人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ご当地( 15 )


2019年 07月 19日

松島でのんびり

ゴルフ同好会ではゴルフのほか、いくつかの活動、分科会があり、その一つに「悠泉会」というのがある。
単にのんびり温泉で過ごそうというわけである。

今回は松島にやって来た。
15時集合であるので、早めに自宅を出て、松島の先にある松島基地まで足を延ばした。
今日も「ブルーインパルス」の練習日であることは、ネットで調べていた。

飛んだが、今日は1機だけ。
a0148206_11203913.jpg
a0148206_11204414.jpg
a0148206_11204976.jpg
a0148206_11205429.jpg
今日はどうやら単独飛行訓練だろうか、太平洋に向かって消えていった。

幸い、今日は久しぶりに晴れた。
松島を眺め、温泉に入り、そして懇親を深める・・・いつものパターンである。
a0148206_11205747.jpg
a0148206_11210142.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



by seokazuo | 2019-07-19 21:10 | ご当地 | Comments(0)
2019年 04月 09日

仙台近郊のサクラの名所「一目千本桜」<東北のサクラ(1)>


東京や西日本各地のサクラだよりも終盤になると、南東北にもようやく桜の季節がやって来る。

ニュースやネット上で、すでに桜情報は少々食傷気味とも言えるが、 我が地元にとっては、何よりの春だよりである。

ほとんど毎年通っているいるのが「一目千本桜」、仙台市の南、我が家から車で1時間足らずで行ける白石川両岸に延々と約8kmの桜並木が続いている。日本さくらの会より「さくら名所100選」に選ばれている。

a0148206_14544030.jpg
大正12年に初めて植えられたとあり、勿論植え替えられてきたのだろうが、立派な古木が多い。
a0148206_14550212.jpg
a0148206_14575576.jpg
延々と続く桜のトンネル。右側が白石川で、左側を東北本線が走る。
a0148206_14591085.jpg
a0148206_15020683.jpg

あいにく蔵王連山は雲がかかっていたが、一部の雪渓が望まれた。
a0148206_15073308.jpg
a0148206_15043703.jpg
a0148206_15064636.jpg
レンギョウや水仙などが、サクラの引き立役に?
a0148206_15104730.jpg
a0148206_15103760.jpg
a0148206_15104186.jpg

できるだけ朝早い時間に来るようにしており、これだけのサクラを独り占め?とまでは行かないが、思う存分満喫できるのはありがたい。

桜並木と離れたところに静かにそびえたつ一本のサクラ、その存在に今年初めて気づいた。
a0148206_15032827.jpg
a0148206_15210179.jpg
帰りに今日歩いた堰堤の対岸に廻ってみた。
こちら側を歩いている人はいなかった。
a0148206_15214248.jpg
a0148206_20381883.jpg
これから始まる東北各地ののサクラは、日本全国での話題性としては、どうしても古新聞気味になってしまうが、まさに日本を代表するサクラ!そう言っても過言ではなかろうと、勝手に思っている。見事である。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~








by seokazuo | 2019-04-09 15:33 | ご当地 | Comments(0)
2018年 11月 03日

奥松島を廻る

a0148206_08444746.jpg

石巻からの帰り、久しぶりに奥松島を廻った。

松島を訪れる観光客のほとんどは、瑞巌寺を中心とした、観光船の波止場付近を観光、前方に広がる松島湾を楽しんで帰る。
松島湾の対岸方向に広がる半島の先が奥松島と呼ばれている。(地図では右下部「現在地」と朱記部)
地図では枠外左下方向に仙台市が、右(やや上)方向に石巻市が位置する。
a0148206_07240500.jpg


奥松島の中ほどに「大高森」という山があり、古くから日本三景、松島が眺望できることで知られている。
高さは100mあまり、目の前の美しい海を眺めながら、頑張って登ってみた。
a0148206_16083888.jpg
a0148206_08334557.jpg

a0148206_07500775.jpg
いまでは避難所として指定されている。
20分あまりとはいえ、やっとのことで展望所に。

a0148206_07531091.jpg
松島に浮かぶ大小260以上の島々を眺めることができる最高の場所である。
パノラマを観た瞬間、登りの疲れも吹っ飛んだ。
a0148206_08444746.jpg

遠くに蔵王連山も望める。
a0148206_07521554.jpg
この方向が、観光客が集中するいわゆる松島エリアである。
a0148206_07523095.jpg
カキの養殖か?
a0148206_07560745.jpg
反対側には先ほど訪れた石巻が。
a0148206_07574337.jpg
望遠で引き寄せると、石巻(工業地帯)が。「日和公園」もこの方向のはずである。
a0148206_07590190.jpg
この半島の付け根の方向は。
a0148206_08014537.jpg
右側が太平洋、左側が松島湾。
あの大津波は太平洋側からこの半島の付け根(野蒜海岸)を乗り越えて、一気に松島湾になだれ込んだとされる。

大高森の裏側(石巻側)は嵯峨渓と呼ばれる景勝地となっている。
室浜側に廻ると、その一部が楽しめる。
a0148206_08145532.jpg
a0148206_08114466.jpg
a0148206_08115369.jpg
以前、松島から船でこの嵯峨渓コースを楽しんだことがある。
今日も遊覧船が出ていた。

大高森を降りたところに観光ストアが。
良い香りにつられておやつ代わりに。
a0148206_08171620.jpg
ここでは親切にも店の人が殻をむいてくれた。
a0148206_08174693.jpg
a0148206_08183142.jpg
申し分ない好天、150km余りのドライブを楽しんだ一日だった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












by seokazuo | 2018-11-03 22:38 | ご当地 | Comments(0)
2018年 08月 03日

予定のない日でも充実

こう暑さが続くと、特別の予定がない日は、涼しい部屋でのんびり過ごすに限る、と言いたいところだが、どうしてもぐうたらになりやすいので、できるだけ出かけるようにしている。

この時期、庭に毎年ヒマワリが咲いていたが、今年はいつまで待っていても咲かない。
そうだ、ヒマワリを見に行こう、今日も予定がなかったので、敢えて出かけることに。

我が家から北に車で1時間足らず、大崎市三本木町の「ヒマワリの丘」でヒマワリまつりが行われている。

ひまわりの丘には約42万本のひまわりがいっぱいに咲き誇るとPRされている。
a0148206_10373991.jpg
a0148206_10373992.jpg
a0148206_10373819.jpg
青空とヒマワリ、よいコンビネーションだ。
a0148206_10374099.jpg
a0148206_10373874.jpg
猛暑、それにこのところずっと雨が降っていないので、ひまわりも枯れそう。
a0148206_10373887.jpg
ランチはどこにしようか?
これも思い付きだが、港町塩釜の近くに海に突き出た半島、七ヶ浜に行ってみよう。また1時間程度のドライブである。
うまい具合に牡蠣食べ放題の店が見つかった。
a0148206_11033425.jpg
牡蠣のほか、ハマグリ、エビもあり、戦闘開始!
a0148206_11033422.jpg
a0148206_11033451.jpg
食べた!食べた!
牡蠣:15個、ハマグリ:12個、エビ:10匹

最高のバーベキューである。

海岸に出てみると、松島方向。
a0148206_11133361.jpg
新設された防潮堤がずっと続く。
a0148206_11145219.jpg
限られた海水浴場も賑わっていた。
a0148206_11152222.jpg
涼しくなった夕方からは、ゴルフの練習も。

予定の全くなかったが、思い付きの結構充実した一日だった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












by seokazuo | 2018-08-03 21:05 | ご当地 | Comments(4)
2018年 01月 14日

遠回りして松島へ

気温は低くても、青空が広がり風がない日はドライブ日和、今日は100km走行が目標。

仙台より4号国道を北上、東に折れて松島を廻ってくるコースをイメージして、適当に走る。
途中で、白鳥が三々五々でえさ場に向かっている光景が目に付く。

車を止めて狙う。遠いため望遠で撮ろうとするが、相手も早くなかなか視野に収めることができない。
やっととらえたが、この程度。
a0148206_11144602.jpg
a0148206_11140973.jpg
近くの田んぼにも、あちこちに白鳥がエサ探しをやっていた。
a0148206_11201220.jpg

松島はいつもと変わらない。
a0148206_11205976.jpg
a0148206_11210341.jpg
a0148206_11210931.jpg
a0148206_11205585.jpg
カキの養殖?
a0148206_11213110.jpg
ランチは高台にある見晴らしの良いホテルで。
a0148206_11212487.jpg
a0148206_11211603.jpg

この時期、松島に来るとよく買うのが殻付きのカキである。
1人暮らしなのに!つい衝動買いしてしまった。

フライパンで酒蒸しに。
a0148206_11290094.jpg
ぷりぷり感が堪えられない。
a0148206_11285603.jpg
a0148206_11285035.jpg
結局、全部食べてしまった。

もともと妻はカキは好みではなかったので、昔から一人で全部食べていたが・・・


温泉に入ることも、走った距離105kmも、予定通りで仕上がった一日である。
a0148206_15033206.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






by seokazuo | 2018-01-14 21:11 | ご当地 | Comments(4)
2017年 10月 20日

秋保温泉でのんびり過ごす

小雨模様の寒々とした天気が続いている。

いままではシャワーで済ませていたが、ぼつぼつ入浴に切り替えざるを得なくなった。
ふと思いついて温泉にでも行ってみるか・・・

秋保温泉まで車で30分弱、着替えをアレンジしてすぐ出かけた。
いわゆる「日帰り入浴」のつもりだったが、どうせ昼食もどこかで食べるわけだから、「ランチ付き入浴」で予約しておいた。

予約は前日までとなっていたが、OKという。
OKのはずである、ホテルの客の姿も少ない。
a0148206_10505131.jpg

a0148206_10505156.jpg
レストランからは美しい渓流が臨めるが、紅葉はきれいだろうな。
ひとり分の席、何とも言えぬ寂しさが・・・

a0148206_10505035.jpg
a0148206_10505055.jpg
a0148206_10505136.jpg

かけ流しの風呂は貸し切り状態!
いつもは”烏の行水”、さっさと上がるのだが、久しぶりに長湯してしまった。
2時間の滞在。

5~6年前、妻がここで女子会をやるというので、送り迎えをしたことがある。
このホテルの「ランチ付き温泉入浴」だったと思う。

行く先々に妻の名残がある・・・



秋保温泉に来たときは必ず寄る「さいち」というスーパーがある。
おはぎで有名で、連日行列ができるほど人気がある。
最近のネットの影響で、まさに全国区的に広まっているようである。

14時過ぎており、棚には何も残っていなかったが、まもなく追加分がワゴンで運ばれてきた。
待っていた人が次々に・・・ようやく確保!
a0148206_11045421.jpg
勿論今夜の主食である。
何といってもあんこの量が違う!
a0148206_11045404.jpg
また、ここの煮物が気に入っており、いつもセットで購入している。
a0148206_11045323.jpg
のんきな一人暮らし、そういうべきかもしれない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






by seokazuo | 2017-10-20 22:00 | ご当地 | Comments(0)
2016年 10月 27日

定義山の三角あぶらげ

我が家から車で1時間足らず、浄土宗の寺院「西方寺」がある。
一般的には「定義山」と呼んである。

久しぶりにドライブしてみた。
実は紅葉を期待して・・・
a0148206_08320121.jpg
a0148206_08322224.jpg

a0148206_09013577.jpg
a0148206_08322234.jpg

西方寺の山門、

a0148206_08313874.jpg
a0148206_08314651.jpg
a0148206_08314911.jpg

a0148206_08315722.jpg

定義山に来た時には、必ず食べるものがある。
「三角あぶらげ」である。
a0148206_08511455.jpg

a0148206_08322489.jpg
a0148206_08322343.jpg
大きさは手のひらぐらい、揚げたてのアツアツに醤油と七味をかけて食いつく。
これがうまい!

このグルメの時代に、どうしてこういうものが人気なのか?
それは食べた人にしかわからない。

店の中を覗くと、忙し気に作業していた。
低温の油と、高温の油の2度上げによって、表面はカリッとして中身はふっくらとした油揚となるそうである。
a0148206_08322381.jpg
この定義豆腐店は、定義如来へ精進料理用の豆腐製造するために、明治23年に創業し、本年で創業125年という。

定義山に来たら、必ず三角あぶらげを食べる、
いや、三角油げを食べるために、定義山に来る、そう言った方が正しいだろう。





















by seokazuo | 2016-10-27 08:53 | ご当地 | Comments(0)
2016年 10月 13日

仙台城址

仙台市内には、あまり観光ポイントはない。

強いて言うなら、「仙台城跡」(地元では「青葉城址」と呼んでいる)は数少ない名所の一つである。


「仙台城」は伊達政宗が築造して約270年に渡り伊達氏代々の居城であり、仙台藩の政庁であった。

一度も戦火を見ることなく、要塞としての機能を終えて、明治初期から大正にかけてその大半が失われた。

最終的には仙台空襲により焼失した。


仙台駅より西に延びる青葉通りを進み、広瀬川を渡ると仙台市博物館がある。

「仙台城址」は博物館の裏の丘陵地「青葉山」の上にある。


博物館の駐車場に車を止め、久しぶりに徒歩で山頂に築かれた巨大な石垣を目の前に本丸に登ってみた。

この日の散歩コースである。

a0148206_18140085.jpg
この石垣は、東日本大地震で崩れ、修復作業が終わって間もない。


本丸からは、仙台都心と仙台平野の北部を一望することが出来る。

a0148206_05214989.jpg

a0148206_18135171.jpg

市中心街の手前に「広瀬川」が流れている。

「広瀬川」は仙台市のシンボルとして親しまれている川であり、ヒット曲「青葉城恋歌」(歌/さとう宗幸)でも有名である。

a0148206_18135334.jpg



市内で一番高いビルが「ウェスティンホテル」(25階〜37階に入居)が入っている仙台トラストシティビル(37階)である。

a0148206_18135230.jpg
a0148206_18131473.jpg

ここからの直線距離はおよそ2km離れているが、最近のデジカメでは、ここまで望遠性能がある。
a0148206_18135374.jpg
本丸跡には正宗公の銅像があるだけ・・・
a0148206_18131527.jpg
a0148206_18131582.jpg
観光客は、市内の観光名所を循環する観光バス「るーぷる仙台」バスでやってくる。
このバスは仙台駅前を起点に市内中心部のオススメ観光スポットを廻っている。
a0148206_05401731.jpg

街へ降りて、市中心を貫く国道4号線(片側4車線)から眺めた先の「ウェスティンホテル」が左端。
a0148206_18135120.jpg
たまたま信号の関係で車は見えないが、片側4車線あるこのメインストリートは、車があふれることが多い。

人の流れは、この先を横切るアーケード街へ、平日でも賑わっている。
このアーケード街は七夕会場でもあり、いつもの散歩コースでもある。
a0148206_05541416.jpg


観光都市としては物足りないが、100万都市仙台は、規模的にもちょうど住みやすい街かもしれない。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







by seokazuo | 2016-10-13 06:14 | ご当地 | Comments(0)
2016年 05月 07日

杜の都のベストシーズン

杜の都仙台を代表する大通りが「定禅寺通り」である。
a0148206_15214211.jpg
a0148206_15214517.jpg
a0148206_15214879.jpg


今が1年を通して新緑の一番美しい時期であろう。

「定禅寺通り」から仙台駅まで2㎞近く、アーケードが続く。
このアーケードが七夕まつりのメイン通りとなる。
a0148206_15215086.jpg
a0148206_15215362.jpg

天井が高いのも、七夕飾りのためである。

毎週、何回か歩いているが、不思議と飽きが来ない。

まもなく「G7 財務大臣・中央銀行総裁会議」が仙台市で行われる。
a0148206_15215662.jpg

明日は杜の都を1万人が駆け抜ける「仙台国際ハーフマラソン」が行われるが、G7を控え、かなり厳しい警戒がとられるようである。

アーケードを抜けると、最終目的地の仙台駅。
帰りは駅前始発の市バスで帰る。

帰りのバスは絶好の休憩室、歩き疲れとランチの満腹感で、心地よい睡魔に襲われるのも仕方ない(笑)



by seokazuo | 2016-05-07 19:46 | ご当地 | Comments(0)
2016年 03月 25日

仙台駅に大型ショッピング街がオープン

仙台駅を通過する東北新幹線や在来線は、南北方向に走っているので、駅ビルも南北に長くなっている。
<写真は仙台駅西口。仙台駅(右側茶色のビル)に向かって、左側(写真向こう側)が北、つまり青森方面>
a0148206_15215492.jpg
仙台中心街、オフィス街は西口側に広がっている。つまり西口が仙台駅の正面玄関である。

東口側も近年道路が整備され、オフィスビル、マンションがぞくぞくと建ってきており、市民が住んでみたいエリアの上位にランクされるようになってきた。
また、プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」の本拠地球場Koboスタ宮城」も、東口から1km足らずの距離に位置している。

一方で、線路を超えて西口と東口を結ぶ通路が、いままで1本しかなく、両側の人の流れを阻害していた感があったが、
今回の北海道新幹線の開通に合わせたのだろうか、線路をまたぐ形で新しい大型ショッピング街(地上6階、地下1階)がオープンした。
さっそく散策してみた。
a0148206_19542137.jpg

東西自由通路の両側に、ショッピング街が広がっている
a0148206_19540841.jpg

新しいレストラン街もオープン、ランチのメニューがさらに増えた。
a0148206_20455897.jpg

歩き回るだけでも楽しい、広々とした生活雑貨大手「東急ハンズ」など、82店舗が入店
a0148206_20124741.jpg

無料の無線LAN「WiFi」もすべての共用スペースで利用できるようになったのは、かなりの進歩だ。

何よりも、”ウォーキング+ランチ”エリアがまた増えたことが嬉しい(^O^)







====================================================


by seokazuo | 2016-03-25 20:53 | ご当地 | Comments(2)