人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 06日

大切に保管していた高級ブランデー「ヘネシーXO」

日ごろブランデーを飲むことはめったにない。
ふと思い出して、棚の奥から大切に保管?していた、と言うより忘れ去っていたというべきブランデー「コニャック ヘネシー XO」を引っ張り出した。
a0148206_20122780.jpg

おそらく買ってから30年ぐらい、いやそれ以上経っているかも知れない、
海外出張真っ盛りの頃、免税店でよく買ってきたものだが、貧乏性だから、こういう高級品はすぐに飲むのはもったいないということで、
棚の奥深くに仕舞っておいたのはいいが、そのまま忘れ去ってしまうことに。
まだ何本も残っている(笑)

いざ蓋を開けようとしても、コルク栓が劣化し、ボロボロに。
蓋がポロリと取れてしまった。
a0148206_20122705.jpg
残ったコルクを掻き出すわけだが、当然コルクの小片や粉がボトルの中に落ちてしまうことに。
そのままでは、とても飲めないので、たまたま空いていた「デキャンダ・クリスタル・ボトル」に移し替えた。
移し替えるに際し、コーヒーフィルターでコルクの小片、粉を濾した。
a0148206_20122795.jpg
空けたボトルには一部のコルクの小片が残ったまま。
a0148206_20122796.jpg

さっそく今夜の食前酒に。
ウイスキーとかブランデーのように、アルコール度数の強い酒は、10年、20年あるいはそれ以上保管しても、品質が変わることはないとされる。

さすがに口当たりが格別、味は全く変わらない。

a0148206_20122721.jpg
このブランデーは、免税品店で1万円ぐらいだったと思う。
当時は市価で3~4万円かそれ以上はしたのではなかろうか。

いま、洋酒は税金がぐんと下がり、日本でも当時の免税価格よりも安く買えることも多い。
この「ヘネシーXO」は、いまはいくらぐらいするのだろうか?

調べてみたら、アマゾンで「¥18,000」
どうやら元は取れているようである(笑)

<追記>ブランデーとコニャックの違い:
コニャック は、フランスコニャック周辺で産出されるブランデーであり、アルマニャックとともに高級ブランデーとされる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


by seokazuo | 2016-07-06 20:58 | グルメ・飲食 | Comments(0)


<< この時期にすき焼き?      いまはホヤが美味しい季節だが・・・ >>