人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

まもなく仙台七夕祭りが

いつものように散歩を兼ねてのランチへ、

市内中心街をうろつく。

仙台駅はすでに七夕祭りムード。

a0148206_993098.jpg


a0148206_995140.jpg


a0148206_910992.jpg


アレからもう1年か、

昨年の七夕祭りも賑やかが蘇る。


2009年仙台七夕祭りのスライドショー


Published by デジブック

by seokazuo | 2010-07-30 09:13 | イベント | Comments(0)
2010年 07月 25日

いとこ同士っていいな

久し振りに、長男と次男の一家が集まった。

ふたりだけの生活が、一気に10人に!

孫たちも、いとこ同士の久し振りの出会い、
賑やかなどというレベルではない。
家の中はまるで合戦状態に!

孫は4才から6年生まで、

我が家の騒音レベルは一気に高まり、
いつも静かな隣近所中に響き渡る。


4才児が散歩に行きたいと耳打ち、

結局4人を引き連れて、近所の公園へ。

a0148206_21314278.jpg


近くには、子供達が好みそうな、手頃な公園があちこちにある。

それぞれ勝手に動いている時だけが静か・・・

a0148206_2130418.jpg


6年生の一番の年長は、

来春の中学受験を控え、
塾通いなど、いま厳しい受験勉強中、

遊びからは縁遠い生活を強いられている。

でもこうやって、
幼い子たちと一緒になると、

きゃあきゃあ・・・
本当に嬉しそうに駆け回っていた。

これが本来の子供の姿・・・

東京での受験地獄に巻き込まれ、
かわいそうな気がしてならない。

でも本人は受験の厳しさを理解しているようで、
「後半年の我慢だから」とポツリ・・・


長い階段を登っての帰り。
4才の子がくたびれて、動かなくなった。

先に行っていた他の孫たちが引き返してきて、手を引っ張って引き上げてくれた。

a0148206_21311414.jpg


いとこ同士というのはいいな、

ふと自分の遠い昔を思い出した。

by seokazuo | 2010-07-25 21:33 | 家族・友人 | Comments(2)
2010年 07月 21日

異様な?夕焼け雲

19時過ぎ、少し涼しくなったところで、
散歩に行こうと、家を出てしばらく歩いて、ふと空を見上げた。

珍しい、というより異様な真っ赤な夕焼け雲が・・・

数日前話題になった「彩雲」を思い出す。


慌ててカメラを取りに引き返す。

近くの公園まで行って構えた頃には、すでに崩れ始めてはいたが、
それでも不気味さは残っていた。

UFOを見た、
別の場所から見れば、そう叫ぶかも?


何枚か撮ったところで赤マーク!

何ということか、バッテリー切れである。
俺としたことが・・・

a0148206_101045.jpg


a0148206_102661.jpg


a0148206_1052815.jpg


a0148206_10231341.jpg


by seokazuo | 2010-07-21 22:02 | 季節・景色 | Comments(0)
2010年 07月 20日

北海道東部の旅を終えて

全都道府県それぞれに、とっくに何らかの足跡を残しているし、
日本中の観光ポイントほとんど廻っていると自負もしており、

北海道にも、公・私でかなりの回数渡っていたが、

実は・・・知床半島は未知の世界であった。


古い話になるが、
学生時代、ワンダーフォーゲル部が北海道を廻ることを聞きつけ、
にわか部員に。

3週間かけて、寝袋、自炊の厳しい旅、
大雪山越えの時には、ついてきたことを後悔するぐらいきつかった。

ただその頃は、知床半島なんて誰も関心はなかったこともあり、
ルートからは外れていた。


いま日本には世界遺産は14箇所ある。

a0148206_16134670.jpg


今回の知床行きが実現して、これで13箇所行ったことになる。


残すは「石見銀山」のみ、

ただここはあまり関心がなく、

何かついでがあったら寄ればいい、
その程度の位置づけである。


「もうこれで北海道はいいことにしよう」
帰り、ふたりの意見は一致した。

ただ北海道は何度行っても、日本離れしたスケールがあり、
新しい発見がある。

何よりも食べモノがいい。

しかも仙台からはわずか1時間の距離。


気が変わるのは意外に早いかもしれない。

by seokazuo | 2010-07-20 16:11 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 07月 19日

然別湖畔温泉での願い

4日目は然別(シカリベツ)湖畔温泉に泊る。

然別湖は大雪山の東側に位置し、

北海道で一番高いところにある湖(標高810m)である。

ホテルは2軒だけ。

慌しく走り廻った北海道の東部巡り、

最後の夜だけはのんびりと過ごすことに。


このホテルには、珍しく美術館があり、

その入口にフクロウの像が置いてある。

a0148206_22312673.jpg


下に「学業にご利益がある梟(フクロウ)*」とある。

a0148206_22315989.jpg


丁度一番大きい孫が来年中学の入試を控えているので、
さっそく志望校を書いて、ふくろうの頭を3回なでて、ポストに投入した。


来春のお礼ができることを願う。

a0148206_2233091.jpg


朝の散歩、

時期的にはやや遅いが、湖畔にはルピナスが。

a0148206_22334183.jpg


a0148206_2234349.jpg


*ミネルバの梟:フクロウ像の下に書いて「ミネルバの梟」について、インターネットで検索してみた。

ミネルバとは、ローマ神話における知性と技芸の女神で、梟(フクロウ)は、そんな女神の使いとされ、知性の象徴

とある。

by seokazuo | 2010-07-19 22:27 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 07月 12日

「ノロッコ号」で釧路湿原を行く

釧路市の北部に広がる釧路湿原は

山手線の内側の3倍の広さがあるという。

車では湿原に入る手段はないが、
JR釧綱本線が湿原の東域の一部を突っ切っており、
季節運転で湿原観光列車「ノロッコ号」が運転されている。

a0148206_17134584.jpg


まずこの「ノロッコ号」で湿原を走りぬけた。

a0148206_17145629.jpg




引き続き、車でぐるっと廻って、反対側(西側)に位置する展望台付近の湿原散策を楽しんだ。


眼前に目いっぱい広がる果てしない緑の世界、
ここでもやはり北海道を感じる。
a0148206_17155795.jpg


以下スライドショーが続く。

釧路湿原ノロッコ号で行く:スライドショー(16枚)



Published by デジブック

by seokazuo | 2010-07-12 13:53 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 07月 11日

野付のシマエビは絶品

翌日、ウトロから羅臼へ知床半島を横断。

a0148206_17281472.jpg

天気は下り坂になり、途中知床峠に差し掛かった頃には、霧が立ちこめ、視界はほぼゼロ、

a0148206_17241327.jpg


a0148206_17243990.jpg


楽しみにしていた国後島を見るどころではない。

東海岸の羅臼へ下り、
一気に南下。

途中立ち寄ったのが野付。
港に面した活魚店を見つけ出した。

ランチ代わりにここで食べた「シマエビ」の味はまさに絶品であった。

いけすで泳いでいるシマエビ

a0148206_1719305.jpg



茹で揚がると、真っ赤になる。

a0148206_1720779.jpg


シマエビは、1年間で獲れるのはわずか2ヵ月だけ、
丁度今の時期であった。

野付湾で獲れるシマエビは特に有名で、
獲ってすぐにボイル、
これが甘みとコクを出し、うまみを逃さない最善の方法だという。
真っ赤なシマエビの味は、食べたものにしか判らないと言いたいぐらい。

いまや高級品となっており、

食べたのは勿論初めてであるが、
浜ゆでしたてを口にすることは、2度となかろう。

今回の北海道巡りでは美味しいものに結構恵まれたが、
その中でもこの獲りたてのシマエビを食べられたのは、ついていたとしか言いようがない。

by seokazuo | 2010-07-11 13:33 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 07月 10日

知床半島クルージング

知床半島の北側の半分は、世界遺産特別保護区として、
人は入れない。

a0148206_17432254.jpg


知床半島に自然は海上から眺めるしかない。


ウトロ港よりは、大型船や小型クルーザーなど
多数の観光船が出ている。

今回は大型船「おーろら」に乗船した。

a0148206_17355333.jpg


知床半島は、流氷が運んでくる多くのプランクトン、

それにより小魚やサケなどの大きな魚が増え、

大きな魚をアザラシやワシが食べ、

川を遡上するサケでヒグマが・・・

など見事な生態系が形成されている。

a0148206_17453917.jpg


a0148206_17363954.jpg


a0148206_1737712.jpg


以下続きはスライドショーへ。


知床半島スライドショー:


Published by デジブック

by seokazuo | 2010-07-10 14:05 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 07月 09日

知床半島

知床半島は遠い。

千歳空港からレンターカー走ると、最短を走っても400kmを優に超える。

初日途中の阿寒湖畔温泉で1泊、
摩周湖、屈斜路湖、美幌峠、サロマ湖、
小清水原生花園などを巡って、

知床半島の中ほどにあるウトロ温泉に着いたのは、2日目の17時であった。

18時には駐車場・遊歩道が閉められるという5湖へ急ぎ走る。
ウトロ温泉のホテルから片道20分程度。

それまでにもエゾシカは見かけたが、
多分夕食の時間だろうか?
途中の道路脇には、シカがうろうろ・・・
平気で道路を横断するものも。

a0148206_8504448.jpg


最初は物珍しさもあり、その都度止まっていたが、
その内、横目にして通過するようになった。

いた!
キタキツネの親子。

a0148206_8522125.jpg


a0148206_8525663.jpg


たまに警戒する時の親キツネの目つきは、やはり鋭いが、
子供を舐めまわす時のやさしい目、

ちょうど猫の親子とそっくりでかわいらしい。

車が通過しても意外と平気だった。

時間がないので、先を急ぐ。

5湖、
湖が5つあるが、今日は一湖と二湖だけ。

遊歩道を急いでいたらエゾシカが目の前に!

a0148206_8534896.jpg


夕暮れの湖を散策。

<一湖>
a0148206_8541239.jpg


<二湖>
a0148206_854337.jpg


夕日を眺めながら駐車場へと急ぐ。

a0148206_855761.jpg


明日は海から眺める、
知床半島クルージング。

by seokazuo | 2010-07-09 08:55 | 旅行・国内 | Comments(0)
2010年 07月 08日

霧の摩周湖

霧の摩周湖・・・

そう呼ばれているぐらい、
めったに姿を現わさない摩周湖、

阿寒湖から1時間足らずのドライブで着いた。


近づくにつれ霧がかかり始め、

「やっぱりダメか」

摩周湖の駐車場に着いたが、
何となく諦めムード。

おじさんに、
「今日見えますか?」
「何とも言えません」
「見えなかったら半額返してください」
「それはちょっと・・・」
と冗談合戦も。

駐車料、
捨て金覚悟で払う。

展望台に登ったがやはり霧・・・

a0148206_17515149.jpg


待つこと10分ぐらい、
何となくぼんやり何かが・・・

感動の瞬間が訪れた。

a0148206_17524163.jpg


a0148206_1753686.jpg



続きはスライドショーへ切り替え。

霧の摩周湖:写真15枚


Published by デジブック

by seokazuo | 2010-07-08 14:08 | 旅行・国内 | Comments(0)