日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:社会( 47 )


2018年 08月 17日

酷暑でも電力不足は起こらなかった!

電力使用量は、1年を通しては冷房需要の多い夏場にピークを迎える。

万が一、電力使用量が電力供給量(発電電力量)がオーバーすると、周波数(50Hまたは60Hz)が下がり始め、数Hz下がると火力発電機が運転できなくなり、緊急停止していく。結果雪崩現象でますます周波数が下がり、電圧も低下し電力系統の運用ができなくなり、大規模停電が発生する可能性がある。

過去に東京電力で需要急増に電力の供給が追い付かず。大停電事故(1987年)が発生した例もある。

故に電力会社は、その日の電力需要を予測し、それに見合った発電供給力を準備するのに夏場は必死である。
自社の発電量で不足すると予測される場合は、他電力より融通を受ける(買電)など、準備万端している。

また、万が一発電所の事故が発生するなどの緊急時でも対応できるよう、発電供給力には余裕を電力を織り込んでいる。
予備力は10%、最悪でも3%をキープしている。

以前は暑い夏を迎えると、電力の供給は問題ないか、毎日のようにニュースで取り上げられたものである。

今年の暑さの異常さは、かって経験したことがない。
当然電力需要/供給力の問題が大騒ぎになっても不思議ではないが、全く話題になっていなかった。
東京電力の7月の最大電力の実績を調べてみた。

                      <東京電力 HPより転載>

a0148206_14123888.jpg
a0148206_14123878.jpg

7月の最大電力(需要のピーク)は7月23日14時~15時に発生しており、その日でも供給力(下段、6,091万KW)に対して使用量実績(上段、5,653万KW))は「92%」、すなわち予備率も8%以上あることが分かった。
当日の東京の最高気温は39℃。

現在原子力発電が停止しており、その不足分を火力発電などでカバーしているが、それでも経験したことがない酷暑にもかかわらず、こんなに余裕があるのは意外である。

実はこのところ電力需要量が大幅に低下しているのである。

何といっても節電効果である。電灯のLED化、大型家電品を始め、電力使用機器全般の節電化など、省エネ機器の急増など・・・
また電力自由化により、電力会社から離れていく需要家も大きい。
そして太陽光発電の増加も大きい。

高度成長期の頃は、夏場の最大の関心事だったが、当面は電力需給バランスは安泰のようである。


~~~~~~~~~~~







[PR]

by seokazuo | 2018-08-17 14:43 | 社会 | Comments(2)
2018年 08月 15日

東京都の県庁所在地は?

妻の初盆に、家族が集まった。
久しぶりに我が家にも賑わいが戻った。

みんなで団らんしているとき、小学4年生の孫が、
「茨城は水戸市、栃木は宇都宮市、群馬は前橋市、埼玉はさいたま市・・・」各県の県庁所在地を覚えているところだった。
そして「東京は新宿区!」

正解であるが、いつまで経ってもこの「新宿」には違和感を感じているひとりである。

我が世代は「地理院地図」を見ながら育った来た。
a0148206_17225143.jpg
こういう縮尺の地図上では、新宿という表記はなく、他の府県と同じように、県庁所在地はどうしても東京とみてしまう。

Googleの地図を開けてみると、
a0148206_17262468.jpg
同様に23区の丸印は表示されていない。

「国土地理院」の50万分の1の地図には「市町村名はすべて表示する」という決まりがあり、一方「東京の23区は市町村ではないので表示していないが、便宜上東京と表示」されているようである。

東京の県庁所在地は「東京」というとらえ方がされても自然な気がする。

調べてみると、都庁よりも「東京の県庁(都庁)所在地は新宿区である」との通達が出ている。
a0148206_17364069.jpg
なお、東京23区は昭和18年までは「東京市」と呼ばれていたので、その名残で「東京の県庁所在地は東京」という名残があることを、都庁も認めている。

ちなみに小学校で使われている白地図での東京の県庁所在地⑬は、「東京(新宿区)」となっているが、ちょっと紛らわしい感じがする。
はっきり「新宿区」と表示すべきではなかろうか。
a0148206_17373622.jpg
何十年かして都庁が(別の区に)建て直されると、県庁所在地がまた変わるかも(笑)
他の府県ではあり得ないことだが・・・




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

by seokazuo | 2018-08-15 17:52 | 社会 | Comments(0)
2016年 10月 08日

ベンチに犬を座らせるのは・・・

良く歩いているアーケード街、あちこちにベンチ(単なる腰掛だが)があり、一休みしたいときには便利である。

最近カラフルにお色直しされた。
a0148206_19144139.jpg
a0148206_19173873.jpg
東京へ行ったときなど、一休みしたいと思っても、なかなかそういう場所は見つからず、あったとしてもいっぱいで座れない、そういうケースが多い。
仙台市内では、結構こういう”休み処”があちこちにあり、助かっている。
これも地方都市のありがたさである。


ところで、公園やこういう場所のベンチに犬(特に小型犬)座らせているのを見かけることがある。
犬をかわいがっている人は、歩かせたり抱いたりして散歩しているし、そのままベンチの上に置いてしまうのかもしれない。

座らせることの是非、賛否両論あるだろうが、どうだろう?

犬は裸足である。
土足でベンチに上がることと同じだから、子供と同じくやはりマナー違反だろう。

座らせるとお尻が直に・・・(笑)

本質的に犬嫌いの人もおり、毛が付くことも嫌がるはず。

一方で、犬を家族同様にかわいがっている人は、そういう意見に反論することだろう。


ベンチというのは、もともと野ざらしであり、いろんな人(浮浪者も)が座るし、鳥も自由に歩き回るなど、元々あまり衛生的ではないし、あまり厳密にこだわる必要はないかもしれない。

でも、やはり犬を座らせることは止めてほしい・・・いつもそう思っている。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[PR]

by seokazuo | 2016-10-08 20:08 | 社会 | Comments(2)
2016年 07月 17日

悲劇の南三陸町防災対策庁舎のその後

東日本大震災に伴う大津波で壊滅的な被害を被った宮城県「南三陸町」を通りかかった。
まだ復興作業の最中で、工事車両が行き交っていた。

この「南三陸町」の遺構として残されることになっている防災対策庁舎、悲劇のモニュメントを探したが、町中にはいっても、一向に見つからない。

見えないはずである。
周りの土地のかさ上げで、周りから見るとまさに沈んでいっている・・・そんな感じである。

復興計画の妨げにもなっているだろう。
a0148206_20583293.jpg

a0148206_20574526.jpg
実は、震災の3ヶ月後、「南三陸町」を訪問、そのとき撮影した写真である。
a0148206_21124540.jpg
防災無線で最後まで避難を呼びかけて、犠牲になった女子職員・・・
まさに悲劇の現場である。

当初は、津波の高さは「最大で6m」と放送されていた。
実際の津波は、高さ12mある屋上のさらに2m上を越したとされる。
あの女子職員ら43名が犠牲になった。

大津波の遺構として、残すべきかどうか、議論がなされたが、「南三陸町」としては、残さないことにした。

だが、その後、宮城県と国が残すことを主張、
長い間話し合いが進められ、結論として、施設を県有化し、県が保存管理していくことになったる。

当時の写真を見直してみると、遺構として残す意味は理解できる気がするが、

現状を見ると、思わず???
周りから見下ろされる形になってしまっている。

かさ上げした周りの土地には、いずれビルなどの建物が建つことになり、尚更である。

見上げることにより、津波があの屋上まで飲み込んだ!という実感が、伝わってくるが、
見下ろす形になってしまうと、当時の切迫感が、果たして後世に伝わるだろうか。

遺構として残すことを最後まで主張し続けてきた県知事は、この現場を見ているのであろうか・・・




















[PR]

by seokazuo | 2016-07-17 21:56 | 社会 | Comments(0)
2016年 06月 23日

さくらんぼを全国翌日配達します?

今の時期、山形のさくらんぼが最盛期である。
例年、お世話になっている親戚に、さくらんぼを届けている。

山形のある生産者が、「全国に朝採ったさくらんぼを、翌日午前中に届けます」というので、今年初めて依頼した。
<全国図はGoogle mapより転載>
a0148206_22155065.jpg

仙台から九州、例えば鹿児島まで宅配便で送ると、翌々日にしか届かない。
隣県の山形からも同様であろう。
「送料無料」とあり、その値段からして航空便で送るとも思えない。

半信半疑だったが、どうやら、こういうことらしい。
山形で朝採ったさくらんぼを、西日本向けのものは一括して、その日のうちに、山形から大阪まで飛行機で運ぶ。

大阪を基点として通常の宅配便を使えば、翌日午前中には、南九州まで配達できるわけである。
「西日本向けのものは一括して送る」のがポイントで、航空料金も割安になるのだろう。

軽くて高価なさくらんぼだから、実現できた流通システムあろう。
重いリンゴなどでは、そうもいくまい。

結果はその通りで、ネットで追跡してみたら、宅配業者大阪営業所からの動きが把握でき、
間違いなく翌日午前中に届いていた。

いままでは翌々日着だったため、さくらんぼが腐っていたというトラブルもあったが、
これからは安心して送れる。
お礼の電話では「今年はさくらんぼが光っていた」とも。

さくらんぼ生産者と宅配業者のタイアップで実現したのであろう「全国翌日配達」に拍手!
こういう創意工夫により、サービスは限りなく進んでいくのであろう。

「全国送料無料」というのは、鹿児島に送ろうが、隣県の仙台に送ろうが同一料金、
上記航空料金を含め、みんなで負担し合うことである。

鹿児島まで送ると、何だか得した気になってしまうのは言うまでもない(笑)








[PR]

by seokazuo | 2016-06-23 22:47 | 社会 | Comments(0)
2016年 05月 20日

現況届を提出する必要がなくなった

リタイア族にとって、「年金」は生活費のベースとなる。

年金は、国から支給される「公的年金」のほか、勤めていた企業から支給される「企業年金」がある。

企業年金は、企業が社員の老後の生活をより豊かにするために公的年金に加えて設ける私的年金である。
企業年金にはいろんな種類があるが、退職金を全額受け取らず、残りの退職金を原資として企業年金として受け取るやり方を選んだ。

年金原資の運用や管理、給付などは、企業が設立した厚生年金基金によって行われている。

基金より毎年1回、「現況届」の書類が届き、住所確認し、署名して送り返している。
つまり、年金は生きている間だけ支給される・・・
受給者本人が生存していることを確認するわけである。

a0148206_17154949.jpg
今後、この「現況届」の提出が不要になったとの連絡が来た。
基金のサーバーが住基ネットにリンクされることになり、自動的に本人確認ができるからだという。

また、基金に提出しなければならない「マイナンバー」も、自動的に分かるので、マイナンバーの提出も必要ないという。

確かに、受給者に対するサービス向上かもしれないが、いつの間にやら知らないところで、しっかり管理されてしまっているようである。
信じるしかない。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

by seokazuo | 2016-05-20 17:33 | 社会 | Comments(0)
2016年 05月 12日

いまでも”万が一”を考えてしまう

時々この道を歩くが、いつも同じことを考えてしまう。

「もし、地震が来たら、このコンクリートの壁が壊れないだろうか?
どこへ逃げるべきか?」
a0148206_09413836.jpg
あの3・11を経験して以来、”万が一”を考えてしまうことが、いまでもよくある。
海岸方向へ出かけることがほとんどなくなったのも同じである。

実はこの道路は、3・11時には既に開通しており、この”壁の強度”は実証済みである。

それでもつい考えてしまう・・・





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



[PR]

by seokazuo | 2016-05-12 09:53 | 社会 | Comments(0)
2016年 04月 30日

由布院と湯布院、どちらが正しい?

由布院と湯布院・・・

湯布院(由布院)には何回か行っているが、この違いは意外とややこしい。


駅名は「由布駅」、インターチェンジは「湯布院」、温泉名は「湯布院」「由布院」どちらもある。「由布岳」「由布市」もある。

昨日、安倍首相が「由布院訪問」との記事を見かけた。

自分では分かっているつもりであるが、いまでも時々混乱することがある。

違いを分かりやすく解説したサイトが見つかった。


湯布院と由布院の違い


結局、市町村合併の副産物?として、この「ゆふいん」がややこしくなってしまったということである。

つまり、旧由布院町が旧湯平村と合併した際に、両方の名を合わせて「湯布院町」(湯平+由布院=湯布院)という町名にしたために、後々ややこしくなってしまったということのようである。


こう考えたら、少しは分かりやすくなるかな?

由布市にあるいくつかの町の一つが「湯布院町」である。

湯布院町内のひとつのエリアに「由布院温泉」がある。

湯布院町内に温泉があるのだから、「湯布院温泉」という言い方も、間違いではない。


さすがに最近では、平仮名表記にするところも増えてきているという。

a0148206_05402709.jpg

ところで、前記の、

<昨日、安倍首相が「由布院訪問」された>

という記述は違うような気がする。



[PR]

by seokazuo | 2016-04-30 05:00 | 社会 | Comments(0)
2016年 04月 18日

車の中での避難生活の怖さ

今回の熊本大震災は、最初は大したことはないなと軽く見ていたが、第2波の「本震」の打撃があまりにも大きく、大変なことになっていいる。

いまだ余震が収まる気配はなく、多くの方が避難生活を余儀なくされている。
避難施設の収容能力に限りがあり、車で寝泊まりしている避難生活者が多いと報道されている。

車の中など狭い場所で長時間、同じ姿勢でいると足にできた血栓(血のかたまり)が肺などに詰まる「エコノミークラス症候群」を発症しやすくなり、呼吸困難を引き起こしたり、最悪の場合死亡することもあるという。
マスコミも注意を呼びかけているが、避難生活者は意外と関心が薄いのではないかと危惧している。

実は、「エコノミークラス症候群」の話は、長時間飛行機で移動したとき起こることがあるという話は、勿論自分でも何度となく耳にしていたが、いつも軽く聞き流していた。つまり”他人事”として捉えていた。

その怖さを知ったのが、昨年妻が手術で1ヶ月近く入院した時である。
手術の合併症として、この「エコノミークラス症候群」(医者はこの言葉は使わなかったが)に見舞われたのである。

経緯は下記日記に記しているが、「エコノミークラス症候群」を決して”他人事”と思わないで欲しい・・・
そう願っている。




[PR]

by seokazuo | 2016-04-18 17:15 | 社会 | Comments(0)
2016年 04月 04日

電力自由化とはいうものの・・・

電力自由化が4月1日より、個人宅へも適用拡大されるようになった。

いままでは、地元の電力会社から電気を購入するしかなかったが、今後は他電力会社や新電力よりも、自由に購入できるようになった。
新電力としてはガス会社、石油会社、あるいは通信業者などからも、我が家に売り込みが来ている。
すでに全国では60社前後(登録は数百社)が営業を開始しているとされる。
自社で発電設備を所有している会社、売電市場から電力を調達してくる会社など、業態は様々である。

自由かといっても、携帯電話がドコモ独占から、ソフトバンクやAUなどの参入で、自由化が進んできたのとちょっと勝手が違う。

たとえ、いままでの電力会社から、新電力に変更したとしても、流れてくる電気に色がついているわけでもなく、
同じ配電線から入ってくる。

実際に新電力に切り替えた家庭はそう多くないようで、先日のニュースでは、わずか0.5%ていだとか。
まだまだ、様子見というところだろう。

新電力に切り替えるのは、そう難しいことではない。
新しい電力供給者と契約をすれば、いままでの電力会社との契約解除を含めて、全てやってくれる。
電力量計(ワット・アワー・メーター)をあたらしい電子式の電力量計「スマートメーター」への取り替え工事が行われ、工事完了すれば、新電力に切り替わる。

<我が家に現在付いている機械式の電力量計>
a0148206_18343068.jpg
ただ、この「スマート・メーター」の交換工事は地元の電力会社がやってくれるが、大幅に遅れているようで、すでに契約変更している家庭でも、切り替えは遅れているようである。

新電力は、電気代が安くなるという触れ込みでアピールしているが、ディメリットもある。
解約する時に違約金が発生する場合があるとか、
あるいは選ぶ会社・プランによっては以前より割高になることもあり得る。
特に、将来原油等が高騰したときなど、そのリスクは高い。

いまある大小様々な新電力も、いずれは淘汰されていくだろうし、
諸外国の例を見ても、電力自由化により、電気料金が高くなったという事例も多いようであり、
しばらく様子見する方が得策かもしれない。

いずれにしても、我が家は今まで通り、地元の電力会社からの受電を継続することにしている。



[PR]

by seokazuo | 2016-04-04 22:06 | 社会 | Comments(0)