日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 27日

那須で痛みつけられて・・・

リタイア生活をせめて優雅?に暮らそう・・・
という名目のゴルフ同好会に加わっている。

この会では毎月1回、麻雀大会もやっており、
こちらにはたまに顔を出す程度だが、
ゴルフ例会(年13~14回)にはほとんど参加している。

毎年1泊で県外にゴルフ研修旅行(という名目)に出かけており、
今年は栃木県の那須へ遠征した。

バス1台、35名の参加者。


ゴルフ雑誌などで、「一度はゴルフしたい国内のゴルフ場」上位ランクの常連である名門コース、

「ホウライゴルフ倶楽部」

「西那須野カントリー倶楽部」

ということで、前から楽しみにしていたが、結果は散々なスコア、
a0148206_1139863.jpg


とにかく池だらけ、
ラフに打ち込んだらボールを探し出すのは、まず不可能、
a0148206_11395814.jpg


グリーンは複雑なうねりと強い芝目・・・

キャディがいなければ、どうなっていたか・・・


手前のこんもりしたラブグラス、
ススキの穂のお化けみたいなタンパス
そして那須連山を背景に
a0148206_11404014.jpg



ゴルフをやらない人から見れば、
「何でそんな思いまでして?」

今回だけは、同じセリフが出そうになった。

それでも帰りのバスの中は、お決まりの宴会、

行きは1回だけだったトイレ停車も、帰りは4回、
予定より1時間遅れの帰着であった。


今年の最終例会は来月、
それでも懲りずに参加申し込みをする自分である。
[PR]

by seokazuo | 2010-10-27 11:41 | ゴルフ・スポーツ | Comments(2)
2010年 10月 22日

多摩川河川敷で

秋晴れの土曜日、多摩川河川敷を楽しんだ。

多摩川河川敷は都民(対岸は川崎市)のためのスポーツランドとして開放されている。

ゴルフ、野球、テニス、サッカーなど、運動公園が延々と続いている。

a0148206_913648.jpg


対岸は川崎市である。
a0148206_9134916.jpg



散歩コースも延々と続くまことに羨ましい環境である。
a0148206_9141427.jpg


少年サッカークラブもたくさんあり、世田谷区だけでも30以上あるとか、
この日は、小2の孫のサッカー練習試合のお供である。
a0148206_9145652.jpg


抜け出したぞ、がんばれ!!!
a0148206_9152738.jpg


負けるな!
a0148206_9155799.jpg


あっ足がかかった!
a0148206_917826.jpg


あとっと・・・
a0148206_919623.jpg


やられた!
相手のファールと判定され、フリーキックを得たが、
ボールは枠からはるか彼方へ・・・
a0148206_9181792.jpg



受験競争や都会の雑踏に巻き込まれた東京の子供たちにも、
こういう恵まれた環境があることを体感し、

まずは一安心した一日であった。
[PR]

by seokazuo | 2010-10-22 22:11 | 家族・友人 | Comments(0)
2010年 10月 20日

寝台特急「北斗星」を撮る

寝台特急「北斗星」は上野と札幌を結んでおり、
比較的人気が高い。

かっては東京と九州などを結ぶブルートレインがもてはやされた時代があったが、
新幹線や飛行機に押しつぶされ、いまや豪華寝台特急「カシオペア」とともに、残された最後の寝台特急である。

a0148206_8525589.jpg


a0148206_8531325.jpg



判る人は分かる?と思うが、
この写真、わざと架線部分が写してない。

架線がないから写せない。


実は・・・

これは鉄道模型である。

Nゲージと呼ばれ、線路の幅が9mmしかないミニチュアの模型である。

実物と見間違うほどではないが、誠に精巧に出来ており、
ひょっとしてだまされる人もいるかなと、腹ばいになって撮ったのである。

孫が部屋中に線路を並べ見せてくれた。

a0148206_8545375.jpg



自分がこういう模型に興味があることを、父親(次男)から聞いていたのか?
喜ばせてくれた。

随分昔になるが、ドイツに出張でよく通っていた頃、
当時有名であったメルクリン社のこのタイプの鉄道模型をお土産に買ってきたことがある。

そんなに安いモノではなかったが、ちょっと無理して。


ところが子供たちはあまり興味を示さず、
ほとんど動かすことなく、いつの間にかお蔵入りとなってしまった。
まだ家のどこかに埋もれているはずである。


何十年かして、いま孫たちと一緒になって楽しんでいる自分、

歴史は繰り返すか・・・
[PR]

by seokazuo | 2010-10-20 20:51 | 車・写真・カメラ | Comments(2)
2010年 10月 19日

マンションの「呼出」押ボタン騒ぎ

あまり慣れていない仕事であるが、
今年生まれた孫を風呂に入れていた。

自分の子さえ、ろくに風呂に入れたことがない初心者である。


仕上がって引き取ってもらおうと呼ぶが、声が届かないようだ。

更に大きな声を出したら、
孫がびっくりして、泣き出してしまった。

仕方がないので、風呂場の壁に付いていた「呼出」ボタンを押したら、
ようやく妻が来て、孫を引き取ってくれた。

騒動はそれからである。

ガードマンが飛んできた。

???

風呂場についている「呼出」ボタンは、セキュリテイ・ルームに直結していた
緊急時に押すボタンであった。

確かに、一人でいるときとか、独り暮らしの人などにとっては、
大切である。

そういえば、トイレにもこの「呼出」ボタンがあった。

マンション暮らしの経験のない者の失態であるが、

住人(三男夫婦)もその警報システムのからくりは知らなかったようで、
初めての貴重な経験であったと。

良い訓練と思えばよい。

「何事もなくて、良かったですね」
何よりもホッとしたのは、ガードマンだったようである。

東京滞在時の置き土産である。
事が起こったのは、32階建てのマンションであった。
a0148206_13393173.jpg

[PR]

by seokazuo | 2010-10-19 20:16 | 生活・日常 | Comments(2)
2010年 10月 19日

深川丼

深川丼の存在は聞いたことはあったが、

食べたのは初めてであった。

三男が住んでいるマンションの裏通り、
a0148206_9382641.jpg



地下鉄半蔵門線、清澄白河駅のすぐ近くにある、古ぼけた店である。
a0148206_939821.jpg



そばがおいしいとの評判の店だとか、
そこで深川丼が食べられると案内された。

出されたのは、
a0148206_9394571.jpg



ご飯に浅利がたっぷり入ったおつゆを、
かけて食べる・・・

ただそれだけである。
a0148206_9402317.jpg


もともと隅田川であさりを取っていた江戸深川の漁師たちが、
調理が簡単で、すばやくかき込むことができたことから、
好まれたとされている。

都心のグルメ街では、世界中のありとあらゆる食べ物がもてはやされているが、
下町にも忘れられかけている味がかろうじて残っている。

これも東京である。
[PR]

by seokazuo | 2010-10-19 09:44 | 旅行・国内 | Comments(2)
2010年 10月 18日

スカイツリーただいま488m(足もとから)

せっかく東京に来たのだからと、
スカイツリー工事現場まで行くことに。

荷物になるが、今回は広角レンズ(12~24㎜)も持参した甲斐があった。
高倍率ズームレンズ(28~300mm)とのコンビでうまくカバーできた。

足元から空へ立ち上がる488m、

a0148206_9173971.jpg


350m位置にある展望台もそこに

a0148206_9183234.jpg


数100m離れた橋の上から、逆さスカイツリー、
これが今回の本命である。

a0148206_9193537.jpg


別のビューポイントからは、東武電車が・・・
押上駅が近い。

a0148206_920412.jpg



展望台を思い切って引き寄せると、

a0148206_9211827.jpg



完成は再来年2012年の春、
こういう風になると、看板が立っていた。

この辺も変わるのだろう。
a0148206_9214957.jpg

[PR]

by seokazuo | 2010-10-18 20:22 | 旅行・国内 | Comments(3)
2010年 10月 17日

スカイツリーただいま488m

久しぶりに東京へ、

当然スカイツリーを撮る。

三男が江東区に住んでいるので、マンションからでも、

ちょっと歩き廻ると、ビルの谷間から、そして橋の上から、

すぐ探し出せる。

直線で3~4kmからの視界である。

a0148206_97529.jpg


a0148206_95449.jpg


a0148206_859963.jpg


望遠レンズで引き寄せると、

a0148206_904684.jpg


a0148206_91395.jpg



現在の高さは488m、


完成後のスカイツリー(634m)は、いつでも見れるが、

488mの姿は今回限りである。
[PR]

by seokazuo | 2010-10-17 20:01 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 10月 03日

秋風とともに秋の花が

朝夕めっきり涼しくなり、

秋風も心地よい。

夏枯れで寂しかった我が家の庭にも、

あちこちに秋の花が咲きだした。

a0148206_19494274.jpg


春の華やかさはないが、

ひとつひとつが、しっかりと存在感を主張しつつ・・・

a0148206_19533819.jpg


スライドショー「秋風とともに庭を彩る」で我が家の庭へ・・・

Published by デジブック
[PR]

by seokazuo | 2010-10-03 21:25 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2010年 10月 02日

「百目鬼」温泉

<(注記)タイトルが「百目鬼」温泉とあるべきところが、文字化けしている>

「百目鬼」温泉、さて何と読む?

「どめき」温泉。

近くに住む知人が、山形の知り合いから勧められたと教えてくれたので、
お天気の良さにつられて行ってきた。


「百目鬼(どめき)」というのは、この温泉がある山形市内の地名からきており、田んぼの中にぽつんと建つ鄙びた日帰り温泉である。

a0148206_8343672.jpg
<パンフレットより>


こういう日帰り温泉が、数え切れないほどあるのが山形県である。

ここは、温泉の濃度が高いために、
入浴は「1回3分以内」

との注意書き。

正直に3分程度で出たが、温泉温度もそう高くないこともあり、
やはり物足りない。

2回、3回入っているうちに湯当たり気味。
やはりそうか・・・

露天風呂より眺めると、田んぼの向うには蔵王連峰・・・
たまには、こういうのんびりしたさも良い。

a0148206_8312950.jpg
<パンフレットより>


主目的は、山形空港近くにある「一寸亭」というそば屋の
「とりそば」を食べに。

暖かいのを頼んだら、冷たいのしかないという?

ま、いいかということで、冷たいとりそばをオーダー。

普通のどんぶりに、固めのかしわ肉、太いネギ、しいたけ、かまぼこなどが盛り上がるぐらいに。

しっかり冷やしてある。

これが旨い、
冷たいそばがこんなに旨いとは!

このとりそばというのは、一年中冷たくして食べるのだそうである。

県境を越えると、まだまだ知らないことが多い。
[PR]

by seokazuo | 2010-10-02 21:28 | 日帰り圏 | Comments(0)
2010年 10月 01日

地下鉄ホーム

香港、ソウル、シンガポールなど海外の地下鉄では、
早くから採用されている都市もあるようであるが、

東京をはじめ、主要都市では転落防止のための措置が講じられ始めている。

あふれんばかりの乗客、
東京などでは当たり前の地下鉄ホームの光景だが、

我が街の地下鉄ホームはがらがら、
a0148206_8472124.jpg



電車がやってきた
a0148206_8475676.jpg



ホーム側のドアも同時に開く
a0148206_8492576.jpg



ドアが閉まり、出発進行[m:74]
a0148206_8495815.jpg



財政難の我が街も、
どういうわけか、こういうところは動きが速い。
[PR]

by seokazuo | 2010-10-01 21:43 | 生活・日常 | Comments(0)