日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 03日

豊洲市場はまだまだ

東京に新しいスポットが誕生すると、割と早く行ってみたくなるものだ。

豊洲市場・・・開場まですったもんだしたが、ようやくスタートした。

とにかく行ってみるか。
東京駅に降り立って、さてどのルートで行くか?

新橋駅から「ゆりかもめ」で行くのが一般的である。
終点「豊洲」の2つ手前「市場駅」で降りると、そこは豊洲市場である。
(赤字の「当駅」は隣の駅)
a0148206_10370962.jpg
帰りは「ゆりかもめ」を利用することにして、行きは都バスを利用した。
都バスで豊洲まで行き、そこから歩いてみることに。

都バスで移動すると、いつも(地下鉄が多い)目にすることのない東京の風景が楽しめるのが良い。

豊洲から「ゆりかもめ」の線路沿いに、2駅歩く。
市場が見えてきた。
a0148206_10434794.jpg
a0148206_10444300.jpg
3つのブロックに分かれている。
a0148206_10451794.jpg
左下部「水産卸市場棟」、見学コースは完全に仕切られており、セリも終わり市場らしい動きはほとんど目にできなかった。
見学者で賑わっていたのは、寿司屋が並ぶコーナー。
a0148206_10501048.jpg
どの寿司屋も行列、昼時だったが並んでまで食べることはない。
寿司屋はどこもこじんまりした店。
a0148206_10501606.jpg
「水産仲卸棟」も時間が遅かったせいもあり、作業は終わっていた。
横丁もほとんどシャッターが下りていた。
a0148206_10532796.jpg
a0148206_10560409.jpg
ここに着いたのはお昼前だから、ある程度は覚悟していたが、市場の活気はまったく感じられなかった。

たとえ早朝に行ったにしても、見学コースは隔離され、ガラス越しに遠くから見るわけだから、築地時代のあの臨場感とは程遠いだろう。

この日も多くの見学者が来ていたが、がっかりして帰っていったことだろう。

帰りは「ゆりかもめ」で新橋へ。
a0148206_11030697.jpg
豊洲市場の広がり(左半分)が見える。手前の森が公園だろう。
a0148206_11040858.jpg
レインボーブリッジを通過。
a0148206_11055903.jpg
a0148206_11061139.jpg
新橋駅周りでブラブラ。トイレを探したらあった。が、「チップ制!」

欧米では一般的だが、いよいよ日本もか?
気持ちだけ入れて利用してみたが、特別さは何もなく普通のトイレ。
a0148206_11103510.jpg

次はどこに?特別なあてもなかったが、久しぶりに六本木へ。
これもとっさの思いつきである。
また都バスで。

バスを降りて、さて「六本木ヒルズ」、「六本木ミッドタウン」どちらにするか・・・
結局後者にした。
a0148206_11144136.jpg
もうクリスマスムード。
a0148206_11152330.jpg
a0148206_11153781.jpg
庭を歩いてみた。
a0148206_11180816.jpg
ライトアップのエリア。
a0148206_11185680.jpg
自由に使えるこういうエリアがあるのはいい。
a0148206_11190808.jpg
せっかくだから、ライトアップまで待ってみるか。
いつもならビールとくるところだが、ワインバーにした。

始まった。
a0148206_11224780.jpg
a0148206_11231351.jpg
a0148206_11233394.jpg
a0148206_11235315.jpg
しばらく楽しんで、帰途に。
中央のビルが「六本木ヒルズ」
a0148206_11245225.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

by seokazuo | 2018-12-03 21:10 | 旅行・国内 | Comments(0)


<< 東京駅から皇居に向かうベトナム...      香港・マカオの旅(12)余談ー最終章 >>