人気ブログランキング |

日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 14日

(10)ワイキキトロリーとザ・バス

ワイキキ界隈を走り回っている名物のトロリーバス
a0148206_8195681.jpg


ワイキキトロリーは、サンフランシスコのケーブルカーをモデルに設計 されたものであるという。


ワイキキから2㎞あまりの距離に、ハワイ最大のショッピング・センター(以下SC略)「アラモアナSC」があり、
ワイキキから買い物に行くときなど、良く利用した。

オープン・エアーで、見晴らしがよく、受ける風がさわやかで心地よい。
a0148206_8204821.jpg


a0148206_8212049.jpg


また、ダイヤモンド・ヘッドやハナウマ湾などの観光ポイントを巡回したり、
郊外にあるSCや、アウトレットに行く場合にも利用される。

ただ、うまく利用すれば便利だが、料金体系や利用できる、出来ないなど、
利用に際してまごつくことも多かろう。

誰でも乗れる、いわゆるこの公共のトロリーのほか、
日本の旅行社(JTB、HIS、近畿ツーリスト、JALなど)が、専用のトロリーも走らせているが、

それぞれのパックツアー客が持つパスを持たないと乗れない。
<近畿ツーリスト専用>
a0148206_8215959.jpg


<JTB専用>
a0148206_8222731.jpg



<トロリー専用バス停>
a0148206_8225662.jpg


この専用のトロリーは10分おき?ぐらいに走っているが、
乗っている客は非常に少なく、だれも乗っていないバスを見かけることも・・・

何と非効率なことか、共有化など、もっと工夫はないのか?

もっとも、こういう無駄とも思える経費は、すべてパック料金に上乗せされているわけだろう。


ホノルル市のあるオアフ全島を網羅しているバス・ネットワーク「ザ・バス」をよく利用した。
a0148206_824140.jpg


a0148206_8243077.jpg


2両連結車も走っている。
a0148206_825096.jpg


1回「2.5$」(200¥余り)であるが、乗車時に乗換券「トランスファー・チケット」をくれる。
一定時間(2時間程度?)以内に、再びバスを利用するときは、

この「トランスファー・チケット」で乗れるので、上手くすれば往復「2.5$」で乗れることになる。

オアフ島を一周する(150㎞ぐらいはあろう)バスも走っており、降りなければ、「2.5$」で乗れる。

今回もこの一周バスも利用した。
途中にある延々と続くパイナップル畑のある「ドール・パイナップル園」、
最北端のリゾート地「タートル・ベイ」で途中下車し、食事したり、ビールを飲んだり、
一時を楽しんだ。
a0148206_82704.jpg


a0148206_8271975.jpg



途中次々に展開する自然ままの美しいビーチ、
ホノルルとは全く異次元とも思える山岳ビューなど、

結構ユニークなバス・ツアーであった。

そして何よりも、途中で乗り降りする地元民をながめているのが楽しい。
ホノルルでは味わえない、ハワイの姿が見えてくる。

まさに自分なりのオプショナル・ツアーであった。
それもバス代は、150㎞も走って、二人でわずか ”10$” !!!


別な日に、ザ・バスに乗ったとき、たまたま混んでおり、妻と別れて座ったことがあったが、
そういう時は、それぞれ隣の人からいろんな情報も得られる。

今回、アメリカ独立記念日(7月4日)のいろんなイベントの一環として、
SCでディスカウントがあるという話を妻が聞き込み、

その後、出かけて買い込んだのは言うまでもない。

こういう楽しみも、ハワイ旅行の醍醐味であろう。

by seokazuo | 2012-07-14 08:28 | 旅行・海外 | Comments(2)
Commented by interurban6304 at 2015-08-12 23:37 x
初めまして。
Youtubeで旅行動画、自動車動画等を配信しているinterurban6304と申します。
私の動画で貴ページのトロリーのバス停の写真と、パイナップル・エクスプレスの写真を表示させていただきたいのですが、可能でしょうか。
突然のお願いで恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます。
Commented by seokazuo at 2015-08-14 21:48
了解しました。ご希望の下記画像、どうぞご利用ください。
・トロリーのバス停の写真
・パイナップル・エクスプレスの写真


<< (11)サンダル派になって「1...      (9)メインイベントは姪の結婚式 >>