人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 01日

いまはホヤが美味しい季節だが・・・

宮城の夏、とくに6月~8月はホヤが一番美味しい季節とされる。
スーパーの魚介類コーナーには、朝獲りのホヤが、山になって並んでいる。
a0148206_21320435.jpg
a0148206_21320482.jpg

ホヤといっても、東北以外では馴染みがない。
ホヤは厚い赤色の皮で覆われ、多数のイボがあるグロテスクな格好をしている。

これを2つに割って皮を剥ぎ、内側の黒い内臓などを取り除き、生で食べる。
妻はこのようなグロテスクなものは、一切食べないが、仙台に来てから料理教室で習ったとかで、上手にさばいてくれる。
a0148206_21320470.jpg
今日、久しぶりに買って見た。
いろんな食べ方があるが、今夜はポン酢で食べた。
きゅうりを添えて食べるのが一般的である。
a0148206_21320472.jpg
ホヤは日本酒、とくに冷酒が合う。

ホヤは独特の風味がするので、初めて口にすると、思わずこれなに!!!???

新鮮なホヤを初めて食べた8割の人は、ホヤが好きになると言われているが、
鮮度が落ちてくると独特の匂いが出てくるため、
そういうのを初めて口にした人は、まず受け付けないだろう。


食感や味は、ナマコ?貝?・・・???
残念ながら食べた人にしかわからない(笑)

生牡蠣の季節が終わったら、まもなくホヤの季節が、
ホヤが終わった頃に、牡蠣のシーズンが始まることになる。

宮城県はホヤの生産量が日本一である。
あの大震災で、養殖設備が全滅したが、ようやく生産量が震災前と同規模まで回復してきた。
3年ものが一番おいしく商品価値があるとされる。

ところが・・・かって県産ホヤの8割は韓国に輸出されていた。
日本の基準では全く問題がないことが証明されているが、いまだに韓国政府の輸入規制が続いており、出荷できない。

国内でも食習慣が一般的でないので、販路を広げるのも難しいため、廃棄処分が決定したとのニュースが流れている。
生産者にとってはやりきれないことだろう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~














by seokazuo | 2016-07-01 22:16 | グルメ・飲食 | Comments(0)


<< 大切に保管していた高級ブランデ...      孫がエスコートキッズに選ばれて... >>