日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 19日

最終章 <北欧の旅19>

北欧、特にノルウェーのフィヨルド地方に、一度は行ってみたいと思いつつも、
いつも後回しにされていたが、今回ようやく実現した。

大手旅行社のパックツアーを利用した。
今回のフィヨルド地方のように、移動距離が長く、
公共交通機関が充実していないエリアを回るには、パックツアーに限る。

また途中で万が一のアクシデントが発生した場合の、バック・アップ体制が整っているのも心強い。

実は今回の旅行中、とんでもないことが発生した。
フィヨルドのフェリー(クルーズ船)に乗るため、岸壁で待っていたとき、
突然騒ぎが起こった。
一人の方がこの岸壁から海に転落した。

<この岸壁から転落。フェリー離岸後撮影>
a0148206_821937.jpg


フィヨルドを背景に写真を写してもらおうと、端に立ってポーズをとったとき、バランスを崩したようである。

転落瞬間は見ていなかったが、見たらその人は浮いており、落ち着いていた。
着ていたダウンジャケットが、浮き輪の役目を果たしていた。

すぐに浮き輪が投げ込まれ、
また近くにいたフェリーの乗組員により、まもなく引き上げられた。

怪我もなく大事には至らず、本当に幸いであった。

今回はすべての状況がプラス方向に働いたから良かったが、
最悪の事態が起こっても不思議ではないアクシデントであった。


これは一例に過ぎないが、旅行中は交通事故、盗難、急病など何が起こるか判らない。
海外旅行保険をかけるのは勿論であるが、
やはりバック・アップ体制の整った大手旅行社のパック旅行の選択は、間違いない。

そういうリスクは承知の上で、やはり海外旅行には出かけるだろう。
少なくとも、同行者など、周りに迷惑をかけない自信がある間は・・・

健康の問題、子供や孫、親戚がらみが何もないこと、スケジュール調整ができることなどを考えると、出かけられるチャンスは意外なほど多くはない。

だからこそ、行ける時には行くことにしよう・・・
それが口癖になっている。


今回の北欧の旅も、そうやって実現した。

期待した通り、思い出に残る良い旅であった。

a0148206_88085.jpg


a0148206_862746.jpg


a0148206_8505.jpg


a0148206_855074.jpg
a0148206_14044342.jpg
a0148206_14085046.jpg


a0148206_892016.jpg




そして旅行記も片付いた。
[PR]

by seokazuo | 2013-06-19 21:59 | 旅行・海外 | Comments(0)


<< 日本の温泉文化は素晴らしい!      コペンハーゲンを歩く③<北欧の... >>