日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 28日

高山の古い街並みを散策

白川郷から高山へ、まだ明るいうちにホテルに入った。

何はさておいて、まずは夕食にと街へ、日曜日のせいか、人通りも少ない。

さすが飛騨牛の本場、あちこちに「飛騨牛」の看板が目立つ。

いくつかの候補を覗き見し、民芸食事処「寿々や」という飛騨建築のちょっとしゃれた料理店に飛び込んだ。

驚いたのは、お客の半数以上が外人客であった。

手頃な値段で飛騨牛が食べられ、国際色豊かな雰囲気、
当たりであった。
a0148206_9344137.jpg


歩いている外人も多いと思ったら、高山は例のミッシェラン発行の「必見の観光地」として3ツ星を獲得していると、後で知った。


翌朝は早くから古い街並み、朝市にと繰り出した。
a0148206_9391343.jpg


よく写真で見る赤い橋と、日本海へ流れていく宮川のきれいな流れが高山のシンボルとして引き立てているようである。

a0148206_9394786.jpg


a0148206_9524043.jpg


a0148206_9402358.jpg


飛騨の京都といわれるだけあって、古い街並みがきれいに守られている。チリ一つ落ちていない。
a0148206_9385721.jpg


a0148206_9405769.jpg


a0148206_9503083.jpg


作り酒屋のシンボル。
a0148206_941405.jpg


街通りに面する歯医者、自動販売機なども、古い街並みの景観とうまくマッチさせているなど、気が配られている。
a0148206_93643.jpg


a0148206_9495499.jpg


珍しい女性が引っ張る人力車、古い街並みを一層引き立てていた。
a0148206_9451832.jpg


看板もきちんと整備されており、歩道のいたるところにベンチも整備され、観光パンフレットもいたるところに置いてある。
観光客を心から歓迎している姿勢が伝わってくる。
a0148206_9485868.jpg


a0148206_9493313.jpg


何か心の落ち着く街、高山であった。
[PR]

by seokazuo | 2008-05-28 20:30 | 旅行・国内 | Comments(0)
2008年 05月 27日

白川郷を訪ねて

15,16年振りだろうか、久しぶりに合掌造りで有名な飛騨・白川郷を訪れた。

初めて訪れたのは、まだ大学時代、近くに建設中だった御母衣(みぼろ)ダムを見学に行った時であるので、もう半世紀(ちょっとオーバー)近くも前である。

今回は4回目、いろんな季節の白川郷を見てきた。

特に2月、雪に埋もれた家々がライトアップされた幻想的な景色は、今でもはっきりと記憶に残っている。

この時期、雪山の遠景を背景に、新緑の山々に囲まれた、いかにも昔話の似合いそうな村が目の前にある。

平成7年に世界遺産に登録されてからは初めてであったが、今や完全に観光客に乗っ取られてしまった感じである。

昔の鄙びた村の雰囲気が確実に失われつつあるのに、一抹の寂しさを感じざるを得ないが、日本の貴重な財産であり、あり続けるのは間違いない。



城跡展望台より、白川村萩地区を見下ろす。

a0148206_9242114.jpg


a0148206_9244514.jpg


a0148206_9284912.jpg


国宝「和田家」

a0148206_9251091.jpg


a0148206_925266.jpg


お店も、お寺も合掌造り
a0148206_9255276.jpg


a0148206_926955.jpg


a0148206_9262776.jpg


かやぶきの屋根は取り換えるのに、2000~3000万円もかかるという。
世界遺産に登録されたので、8割は国が負担してくれるという。

a0148206_9282592.jpg

[PR]

by seokazuo | 2008-05-27 20:16 | 旅行・国内 | Comments(0)