人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 31日

イギリスの旅(23) ロンドン7 広い公園がいっぱい

前編:イギリスの旅(22) ロンドン6 ピカデリー・サーカス界隈


ロンドンには広い公園が溢れている。
今回、そのうちの3つの公園を歩いた。

ロンドンの北西部にある王立公園「リージェント・パーク」の中にある円形の「クイーン・メアリー・ローズ・ガーデン」。

ロンドンの公園は、夜はゲートが閉まる。
a0148206_15463875.jpg


a0148206_15471236.jpg


リージェント・パークは、かつてヘンリー8世の狩猟の場だったところで、現在は敷地の中に、ローズ・ガーデンのほか、ロンドン動物園、人工池、野外劇場などがある。

公園の一角が、ロンドンで最も大きいローズガーデンであるクイーン・メアリー・ローズ・ガーデン。
バラは5月末頃から6月頃まで咲き誇り、その数6万本とも言われているが、残念ながら今回は時期が遅く、最盛期は過ぎていた。
a0148206_15515868.jpg


a0148206_15473561.jpg


a0148206_18591067.jpg


a0148206_1548074.jpg


a0148206_1548251.jpg



「セント・ジェームズ・パーク」はピカデリー・サーカスから歩いてわずか10分ほど、あの喧騒が嘘のように思える場所にある。通りがかりに入ってみた。
ハイド・パークやリージェント・パークのように広くはない。

芝生の上に人、人、人・・・
輪になって食べながら飲みながら談笑する人、フリスビーする人、本を読んでる人、ただ寝転んでる人・・・
みんなで日光浴を楽しんでいる。
a0148206_15592563.jpg


この日は快晴で結構暑い日だった。こういう日には、日本なら女性は日傘が必需品となるが、ロンドンでは日傘をさす人はまずいない。
これだけ天気が良い日は、ロンドンでは非常に貴重で、絶好の日光浴ということになる。
ロンドン人は天気が良いと、公園で日を浴びるのが当たり前のようである。


「ケンジントン・ガーデンズ 」 はロンドンのハイド・パーク西方に存在する王立公園で、地図で見ても1km四方ぐらいある。
夕食後出かけたので、ゲートから入ったのは、もう20時近かったが、まだ明るくたくさんの人達が、勝手に動いていた。
しばらく歩くと、正面にケンジントン宮殿が見えてきた。
a0148206_18224376.jpg
a0148206_20060840.jpg


a0148206_18231716.jpg


このケンジントン宮殿が、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の住居であった。
離婚後もダイアナ妃の公の居住地であったそうである。
a0148206_21402869.jpg


宮殿のサンクン・ガーデン。
a0148206_18403114.jpg


a0148206_21392051.jpg
a0148206_20012653.jpg



この時間になっても、まだダンスを楽しんでいるグループ、まだまだ日は長い。
a0148206_18421179.jpg


反対側のガーデン出口(こちらが正門かもしれない)にはレンタル・サイクルが。
a0148206_20032271.jpg



いまロンドンでは、住民も観光客も、レンタル・サイクルをよく利用しているそうである。
理由は、バスの渋滞、地下鉄の高い料金、よく遅れる交通サービスをさける、
そして何よりも健康のため?


次編:イギリスの旅(24) ロンドン8 車のナンバープレート


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


by seokazuo | 2015-07-31 19:00 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< イギリスの旅(24) ロンドン...      イギリスの旅(22) ロンドン... >>