人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 03日 ( 1 )


2013年 06月 03日

あれがフィヨルドだ!<北欧の旅8>

フィヨルドはどうして出来たのか?
次のように解説されている。


<< 氷河時代、 数千mも降り積もった雪が固まり、氷へと変化した。
この厚さが増すにつれ、その重圧に耐えきれず、ゆっくりと山の斜面を下り、地面を深くえぐりながら深い谷を形成していった。

氷河の後退とともに海水が入り込み、

さらに氷河時代の終わりごろに氷が融けて海面が上がったこともあり、この深い谷の一部が海に沈むことで形成されていったのがフィヨルドである。>>


最初に向かったのは、ノルウェー四大フィヨルドのひとつとされ、一番北に位置する「ガイランゲルフィヨルド」、
a0148206_1749216.jpg


ガイランゲルまでは、オスロからおおよそ450km、バスで6時間以上かかっただろうか。

冬季オリッピックが開催されたリレハンメルを過ぎ、
<リレハンメルのスキー・ジャンプ台をバスより遠望>
a0148206_17493653.jpg


まもなく雪景色が開けてきた。
a0148206_17503869.jpg


雪解け水を蓄えた湖も続く。
a0148206_17511053.jpg


この辺りはかなりの高地、高度が1000mを超えていると。

後で分かったのだが、このような残雪が、フィヨルドの絶壁を流れ落ちる無数の滝の水源になっているのである。

まもなくヘヤピンカーブの連続、
一気に下り始める。
a0148206_17514370.jpg


やや暗くなり始めた頃、あれがフィヨルドだ!という感じの景色が飛び込んできた。
今夜は、あのガイランゲル村のホテルとなる。
a0148206_17522787.jpg


ここがフィヨルドの最奥地となる。

絶壁から流れ落ちる滝が無数に、
明日朝の散策が楽しみである。
a0148206_1753429.jpg


<ガイランゲル村のホテル・ベランダより>
a0148206_17534362.jpg

<続く「「ガイランゲル・フィヨルド」の神秘さに魅せられて<北欧の旅9> 」>





・・・

by seokazuo | 2013-06-03 06:46 | 旅行・海外 | Comments(0)