人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

2013年 05月 30日 ( 1 )


2013年 05月 30日

オスロは祝日、お祭り騒ぎ<北欧の旅6>

a0148206_17513092.jpg



ノルウェーの首都・オスロ入りした翌日、
この日は祝日「憲法記念日」であり、国を挙げてのお祭り日であった。

朝早くさっそく散歩に出かけた。
ホテル前の駅・地下鉄入口からは、すでに正装した人々が溢れ出てきていた。
a0148206_17521156.jpg



オスロのメインストリート「カール・ヨハン通り」では、例年盛大なパレードが行われることになっており、
先頭のプラスバンド隊のリハーサル模様のテレビ中継が、すでに始まっていた。
a0148206_17523512.jpg


a0148206_17525026.jpg


a0148206_1753688.jpg





このメイン・ストr-トの突き当りに王宮があり、
a0148206_17534277.jpg


各地から集まったパレードが最終的には、王宮前の広場に集まり、バルコニーにお出ましの国王が、手を振って国民と一緒にこの日をお祝いされるという。
まさに開かれた国王一家の一例である。


公園で見かけた子供たちの行列も、これからパレードに合流するのだと。
a0148206_17542658.jpg



時間とともに、街中は民族服で着飾った人、人、人・・・
a0148206_1755718.jpg


a0148206_17553281.jpg


a0148206_17555159.jpg




これらの民族服は、結婚式などの正装にもなるという。


この日の中心は国の宝、将来を背負うである子供達とされている。
a0148206_1756294.jpg


a0148206_17565122.jpg




家々には、国旗が上がり、
街中、いや国中がこの日を祝っている。
a0148206_17571981.jpg


午後通過した小さな村でも、家々に国旗が掲げられていた。


1814年のこの日にノルウェー憲法が制定されたという。
この時期は、明治元年が1868年であるから、まだ江戸時代後期に相当する。

その時代にはもう憲法が制定されたこと、
そして、何より憲法記念日に対する国民の意識・関心度が非常に高いことに驚かされる。

我が国では、憲法記念日と言っても、
ほとんどの国民(勿論自分を含めて)は、単に休日を楽しむだけ・・・


<続く「ムンク「叫び」は見れず・・・<北欧の旅7> 」>


by seokazuo | 2013-05-30 17:58 | 旅行・海外 | Comments(0)