人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 07日

あれから6ヶ月

妻が動脈瘤の手術をしたのが昨年9月、合併症的症状もあり、予定より長く1ヶ月の入院となった。
退院して半年、昨日6ヶ月検査の日であった。

結果に異常は認められず、ほっとした。
手術に4時間もかかった動脈周りは完治しているとの説明。

合併症と考えられたのが、肺動脈に血栓(小さな血液の塊)が詰まりそうになったことである。
血栓を溶かす薬で、ほぼ症状は消えたので退院したが、再発の可能性が残っていた。

血栓の発生源は、足のふくらはき部と考えられた。
一時騒がれた「エコノミー症候群」と全く同じ現象である。

退院後も、血液をサラサラにする薬を飲み続けてきた。

今回の検査で、肺動脈は綺麗で全く問題はなかったが、ふくらはぎ部には、まだいくらか血栓が残っていることがわかった。
念のため、薬はこれからも飲み続けることになった。

次の検査は1年後。
日頃の投薬調整は近くのかかりつけ医が担当しているが、大病院とかかりつけ医の連携はうまくいっているので、
安心して任せられるのはありがたい。

この半年、旅行は自重していたが、医者のお墨付きが得られたので、また元のリズムに戻れそうである。



病院を出ると、道路の反対側に建つ東北大病院の桜もかなり咲いていた。
a0148206_10004477.jpg

我が家にも何となく、本当の春がやってきたような気分だ。








===========================================



by seokazuo | 2016-04-07 10:16 | 生活・日常 | Comments(0)


<< 我がゴルフシーズンが始まった      電力自由化とはいうものの・・・ >>