日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 14日

久しぶりの日光東照宮

東京に行くときは、新幹線で往復するが、たまには寄り道してみるか、そうだ!日光に寄ってみようとの思い付きであった。
日光と言えば当然東照宮である。
a0148206_09154732.jpg
a0148206_09161721.jpg
五重塔:若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納されたとか。
a0148206_09165087.jpg
神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる):猿は馬を守る動物とされたらしい。
欄間には8個の神猿彫刻が飾られており、中でも「見ざる言わざる聞かざる」の三猿が有名。転じて「自分に不都合なことは見ない、言わない、聞かない方がいい」という教え。
a0148206_09191404.jpg
a0148206_09261002.jpg
陽明門:日本を代表する最も美しい門とされる。故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされているという。
a0148206_09264595.jpg

a0148206_09265217.jpg

a0148206_09310546.jpg

a0148206_09310926.jpg
陽明門の天井・・・
a0148206_09523830.jpg

回廊:陽明門の左右に延びる建物で、外壁には花鳥の彫刻が飾られている。いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされている。
a0148206_09333874.jpg
御本社:例祭をはじめ、年中の祭典が斎行される東照宮の最も重要なところ。本殿・石の間・拝殿からなる。現在改修中だが、内部(撮影禁止)は見学できた。
a0148206_09385552.jpg
眠り猫:左甚五郎作と伝えられている。牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから「日光」に因んで彫られたとも言われている。
a0148206_09412498.jpg
a0148206_09412817.jpg
この眠り猫の裏側にはスズメが彫られている。裏でスズメが舞っていても「猫も寝るほどの平和」、これは平和のシンボルとされている。
a0148206_09413327.jpg
これより奥宮に通じる。
石段が200段以上も続き、老体?にはかなり堪えた。
a0148206_09501584.jpg

奥宮:拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる徳川家康のお墓所。
a0148206_09501849.jpg
a0148206_09502427.jpg
a0148206_09474754.jpg
鳴き竜:薬師堂の天井に描かれた竜が鳴く・・・実際に拍子木で叩くと、竜の頭の位置でのみ「ブルブル・・・」と鳴り響いた。
内部は撮影禁止。
a0148206_10032951.jpg
二荒山神社まで足を延ばした。
a0148206_10121066.jpg

二荒山神社を下っていくと、二荒山神社の建造物とされる赤い橋がある。神橋である。もっぱら神事・将軍社参・勅使などが参向のときのみ使用されたとされる。今は一般公開(通行は有料)されている。
a0148206_10171325.jpg
ランチは何にしよう?
至る所に看板がならぶ「湯葉そば」に。
a0148206_10273532.jpg
日光からは東武電車で浅草へ。ガラガラで車両を独占。
a0148206_10282920.jpg
a0148206_10283749.jpg
浅草に着いたら、せっかくだからと浅草寺へ。
a0148206_10285700.jpg
a0148206_10395826.jpg
a0148206_10284681.jpg
スカイツリーも。
a0148206_10290335.jpg
望遠で引き寄せると・・・
a0148206_10290711.jpg
寄り道してころ合いの時間になった。
夕食に間に合うよう、いつもの次男の住む世田谷へと向かった。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

by seokazuo | 2018-09-14 22:32 | 旅行・国内 | Comments(0)


<< 孫がドラムをやっている      SL銀河に乗る >>