人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 08日

ブラジルを思い出す・・・

後5日で、ワールドカップが始まる。

開催国ブラジルは、地球のほぼ反対側に位置しており、
日本とは時差的に昼と夜がほぼ逆、気候もちょうど反対で、これから冬を迎える。

ブラジルには出張で3回訪問したことがある。
米国西海岸のロスアンジェルスまで行っても、まだ半分、
長い長いフライトとなる。

訪問したのは、リオ・デ・ジャネイロである。
コパカバーナ、イパネマなどの世界的に有名な美しい海岸を有し、
2月の中旬から下旬に開催されるカーニバルが特に有名である。

1960年にブラジリアが新しい首都として生まれるまではブラジルの首都であった。

ラテン人特有というか、どこを歩いても陽気さが漂う、そんな印象の街であった。

ワールドカップを前に、いまブラジルではデモや暴動が発生しており、
また治安が問題であると、日本のマスコミも、毎日のように報道している。

当時も、夜の一人歩きは止めるようにと、現地駐在員からは注意を受けており、
治安の問題は今に始まったことではない。

子供のかっぱらいが多いとか、
タクシーで料金を支払おうとしたら、窓から手が伸びてきて、財布を持って行かれた、

など、それほど深刻な事例は聞かされなかったような気がする。

今はより深刻なように報道されているので、
日本からの応援団も、観光気分というわけには行くまい。


食べ物はまあまあだったと思う。
当時、日本ではまだビーフステーキをそれほど食べられる時代ではなかったこともあり、

最初の訪問時、初めて食べたTボーン・ステーキに感激したことは忘れられない。


もう昔のことであり、記憶も薄れてきたが、
連日のワールド・カップ開催前の報道を聞くに付け、

懐かしく思い出している。


日本チームの活躍を期待している。

by seokazuo | 2014-06-08 18:27 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< 愛用のバッグ      雨が降るのはありがたい・・・ >>