人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花・鳥獣・自然( 146 )


2019年 05月 13日

妻の愛したシラネアオイが

妻が逝って7月で2年、入院して以来庭が放置されている。土いじりが全く苦手である。
冬の間全くモノトーンの庭も、春先からこの時期にかけて、妻が残した思い出が庭のあちこちでこっそり顔を出してくる。

一番好きだったシラネアオイが2輪静かに咲いている。
a0148206_10072231.jpg
妻は毎年このシラネアオイが咲くのを、今か今かと待っていた。

いま庭を歩きまわると・・・

クレマティスはカーポートいっぱいに咲き乱れていたが、どういうわけか妻が逝った年みんな枯れてしまった。
今年になって思いがけない場所、裏庭のわずかに陽が当たるフェンスにクレマティスがこっそり咲いているのに気が付いた。
a0148206_10130447.jpg
目立たぬところに次々に小さな花たちが咲きだした。
灯台草は意外と繁殖力が強いようだ。
a0148206_10094554.jpg
日陰の多い裏庭にはエビネ、

a0148206_12053925.jpg
イカリソウなど、日陰にこっそり、つい見落としそうになる。
a0148206_10153787.jpg
マイズルソウ、
a0148206_10160231.jpg
稚児ユリ、
a0148206_10161605.jpg
しのぶ、
a0148206_09341587.jpg
a0148206_10162816.jpg
スノーフレイク、
a0148206_10211308.jpg

妻は特に山野草を育てるのが好きだった。毎年写真を撮っていたが、そのたびに花の名前を聞いていた。自分では全く頭に入らず、そのたびに「しょうがないわね!」という顔をしながらも、教えてくれていた。

キンギョソウ、
a0148206_13111740.jpg
a0148206_12062430.jpg
a0148206_12063721.jpg
a0148206_12062869.jpg
a0148206_10200974.jpg
ピンクスズラン、
a0148206_13021475.jpg
a0148206_10204203.jpg
a0148206_10205186.jpg
a0148206_10205908.jpg
ハナニラ、
a0148206_10213440.jpg
スイートピー、
a0148206_10214488.jpg
芝桜、
a0148206_10215606.jpg
a0148206_10221311.jpg
エリゲロン、
a0148206_10223224.jpg
a0148206_10232095.jpg
a0148206_10232900.jpg
オダマキ、

a0148206_12063321.jpg
a0148206_09315015.jpg
ジキタリス:
a0148206_09320390.jpg
a0148206_09322179.jpg
a0148206_10331242.jpg

庭の中ほどにあるモッコウバラも元気よく咲きだした。
a0148206_10252353.jpg
そしてテッセン、
a0148206_09310918.jpg
ジャーマンアイリスも。
a0148206_14255051.jpg

これからも、しばらくは楽しませてくれそうである。
庭は手入れはしなくても、妻の残した山野草は静かに余生を楽しんでいるかのよう。

手入れされない庭も荒れてきたので、業者に頼んでリフォームしようかと思ったこともあるが、こういう風に思い出の花が咲いてくるので、しばらくは手をつけないことに・・・

妻はたくさんの花友達に、花の株分けをしていたので、あちこちで咲いていることだろう。
その友達から声がかかったことがある。「一度見に来てください。思い出の花がたくさん咲いていますよ。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












by seokazuo | 2019-05-13 10:44 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
2019年 04月 17日

カタクリの花群生地

桜の咲く頃のもう一つの楽しみは、ほぼ同時期に咲く「カタクリの花」である。

今日、さっそく”いつものところ?”へ出かけてみた。
我が家から車で10分足らず、市が管理しているこんもりとした公園である。

駐車場から登り始めると、そこから山全体にカタクリの花が咲き乱れている。
サクラの咲くこの時期、ほぼ同時に咲くカタクリの花、その群生地となっている。

開花している期間はサクラに比べると短いので、タイミングを合わせるのは意外と難しいが、今年はグッドタイミング!

画像では群生地の広さまではなかなか伝えられないが、見渡す限り、カタクリの花である。
a0148206_19203571.jpg
a0148206_19204627.jpg
a0148206_19203904.jpg
a0148206_19213145.jpg
a0148206_19212755.jpg
a0148206_19212069.jpg
a0148206_19211635.jpg
a0148206_19211287.jpg

日当たり加減のせいだろうが、開き具合、色加減は様々だ。

妻が大切にしていた我が家の庭の片隅で咲いていた一輪のカタクリの花、今年はとうとう咲かなかった。


~~~~~~~~~~~~~












by seokazuo | 2019-04-17 19:35 | 花・鳥獣・自然 | Comments(4)
2019年 04月 15日

たぬきと戯れる

ここは動物園ではない。
a0148206_10452455.jpg
a0148206_10452701.jpg
ゴルフ場である。
茶屋で一休みして出てきたら、突然走ってきた。タヌキ一家だろうか。

全く人を怖がらず、おねだり?
a0148206_10453154.jpg
タヌキをこんなに近くで見たのは初めてであるが、毛並みもきれいでつい抱き上げたくなるほど。

いつまでも遊んでいるわけにはいかない。先行組に離されるわけにはいかない。
a0148206_10453428.jpg
いよいよゴルフシーズンである。


~~~~~~~~~~~~~~~~














by seokazuo | 2019-04-15 10:51 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2019年 04月 12日

サクラが主役ではない?花見山<東北のサクラ(2)>

福島の桃源郷「花見山」、こちらもほとんど毎年のように通っている。
昨年は4月2日に行っているので、今年は10日遅れである。昨年は少し早すぎたが、一番いいタイミングだったようである。
a0148206_20310383.jpg
ウィークデーにもかかわらず、人出も多かった。カメラマンにとってはこの時期、嬉しいスポットである。
a0148206_20340436.jpg
a0148206_08530775.jpg

数種類のサクラ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモ、菜の花などの花々がいっせいに咲き競っている。

a0148206_20363968.jpg
a0148206_20364666.jpg
花見山公園は開園60周年を迎えたそうだ。
a0148206_20372719.jpg
花木生産農家の方が長い年月をかけて花を植えたのが始まりで、 自然の花の美しさを一人で見るのはもったいないと、所有者が公園として市民に無料開放している。

周りには花木生産農家が集落しており、色とりどりの花木畑が里の原風景を織りなしている。
a0148206_08574745.jpg



とにかくどこを歩いても美しい。
a0148206_20404004.jpg

a0148206_20405356.jpg
a0148206_20405951.jpg
昨日こちらも雪だったようである。雪と花びらのコラボもいい。
a0148206_20410254.jpg
a0148206_20434523.jpg
少し登っていくと、福島市街の向こうには、雪を被った吾妻連峰が遠望される。
a0148206_20451895.jpg
a0148206_20534997.jpg
吾妻小富士!標高1,707m。吾妻連峰のひとつ
a0148206_20452589.jpg
こういうルートを登って来るのだから、楽しくないわけがない。
a0148206_20480639.jpg

下に降りて振り返る。
a0148206_20494856.jpg
降りてから吾妻小富士をもう一度。
a0148206_20585734.jpg

よく考えてみると、ここに来てサクラにまともにカメラを向けた記憶がない。
花見山では、サクラは単なる引き立て役かも知れない。

でも、間違いなくサクラは満開であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~











by seokazuo | 2019-04-12 20:59 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2019年 01月 12日

白鳥の日常

今の時期、白鳥など北からの渡り鳥は、このエリアでも過ごしているが、意識して見ないと、つい忘れてしまう。

今日は白鳥を追いかけてみた。
a0148206_15311329.jpg


仙台近郊の河川や池沼は彼らの越冬地となっており、その気になれば簡単に見ることができる。

我が家から車で10分足らずのところに「水の森公園」があり、その一角の「丸田沢溜池」に行ってみた。
a0148206_14562573.jpg
a0148206_14565637.jpg
a0148206_14572134.jpg
鼠色っぽいのは子供だが、もうだいぶ大きくなっている。
a0148206_14584295.jpg
a0148206_14590465.jpg
近づいても全く気にしない。
a0148206_14591052.jpg
朝夕はもっとたくさんいるが、昼間は近くの餌場へ出かけている。

先日お好み焼きを食べに行ったとき、途中で見かけた田んぼに行くと、まず間違いなくたむろしているので、今日はカメラを持って出動した。
a0148206_15032062.jpg
左の車の上に「泉が岳スキー場」が。仙台市民のスキー場である。
右端に白鳥が。
a0148206_15034153.jpg
a0148206_15060426.jpg
a0148206_15061095.jpg
こぼれた稲など、落穂ひろいをしているのだろうか。
そのうちに泥んこに、白い白鳥が見る影もなくなる。

場所を変える。
a0148206_15075984.jpg
飛んでいる姿をカメラに収めるのは、なかなか難しいが、今日は出入りが激しくチャンスに恵まれた。
やはり飛んでいる姿が一番美しい。
a0148206_15101608.jpg
a0148206_15103431.jpg
a0148206_15105084.jpg
a0148206_15111185.jpg
a0148206_09295508.jpg
a0148206_15113236.jpg
a0148206_15114259.jpg
a0148206_15152580.jpg
a0148206_15153643.jpg
この時期、朝夕空を見上げると、えさ場への行き帰りのこういう白鳥の隊列を見かけるが、今日は何処へ?聞いてみたくなる。

こういう豊富な自然と融合している場面が多いのも、地方の良さかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








by seokazuo | 2019-01-12 15:23 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2018年 04月 18日

咲いた!カタクリの花がひとつ

毎年この時期、いつも妻が待待ち焦がれていたのが、我が家の片隅にいつも咲いてくれるカタクリの花。
毎日庭を隅々まで巡回?しながら、目覚めてくる花たちをひとつひとつチェックしていた。

このカタクリの花が咲くと大喜びで呼びに来ていた、「咲いたわよ!」

昨年は入院中でそれどころではなかったせいもあり、気が付かなかったが、今年、咲いたのに気が付いた、一輪。
a0148206_20350175.jpg
妻を呼びに行きたい・・・「咲いたぞ!」と。


もう1年半、我が家の庭は放置されている。
それでもこの時期になると、ひとつ、ふたつと花が咲いてくる。
妻が一生懸命手入れしている頃とは比べようもないが、我が家に庭にも小さな春がやってきている。
a0148206_20432098.jpg
a0148206_20431412.jpg
a0148206_20425684.jpg
a0148206_20420416.jpg
a0148206_20411934.jpg
a0148206_20410971.jpg
a0148206_21013618.jpg
a0148206_20424849.jpg
a0148206_09474746.jpg
a0148206_09474816.jpg
a0148206_09474747.jpg


などなど・・・

去年の生き残りのチューリップが、数はぐっと減ってしまったが、かっての面影を思い起こさせてくれる。

a0148206_20510595.jpg
これからも、山野草をはじめ、次々に目覚めてくることだろう。

自分は今までは花は撮るだけ、自らいじることはなかったし、これからも無理と諦めている。
やるとしても、たまに鉢植えを買ってくるのがせいぜいだろう。

年々妻の思い出の花も少なくなっていくだろうが、家族、友人、近所の方などに、株分けやタネを配ったのが、いまもちゃんと咲いてくれていることだろう。
そして信じている、これからもずっと・・・

花を愛した妻の思いは、永遠に引き継がれていくのを願っている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











by seokazuo | 2018-04-18 21:07 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
2017年 09月 17日

主のいない寂しい庭

庭の管理人が居なくなって、雑草も増え荒れてきた。
倒れて緊急搬送入院したのが、昨年10月末だから、もう10カ月以上になる。

それでも、妻が育てていた花がチラチラ顔を出してきている。
以下は2017-9-17撮影。
a0148206_19325897.jpg


カクノトラノオ、
a0148206_19330070.jpg
アベリア、
a0148206_19330031.jpg

アリッサム、
a0148206_19325996.jpg

アオバナホトトギス、
a0148206_19325911.jpg

マリーゴールド、
a0148206_19325931.jpg


ゼラニューム、
a0148206_19325844.jpg

バーベナ、
a0148206_19325776.jpg

木立ベゴニア、
a0148206_19325703.jpg

シュウメイギク、
a0148206_19370907.jpg

ノボタン、
a0148206_19370872.jpg

ミズヒキ、
a0148206_19370886.jpg

???
a0148206_19371185.jpg
花の名前を覚えるのは大の苦手で、写真を撮るたびにいつも妻に聞いていた。
多い年は200種以上の花が入れ代わり立ち代わりで咲いていたが、妻はほとんど即答で教えてくれ、その記憶力にはいつも感心していた。

今はもう聞く人はいない。

過去の記録を見直し、かろうじてこれだけの花の名前を付すことができた。

庭の花はどんどん消えていくだろうが、撮った花の記録は、しっかり残っている。
妻の好きだった花園は、しっかり画像として残したい。花に囲まれていた妻の姿とともに・・・
a0148206_20422731.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









by seokazuo | 2017-09-17 20:45 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2017年 08月 11日

梅雨空は続いている

昨年10月、妻が倒れて以来、庭は手付かず状態のため、あんなに賑わっていた花も、まばらになってきている。

2週間ほど前、ホームセンターに行ったとき、鉢植えのサンパラソルが目に留まり、一鉢買ってきた。
この花は毎年今の季節、賑わっていたのに、いつのまにやら消えていた。
妻の好きな花だった。

買ってしばらく咲いていたが、このところの天候のせいだろうか、元気がない。
a0148206_10182382.jpg
西日本は猛暑と騒いでいるのに、毎日小雨模様で、最高気温はせいぜい23~25度程度、
こういう低温がしばらくは続くようだ。

とっくに梅雨は空けたはずなのに、梅雨はまだ続いているかのよう。

早く元気を取り戻してほしい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




by seokazuo | 2017-08-11 10:26 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2017年 05月 09日

花の管理者はいないが・・・

寒い時期、モノトーンで何もなかった庭にも、時期が来たらカラフルになるものである。
a0148206_10133578.jpg
a0148206_10153814.jpg
a0148206_10140675.jpg
a0148206_13591564.jpg

山野草は、思いがけない所から。
一輪のシラネアオイ。

a0148206_10180180.jpg
リビングでは、ことしもランたちが冬を越した。
ランは水遣りのタイミングが難しく、自信はなかったが、何とか咲かせた。
入院して半年余り、病室で妻に報告したら、黙って手が伸びてきた。
どうやら頭をなでるしぐさのようである。
a0148206_10143477.jpg
a0148206_10163076.jpg
a0148206_10164220.jpg
a0148206_14002567.jpg
a0148206_10163885.jpg

それでも、花の管理者が家に居ないと、例年のにぎやかさには程遠い。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






by seokazuo | 2017-05-09 14:02 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2017年 04月 14日

桜とほぼ同時期に咲くカタクリの花

仙台も桜満開宣言が出た。

この時期、ほぼ同時に咲くのカタクリの花である。
毎年、近くの群生地に見に行くのを楽しみにしていた妻はまだ入院(リハビリ)中である。

もう咲いている頃だろうか?
カメラを片手に見に行った。
せめて写真ででも見せてやりたい。

丁度見ごろであった。
カメラでは群生地の広さまではなかなか伝えられないが、見渡す限り、カタクリの花である。
a0148206_19562547.jpg

a0148206_19555194.jpg
a0148206_19560505.jpg
a0148206_19563842.jpg

桜も市中心街ではほぼ満開、
病院への途中にある東北大学病院構内の古い桜もにぎわっていた。
a0148206_20203592.jpg
a0148206_20202997.jpg
a0148206_20203903.jpg

妻が喜んでくれたのは、言うまでもないが、やはり自分の目で一日も早く早く楽しませてやりたい。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



by seokazuo | 2017-04-14 20:44 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)