日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 14日

ガーベラは小さい花の集団

ガーベラはキク科である。

暖地ならは4~11月頃咲くと言われるが、我が家のリビングでは、厳寒期の今咲いている。
a0148206_1426764.jpg


マクロレンズ(90mm)で接写して見ると、
a0148206_1427312.jpg


さらに、
a0148206_14273032.jpg



よく見ると、小さな花が密集していることがわかる。
その小さい花のひとつひとつに雄花と雌花が存在している。
a0148206_14283311.jpg


a0148206_14285587.jpg


ガーベラのようなキク科の花は、一つの花ではなく、
小さいたくさんの花が密集していることに、意外と気がつかない。

肉眼では見えにくいから、やむを得ないが・・・
[PR]

by seokazuo | 2011-01-14 21:35 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
Commented by watahiro-aya-s-m at 2011-01-16 07:35
ガーベラは、色がハッキリした色彩で、子供の頃に描いた「花」のイメージにピッタリ。大好きな花の1つです。

ガーベラも菊の1種なんですね~。

大きなレンズでズームすると、また別の花のように感じられ、感動も2倍ですね!!
Commented by kazu115 at 2011-01-16 10:14 x
わたぽんたんさん

肉眼では見えない世界を覗くのも、楽しいですよね。

このところ寒い日が続いており、
今日も積った雪が舞い上がって、ダイヤモンド・スノーのようです。

こういう日でも、リビングの花たちは幸せそうですよ。


<< 気が揉める孫の受験戦争      プリンター接続はワイヤレスで >>