日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 02日

イギリスの旅(24) ロンドン8 車のナンバープレート

前編:イギリスの旅(23) ロンドン7 広い公園がいっぱい

街を歩いていた時、妻が言う、
「車のナンバープレートに、白と黄色があるけど、イギリスにも軽があるのかな?」

軽なんてまさかと思ったが、確かに、白と黄色がある。
手前のロンドン名物タクシー、ブラック・キャブは白、向こうの小型車は黄色、
a0148206_1732123.jpg


だけどバスも黄色、
a0148206_17375652.jpg


どうも大きさの違いではなさそうだし、日本のような自家用(白)と運送業(緑)の区別でもなさそうだし・・・

妻が聞いてきた。まことに単純明快である。
「前が白地に黒の文字、後が黄色地に黒の文字」

そういう目で見れば確かにそうだ。
前から見れば白、
a0148206_1745327.jpg


すぎ去っていく車を見れば、みんな黄色!
a0148206_17452897.jpg



後でわかったが、ナンバープレートの文字列の意味は次のようであった。
a0148206_17483344.jpg


左側から、
・青色はEUを示し、「GB」はイギリス
・GYはエリアコードで、登録地域。ロンドンはLで始まるので、このプリウスはロンドンではない。
・10はナンバープレートの発行年月。3月と9月の年2回に発行。前期となる3月は、西暦の下2桁、そして後期は西暦にプラス50。この車は2010年3月ということ。
・最後に3桁はアルファベット・数字のコンビネーションのRandom letters。

たまたま通りかかった時見かけたすごそうな車!
車も然ることながら、どうしてもナンバープレートに目がいってしまう。
a0148206_17593095.jpg


a0148206_17595978.jpg


これはイギリスの車ではない。
ドバイという文字が読み取れる。

ドバイの金持ちの息子が、ロンドンに遊びに来た?

帰国後分かったのだが、この車ブガッティは、フォルクスワーゲングループによって設立されたブガッティブランド初の市販車であり、2005年から発売され同グループのフラグシップという。

最高出力:1000馬力以上
最高速度:400km/h以上
そして、販売価格は何と、1億7千万円というとんでもないスーパーカーである。

そして、日本では数台しかなく、あのビートたけしが所有しているとか・・・


平民にはこれ以上、話の続けようがない(^O^)


次編:イギリスの旅(25) 最終章 本場のガーデニング
[PR]

by seokazuo | 2015-08-02 18:14 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< イギリスの旅(25) 最終章 ...      イギリスの旅(23) ロンドン... >>