日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 15日

香港・マカオの旅(2)初めてのマカオ-カジノ編

香港での初日はマカオ観光である。
マカオは香港の西、約70kmに位置し、香港より高速フェリーで1時間ほどで結ばれている。

なお先月10月24日に、香港~マカオ間に「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」が開通している。全長55kmからなる世界最長の海上橋である
a0148206_19432558.jpg
香港からマカオに行くにはパスポートが必要で、香港で出国審査、乗船そしてマカオ入国審査となる。
高速フェリーは米ボーイング社製ターボジェットで、定員が400名あまりで全席指定席。15分-30分間隔で24時間運航されている。
座席もゆったりしており、この便もほぼ満席だった。
a0148206_20054569.jpg
a0148206_20060081.jpg
マカオと言えばカジノ、勿論最初の向かったのが「ヴェネチアンホテル」、駐車場には何十台ものバスが。
a0148206_20200733.jpg
入るとすぐにカジノのメインホールが。あまりの広さに唖然。
百ヶ所では効かないだろう?いろんなタイプのプレーイングテーブルが並び、まだ午前中だったが、すごい人混みであった。
当然のことだろうが撮影禁止。
a0148206_20202886.jpg
カジノは、モナコそしてラスベガスでも見学したが、規模的にはここマカオが世界一?のようだ。

2階に上がると、ショッピングアーケードが続く。
このエリアは撮影OK。エスカレーターで上がってきたが、振り返ると、カジノの様子がちょっと見えるので、こっそり?
a0148206_20205182.jpg
a0148206_20205809.jpg
ショッピング街も我々とは別世界。
a0148206_08014902.jpg
a0148206_20324931.jpg
ヴェニスを再現、このホテルの売りのようだ。
空も人工。
ゴンドラも。
a0148206_20325548.jpg
a0148206_20330218.jpg
このホテルに宿泊する客は、ほとんどカジノが目的のようで、カジノは22時頃から朝4時までがもっとも賑わっていると。
高額な部屋は単なる荷物置き場になっているわけである。

マカオのホテルは、ただの宿泊施設ではない。たとえばこのヴェネチアンホテルは、東京ドーム約20個分の敷地内に3千の客室、330以上のショップとレストランがあり世界最大級とされる。ショーやアトラクションも充実し、この規模の施設が、東京都世田谷区の半分ほどの土地に十数軒も立ち並んでいるそうである。

こういうカジノがマカオ中に40ヵ所以上あるとのことである。
その中でもスタンレー氏が所有するカジノが30数か所とか。
スタンレー氏の資産は計り知れないが、それでも香港の富豪リストのベストテンには入らないとか。

カジノからの税金や上納金?で、マカオの財政は裕福で、税金はかからず教育、病院などは勿論無料で、国民への現金支給も毎年あるそうである。

マカオの市街・・・
a0148206_20491586.jpg
a0148206_20491935.jpg
マカオの観光スポットのひとつ、マカオタワーに上がった。
a0148206_20513375.jpg
高さ338メートルで東京タワーのほぼ同じ。
a0148206_20523299.jpg
a0148206_20522821.jpg
対岸は中国である。相変わらず建設ラッシュが続いているようである。
これから訪れる世界遺産が数多くある旧市街が。
a0148206_20523615.jpg
このタワーの売りは、223メートルからダイブするバンジージャンプで、ギネスブックにも登録されているそうである。
現場を目撃したが、6万円も払って、なんであんなことを!!!
a0148206_20524688.jpg
ほかに「スカイウォーク・X」と呼ばれるツアーが目の前で。こういうところを歩くのも、3万円ぐらいは払っているはず。
a0148206_20525354.jpg


市内でふと見かけたスタンド。まもなくモータースポーツの祭典、マカオグランプリが開催されるとのこと。
a0148206_20592514.jpg
この後、旧市街に移動し、世界遺産巡りとなる。



<次章>
















[PR]

by seokazuo | 2018-11-15 21:26 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< 香港・マカオの旅(3)初めての...      香港・マカオの旅(1)仙台から香港へ >>