日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 23日

十五夜(月齢15)

今月はお天気が続いたこともあり、

月を撮る機会が多かった。
<月齢5>2010-11-11
a0148206_820139.jpg


<月齢9>2010-11-15
a0148206_820286.jpg


<月齢11>2010-11-17
a0148206_8205471.jpg



最終目的は十五夜を撮ること。

皮肉なことに、あれほど続いたお天気も、
十五夜の11月21日は、夕方から雲が出始め、

ほとんど絶望的になった。

それでも雲の切れ目からチラリと顔を出すこともあり、
粘ること1時間近く、

<月齢15>2010-11-21
a0148206_8212945.jpg



そしてついに
<月齢15>2010-11-21
a0148206_8215716.jpg



この十五夜の月、
撮った目的はほかにある。

「兎の餅つき」
何とか年賀状のデザインに生かせないか・・・


<追記>2010-11-23
雨上がりのせいか、今夜の月はきれいに見えるので、追加して撮ってみた。
月齢17、右上から欠け始めた。
a0148206_839648.jpg


その部分はクレーターがはっきり識別できる。
a0148206_20173093.jpg

[PR]

by seokazuo | 2010-11-23 08:22 | 車・写真・カメラ | Comments(2)
Commented by watahiro-aya-s-m at 2010-11-26 20:14
月を見ると、無性に日本へ帰りたくなります・・・(><)

日本の両親、友人も皆、同じ月を見ているんだなぁ・・・と思うと涙が・・・込みあげることもしばしばあります。

イギリスにはイギリスの良さがありますが、やっぱり住み慣れた日本が1番!!

1日も早く日本へ帰りたいです。

最近、帰国の準備の話や、帰国後の生活の話が夫婦の話の中に出てきたので、ちょっぴり気持ちが楽になってきました~♪
Commented by seokazuo at 2010-11-27 22:31 x
わたぽんたんさん

日本で見る月と、イギリスで見る月は、ほとんど同じですが、

見える時間には時差はありますので、
同時に見ているわけではない・・・

それほどしんみりとしないでくださいね。

同じ海外在住でも、
いつ帰国できるか分からない、

永久に帰れないかもしれない・・・

そういう方もたくさんいらっしゃるわけですから。

帰国がはっきりしているわけですから、
焦ることはないでしょう。

じっくりイギリスの隅々まで吸い取ってきてください。



<< まさに柿の華・・・      干し柿を試食 >>