人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

2013年 05月 28日 ( 1 )


2013年 05月 28日

ストックホルムは駆け足で<北欧の旅4>

シリヤラインでヘルシンキ港を昨夕17時に出航、
一晩のバルト海クルージングを満喫し、
9時半にスウェーデン首都・ストックホルムの港に着いた。

客船では大きなトランク類は貨物扱いとされるため、乗船時は必要なものだけ手荷物で持ち込んでいた。

バスに乗ってトランク類を引取りに移動。
こうやって眺めると、クルーズ船はやはり大きい。
a0148206_14155050.jpg


駆け足でストックホルム回った。
ストックホルムには、昔出張ベースで何回も訪れたことがあり、
記憶は断片的に過ぎないが・・・

市の面積の30%は運河が占めており、「北欧のヴェネツィア」といわれる美しい街である。
a0148206_14173373.jpg


a0148206_14231299.jpg


a0148206_14175511.jpg


a0148206_14181464.jpg


a0148206_141844100.jpg



セブンイレブンもしっかり進出している。
a0148206_14191945.jpg


この地でも桜が・・・
丁度満開。
a0148206_14194395.jpg


スウェーデン・・・
日本にとって特に馴染みが深いのは、何と言っても「ノーベル賞」で、
昨年、山中教授が受賞されただけに関心が高い。

その授賞式後の晩餐会が行われるのが、ストックホルム市庁舎である。
a0148206_14202731.jpg


晩餐会が行われるホール。
受賞者が向こうの階段を下りてくる。
a0148206_1420521.jpg


また料理も、トップクラスのウェーターが隊をなして、この階段を下りて運んでくるのだそうである。


郊外にある「ドロットニングホルム宮殿」まで足を延ばした。

現在は現国王カール16世グスタフが住居とされており、1991年には、ドロットニングホルム宮殿を含む王領地がユネスコの世界遺産に登録されている。

「北欧のヴェルサイユ宮殿」といわれており、
王家の住居を除いて、一般に公開されている、
a0148206_14213088.jpg


a0148206_1422011.jpg



この日、国王の在宅を示す国旗が上がっていた。
a0148206_14222625.jpg



夕方には、オスロへ向かうという、慌ただしいストックホルムであった。


<続く「4ヶ国の通貨がみな違う<北欧の旅5> 」>


by seokazuo | 2013-05-28 14:29 | 旅行・海外 | Comments(0)