人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 29日

イギリスの旅(19) ロンドン3 ウェストミンスター駅付近

前編:イギリスの旅(18) ロンドン2 テムズ河クルーズ


ビッグ・ベンは、ウェストミンスター宮殿の一部である。
現在、ウェストミンスター宮殿は、イギリスの国会議事堂として、激論が繰り広げられている場所である。
a0148206_15565612.jpg


a0148206_15571918.jpg


全景は前日対岸から撮影。
a0148206_1632135.jpg


1529年に大火災が発生するまでは、王室の宮殿として使われていたそうである。

親しみやすい「ビッグ・ベン」という名前は、実は正式名称ではなくニックネームで、
正式名称はエリザベス2世の在位60周年を記念して「エリザベス・タワー」となっている。

全長約265mの建物の中には、1100以上の部屋があるとか。

さすがに建物が古いため、使いにくいとのクレームも出ているようであるが、国会を止めるわけにもいかず、
立て直すなどの計画は具体化しそうもないそうである。

すぐ近くに建つウェストミンスター寺院では、歴代の英国国王や女王の戴冠式や結婚式、葬儀が行われてきた。
ウイリアム王子とキャサリン妃の結婚式が行われたのが記憶に残る。
a0148206_1648697.jpg


近くの公園に建つ銅像は、一目見ただけでだれもがすぐわかるだろう。
チャーチル元首相である。
何となく国のいく末を案じているかのようである。
a0148206_16174644.jpg


a0148206_1621040.jpg


この日はロンドンでは珍しいというかなり暑い日であった。
国会議事堂脇のテムズ河畔のベンチで一休みした。木陰で川風が心地よかった。
a0148206_1624454.jpg



ウェストミンスターから地下鉄で2駅、次はセント・ポール大聖堂へ。
a0148206_16271497.jpg


セント・ポール大聖堂もロンドン大火で消失したが、35年もの歳月かけて復元されたものである。
ここを世界的に有名にしたのは、1981年にチャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚式を挙げたからであるとされる。
a0148206_1635245.jpg


a0148206_1636167.jpg


中に入ると、ちょうどミサが行われていた。
しばらく座って聞いたが、厳かな気分にさせられたのは言うまでもない。

次編:イギリスの旅(20) ロンドン4 観光は地下鉄利用で



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by seokazuo | 2015-07-29 16:52 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< イギリスの旅(20) ロンドン...      イギリスの旅(18) ロンドン... >>