日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 05日

留守を守り切った花たち

寒い時期、家を空けるとき気を遣うのは、

寒さに弱い花たちをどうするか・・・

いままでは、とくに大切なランなどは、近所にお願いしたりしていたが、
預かった方だって、何となく気が重いかもしれない。

冬場妻が家を離れることを好まない理由がそこにある。


先月5日間、東京に出かけた時、初めて試みたことがる。

日当たりのよい部屋に、特に寒さに弱い鉢類(50鉢以上?)を集め、
エアコンをかけっ放しにした。

「自動」運転に設定し、温度補正を「-5度」とした。
試験運転してみて、結果的に部屋の温度は「17度」前後に保たれることを確認済みである。

エアコンのかけっ放しで、一番気になるのが乾燥し過ぎである。
今回はとりあえず、バケツに水を入れて置いた。


帰宅するまで気になっていた。


帰宅すると、妻は真っ先にその部屋に・・・
結果は全く問題なかった!

お天気が続いたせいもあるが、無事に寒さを乗り切ってくれた。

留守の間に、カトレアが咲いており、
主たちの帰りを待ち望んでいたようである。

a0148206_954534.jpg


いまでも咲き続けている。
[PR]

by seokazuo | 2011-03-05 09:44 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
Commented by ねずまま at 2011-03-05 20:21 x
私のこの美しさを見てみてと 
誇らしげな カトレアですね。
50鉢ですか? 奥様の丹精こめた 愛情と
kazuさんの 協力のたまものを 花たちも 感じていたことでしょう。
Commented by seokazuo at 2011-03-05 21:52
ねずままさん

いまも次々につぼみが開き始め、
リビングはより賑やかさを増しています。

心をこめて育て上げれば、きちんと答えてくれますよね、
花たちは。




<< 窓際だけが春・・・      仙台つるし飾り >>