日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パソコン( 17 )


2018年 03月 06日

Lineにようやく慣れてきた

Lineを始めるまでは、どうせ若者たちのものだろう・・・そう思って取り合わなかったが、始めてみると「これは便利だ、大したものだ!」と、見る目ががらりと変わった。

特に一人暮らしになって以来、家族間の情報共有にはもってこいだし、とくに家族が1人暮らしの自分を心配しているだろうからと、ちょっとしたことでも毎日流して安心させている。
どうしても会話する機会が少ないので、家族は勿論のこと、仲間や友人、知人たちとのやり取りで、会話不足を補っている。
また旅行など出かける時は、Lineで近所の方と連絡を取っている。例えば帰宅予定が1日遅れるとか。

当初はスマホだけでスタートしたが、今は同じアカウントで、パソコン、iPadにもつないでいる。
写真上がパソコン、右下がiPad、左下がスマホ。それぞれ同じ画面(考え中?のスタンプが分かり易い)となっている。
a0148206_15325541.jpg
すなわち、3つの端末どこでもやり取りできて、うまく使い分けることで、非常に便利である。

パソコンに慣れ親しんできた自分には、スマホのインプットがあまり得意ではないので、長文や複雑な文章の場合は、パソコンで。
外出中は勿論スマホで。
在宅時はiPadの出番が多い(80%ぐらい)のは言うまでもない。

いまでは、Lineの大ファンになってしまった(笑)


~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

by seokazuo | 2018-03-06 15:59 | パソコン | Comments(2)
2018年 01月 16日

テザリングへの挑戦

今のスマホは、携帯用パソコンと言ってもよいぐらい、多機能化されている。
実際にはその機能のほんの一部しか使い切っていないが。

今身の回りにあるものは、
①パソコン
②タブレットパソコン(iPad)<写真上>
③スマホ1(通信会社に接続)<写真左下>
④スマホ2(通信会社に接続していない)<写真右下>
a0148206_21003918.jpg

自宅内では、①~④とも無線(Wi-Fi)でネットに接続できる。
Wi-Fiとは、ネットに接続された機器(ルーターと呼ぶ)と無線で接続できる機能のことで、上の①~④はすべてその機能を有している。

すなわち、①~④いずれも、自宅内では自由にネットに接続できる。

一方、外に出る時は③スマホ1を持って行く。
これは通信機能があるので、どこでも電話できるし、ネットに接続できる。

②タブレットの良さは、画面が大きく、操作もしやすい。
歳を取ってくると、細かい字が読みにくくなるし、小さいボタンの操作もやりにくい。
家ではスマホより、そしてパソコンよりタブレットの使用頻度が高く非常に重宝している。

車で出かけたり、旅行する時は、できればタブレットも持参したいが、残念ながら通信機能がないので、Wi-Fiが利用できる場所以外では使えない。日本ではこのWi-Fiが利用できる場所が限定的であり、外国人にはすこぶる評判が悪いようだ。

今回挑戦したのは「テザリング」という手法である。
テザリング(tethering)とは「つなぐ」という意味の英語である。

具体的には、タブレットとスマホ①を無線で接続し、スマホ①の通信機能を使って、タブレットもネットに接続できるようにした。
つまり、タブレットもネットに接続できるし、メールでのやり取りもできる。
この手法を「テザリング」と呼んでいる。

なお、タブレットとスマホ①を無線でつなぐ方法は、「Wi-Fi」を使う方法と、「ブルートゥース(Bluetooth)」という手法があるが、今回は後者でつないだ。

ネットでやり方を調べて、ああでもないこうでもないと弄り回したが、うまくつながった時には、歳が歳だけに、達成感があるものである。久しぶりの快感である。

スマホ②も同様にテザリングした。
このスマホ②は妻が使っていたものであり、しばらくは残して、いざという場合のバックアップとして使うことにしている。

早速タブレットを持って、街中へ、勿論テストのためである。
上手くいったことを確認して、それではと焼き鳥屋で一杯!と相成った。
a0148206_21510635.jpg

まあまあ充実した一日であった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





[PR]

by seokazuo | 2018-01-16 21:11 | パソコン | Comments(0)
2016年 03月 26日

新しく「Windows 10」機を購入したが・・・

いま使っているデスクトップ・パソコンの安定性にやや不安を覚えたので、万が一を考え、新しくパソコンを買った。
今回はノート・パソコン(Windows10)にした。
a0148206_11273190.jpg

振り返ると、
1)Windows 98:日立デスクトップ<廃棄処分待ち>
2)Windows XP:ソニーデスクトップ<ネット接続を遮断、古いプログラムを使うこともある>
3)Windows 7:NECデスクトップ<現在の主機>
4)Windows Vista:NECノート<ほとんど使い物にならなかった>
そして今回、
5)Windows 10:東芝ノート<2016年春モデル>
主な国産メーカーのパソコンを一巡したことになる。

新しいパソコンも、ノートとはいえ、
HDD:1TB
メモリ:8GB
CPU:Core i7/4コア
と、高機能性はデスクトップに引けを取らず、われわれのような素人には、ちょっともったいないぐらいである。
まだ使い始めたばかりだから当然だろうが、サクサク感はすばらしい。

ただ、高機能性を求めた結果、バッテリーの消費が大きく、持ちが悪い(カタログ上は3.5Hr)のは割り切らざるを得ない。

万一、いまの現役機がダウンしても大丈夫なように、取り急ぎ年賀状などの「アドレス帳」(400件以上登録)と、メール・アドレス(200件ぐらいは?)を新鋭機に移した。
画像やドキュメント類は、別置きHDDにバックアップ保管している。

ところがである。
いまのデスクトップの問題点を、勤めていた会社の専門家に相談してみた。
この現象はウイルスではないと聞き、まずほっとした。
いくつかの対策案があったが、そのひとつ、あるプログラムが動くことを止めてみた。
結果、良好!

問題点というのは、ネットなど接続せず、また動かしている画像処理などのプログラムを全部止めても、CPUの使用率(タスクマネージャーで監視)が異常に高いままという現象であった。何かバックグランドで働き続けている。ウイルスではないか?
CPUの使用率が常に高いため、何か操作しても応答が非常に遅く、焦るとフリーズを招くなど、イライラ感が増すばかりであった。
それが見事に解決したのである。

もっと早く相談しておけばよかった!!!
これでデスクトップもまだまだ働いてくれそうだ。

ところで、日常は「iPad」を手元に置いており、ネットやショッピングなど大抵のことは間に合うので、
パソコンを使う機会が、極端に減ってきているのが、実情である。

パソコンも、せっかく2台体制になったが、さて、どれだけ相手にしてやれるか・・・(^O^)
せいぜい、「Windows 10」に慣れ親しむトレーニングでも始めることにでもしよう。







====================================================



[PR]

by seokazuo | 2016-03-26 12:04 | パソコン | Comments(0)
2016年 02月 01日

リタイア族にスマホが必要か?

時代の流れというか、我が家も2台ある携帯の1台をスマホにしている。

現在の我が家の端末は、

 パソコン(デスクトップ、W-7)
 パソコン(ノート、vista)
 iPad(air)
 スマホ(アンドロイド)
 ガラケ

である。

<左からガラケ、スマホ、iPad>
a0148206_1763871.jpg


ノートパソコンはvistaのため使いづらく、ほとんど使うことはない。

日常の使う割合は、おおよそ、
パソコン:35%
iPad:60%
スマホ、ガラケ:5%以下

スマホはほとんど使うことはない、と言うか、必要ない生活をしていると言うべきかもしれない。

写真はデジカメを使うし、外出してまでFBなどSNSを見ることもないし、アップすることもない。
また外でネット検索したり、ニュースを見たり、オンライン・トレーディング(株)や、バンキング(銀行)をすることもない。
チケット購入予約や、レストランの予約など、時間に追われることもない。
勿論ゲームはやらない。

ネット関連は、ほとんどリビングでiPadでこなしている。
ブログなど作業が伴うものや、お金が絡む作業(ショッピング、銀行振込、株売買など)は、パソコンで処理している。

スマホの平均使用時間が、一日あたり約2時間というデータを見たことがある。

高校生など若者は5時間とも!!!

スマホの機能の豊富さには目を見張るものがある。
まさにパソコン機能が備わっている。

パソコンの売り上げが、どんどん落ちているとの報道も頷ける。


今の生活リズムではスマホの必要性がない、
と言うより、使い方がわからないと言ったほうが正確かも。

できるだけ、最近の技術動向に乗り遅れまいと、努力しているつもりだが、
スマホ中心の生活パターンからは、だんだん離れていきそうである。

たまに会う孫たちとも、共通話題が見つからないかも・・・


スマホ用モバイル電池を購入した。
3回分ぐらいは充電できそうである。
a0148206_1746480.jpg


ぶつぶつ言いながらも、アクセサリーも少しずつ増えていきそうである(^O^)
[PR]

by seokazuo | 2016-02-01 17:55 | パソコン | Comments(2)
2015年 08月 19日

Wi-Fi中継器を設置

前の日記:イギリスの旅(25) 最終章 本場のガーデニング


パソコンやプリンター、そしてタブレットパソコンiPadは、家中無線LAN、つまりWi-Fi電波で接続されている。

家中といっても、場所によっては電波が弱くなってしまう。

Wi-Fi電波の親局(ルーター)は1Fにあり、パソコンは2Fに置いているが、
パソコンの受信レベル表示を見ると、アンテナ表示最大5本のところ、3本(シグナルの強さ:中)、また場所・時間によっては2本(シグナルの強さ:弱)となってしまうことがある。

実用上は問題ないが、何となく気になっており、以前から中継器を設置しようと思っていた。
久しぶりに電気量販店で物色している時にそのことを思い出し、中継器コーナーを覗いてみた。

いろんなタイプが並んでいたが、気に入ったのがコンセント・タイプ。
非常にコンパクトで、コンセントに差し込むだけで良く、電源線など配線は一切必要はない。
正直、こういうコンパクト・タイプが発売されていることは知らなかった。

即購入、取り付けた。
<今回設置した中継器>
a0148206_9351438.jpg


親機は別メーカー製であるが、調整など全く問題はなかった。
こういう通信インターフェイスが標準化されているのは有難い。
<親機>
a0148206_1432242.jpg



中継器を中間地点に設置することで、弱まってきたWi-Fiの電波を増幅・再発信し、これまで繋がりにくかった部屋へWi-Fiの電波をしっかり届けてくれる。

2Fのパソコンの電波受信も、いままで3本程度だったアンテナ表示が5本(シグナルの強さ:非常に強い)となった。
これでネット画像などの受信通信速度もアップし、よりスムーズになったような気がする。

実際に無線LAN内の速度を比較してみたところ、
中継器なし:54Mbps
中継器あり:150Mbps
と、3倍近くにアップできた。


ところで、この中継器をどこに置くのがいいか・・・
その位置を決めるために、延長コードにこの中継器を取り付け、家に中をあちこち調べて回った。
a0148206_9592558.jpg


結論的に、2Fのほぼ中央にあるコンセントがベストと判断した。

勿論ノートパソコン、タブレットパソコンやスマホなど、家中どこでも安定して接続OKとなった。







@@@@@@@@@@@@@@@@@
[PR]

by seokazuo | 2015-08-19 10:05 | パソコン | Comments(0)
2014年 06月 01日

指を使うことは脳の活性化に有効?

iPadを初めてみると、結構を動かす。
スマホとにらめっこで、若い人達?が盛んに指を動かしているアレである。

1本だけ、2本で、4本で、そして5本指全部を使って操作することもある。

人間が他の動物と決定的に違うのは、10本の指を自在に操ることができることだといわれている。
特に指先は、脳に直結しているそうで、「脳のアンテナ」だそうである。

指を動かすことは、老化防止にもつながる・・・
そういう説である。

それならiPadも少しは効果があるかも・・・
ちょっと期待したくなる。

調べてみると、複雑な指の運動が脳を活性化するという。
楽器などは特に効果的らしい。

指を使って同時に頭も使うことが望ましいと。


絵画、編物、折り紙、手芸、
さらには園芸、料理、陶芸、日曜大工、模型工作、囲碁、将棋など・・・

年に何回か?やる麻雀も良いかも。

大した趣味も持たないが、
キーボードを使うパソコンやiPadも、脳の活性化に役立つか?

多くは期待できないとしても、やらないよりマシか・・・

a0148206_1525243.jpg

[PR]

by seokazuo | 2014-06-01 15:31 | パソコン | Comments(0)
2014年 05月 23日

パソコンとiPadを併用

携帯は持ち歩くが、ほとんど利用することはない。
使うとしても、たまのメールと電話だけ、ネットはほとんど使わない。

勿論、ガラケーである。

今はiPhoneに代表されるスマートフォン全盛時代だが、スマートフォンを買うつもりはない。
いまの生活パターンでは、外出先でネットをすることはなく、必要性を感じないからである。

そうは言っても、このスマートフォンの世界はどんどん進化していることは間違いない。

今流の技術に乗り遅れるのも悔しいので、iPad(air)を使っている。

外出先で使うつもりはないので、Wi-Fi タイプで、自宅専用である。
a0148206_17412751.jpg


iPadさえ使いこなしておけば、スマートフォンにもついていけるはず・・・
単純な考えである。

iPadはiPhoneの機能は全てカバーし、よりパソコンに近い。
そしてパソコンに比べてのメリットが多い。

・立ち上がりが早い。
・画面が抜群に美しく、ハイビジョン以上と言われている。
・勿論、携帯性は抜群でベッドの上でも・・・
・パソコンとの連携(同期)ができ、写真やドキュメントの共用ができる。
・電子書籍、ミュージック、ゲームなどのダウンロード(有料)が容易(使うつもりはないが)。
・タッチパネル式でマンマシン・インターフェイスに優れており、音声入力も受け付けてくれる。

実際に使うのは、ネット主体であるが、いずれはパソコンより利用頻度が増えるのは間違いなかろう。
a0148206_9195555.jpg


画面は指で拡大できるのも、高齢者には嬉しい。
a0148206_9203819.jpg


もし、現役時代に、こういう多機能携帯ツールが手元にあったら、
どんなにか業務効率がアップしたことだろう。

勤めていた会社では、各人に持たせているようだが、当然だろう。


この歳で今更”iPad”?と言われそうだが、孫たちに遅れるわけにはいかない。
もう手遅れだろうが・・・

使いこなすための苦労が続く日々である。
[PR]

by seokazuo | 2014-05-23 17:51 | パソコン | Comments(2)
2014年 05月 18日

知らぬが仏・・・

たまたまカメラのテストをやっていた。
撮った画像を見てびっくり!!!
a0148206_10372157.jpg


キーボ-ドのホコリ、汚れがひどい。

日頃、キーボードにはカバーをしておらず、
掃除もあまりやっていない。

慌ててエアーダスターで誇りを払い、拭き掃除した。
a0148206_1037431.jpg


考えてみると、キーボードに触るたびに手を洗うわけではないから、当然のことであろう。

携帯が非衛生であることは、よく言われているが、
パソコンのキーボードも似たようなものであろう。


肉眼では見えにくい世界が、カメラで覗くとびっくりさせられることもあるが、
まさに、知らぬが仏である。

キーボードに触る前後には、手を洗おう!

いまさら・・・
[PR]

by seokazuo | 2014-05-18 10:39 | パソコン | Comments(0)
2014年 03月 01日

マウスが赤から青へ

今のメインのパソコン購入時に付いてきたマウスはワイヤレスだったが、あまり調子が良くなく、
VISTA機で使っていたマウスを使っていた。有線式である。

最近マウスの応答が悪く、イライラする事が多かった。

ちょっとのはずみで原因が分かった。
どうもワイヤの接触不良が・・・

さっそく新しいものを購入しようと量販店に立ち寄った。

あるはあるは・・・
あまりにも種類が多く、選びようがない。

光学式・・・
マウス裏側から発光するは赤色と思っていたが、
眺めているうちに気がついた。
青色光線を出す「BlueLED」式なるものがあり、高感度で使いやすいとある。

よし、これにしよう。
a0148206_1354615.jpg


a0148206_13542544.jpg



今までのマウスは、白い紙の上とか、ガラスのようにツルツルしている面では反応しにくかったが、この「BlueLED」式は、確かに感度が良い。

何故もっと早く気がつかなかったのだろう・・・

いままでのイライラが嘘のよう。

最近ネット購入が多いが、たまには対面販売店に赴かないと、新しい技術に乗り遅れてしまう・・・
反省である。

<補足説明1>
何故「マウス」と呼ぶか・・・形がネズミににているからである。

<補足説明2>
マウスの機能:本体を手に持って水平に移動させ、レーザー光の照射で移動距離をコンピュータへ伝える。
[PR]

by seokazuo | 2014-03-01 14:02 | パソコン | Comments(0)
2013年 12月 02日

最近パソコンの動作が鈍いので・・・

最近パソコンの動作に鈍さを感じていた。
調べてみると、どうもメモリの余裕が少ない。

購入した時点で「4GB」であった。
今回「8GB」のメモリと交換した。

結果的にかなりキビキビした動作になった。

素人がパソコンの中をいじるのだから、やや不安もあった。
交換して立ち上げ、きちんと動作したときは、思わずホッとするものである。

メモリなど電子回路は、静電気で壊れ易いので、細心の注意が必要である。

<交換して取り外した4GB(2枚で)のメモリ>
a0148206_1104366.jpg


パソコンの記憶素子としては、「ハードディスク(HDD)」と「メモリ」の2種類がある。

HDDはデータやプログラムなどを保存する、言わば本棚とか引き出しに相当する。

一方、プログラムを起動して画像処理したり、ネット検索するなど、
作業するときに使うのが、このメモリである。
これはデスクの上に相当し、本(プログラム)を何冊か開いて、同時に作業をすることもできる。

今回のメモリ不足は、デスクの広さが狭くなったことに相当する。

メモリを4GBから8GBに増やしたということは、
デスクの広さが倍になり、作業性が良くなったということである。
つまり、いくつかのプログラムを開いても、スムーズに作業ができるようになったというわけである。

なお、メモリは電源を切ると消滅してしまうので、作業が終わったらHDDに「保存」する必要があるのは言うまでもない。

なお、HDDの容量は「1TB(テラ・バイト)」(1,000GB)あり、また別置きのHDDが「2TB」あるので、HDDの容量の不安はない。
[PR]

by seokazuo | 2013-12-02 11:07 | パソコン | Comments(0)