人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ

2011年 07月 13日 ( 1 )


2011年 07月 13日

雷さん、どうぞお静かに・・・

東北電力の今日の”電気予報”によると、
ピーク時の供給力に対し、

最大使用電力予想は90%程度と、
まずまずの余裕である。


しかし心配のタネはほかにある。

東北電力の発電所のうち、

仙台近郊、太平洋岸にある女川原発や火力発電所は、地震・大津波での被害が大きく、、
長期的に停止中である。
すなわち、現在東北地方の太平洋岸には、電源が存在しない。

現在は日本海側、新潟、秋田に立地する火力発電所群と、中央西寄りにある水力発電からの供給に頼っている。

一方、東北地方の最大の電力の消費地は仙台市周辺に集中している。

つまり、電力は、日本海沿岸部から、長い送電線により、仙台に送られてきている。

送電線は野越え山越え・・・、
この送電線は、これから多発する雷に狙われ、かっこうの餌食になる。

一般的には、送電線に落雷しても、
即、停電にならないよう工夫はされているが、

それでも自然界には何が起こるかわからない。

厳しい条件の落雷(たとえば、2ヶ所以上に同時落雷)が発生すると、
送電線を止めざるをえないこともある。


幹線となる送電線が止まると、別ルートの送電線では支えきれず、
仙台への電力供給が急減、
仙台エリアの電力消費に供給が追い付かず、ついには停電に至ってしまう。

通常は、太平洋側に位置する女川原発や、
仙台近郊にある火力発電所群から供給されているので、

日本海側からの送電線が止まっても、大規模停電に至ることはないが、

現在の変則運用では、
落雷で、仙台エリアが、大停電になってしまうリスクは残る。

節電さえすれば、何とかなる・・・
量の問題だけに注目されているが、

大停電の恐れが潜んでいるのも事実である。


後は神頼み、

雷さん、どうぞお静かに・・・

by seokazuo | 2011-07-13 09:31 | 社会 | Comments(2)