日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 10日

仙台市街にも紅葉が降りてきた

昨日の散歩便り・・・

仙台市は第二次世界大戦の仙台空襲で壊滅した市街に、戦災復興計画の一環として幅広い道路が整備されている。

その代表が、仙台駅より西に延びる「青葉通り」であり、
並行してその北約500mに「広瀬通」が、
さらに500mにイルミネーションなど祭りで有名な「定禅寺通り」が走っている。

a0148206_191996.png


いまや街中にも紅葉が降りてきている。

「青葉通り」はケヤキ並木であるが、この下を現在地下鉄工事中で、一部区間のケヤキは、移設されている。
このまま真っ直ぐに進むと、まもなく仙台駅に突き当たり、
反対方向に進むと、青葉城址に通じる。
a0148206_195561.jpg


ビルとの調和も良い。
a0148206_1953277.jpg


一方、「広瀬通」は、銀杏並木である。
a0148206_1910882.jpg


ケヤキ並木で有名なのが「定禅寺通り」である。
葉っぱが全部落ちるのを待って、イルミネーションの準備が始まる。
a0148206_19131524.jpg


中央は遊歩道になっており、最高の散策が楽しめる。
a0148206_19141796.jpg


ここでも落ち葉清掃が忙しい。
a0148206_19214944.jpg


仙台を代表するこの3つの大通りを歩くだけで、十分紅葉が楽しめる。

そして、こうして紅葉を眺めながらのランチも格別である。
a0148206_1919461.jpg








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by seokazuo | 2015-11-10 19:23 | 季節・景色 | Comments(0)


<< 今年もやはり吊り下げた      落ち葉はまだまだ・・・ >>