人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 24日 ( 1 )


2019年 04月 24日

満開の弘前城<東北のサクラ(6)>

今年最後のというか、平成最後のサクラの名所巡りは弘前城で締めた。

弘前は仙台から三百数十キロ、仙台~東京、あるいは東京~名古屋の距離に近い。
バスツアーもあるが、サクラの開花状況が行った日に良いタイミングで合うというのは難しく、がっかりしたことも1度や2度ではない。

今年は方針を変え、定期の高速バスを使うことにした。
一週間前ほど前から、サクラの開花状況と弘前の天気予報を毎日チェックし、一方でバスの空席状況もウオッチ。

数日前で「満開は25日」であったが、25日~27日は雨の予報。
そして曇りの予報だったが「24日」に強行することに、この日しかない!

正解だった!この日に1日早まり満開が発表された。
a0148206_07141913.jpg

弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ現象がみられ、大地震などが発生した場合、崩落する危険性があると指摘されたため、10年ほど前から石垣修理が始まっている。

a0148206_07195128.jpg
この工事のため石垣のすぐ近くに建っていた天守閣は、元の位置より70mほど移動する必要があり、高さ14.4メートル、総重量約400トンの3層からなる弘前城(天守)が、約3か月かけて移動、当時ニュースに取り上げられたのを記憶している。

a0148206_08110145.jpg

a0148206_07295317.jpg
a0148206_07300945.jpg
a0148206_07323252.jpg
曇り日和、はたして背景としての岩木山(1,625 m)が見えるだろうか?
気が気ではなかったが、かすかに確認できたのはラッキーだった。

a0148206_14510832.jpg
a0148206_07320084.jpg


弘前公園二の丸にあるソメイヨシノは、旧藩士から1882(明治15)年に寄贈され、現存するソメイヨシノでは日本最古といわれる。
a0148206_07351693.jpg
ソメイヨシノは成長が早いわりに寿命が60年から80年とされていたが、弘前公園には樹齢100年を越すソメイヨシノが400本以上あり、多くの専門家から管理技術が日本一と称されているそうである。
a0148206_07364687.jpg
外堀、暖かい日でボート遊びも楽しかろう。
a0148206_07370256.jpg
a0148206_07401616.jpg
西堀に沿ってのサクラのトンネル。
a0148206_07381807.jpg
a0148206_07382921.jpg
a0148206_07391901.jpg

弘前公園は、桜名所100選にも選ばれており、ソメイヨシノを中心に、シダレザクラなど52種・約2600本もの桜が咲き乱れている…とにかく広い。

このご時世、こんなに遠くまでも外国からの観光客が溢れていた。数年前までは考えられなかった。
a0148206_07440120.jpg
こういう案内板を見ると、時代を感じさせられる・・・
a0148206_10070637.jpg

当日公園内に掲示されていた「さくら情報」によると、ソメイヨシノは満開、そして通常は一足遅れて咲くシダレザクラも満開。

お城とのコラボ、水辺のサクラ、サクラのトンネル、そして何と言ってもソメイヨシノとシダレザクラの共演など、いろんなサクラの構図が一度に味わえるわけだから、弘前城が日本一と呼ばれているのも頷ける。
a0148206_07455549.jpg
a0148206_14240953.jpg
a0148206_07302786.jpg
a0148206_10040059.jpg

今日はここ弘前城公園でウロウロしただけだったが、東京ドーム何十個分の広さ、軽く1万歩を超えた。
とにかくひろい。

片道4時間半もかけてわざわざやってきたが、まさに「やって来た甲斐があった!」
言わば手作りの日帰りバスツアー、大正解だった。

帰りのバスではひとりでの宴!
a0148206_10223906.jpg
a0148206_10224241.jpg
現役時代、2人でこの連休を利用して下北半島を廻った帰りに、ここ弘前にも寄ったが、その時はすでに桜吹雪・・・
堀を埋め尽くした花びらの絨毯、花筏の美しさ感動!今でもはっきり脳裏に残っている。


~~~~~~~~~~~






by seokazuo | 2019-04-24 22:39 | 季節・景色 | Comments(0)