日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 24日

地面に咲く花を撮る

花の写真を撮るときの苦労はいろいろあるが、

山野草など、地面に咲く花を、
低い位置から撮るときの姿勢である。

一眼レフカメラで撮る時は、後ろからファインダーを覗かねばならない。

たとえば地上10cm付近に咲くヒナ草を、低い位置から撮りたいとき・・・

a0148206_17553670.jpg



手前にスペースがあれば、腹這いになって撮ることもできるが、
狭い庭ではほとんど不可能に近い。

そこで登場するのがL字型の「アングルファインダー」というアクセサリー。

a0148206_1758493.jpg


これをカメラのファインダーに取り付けると、
上から被写体が覗けるようになる。

a0148206_1757325.jpg


a0148206_18222190.jpg



昔、箱型の二眼レフカメラというのがあったが、
それと同じように、上から覗ける。

例によって、この新兵器、アングルファインダーを、
インターネットショッピングで手に入れた。


昨日届き、さっそく・・・
地面10~20cmからの世界が開ける。

<スズラン>

a0148206_18113973.jpg



<西洋オダマキを下から覗く>

a0148206_188827.jpg


<エビネ>

a0148206_1883420.jpg



<アジュガ>

a0148206_189123.jpg



<タツナミソウ>

a0148206_1894743.jpg

[PR]

by seokazuo | 2011-05-24 18:09 | 車・写真・カメラ | Comments(4)
Commented by watahiro-aya-s-m at 2011-05-24 18:27
アングルファインダーですか!!!これで、四つん這いになる事もなく、こんな素晴らしい写真が撮れるんですね^^

これからも、写真を撮るのが楽しくなりますね♪
Commented by seokazuo at 2011-05-25 05:11
わたぽんさん

花を撮るのも大変なんですよ!

このアングルファインダーを取り付けたとしても、
しゃがみこまねばならないのは同じ、

きつい仕事ですし、
撮る姿は、他の人には見せられたものではないですよ。
Commented by auauoyaoya at 2011-05-28 03:45
こんばんは。

二眼だと前方から来た人はカメラを見て微笑んでくれますが、後方から来た人は具合が悪いと勘違いされます…

しゃがみ込んでフラフラして見えるらしく。
Commented by seokazuo at 2011-05-28 14:28
auauoyaoyaさん

コメントありがとうございます。

なるほど、そういうこともあり得るのですね。

幸いにして、私は花は、自宅の花を中心に撮っていますので、
どんな格好をしようとも大丈夫かな?


<< 床屋で海苔を買う?      パソコンはジャズを聴きながら・・・ >>