人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 12日

サクラが主役ではない?花見山<東北のサクラ(2)>

福島の桃源郷「花見山」、こちらもほとんど毎年のように通っている。
昨年は4月2日に行っているので、今年は10日遅れである。昨年は少し早すぎたが、一番いいタイミングだったようである。
a0148206_20310383.jpg
ウィークデーにもかかわらず、人出も多かった。カメラマンにとってはこの時期、嬉しいスポットである。
a0148206_20340436.jpg
a0148206_08530775.jpg

数種類のサクラ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモ、菜の花などの花々がいっせいに咲き競っている。

a0148206_20363968.jpg
a0148206_20364666.jpg
花見山公園は開園60周年を迎えたそうだ。
a0148206_20372719.jpg
花木生産農家の方が長い年月をかけて花を植えたのが始まりで、 自然の花の美しさを一人で見るのはもったいないと、所有者が公園として市民に無料開放している。

周りには花木生産農家が集落しており、色とりどりの花木畑が里の原風景を織りなしている。
a0148206_08574745.jpg



とにかくどこを歩いても美しい。
a0148206_20404004.jpg

a0148206_20405356.jpg
a0148206_20405951.jpg
昨日こちらも雪だったようである。雪と花びらのコラボもいい。
a0148206_20410254.jpg
a0148206_20434523.jpg
少し登っていくと、福島市街の向こうには、雪を被った吾妻連峰が遠望される。
a0148206_20451895.jpg
a0148206_20534997.jpg
吾妻小富士!標高1,707m。吾妻連峰のひとつ
a0148206_20452589.jpg
こういうルートを登って来るのだから、楽しくないわけがない。
a0148206_20480639.jpg

下に降りて振り返る。
a0148206_20494856.jpg
降りてから吾妻小富士をもう一度。
a0148206_20585734.jpg

よく考えてみると、ここに来てサクラにまともにカメラを向けた記憶がない。
花見山では、サクラは単なる引き立て役かも知れない。

でも、間違いなくサクラは満開であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~











by seokazuo | 2019-04-12 20:59 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)


<< 早過ぎた「三春滝桜」<東北のサ...      平成最後の雪、また! >>