日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 12日

イギリスの旅(4) 湖水地方1

前編:イギリスの旅(3) グラスゴー


渓谷沿いに大小さまざまな湖と緑の丘陵が広がる風光明美な地域で、リゾート地・保養地としても知られているのが、イングランド北西部に広がる湖水地方である。
a0148206_11592676.jpg


a0148206_1554962.jpg


グラスゴーより南へ220km、バスで4時間、農地や牧場が広がる丘陵地帯を走り抜ける。
途中雨が降り出した。

今日はお天気はダメか・・・

ところが、最初の訪問地、ウインダミア湖畔に到着する頃には、カラリと晴れ上がった。
まさに、ラッキーである(^O^)

ここから湖上クルージングとなるが、船の時間までしばらく散策することに。
a0148206_1436314.jpg


ランチしながら、人の流れを楽しんだ。
a0148206_14363349.jpg


相変わらず花で飾り立てた店や民家が多い。
a0148206_1438530.jpg


この地で取れるスレート(粘板岩というらしい)で、ほとんどの家や石壁が造られていた。
a0148206_14432698.jpg


待つ時間も、結構楽しい。
a0148206_1512851.jpg


イングランド最大の湖ウィンダミア湖、全長17km。
約1時間のレイククルーズは、さわやかな風を受け心地よかった。
a0148206_1445152.jpg


a0148206_14452870.jpg


a0148206_14454282.jpg


船を降りると、連絡している蒸気機関車の列車の旅である。
この鉄道は、SL保存鉄道「ハバースウェイト鉄道」である。
勿論ほとんどの客は観光客であろう。

自転車のスピードぐらい?で、のどかに走ってくれるので、周りの景色を十分に堪能できた。
車窓には、湖から流れ出る川が見えた。
a0148206_14482938.jpg


イングランドの典型的な村?
a0148206_14495498.jpg


やがて終点。
自分たちの乗ってきた列車を、初めてじっくり観察できた。
まもなく折り返して戻っていった。

a0148206_1453482.jpg


a0148206_14533730.jpg


a0148206_14541249.jpg


終着駅ハバースウェイト。
a0148206_14544864.jpg



イングランドのカントリーサイドを堪能するに十分な一日であった。


次編:イギリスの旅(5) 湖水地方2

[PR]

by seokazuo | 2015-07-12 16:03 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< イギリスの旅(5) 湖水地方2      イギリスの旅(3) グラスゴー >>