネル(山手通りの地下)を初めて走った。

いままで、東北道から、中央道や東名道に抜けるには、
都心部の渋滞に巻き込まれ、

時間の予測が困難であったが、

このトンネルの開通で、
非常に便利になった。

用賀は首都高と東名の接続点に位置しているので、
首都高を北端から、南西端に、
いわば最長区間を走ったことになるが、

30分程度で走り抜けた。
これだけ走ると、¥700は高くはない。

来るたびに変化していく都心部・・・
今回の発見は、このトンネルである。

by seokazuo | 2011-07-28 22:24 | 旅行・国内 | Comments(0)
2011年 07月 27日

世界地図を見るたびに

数十年前になるが、初めての海外出張で行ったのがヨーロッパであった。

ドイツで見た世界地図に戸惑った。

世界地図を見るたびに_a0148206_11193972.jpg


それまでに親しんだ世界地図では、
いつも日本が真ん中にあった。


この地図を見ると、日本は東の端、
まさに「極東」である。

東南アジアの意味もよくわかる。

「中東」、まさに東半分の真ん中に位置する。

この地図で教育を受けていたら、
極東、東南アジア、中東などの意味するところが、
もっと簡単に理解できたはず・・・

カルチャーショックを受けたことを、今でもはっきり思い出す。


その後、いろんな国を廻るたびに、

国民性の違いに面食らうたびに、

そして自分の常識が通じないたびごとに、

この地図を思い浮かべて、冷静さを装ってきた。
日本の常識が通用するわけがない・・・


企業在籍のまま地元の大学で、非常勤講師をしていたが、
いつも挨拶代わりに、この世界地図を紹介した。

「日本の常識は、世界の非常識」
をしゃべるためにである。


相手は工学部の学生、
にである。




・・・

by seokazuo | 2011-07-27 11:20 | 旅行・海外 | Comments(2)
2011年 07月 25日

炎のユリ「グロリオサ」

我が家の夏の花の代表?は”グロリオサ

まさに炎のユリである。

炎のユリ「グロリオサ」_a0148206_11494835.jpg


炎のユリ「グロリオサ」_a0148206_1150884.jpg


そして勿論、”ヒマワリ”を外すわけにはいかない。

炎のユリ「グロリオサ」_a0148206_11503173.jpg



さわやかさの代表は、”ブルーハイビスカス

炎のユリ「グロリオサ」_a0148206_11505532.jpg



ひそかに”山百合”も・・・

炎のユリ「グロリオサ」_a0148206_11511544.jpg




ここのところ、しのぎやすい日が続いているが、
真夏はこれからが本番、

暑い日はしばらく続いてほしい・・・

日が経つのがあまりにも早過ぎるから、
秋はゆっくり来てほしい。

by seokazuo | 2011-07-25 11:52 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
2011年 07月 23日

一斉に携帯を見る

先ほど街からの帰りのバスの中である。

車内のあちこちで、地震警報速報のあの独特の音色の警報が、
一斉に鳴り響いた。

最近の携帯は、震度5以上の地震が予想される場合には、
そのエリアでは、地震警報速報が自動的に送られてくる。

みんな一斉に覗きこむ。

自分の携帯が鳴っているのには気がつかなかったが、
間違いなく警報メールを受信していた。

「宮城県沖で地震発生。
強い揺れに注意してください(気象庁)」

一応構えるが、バスの中、
あの揺れのなかでは、
地震の揺れを自覚するには至らなかった。

携帯テレビで見て見ると、
震源地は宮城県沖、

岩手県では震度5強、

仙台でも震度4。


音楽を聴きながら、
車で走っている場合、
この地震警報速報が鳴っても気がつかないであろうし、

地震の揺れにも気がつかないかもしれない。

多分、津波が来るとしても、知らないで走り続けるかもしれない。


最近は、車で走る時は、
必ずテレビはつけっぱなしにするようにしている。

by seokazuo | 2011-07-23 14:50 | 生活・日常 | Comments(0)
2011年 07月 20日

サンパラソルの時期

この暑い夏、我が家でもひときは目立つのが、真っ赤なサンパラソル
後方の白いアジサイとのコントラストが良い。

サンパラソルの時期_a0148206_1538026.jpg


暑ければ暑いほど、元気良く咲いているようで、

つぼみが次から次へと出てくるので、

暑い間中咲く続ける。

つる性の花で、比較的小さい鉢でも十分で、
最近人気上昇中らしい。

by seokazuo | 2011-07-20 15:38 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2011年 07月 17日

東北六魂祭が開催

青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、
山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり、

東北6県を代表する祭りが仙台に集い、
復興への願いを込めた「東北六魂祭」が、16日~17日で開催されている。

場所はけやき通りで有名な定禅寺通り界隈。

昨日昼前出かけてみたが、
すでにかなりの人が溢れていた。

東北六魂祭が開催_a0148206_1754462.jpg


東北六魂祭が開催_a0148206_17542599.jpg




夕方から行われるパレードを見るため、
定禅寺通りの両側には、すでに座り込んでいるグループも。

やはり、東北6県の祭りが、一度に見れるとなると、
大勢の人が集まってくるのもうなずける。

ただ、涼しさが売りの仙台も、このところの猛暑、
一通りの展示物を見て、早々に引き揚げた。

<青森ねぶた>
東北六魂祭が開催_a0148206_17545464.jpg


<秋田竿燈まつりの展示>
東北六魂祭が開催_a0148206_17551465.jpg


<盛岡さんさ踊りのデモ>
東北六魂祭が開催_a0148206_17553723.jpg



夜のニュースによると、
あまりの人出で、危険が予想され、

夜のパレードは中止になったとのこと。


東北の祭りは、やはりひとつずつ、
観て廻るものかもしれない。

by seokazuo | 2011-07-17 17:55 | イベント | Comments(2)
2011年 07月 16日

10年前は・・・

1年前のことは、ある程度は思い出す。

さて10年前は?
急には思い出せない、
というより、全く見当がつかないと言った方が良いかも。

幸いにして、その頃からデジカメが使われるようになってきており、
古い写真が、いつでも呼び出せる。

デジカメで撮った画像には、撮影日時がデータとして残っているので、
古い記憶を思い起こすには都合がいい。


10年前は、イタリアから南欧を廻っていた。

フレンチェに数日滞在、
イタリア高速鉄道”ユーロスター”でベニスまで日帰りしていた。

10年前は・・・_a0148206_1027627.jpg



南仏・コートダジュールの海岸線、

モナコとニースの間の、
あの独特の紺碧の海を懐かしむ。

10年前は・・・_a0148206_1027482.jpg



10年ひと昔か・・・

by seokazuo | 2011-07-16 22:30 | 生活・日常 | Comments(0)
2011年 07月 14日

株価の表示

いつも不思議に感じているのが、”株価の表示桁数”。

今の状況を調べてみたら、

14日 13:13現在
日経平均株価(円) 9,892.76


株価はわざわざ下二桁まで表示する必要があるのだろうか?

株価は時々刻々変わっていくので、
途中の経過表示は、たとえば円未満を四捨五入し、
円単位でも十分のような気がする。

何か理由があるのかもしれないが、

実際の取引のない”銭”にこだわる理由が判らない。

by seokazuo | 2011-07-14 13:30 | 社会 | Comments(0)
2011年 07月 13日

雷さん、どうぞお静かに・・・

東北電力の今日の”電気予報”によると、
ピーク時の供給力に対し、

最大使用電力予想は90%程度と、
まずまずの余裕である。


しかし心配のタネはほかにある。

東北電力の発電所のうち、

仙台近郊、太平洋岸にある女川原発や火力発電所は、地震・大津波での被害が大きく、、
長期的に停止中である。
すなわち、現在東北地方の太平洋岸には、電源が存在しない。

現在は日本海側、新潟、秋田に立地する火力発電所群と、中央西寄りにある水力発電からの供給に頼っている。

一方、東北地方の最大の電力の消費地は仙台市周辺に集中している。

つまり、電力は、日本海沿岸部から、長い送電線により、仙台に送られてきている。

送電線は野越え山越え・・・、
この送電線は、これから多発する雷に狙われ、かっこうの餌食になる。

一般的には、送電線に落雷しても、
即、停電にならないよう工夫はされているが、

それでも自然界には何が起こるかわからない。

厳しい条件の落雷(たとえば、2ヶ所以上に同時落雷)が発生すると、
送電線を止めざるをえないこともある。


幹線となる送電線が止まると、別ルートの送電線では支えきれず、
仙台への電力供給が急減、
仙台エリアの電力消費に供給が追い付かず、ついには停電に至ってしまう。

通常は、太平洋側に位置する女川原発や、
仙台近郊にある火力発電所群から供給されているので、

日本海側からの送電線が止まっても、大規模停電に至ることはないが、

現在の変則運用では、
落雷で、仙台エリアが、大停電になってしまうリスクは残る。

節電さえすれば、何とかなる・・・
量の問題だけに注目されているが、

大停電の恐れが潜んでいるのも事実である。


後は神頼み、

雷さん、どうぞお静かに・・・

by seokazuo | 2011-07-13 09:31 | 社会 | Comments(2)