日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 03日

電車で4度乗り換え・・・

東京での滞在は世田谷区・用賀にある次男宅。

次男宅から母の七回忌を行った横浜市鶴見区にある「総持寺」へ移動するに際し、
車の定員は”5人”なので、どうしても1人があぶれる。

行きは鉄道好きの中学生の上の孫が電車で行った。

帰りは自分で手を挙げ、電車にした。

JR京浜東北線「鶴見」から東急田園都市線「用賀」までである。

孫が行くときに、乗り換えは「二子玉川」とか「蒲田」とか言っていたような気がする。
後で分かったが、これが聞き違いだったようだ。


取り敢えずJRで「鶴見」から「蒲田」まで移動。
ここから東急に乗り換えようと、改札で路線図を眺めた。

<東急路線図>
http://www.tokyu.co.jp/railway/menu/station.html

「蒲田」は路線図の下の左より、
「用賀」は上段緑田園都市線の中央より右寄り、

「用賀」まで行くにはどう乗り継げばいいのか?

駅員に聞くのも癪である。

結局、エイヤーと下記ルートを選択した。

「蒲田」<東急多摩川線>「多摩川」<東横線>「自由が丘」<大井町線>「二子玉川」<田園都市線>「用賀」

結局計4回の乗り換えたことになり、1時間近くかかった。

次男宅に着いた時には、先に帰り着いた車移動組が待ちくたびれていた。

「どうしたの?」


正解は
「鶴見」<京浜東北線>「川崎」<南武線>「溝の口」<東急田園都市線>「用賀」
2回乗り換えで済むルートだったようだ。


結果的には、中途半端な思い込みで「蒲田」に行ったのが間違いであった。

「蒲田」からは行き当たりばったりの行動だったが、

いろんなルートが選べること、
乗り換えが多くとも、電車本数が多いので、無駄な時間が少なくて済むこと、

など、やはり東京地区の電車網の充実ぶりには感心する。

それと、これだけ電車を楽しませてもらっても、たったの”¥360”(勿論”Suica Card”支払い)、とくに私鉄は安い!



ネット上で「乗換検索ソフト」を使えば、即座に最短コース・時間が選べるのは承知しているが、敢えて行き当たりばったりの行動したのが、却って楽しかった。
[PR]

by seokazuo | 2013-07-03 06:03 | 旅行・国内 | Comments(0)


<< ”21人”の食事会はホテル・ビ...      母の七回忌は総持寺で >>