日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 27日

蔵王エコーラインが今日開通

蔵王エコーラインは、蔵王連峰を東西に横断し、宮城県と山形県をつなぐ山岳観光道路である。
宮城県道、山形県道12号線(65km)の一部区間(26km)である。

豪雪地帯に位置するため、11月初旬から翌年4月下旬まで、ほぼ半年間は冬季閉鎖される。
春の冬季閉鎖解除直後は道路横に車高を超える雪の壁がそびえ、「雪の回廊」となる。

本日4月27日、開通した。
さっそく「雪の回廊」を見に行くか・・・
今日はあいにく曇り日和だったが、明日から連休に入るため混雑が予想されるので、敢えて今日決行。

蔵王エコーラインは、蔵王刈田岳(1,758m)のほぼ頂上場近く(約1,600m)を越えて山形県に入る。

a0148206_21434928.jpg
M
今年は例年より雪が少なかったようで、雪の回廊も平年より2m程度低いという。
a0148206_21423112.jpg
a0148206_21432309.jpg



もっと高いところもあったが、車を止めるところがなく、撮ることができなかったのが残念。

刈田岳の頂上まで車で登れる。
a0148206_14434558.jpg

刈田岳頂上から見下ろすと、蔵王観光のハイライト「御釜」が。
火口の底に水が溜まってできた火口湖である
a0148206_21431144.jpg
a0148206_21553344.jpg
御釜の湖水は、火山活動によって度々沸騰しているらしいが、まだ一部凍っていた。
水は常に淡い緑色に濁り、その色調は季節によって様々である。水質は酸性で、生物は一切生息していない。

今日仙台市は20度を超えたが、刈田岳頂上は3度!しかも風が強く、体感温度はおそらくマイナスだったと思う。とにかく寒かった。
念のためにと持参したセーター、コートが大いに役立ったのは言うまでもない。
a0148206_21430381.jpg
刈田岳(1,758m)まで一気に登ってくれた我が愛車、ご苦労様でした!
a0148206_21431542.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

by seokazuo | 2018-04-27 22:15 | 日帰り圏 | Comments(0)


<< 長い下り坂ではエンジンブレーキ多用      咲いた!カタクリの花がひとつ >>