人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 25日

蔵王は樹氷のベストシーズン

a0148206_20194369.jpg



我が家から車で2時間足らず、
山形側の蔵王もそう遠くはない。

いつでも気軽に行ける距離にありながら、
天候など、タイミングが合わず、しばらく樹氷を見ていないな。


いまがベストシーズン、
珍しく山形県、宮城県とも快晴との天気予報に誘われ、つい車に出した。

とりあえず防寒装備は積み込んだ。

蔵王温泉からロープウェイを乗り継いで、あっという間に樹氷の世界に。

忘れていた、我が家の近くに、こんな大自然があることを・・・




Published by デジブック

by seokazuo | 2011-02-25 20:20 | 季節・景色 | Comments(2)
2011年 02月 24日

夜の有楽町から銀座方面へ

毎年この時期、大学同期の集まりがある。

場所はいつも有楽町。

当然この界隈を歩き廻ることに。

東京も高層ビルが立ち並び、
六本木、ヒルズなど、新しい街がどんどん勢力を伸ばすなど、

行くたびに、その変化に驚かされるが、

有楽町から銀座4丁目方面に歩いてみると、
何となく昔なつかしい雰囲気が今も残っているように感じる。

この界隈を歩くと、
本社勤務時代を懐かしく思い出す。


下記スライドショー(デジブック)が開くまで、少々時間がかかる。


Published by デジブック

by seokazuo | 2011-02-24 10:01 | 旅行・国内 | Comments(0)
2011年 02月 21日

スカイツリーはいま”584m”

2ヶ月ぶりのスカイツリー、
やはり一段と高くなっている。

現在584m。
(この高さは2月12日現在の表示であるため、この日は多分、590mぐらいまで高くなっていたと思う)

5kmぐらい離れた木場公園からの眺めである。
三男が住むマンションからの、散歩コースである。

木場公園内には、公園設備としては似つかわしくない大きな吊り橋があり、
スカイツリーと、その構造体との組み合わせが、意外と面白い。

<撮影は、いずれも2011-2-17>
a0148206_9143215.jpg


a0148206_6484750.jpg


a0148206_9151180.jpg




つり橋から少し離れたところから、望遠すると、
スカイツリーの高さが目立ってくる。

a0148206_9155031.jpg



見る場所、角度でいかようにでも楽しめる、
それが今のスカイツリーである。


丁度1年前に、この吊り橋のところで眺めた時の写真があった。

<2010-2-19撮影、上から2番目の写真と同じ場所>
a0148206_9162331.jpg


その当時、300mを超えたと騒いでいた。


この1年でほぼ倍の高さになったが、
それにしても、1年というのは本当に早い!

by seokazuo | 2011-02-21 21:13 | 旅行・国内 | Comments(0)
2011年 02月 12日

姉に花を届ける

a0148206_10254799.jpg


先月川崎市に住む姉が入院、手術した。

見舞いに行こうと思ったが、しばらく様子を見てから来てほしいとのことで、待機してうちに、

経過が良く、予定よりも早く退院した。


普通ならまずは花を贈るところだが、ひと工夫した。

そうだ、今咲いている我が家の花を届けようと。


いまリビングで咲いている花を毎日撮り、
絵葉書にして送り続けている。
a0148206_1029165.jpg


a0148206_10335758.jpg



a0148206_103007.jpg




絵葉書を書くのは、もっぱら妻の仕事。

退院してからも、毎日、毎日・・・
もう4週間は続いているだろう。

a0148206_10304314.jpg



a0148206_10312183.jpg



うっかりしていると、「花を早く撮って!」
催促がかかる。

どんなに寒くても、雪が降っていても、
投函するために、出かける、

歩く口実ができる。


それにしても、毎日毎日よく続いている。

手紙をいつもすらすら書いている妻ではあるが、
それにしてもよく頑張ってくれている。


今日の分はすでに撮り終えた。
妻との根競べが続く。


今週、姉の見舞いに出かける。

東京の孫と、私立中学合格祝いをする約束もあるし・・・

by seokazuo | 2011-02-12 22:23 | 家族・友人 | Comments(2)
2011年 02月 10日

朝はミルク・ティーから

我が家は、日本茶、コーヒー、紅茶、ハーブ・ティーなど、
あまりこだわりはないが、

何といっても、朝一番はミルク・ティーに限る。

最初の一口で、思わず「あぁー!]」
つい感激が口からこぼれてしまう・・・

それを聞いて、いつも妻が笑う。

朝、マグカップで2杯は飲む。


家にいるときは、

10時は日本茶、

ランチ後はコーヒー、

3時は日本茶、コーヒー、ハーブ・ティーなど。

夜は昆布茶、日本茶・・・
コーヒー、紅茶は、まず飲まない。


ミルクたっぷりのロイヤルミルク・ティーも、たまには飲むが、
基本はやはり、牛乳を少し入れるのが好きだ。

子供たちが来たとき、盛んに勧めるが、乗ってこない。


昔英国に出張で通っていたころ覚えたのか?
理由はわからないが、

一日は無条件にミルク・ティーでスタートする。


<ベロベロネ:花は季節に関係なく15℃以上の気温があれば咲くという>
a0148206_15512233.jpg


by seokazuo | 2011-02-10 22:46 | 生活・日常 | Comments(2)
2011年 02月 08日

いじめ以外の何物でもない

仙台市から東に車で1時間余り、
太平洋岸に位置する女川(オナガワ)町は、

さんま水揚げ日本一を誇る女川港を擁する。
最近では根室市の花咲港や千葉県の銚子港が水揚げ首位を争っているようだが・・・
a0148206_1391318.jpg


ただ今の時期、だだっ広い港には、離島を結ぶ船以外、
船影はほとんど見かけない。
a0148206_1394352.jpg



東北には温泉が多いが、
そのほとんどは中央部から西海岸(日本海側)に偏っており、

東側(太平洋岸)にはほとんどない。

この女川には珍しく「女川温泉」がある。

温泉としては、あまり期待してはいないが、
何としても魚介類が溢れているエリアである。

それが目当て?で、出掛けてみたのである。


ホテルからの夕日、
残念ながら雲があり、中途半端・・・
a0148206_13102039.jpg



夕食は食べきれないほどの魚介料理が並んだが、
刺身の盛り合わせに、鱈の刺身が。

初めて口にしたが、無言・・・

そしてクジラの刺身、
a0148206_13115878.jpg



隣町、牡鹿町には、かって沿岸捕鯨の代表的基地であった「鮎川港」があり、クジラ肉にはなじみがある。

産地「南極」とラベルされたクジラ肉が、魚市場や土産物店にも並んでいる。


たまには家事業務から解放させてやろうと出掛けたつもりであるが、
帰りに妻が一言、ポツリと・・・

「今回はいじめ以外の何物でもなかったよ!]」と。

妻は刺身など、生ものは好まないのである。
鯨の刺身なんて!!!

by seokazuo | 2011-02-08 21:07 | 日帰り圏 | Comments(0)
2011年 02月 03日

4年目のシクラメン

日本における鉢植え植物では生産量は最も多く、
冬の鉢植えの代表格であり、

今の時期、珍しくはないけれど、

やはりこの色合いには暖かさを感じる
我が家の香りシクラメン・・・

4年目も咲いてくれた。

a0148206_6453137.jpg



この花は、うつむいているので、
カメラを下から見上げる角度に設定しなければならず、
苦労する。

余談であるが、シクラメンは、
「死」「苦」との語呂合わせで縁起が悪いとして,

病院への見舞いにこの花を持っていくことは
避けるべきであるとする人もいるようである。

by seokazuo | 2011-02-03 21:43 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2011年 02月 01日

仙台市中心街近くでも滝が氷結

我が家から車で15分足らず、

広瀬川の河川敷のすぐ近くある「三居沢」にある滝、
このところの連日の氷点下続きで、ほぼ全面氷結したというので、

久し振りに車を動かした。


a0148206_14103357.jpg


a0148206_14105368.jpg


a0148206_14111082.jpg


仙台駅よりも車で10分程度、
中心街も近い。

こういう都心で氷結する滝は、全国的にも例がないという。

高さは20mぐらい。

この場所には古くから霊場として知られる「三居沢不動尊」、
日本初の水力発電所で知られる「三居沢発電所」、

そして子供たちが楽しみながら交通ルールを覚えられる「三居沢交通公園」がある。

堀沿いの両岸には桜の木が並んでおり、
春は桜のトンネルが見事で、

何回か弁当持参で来たこともある。

我が家の散歩コースのひとつでもある。

by seokazuo | 2011-02-01 14:09 | 季節・景色 | Comments(2)