人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 06日

増上寺から東京タワーを望む

昔は東京タワーは、都区内どこからでも見えたが、
いまはビル街を歩いていると、なかなか見えない。

虎ノ門ヒルズからたまたま見えたので、
a0148206_10583383.jpg

”そうだ、増上寺に行けば、見えるはずだ”と、そちらに足を向けた。

途中、トンネルを抜けた。
通りがかった人に、”この上は何があるのですか?”と聞いてみたら、”愛宕山です”と。

高層マンションが立ち並び、昔の愛宕山の面影は全くない。


増上寺でカメラを構えると、必ずと言っていいほど東京タワーが入る。
a0148206_10594057.jpg


a0148206_1101030.jpg


a0148206_1103273.jpg


増上寺は浄土宗の七大本山の一つとされるが、
もともとは徳川家の菩提樹でであり、六人の将軍の墓所がもうけられている。


大殿(本堂)には、ご本尊阿弥陀如来が御座。
a0148206_11105.jpg


a0148206_1113089.jpg


大殿から浜松町側を・・・
a0148206_1115644.jpg


向こうに見えるのが、三門で増上寺の中門にあたり、正式名称を三解脱門と呼ぶのだそうである。
a0148206_1125352.jpg


三解脱門とは三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門であるとの説明あり。


実は、表門は三門から浜松町駅方面に少し歩いたところにあり、大門と呼ばれる。
a0148206_1132739.jpg


この界隈の地名の由来になっている門とされている。


思いつくまま、こうやって歩くには不自由しない、
それが東京の魅力である。

by seokazuo | 2014-07-06 20:56 | 旅行・国内 | Comments(0)


<< 井の頭公園から、住んでみたい街...      虎ノ門ヒルズへ >>