日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 17日

すしざんまい仙台店オープン

仙台は回転寿司の歴史も古く、すでに乱立状態であるが、とうとうあの初売りでマグロを最高値で競り落とすことで有名な「すしざんまい」が、仙台に進出してきた。11日に中心街にオープン。

今日、用事があったので、のぞいて見た。平日と言えども、物珍しさ?もあり、まだ混んではいたが、5分ほどの待ちで座れた。
a0148206_16245272.jpeg
入り口には松山君から。
a0148206_16260572.jpeg
やはり彼は利用価値があるのだ。

ここは回転寿司ではないが、既存の回転寿司と競合することになろう。
a0148206_16290960.jpeg
a0148206_16295409.jpeg

今までの店と比べてどうか?評価に迷うが、外食派にとっては、また選択肢が増えたことは喜ばしい。

来年の初競りが楽しみである😁



[PR]

# by seokazuo | 2018-07-17 16:38 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2018年 07月 13日

仙台市を高速道で一周してみたら・・・

仙台市を通過する、あるいは連絡する高速道は、
①東北道:地図西部を南北に。青色
②三陸道:東部を松島、石巻方面へ。紫色。
③仙台東部道路:「仙台港北」より南へ空港方面、茶色。
④常磐道:仙台東部道路より南方面へ延びていく。本地図には含まれない。
⑤仙台北部道路:東北道と三陸道路を北部で連絡、空色(「富谷JCT」と「利府JCT」を接続)
⑥仙台南部道路:東北道と仙台東部道路を南部で連絡、若草色(「仙台南」と「仙台若林JCT」を接続)
がある。
a0148206_13454761.jpg
実は、仙台市をぐるりと周回するこの高速道を一周したら料金はいくら?
半周すると、「1,110円」かかることは分かっている。
一周すると「2,000円」前後と推定されるが???

実は今日、車の点検を受けた。燃料ポンプ系のリコール対策である。
1時間程度で終了したが、念のため試験走行してみようということに。

ふっと思い付いて、試験走行のコースとして、上記巡回コースを走ってみることにした。

「東北道」の「泉PAスマート」からスタートし、東北道を北上、
「富谷JCT」から「仙台北部道路」を東進、
「利府JCT」から「三陸道」「仙台東部道路」を南下、
「仙台若林JCT」から「仙台南部道路」を西進、
「仙台南」で「東北道」に戻り、スタートした「泉PAスマート」を通過して、一つ先の「泉」で降りた。

およそ75km程度、50分のドライブを楽しんだ。
ゲートを通過する瞬間、ちょっと緊張したが、料金表示は「¥250」!
つまり「泉PAスマート」~「泉」1区間分である。

当たり前と言えば当たり前であるが、長年の疑問がやっと解決した(笑)

暇なリタイア族の、今日のお遊びである。
こういう刺激も、脳トレの一環と自己満足している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-07-13 14:13 | 車・写真・カメラ | Comments(0)
2018年 07月 09日

ステーキに挑戦

昔は妻を手伝って、時々簡単な料理をしたこともあったが、最近はほとんどやらない。

それでも朝食は自分でアレンジしているが、昼食はほとんど外食、夜も外で済ますことが多い。

スーパーでたまたま目に付いたので、衝動的に買ってみた。
ビーフステーキに挑戦してみようか。
オージー、シャトーブリアン、ヒレステーキ、240g。
a0148206_20594896.jpg
厚みが3.5cm、かなりのボリュームがある。
上面に包丁で格子に切り身を入れ、平たくたたく。
a0148206_21000842.jpg
切り身を入れた面を下にして、強火(200℃に設定)で1分半ほど焼いて、焼き色を付け、弱火(180℃に設定)で2分ほど焼く。
a0148206_21005184.jpg
裏返して同じように焼く。

ホイールで囲い、弱火で3分程蒸し焼きにすると出来上がり。
a0148206_21005271.jpg
a0148206_21005262.jpg

ちょっと焼き過ぎたが、レアはあまり好みではないので、まあまあか。

肉は柔らかく、塩コショウだけでおいしく食べられた。
サラダ付き。
a0148206_21005322.jpg
ごはん代わりに買ってきた太巻きだが、ステーキでおなか一杯になり、半分でギブアップ。
a0148206_21005366.jpg
残り4切れは廃棄処分に。食べられる量の把握は難しい。

久しぶりの手料理、ステーキ挑戦であった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-07-09 21:21 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2018年 07月 03日

無事一周忌を終えた

妻が逝ってはや1年、思い出だけはいつまでも新鮮に残っている.

命日は7月3日であるが、一周忌は、家族など集まりやすい土曜日、6月30日に行った。

a0148206_12162308.jpg


お坊さんに来ていただき、自宅での法要の後、近くの食事処で、ささやかな食事会を設定した。
家族の他、特に親しくしていただいた知人、ご近所の方など近くに住む方々に絞り、声をかけさせていただいた。


a0148206_09584077.jpg

特に、ご近所の方はほとんど花友達で、妻が育てた珍しい花などもおすそ分けしていたようである。
我が家の庭は全く放置されているので、あれだけたくさん咲いていた花たちも、どんどん消えて行ってしまっているが、花友の庭では、いまでもしっかり咲き続けているようであり、「いつでも見に来てください」とよく声をかけていただいている。嬉しい。

食事会ではまず最初に思い出のスライドショーを流した。
リタイア後は国内は勿論のこと、海外にも出かけた。
海外旅行時の妻のいろんな表情のスナップと、妻が心を込めて育てた庭の花を交互にミックスさせたスライドショーを準備しておいた。


a0148206_09584034.jpg

一部の画像を抜粋。

a0148206_21303291.jpg

<初めての海外旅行(1993年):ベルギー・アントワープ、国際会議に同伴>

a0148206_11244752.jpg

<スイス・チロル地方>

a0148206_11133785.jpg

<ドイツ・ライン川クルージング>

a0148206_11162125.jpg
<ドイツ・ザクセンスイス渓谷>

a0148206_11251902.jpg

<スペイン・ラ マンチャ地方>


a0148206_11143688.jpg

<フランス・モンサンミッシェル>

a0148206_11251371.jpg

<スイス・マッターホルン>


a0148206_21385137.jpg
<ノルウエー・フィヨルド地方>

a0148206_11161441.jpg

<中欧旅行時にバス運転手と>


a0148206_11133834.jpg

<ドイツ・ミュンヘン>


a0148206_11143483.jpg

<アメリカ・フィラデルフィア近郊>

a0148206_11234464.jpg

<ニューヨーク・タイムズスクエア>

a0148206_20501804.jpg

<アメリカ・グランドキャニオン>


a0148206_11163723.jpg

<アメリカ・モニュメントバレー>

a0148206_21353731.jpg
<最後の海外旅行(2015年):英国・エジンバラ>

a0148206_20454994.jpg


出席者の皆さんは、昨日のことのように妻の笑顔を思い出していただいたと思う。

そして食事をしながら、思い出話に。
ビールやハイボールなど、アルコールが場を盛り上げてくれ、笑い声も絶えない賑やかな時間を過ごしていただいた。

子供たちは仙台に住んだことはなかったので、近所の方々から、仙台での母親の生活の一面を聞かせていただいたようである。
今回の食事会の一つの狙いでもあった。

暑い日であったが、さわやかに一周忌を終えたような気がする。


1年経って改めて故人の存在の大きさを思い知らされる・・・

子供たちにとっては、自慢できるこれ以上ない母親だっただろうし、
妻として半世紀、献身的でいつも新鮮さを感じさせる存在だった。
そして、何よりも話題豊富、話し上手で聞き上手な生涯を通しての最高の友であった。




a0148206_12263991.jpg


<2014年 ブルガリア・ブタペストにて>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

# by seokazuo | 2018-07-03 18:16 | イベント | Comments(4)
2018年 06月 23日

ゴルフ場の舞台裏

ゴルフを楽しんだという話は、こういう場でも時々アップしている。
でも、ゴルフに馴染みのない方にとっては、プレイの話にはそれほど関心はなかろう。

昨日もよく利用するゴルフ場で、コンペを楽しんだが、今回は舞台裏?というには大げさだが、少し触れてみる。

このコースは毎年女子プロトーナメントも開催されいる、地元では名門?コース。

クラブハウスのホールにはどういうわけか、今クラシックカーが飾られている。
a0148206_15074735.jpeg
まず受付を済ませ、ロッカールームで着替える。
a0148206_15091889.jpeg
奥の突き当たりは風呂場、プレイ後一風呂浴びて帰る。

時間があれば、コーヒーを。
a0148206_15114534.jpeg
ゴルフショップで忘れ物を買ったり。
a0148206_15130855.jpeg
ランチはレストランで。
a0148206_15142067.jpeg
a0148206_15150728.jpeg
昨日のランチ時間は50分程度、雑談もたっぷりで、ちょうど良かった。

キャディ無しで廻ることもこともあるが、最近はお世話になることが多い。
昨日のキャディさんは、誠におっとりした年配の方。
満点ではなかったが、ラインの読み方もまあまあだったかな。キャディさん次第でその日の楽しさが左右されるのはいうまでもない。

お天気も良く気温は高かったが、湿度も今の時期には珍しく40%台、汗もかかず快適なゴルフ日和だった。
a0148206_15294385.jpeg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

、、






[PR]

# by seokazuo | 2018-06-23 15:30 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2018年 06月 20日

ホヤの酢の物が並んだが・・・

月に1回、昔の仕事仲間4人で飲み会をやっている。
もともと5人で始めたが、体調不良で一人は欠席中。
場所も時間も同じ、次に集まる日だけを決めて散会している。

料理もいつも同じ値段のコース料理、次々に出されるメニューをおいしく食べられることに、お互い感謝しながら、あっという間の2時間半。

...

料理は魚介の盛り合わせに始まり、焼き物(今回はアユ)、てんぷらなど7、8皿、最後はソバで仕上げる。

料理にはいつも満足しているが、今の時期、あまりうれしくないものが出てくる。
「ホヤ」の酢の物である。

a0148206_17381889.jpg

新鮮だから匂わないが、仙台に転居して初めて食べた時、ちょっと・・・

勿論、食べないわけではないが、いつも隣に座った人に「どうぞ!」こちらの人は誰もが大好物だから、喜んで食べてくれる。

ホヤは宮城県特産で、大半は韓国に輸出されていたが、3・11以降、福島原発事故による放射能汚染問題で輸入禁止になっており、いまでは一部廃棄処分もされるなど、生産者に打撃を与えている。
独特の食べ物だから、急に販路を拡大しようとしても難しい。

最近、フランス料理として利用されるようになったとテレビで流れていたが・・・

(補足)スーパーに並んでいる朝獲りの「ホヤ」、手の拳ぐらいの大きさで、皮を剥いたのも売っている。

a0148206_14145546.jpeg
a0148206_14152202.jpeg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-06-20 17:44 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2018年 06月 19日

連絡改札口の通過時?

仙台に帰るため、小田急線で新宿駅まで来てJRに乗り換えた。小田急ではSuicaを使って来たが、JRは仙台からの往復乗車券を買っていた。

a0148206_10233560.jpeg
.


小田急の改札口をSuicaで一旦出て、改めてJRの改札口に入り直すのが一般的で何の問題もないのは当然である。


ところが小田急からJRに直接乗り換え通過できる連絡改札口がある。どうやって通過する???


まずJR乗車券を挿入し、続けてSuicaをタッチすれば良い。
つまり、これからJRに乗りますよとJR乗車券を挿入すると、
それではここまでの清算をお願いしますということで、Suicaをタッチするわけである。

初めてだと、ちょっと考え込んでしまう連絡改札口通過である。


〈追記〉新宿の連絡改札口はSuicaで通過して、東京駅新幹線改札口で、先に切符を挿入して、その後Suicaをタッチしても良いらしいが、まだ試したことはない。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




[PR]

# by seokazuo | 2018-06-19 10:25 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 19日

連絡改札口の通過時?

仙台に帰るため、小田急線で新宿駅まで来てJRに乗り換えた。小田急ではSuicaを使って来たが、JRは仙台からの往復乗車券を買っていた。

a0148206_10233560.jpeg
.


小田急の改札口をSuicaで一旦出て、改めてJRの改札口に入り直すのが一般的で何の問題もないのは当然である。


ところが小田急からJRに直接乗り換え通過できる連絡改札口がある。どうやって通過する???


まずJR乗車券を挿入し、続けてSuicaをタッチすれば良い。
つまり、これからJRに乗りますよとJR乗車券を挿入すると、
それではここまでの清算をお願いしますということで、Suicaをタッチするわけである。

初めてだと、ちょっと考え込んでしまう連絡改札口通過である。


〈追記〉新宿の連絡改札口はSuicaで通過して、東京駅新幹線改札口で、先に切符を挿入して、その後Suicaをタッチしても良いらしいが、まだ試したことはない。


[PR]

# by seokazuo | 2018-06-19 10:25 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 17日

こどもぺナントギャラリー

世田谷の三男のところに滞在中であるが、千歳船橋商店街主催で、毎年こどもペナントギャラリーが催されており、今日そのぺナントを作成するというので、付き添って行った。

作業場所は孫が通っている小学校。

a0148206_14404078.jpeg


すでに廊下や空きスペースにブルーシートを敷いて作業が始まっていた。

a0148206_14443178.jpeg

最近乗ったという小田急の新型ロマンスカー、そして練習に励んでいるサッカーを描いていたが、勿論父親と一緒に。

a0148206_14452308.jpeg
すでに書き上げられた絵は別室で乾燥中。

a0148206_14472668.jpeg


絵はビニール系のシートに描かれており、夏休みの頃には商店街の両側に立てられたポールに子供達のペナントが吊り下げられて飾られるという。
商店街と小学校のタイアップで行われているこういう催しに打ち込んでいる子供達を見て、何となく嬉しくなった。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



[PR]

# by seokazuo | 2018-06-17 14:48 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 15日

今日は銀座、日比谷界隈で

高校同期の仲間が久し振りに集まった。
場所は銀座の裏通り、有楽町寄りである。

a0148206_17251816.jpeg
今回のメンバーとは半年前にもこの同じ場所でワイワイやっている。

実は同じ仲間の親友が、長い闘病生活の末、今年2月に先立ってしまった。
高校卒業以来の長い付き合いであっただけに、悲しみは皆んな同じ、
最初に、黙祷!

話の内容は一気に高校時代に戻るのはいうまでもない。
そういうことがあったのだ!? 初めて耳にすることもあるが、意外と新鮮に聞こえるのも、こういう集まりの楽しいところである。

2時間半、話が尽きず場所を移動、有楽町駅近くの喫茶店へ。
コーヒー一杯で1時間半余り、迷惑な客となったが、周りも似たり寄ったりかも。

いつもならカラオケと続くところだが、今日は止めよう。お互い、自分達の歳を自覚してきたということ。

解散して地下鉄日比谷駅に向かって歩いていると、TOKYO MIDTOWN HIBIYAという初めて見る高層ビルが。
ちょっとのぞいてみた。
a0148206_17514874.jpeg
35階建(192m)の複合ビルで、今年3月末に開業したばかりである。

6階にある日比谷公園を一望できるパークビューガーデンへ。
a0148206_18041584.jpeg
a0148206_18045473.jpeg
a0148206_18052355.jpeg
今までこういうアングルから見下ろした記憶はなく、新しいビューポイントの発見である。

実は集まりの時間には早過ぎる時間に着いたので、しばらく時間調整したのが帝国ホテルロビー。たまには目の保養になる。
a0148206_18111484.jpeg
こういう時間の使い方も、東京歩きの楽しみの一つである。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






[PR]

# by seokazuo | 2018-06-15 18:18 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 15日

友人の個展、銀座へ

東京駅に着いて京橋へ直行、大学同期の友人の個展(5人展)を鑑賞。同じ工学部系なのに、こういう趣味に恵まれている彼は凄い。

a0148206_09470979.jpeg
a0148206_09474893.jpeg

a0148206_09462678.jpeg
a0148206_09481254.jpeg
同期会などで彼のスケッチを観る機会があり、その非凡さに驚かされていた。

今回、上京のタイミングに合ったので、駆けつけた。

銀座での個展、毎年開催しているとのこと、良い個展を見せてもらった。


明治屋の隣のオープンカフェでコーヒータイム。

東京も思ったほど暑くはなく、風が心地良い。

a0148206_09485708.jpeg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







[PR]

# by seokazuo | 2018-06-15 10:01 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 12日

トランプ大統領は世界最長のフライトを強いられた

いよいよトランプ大統領と金委員長の会談が始まった。どういう結論になるか、勿論最大の関心事であるが、実は今朝の読売新聞に、両首脳のシンガポールへの飛行ルートの記事が載っていた。
大統領機は、当然太平洋上を飛んで行くものと思っていたが、大西洋ルートで、ギリシャ・クレタ島で給油したそうである。

a0148206_12044379.jpg
どちらのルートが近いか調べていないが、考えるだけで楽しい。
1)偏西風の影響を考えると、大西洋ルートの方が有利なのかもしれない。
2)大統領専用機はどちらのルートを飛ぶにしても、古いB747機であるので、給油が必要と思われる。太平洋ルートの場合は例えば横田基地で給油?マスコミが騒ぐだろう。その点クレタ島の米軍基地なら騒がれることもない。...
3)実はシンガポール航空がニューヨーク~シンガポール間の世界最長の直行フライトを8月に再開するという。距離が1万6700km、飛行時間が18時間45分!飛行ルートはおそらく太平洋ルートと推定するが?
さすがにこのフライトにはエコノミークラスはないという。
4)シンガポール航空はこのルートに、ノンストップで飛べる新しい「エアバスA350-900ULR」を投入することになっている。
5)トランプ大統領機は、帰りは偏西風を考えると太平洋ルートになるのでは?

会談場所の決め手の一つに、金委員長の専用機の飛行距離制限が話題になっていたが、シンガポールに決まったことは、トランプ大統領にとっては、世界最長のフライトを強いられることになったのは皮肉である。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



[PR]

# by seokazuo | 2018-06-12 12:06 | 旅行・海外 | Comments(0)
2018年 06月 08日

桧枝岐村へ寄って帰ろう

茨城でゴルフをして、そのまま帰るのはちょっときついので、那須温泉に1泊した。
那須温泉から我が家までは2時間半?それぐらいで帰れる距離である。

でもせっかく来たのだから・・・
実は昔から一度行ってみたいと思っていたところがある、「桧枝岐村」(ひのえまたむら)である。
那須から山間部を110km、しかも仙台とは全く逆方向である。

関東も梅雨に入ったようだが、このエリアは今日はまだ雨は来ないようだし、決行することに。

右へ左にと連続したカーブ、トンネルの連続、そして上り下りも激しい新緑の山間を走ること2時間半、ようやくたどり着いた。

a0148206_09093151.jpg
a0148206_09093027.jpg

a0148206_09093106.jpg
桧枝岐村は、人口密度が日本一低いとして有名? いわゆる平家の落人の伝説が残る村である。
標高の高い山々に四方を囲まれた地域であり、町並みも特別の印象の残らない。

ダム開発と尾瀬の観光地化によって、農家の民宿業への転身など観光地化が進んでいるようである。
a0148206_09093116.jpg
何か土産物は?と聞いたが、勧められたイワナの甘露煮、ハチミツを買った。
ランチはソバしかない。鴨そばで済ますしかなかった。

ここからは尾瀬も近いが、予定通り引き返すことに。
a0148206_09200671.jpg
ここから仙台までは300km弱、遠い。

途中、「塔のへつり」と「大内宿」に寄ることにしよう。
同じ道を引き返し、途中から会津若松方面にルートを変えた。

「塔のへつり」
100万年にもわたる侵食と風化が生み出した奇岩が連なる景勝地として、福島県有数の観光地である。
a0148206_09314419.jpg
長い年月をかけて自然が作り出したこの渓谷は、塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と名づけられている。
「へつり」とは地元の言葉で断崖のこと。
塔の形をした断崖まで吊り橋が架けられており、1943年に国の天然記念物に指定されている。
a0148206_09314912.jpg
a0148206_09321406.jpg
「大内宿」
江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」は「塔のへつり」から近い。

会津と日光を結ぶ街道の両脇には、茅葺き屋根の民家が並び、江戸へ向かう大名や旅人の宿場町として重要な役割を果たしていた。
30軒以上の茅葺き屋根の民家が並ぶ様子は極めて珍しく、現在も100万人以上の観光客が訪れ賑わいを見せているそうである。
国指定の「重要伝統的建造物群保存地区」
a0148206_10114110.jpg
突き当りの山の高台からの眺めが当時を思い起こさせてくれる。
a0148206_10114282.jpg
a0148206_10114128.jpg
a0148206_10114209.jpg
ここで有名なのが、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習に習った「ねぎそば」店が並ぶ。昔ここで食べたことがある。
a0148206_10490027.jpg
a0148206_10490128.jpg

ここからは一気に仙台に向け走るだけ。
一般道を80数km、郡山南ICまで走り、東北道に乗る。


a0148206_10290992.jpg
塩原温泉のホテルを出発したのが9時、
Ⓐが「桧枝岐村」
Ⓑが「塔のへつり」「大内宿」(下記は上図Ⓑ部詳細)
a0148206_10290924.jpg
まだ明るいうち、19時に我が家にたどり着いた。

今日走った距離は400kmに達した。

結局、この3日間で走ったルートは800km(<補足>参照)を越えた。
久しぶりの長距離ドライブを楽しんだが、自重すべき年齢に達しているのは間違いない。


<補足>
a0148206_10360886.jpg
上の地図でⒶは「ひたちなか市」で初日の宿泊地で、昔の仲間と懇親会を楽しんだ。
Ⓑがゴルフ場。
©が那須温泉ホテル(2日目泊)
Ⓓ桧枝岐村
Ⓔ大内宿、塔のへつり

















[PR]

# by seokazuo | 2018-06-08 10:49 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 07日

茨城県へゴルフの遠征

昔の仕事仲間とゴルフを楽しんだ。
14名参加のコンペに、仙台から参加した。

場所は茨城県のほぼ中央、常陸大宮市のコース。
a0148206_16251648.jpg

このコースでは、20数年?前、何回かプレーしたはずたが、コースのイメージはほとんど記憶になかった。
あの高度成長期をともに苦労しながら乗り切ってきた仲間たちとのプレーだけに、久しぶりに楽しい一日であった。

その日に仙台まで帰ることも考えたが、プレー後の270kmのドライブは、年齢を考えるとやはり厳しいと判断し、那須温泉のホテルを予約しておいた。
那須はゴルフ場から70数km、2時間で明るいうちに到着した。

ホテルは牧場「敷島ファーム」内にあり、入口から牧場内を1.2km走ってようやくたどり着いた。
a0148206_16400590.jpg
a0148206_16380804.jpg
夕食は牧場が直営する町中レストランへ。車で7km。
a0148206_16461022.jpg
a0148206_16460984.jpg
a0148206_16461078.jpg

夕食は軽めにのはずだが、今日はゴルフ、ドライブとよく労働したから・・・(笑)
ホテル利用者にはドリンクがサービス。

ホテルの周りの木立の新緑を眺めながらの露天風呂、
濁り湯だったが、意外とサラサラしており、何よりも源泉かけ流しが心地よかった。

勿論、早めの就寝・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2018-06-07 17:00 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 06月 03日

夕食は駅弁で済ますことも

週1、2回は街中へランチに行く。

ランチが終わったらアーケード街を歩いて仙台駅まで行き、バスで帰る。
銀行に寄ったり、家電量販店で市場調査?したりすることも。

最近、ときどき駅弁を買って帰ることがある。
旅行しても駅弁を買うこともほとんどなかったが。

変わった駅弁が目に付いたので買ってみた。
「赤皿貝炊き込み飯」
a0148206_10190707.jpg

赤皿貝?産地は三陸海岸。
見た目はホタテと変わらない。
殻の表面が紅色や赤紫色のものが多いため、「赤皿貝」という。
味もうまみもホタテと変わらなかった。
a0148206_10190740.jpg
勿論、夕食となる。
ビールとつまみ(昨夜はチーズの燻製)があれば十分。
a0148206_10190745.jpg
朝そしてランチをしっかり食べるようにしているので、夕食はこれぐらいで簡単に済ませてしまうことも多い。

デパ地下などで総菜弁当を買うこともあるが、最近は各地の駅弁を買って帰る機会が増えた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

# by seokazuo | 2018-06-03 10:36 | 生活・日常 | Comments(0)
2018年 05月 28日

今夜は満月?

夕食を終え、家の近くまで来てふと見上げたら、きれいなお月様が。
「今夜は満月かな?」

久しぶりに重いカメラを出して撮った。
a0148206_20340396.jpg
色調を変えて白黒に変換してみると、
a0148206_20340265.jpg
月の下の方にクレーターが見える。
さらに拡大してみると、よりはっきり確認できる。
a0148206_20340352.jpg
クレーターが確認できるということは、満月ではないだろう。


ネットで調べてみると、明日が満月となっていた。

満月の夜は、太陽が地球のほぼ真後ろにあるので、月面上には日陰がほとんど生じない。
だから、クレーターは素人にはほとんど確認できない。

明日夜の予報は曇り、肉眼では今夜が満月としてもよいだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2018-05-28 20:43 | 季節・景色 | Comments(0)
2018年 05月 28日

訪問客10万人を超える

ブログを書き始めてもう10年を超えた。
最初はシステムもよく分からぬまま気まぐれで書き始めたが、イベントや旅行記など忘備録としても役立ちそうなので、日常的に残し始めた。
内容はあくまでも個人としての日記・記録であるが、ネットにアップしていることもあり、ちらほらだった訪問客も少しづつ増え始めた。
そして今週、我がブログを開いていただいた訪問客が10万人を超えた。
a0148206_11142716.jpg
最近、新規アップの頻度が少ないこともあり、この1週間での訪問客は少ないが、それでも先週ついに10万人を超えたことに気が付いた。

ブログをアップすると、今は自動的にFacebookにもリンクアップされるので、訪問客増にもつながっているようである。

子供の頃、いや大人?になってからも、日記を書き始めてもいつも三日坊主で終わるのが常であっただけに、この歳になってこんなに続けられたことに我ながら感心している。

国内旅行は勿論だが、海外旅行では膨大な写真を撮ってくるが、後で見つけても「この写真を撮ったのはどこだったかな?」というのが多い。
特に海外旅行では、帰国してしばらくすると、地名をはじめ大半は忘れてしまう・・・

また、このブログのシステもは、検索がやりやすいのが気に入っている。

そういう意味でも、こうやって残してきたことは非常に役立っている。

今は一人暮らしとなってしまったが、このブログを離れて住む子供たちも読んでくれているようである。
「お父さんは元気だよ!」そういうメッセージにもなっている。

「ブログを読んだよ」と、それを話題にした電話も結構多い。

親子・家族同士のコミュニケーションにも役立っているのも嬉しい。

まだまだ頑張るぞ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





[PR]

# by seokazuo | 2018-05-28 11:40 | Comments(0)
2018年 05月 25日

5月に入ってゴルフで忙しい

ゴールデンウイークから5月に入り、ゴルフの回数が急に増えた。
当然、練習場通いも多くなっている。

昨日は町内会のコンペ。
コースからは蔵王連山(写真右側)が楽しめる。

a0148206_09105082.jpg
a0148206_09104978.jpg
a0148206_09105066.jpg
左側が刈田岳で、蔵王スカイラインの開通日に車で上がった。

<参考ブログ>



町内会のコンペは年5回開催されている。
今回参加は少なかったが30名。

プレイ後一旦帰宅し、5時から町内にあるスナック・食事処(写真)で表彰式を兼ねた懇親会となる。
a0148206_09242709.jpg
座席順は当日の成績順と、厳しい。
飲み放題の2時間、盛り上がり過ぎて疲れる(笑)

会員の年齢層もどんどん上がってきているが、前回エイジシュートした80才の方など、元気人の集まりである。
そういうメンバーの中のひとりとして、一緒に楽しめる、ありがたいことである。


これからの1週間にまだ2回のゴルフが予定されている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-05-25 09:35 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2018年 05月 14日

今年は母の日のプレゼントは届かなかったが・・・

母の日には、子供たちからカーネーションが届いた、とネット上でも賑わっていた。
妻には子供たちからカーネーションなど花が届いたということは記憶にはない。

妻は花が好きで、時間があるといつも庭をうろうろ・・・
毎年繰り返される山野草など花の目覚めを待ち望み、草取り、植え替えなど丁寧に手入れを楽しんでいた。

寒い時期は冬を越せない花の鉢との同居、多い時には100鉢ぐらいはあったかと思う。
まさに扶養家族のようにかわいがっていた。

だから、子供たちもお母さんには買った花を贈ることはなかったと思う。
花は自分で育てて楽しむもの・・・妻はいつもそう言っていたかのようであったから。

子供たちからは、毎年母の日のプレゼントは届いていたが、何を贈ればいいか?子供たちは品選びに毎年苦労していたようである。
バッグ、手袋、帽子、スカーフなどの他、実用品も多かった。

母の日に妻に贈られた品で、唯一自分で使っているのがある。
「電動式剪定ばさみ」である。充電式である。
a0148206_09453760.jpg
これを手にするたびに、毎日手にしていた妻を思い出す。
家の周りには今でも次から次へと、妻の愛した花たちが目覚め、入れ代わって寂しい庭を飾ってくれている。
a0148206_10321335.jpg
a0148206_10321364.jpg
a0148206_10321300.jpg
a0148206_10321278.jpg
a0148206_10321203.jpg
a0148206_10321172.jpg

・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

# by seokazuo | 2018-05-14 10:41 | 家族・友人 | Comments(2)
2018年 05月 12日

自動ブレーキの機能確認

連休の後半、仙台~大田原(栃木県)をマイカーで往復した。
500km近くのひとりドライブ、今の車に乗り換えて初めての長距離走行である。
a0148206_09404639.jpg
この車に乗り換えた最大の理由は、自動ブレーキなど、最新の運転支援システムが充実した車種にしたかったからである。

いろんな機能の中で、「自動ブレーキ」が本当に効くのかどうか?確認が難しい。
自動ブレーキが効き始める前に、どうしても自分でブレーキを踏んでしまうからである。

高速道で役立つのが「追従システム」である。
オートドライブで先行車に追いつくと、前の車と一定の距離を保ちながらくっついて走ってくれる。
この時、アクセルもブレーキも踏む必要はない。

先行車が減速すると、こちらも自動的に減速するので、自動ブレーキが効いていることは分かっていた。
また、先行車との間に突然割り込んできても、強めのブレーキがかかり、不安を誘うことはなかった。


今回大田原まで走った時は、連休であり数か所で渋滞した。
トロトロ運転の連続!

こういう時は、この追従機能があり大助かりである。
先行車が加速、減速すると自動的にこちらも加減速するので、渋滞時のあのわずらわしいアクセル、ブレーキ操作は一切必要ない。

今までは遅いながらも流れていたが、とうとう止まることに。
じっと我慢!先行車が止まった。ブレーキの上に足を乗せ構えていたが、数m手前でピタリと止まった!

当たり前のことであるが、完全停止することを確認できたのは、この時が初めてである。

先行車が動き出すと、こちらもひとりでに動き出した。

結論的に言うと、追従システムのありがたさは、高速走行時は勿論だが、むしろ渋滞時の方が、より威力を発揮するということである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~













[PR]

# by seokazuo | 2018-05-12 10:07 | 車・写真・カメラ | Comments(0)
2018年 05月 08日

栃木県大田原市の田園暮らし(2) マスのつかみ取り


a0148206_08505091.jpg
a0148206_09434113.jpg
近くの公園でマスのつかみ取りをするというので、大田原に集まった一族?総出で出かけた。
こどもの日のメインイベントである。
新緑の美しい、そして快晴の最高の日和であった。

大田原市のイメージキャラクター「与一くん」がお出迎え。
源平屋島の戦いで、神がかった技で扇の的を射落とした弓の名手「那須与一」がモデルだそうである。
a0148206_08515270.jpg

a0148206_09021042.jpg

いよいよマスのつかみ取りが始まる。
トラックでマスを運び込む。
a0148206_08512439.jpg

a0148206_08513047.jpg

まだまだ!
a0148206_08515512.jpg


いよいよ開始!
a0148206_08521555.jpg

a0148206_08522236.jpg

a0148206_08533378.jpg

1人2匹までです。
a0148206_08532031.jpg

やった!!!
a0148206_08525083.jpg

6匹のマスは、その日のバーベキューに並べられたのは言うまでもない。
焼きたてのおいしさは格別!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~













[PR]

# by seokazuo | 2018-05-08 08:50 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 05月 07日

栃木県大田原市の田園暮らし(1)

連休後半は、栃木県大田原市で過ごした。
三男の義父の実家が昔のまま残してあり、いつもは不在だが、家や畑のメンテのために訪れるとのこと。

今回、連休を利用して義父を中心に家族が集まるというので、加えてもらった。
お陰様で久しぶりに田舎暮らしを楽しんだ。
a0148206_16134979.jpg
遠くの山並みは、左側が日光方面、右側が那須方面。
田植えはほとんど終わっていた。

日ごろは空き家。
a0148206_16142156.jpg

裏は竹林になっており、タケノコ狩りも楽しめた。
a0148206_16143318.jpg
これぐらいに育ってしまったものはダメ!頭が10~20cm程度のものを探し出す。

都市部ではできないバーべキューもやり放題。
孫も大喜びしてしたのは言うまでもない。

何よりも(三男の)義父の燻製づくりはプロ級。
この日はチーズの燻製と牛肉の燻製が出来上がった。
a0148206_16144151.jpg
a0148206_16144669.jpg
a0148206_16145121.jpg
チーズの燻製は最高!
特に出来立てをカットすると、中はトロッとして、ビールが一段と美味かった。
a0148206_16350837.jpg
勿論ゴルフも滞在中2回。
この家から車で15分圏内に5、6ヶ所、30分圏内だと数えきれないほど、まさにゴルフ銀座である。
a0148206_16153273.jpg
二つ目のコース、レストランより。
a0148206_21162672.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

# by seokazuo | 2018-05-07 20:03 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 04月 29日

長い下り坂ではエンジンブレーキ多用

一昨日、蔵王・刈田岳(1,748m)より一気に下ったが、急坂のヘヤピンカーブが続き、相当な時間ハンドル操作、ブレーキ操作が忙しかった。
更にシフト操作も加わった。

シフト操作? オートマなのになぜ?

オートマでも下り坂では軽くエンジンブレーキがかかるが、こういう急な下り坂ではあまり効果はなく、どうしてもブレーキを多用することになる。

こういう時はマニュアル車が有利で、下り勾配の程度に合わせシフトチェンジすることで、エンジンブレーキ効果をコントロールできる。

幸い愛車にはマニュアル機能も装備されている。
通常の「Dレンジ」で走行中、レバーを右側にシフトすれば「Mレンジ」、つまりマニュアルに切り替えられる。
a0148206_10222680.jpg
「Mレンジ」に切り替えなくても、オートマ(7段)で走行中でも、シフト切り替えることもできる。

ハンドルの向こう側(裏側)に「バドルシフトレバー」が付いている。
走行中、左手でレバー(「ー」マーク)を引くと、1段シフトが下がる。
例えば6速で走行中、1回レバーを引くと5速に、もう1回引くと4速にシフトされる。
a0148206_10222707.jpg
一方右側のレバーを引くと、シフトアップされ、4速→5速となる。

写真は左手の指でバドルシフトレバーを操作している様子である。
a0148206_10222658.jpg
右手側は、「+」マークの付いているレバーがシフトアップ用のハドルレバーである。

a0148206_10222643.jpg
オートマで走行中、ハンドルを持ったまま、このパドルシフトレバーを操作することで、一時的にマニュアル車のように自由にシフトチェンジすることができる。

なぜこういうものが付いているのか?
マニュアル車の運転が楽しめるのは言うまでもないが、通常オートマで運転する我々にも便利な機能である。

下り坂ではブレーキだけに頼るのは危険であるため、勾配、速度に応じシフトチェンジすることで、エンジンブレーキ効果をコントロールできる。
急な加速をしたいときや上り坂などでも、シフトダウンすることで加速力を強化できる。
なお、最近の車は、エンジンブレーキ時には、燃料がカットされるので、燃費向上にも寄与している。

今では普通の下りや停車など減速時にも、このバドルシフトを活用している。

この歳になって新しい車に乗り換えると、戸惑うことも多いが、こういう新機能に直面するのも、老化防止にいいかなと思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-04-29 11:01 | 車・写真・カメラ | Comments(0)
2018年 04月 27日

蔵王エコーラインが今日開通

蔵王エコーラインは、蔵王連峰を東西に横断し、宮城県と山形県をつなぐ山岳観光道路である。
宮城県道、山形県道12号線(65km)の一部区間(26km)である。

豪雪地帯に位置するため、11月初旬から翌年4月下旬まで、ほぼ半年間は冬季閉鎖される。
春の冬季閉鎖解除直後は道路横に車高を超える雪の壁がそびえ、「雪の回廊」となる。

本日4月27日、開通した。
さっそく「雪の回廊」を見に行くか・・・
今日はあいにく曇り日和だったが、明日から連休に入るため混雑が予想されるので、敢えて今日決行。

蔵王エコーラインは、蔵王刈田岳(1,758m)のほぼ頂上場近く(約1,600m)を越えて山形県に入る。

a0148206_21434928.jpg
M
今年は例年より雪が少なかったようで、雪の回廊も平年より2m程度低いという。
a0148206_21423112.jpg
a0148206_21432309.jpg



もっと高いところもあったが、車を止めるところがなく、撮ることができなかったのが残念。

刈田岳の頂上まで車で登れる。
a0148206_14434558.jpg

刈田岳頂上から見下ろすと、蔵王観光のハイライト「御釜」が。
火口の底に水が溜まってできた火口湖である
a0148206_21431144.jpg
a0148206_21553344.jpg
御釜の湖水は、火山活動によって度々沸騰しているらしいが、まだ一部凍っていた。
水は常に淡い緑色に濁り、その色調は季節によって様々である。水質は酸性で、生物は一切生息していない。

今日仙台市は20度を超えたが、刈田岳頂上は3度!しかも風が強く、体感温度はおそらくマイナスだったと思う。とにかく寒かった。
念のためにと持参したセーター、コートが大いに役立ったのは言うまでもない。
a0148206_21430381.jpg
刈田岳(1,758m)まで一気に登ってくれた我が愛車、ご苦労様でした!
a0148206_21431542.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

# by seokazuo | 2018-04-27 22:15 | 日帰り圏 | Comments(0)
2018年 04月 18日

咲いた!カタクリの花がひとつ

毎年この時期、いつも妻が待待ち焦がれていたのが、我が家の片隅にいつも咲いてくれるカタクリの花。
毎日庭を隅々まで巡回?しながら、目覚めてくる花たちをひとつひとつチェックしていた。

このカタクリの花が咲くと大喜びで呼びに来ていた、「咲いたわよ!」

昨年は入院中でそれどころではなかったせいもあり、気が付かなかったが、今年、咲いたのに気が付いた、一輪。
a0148206_20350175.jpg
妻を呼びに行きたい・・・「咲いたぞ!」と。


もう1年半、我が家の庭は放置されている。
それでもこの時期になると、ひとつ、ふたつと花が咲いてくる。
妻が一生懸命手入れしている頃とは比べようもないが、我が家に庭にも小さな春がやってきている。
a0148206_20432098.jpg
a0148206_20431412.jpg
a0148206_20425684.jpg
a0148206_20420416.jpg
a0148206_20411934.jpg
a0148206_20410971.jpg
a0148206_21013618.jpg
a0148206_20424849.jpg
a0148206_09474746.jpg
a0148206_09474816.jpg
a0148206_09474747.jpg


などなど・・・

去年の生き残りのチューリップが、数はぐっと減ってしまったが、かっての面影を思い起こさせてくれる。

a0148206_20510595.jpg
これからも、山野草をはじめ、次々に目覚めてくることだろう。

自分は今までは花は撮るだけ、自らいじることはなかったし、これからも無理と諦めている。
やるとしても、たまに鉢植えを買ってくるのがせいぜいだろう。

年々妻の思い出の花も少なくなっていくだろうが、家族、友人、近所の方などに、株分けやタネを配ったのが、いまもちゃんと咲いてくれていることだろう。
そして信じている、これからもずっと・・・

花を愛した妻の思いは、永遠に引き継がれていくのを願っている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










[PR]

# by seokazuo | 2018-04-18 21:07 | 花・鳥獣・自然 | Comments(2)
2018年 04月 14日

軽くランチ

今日は朝食が遅かったため、軽めのランチにしようと入った食事処、しゃぶしゃぶがメインの和食レストランだった。

とてもしゃぶしゃぶは食べる気がしない…
結局、単品リストから選んだのが、

a0148206_15503833.jpeg
シェフお勧めの寿司と串カツ5点盛り。
もちろんこの組み合わせは初めてだったが、こういうランチメニューが選べるというのは日本だから、ありがたいグルメ王国である。



-------------------




[PR]

# by seokazuo | 2018-04-14 15:56 | グルメ・飲食 | Comments(0)
2018年 04月 10日

スカイツリーから東京ツアー

半蔵門線で押上まで行き、スカイツリーの写真でも撮ろうかと思っていた。
入口に表示されている視界では富士山には×が付いていたので、遠景は期待できない。
a0148206_08513149.jpg

a0148206_08522427.jpg
ちょっと迷いもあったが、展望台まで登ることにした。
開業1ヵ月で登ったことがあるが、その時は夜であった。

地上350mの第1展望台までのエレベーターは40人乗りで約50秒間(分速600メートル)、あっという間に着いた。
a0148206_10033476.jpg
a0148206_08535380.jpg
<西方向より少し南>
新宿方面、下に延びる線路は東武電車(スカイツリーライン)。
中ほどのビルは隅田川沿いに建つアサヒビール本社、あのユニークな黄色いモニュメントですぐ分かる。
a0148206_09050177.jpg
a0148206_09072245.jpg
ここから右側に移動すると浅草寺がある。
a0148206_09085240.jpg
1月に浅草に行ったとき、隅田川の浅草川岸から撮ったスカイツリー。(参考挿入)
a0148206_19353664.jpg


<西方向>
浅草寺から上の方向に目を向けると、中央横方向に広がる緑の部分は上野恩賜公園、その向こう側に見える中央のビル群はサンシャイン池袋など、池袋エリアである。
a0148206_09104637.jpg
少し左にスライドすると、中央やや右側に白い東京ドームが。
左遠方のビル群が新宿、ツインタワーの都庁も確認できる。
a0148206_15075177.jpg

<南西方向>
大手町方面。右側に広がる緑が皇居。
逆光のため見ずらいが・・・
a0148206_09165288.jpg
ちょっと左方向に移動すると、東京タワーが。
東京タワーのやや右側に虎ノ門ヒルズ、六本木ヒルズなどが見える。
東京駅もこの方向にある。
東京タワーの左遠くに見えるビル群は品川エリアであろう。
a0148206_09183319.jpg

<南方向>
ぐっと左側に移ると、東京ゲートブリッジが確認できる。
a0148206_09322040.jpg
<南東方向>
更に左に移動すると、荒川の向こう側右端に葛西臨海公園、その向こう側に東京ディズニーランドのエリアが広がる。
a0148206_19411516.jpg
<北方向>
北側に目を向けるとさいたま新都心、日光方面。
隅田川にかかる橋は手前より桜橋、白髭橋。太陽光線が順光のため画像がクリアに見える。上のディズニーランドなどは逆光のため分かりずらい。
a0148206_09533088.jpg
ガラス床、真下は350m!安全とはいえ上を歩くのも落ち着かない。
a0148206_10445563.jpeg
a0148206_09594935.jpg
30分程度での東京遊覧、
都内も結構歩いているので、地理的位置関係の整理には良かった。

もう一度振り返ってスカイツリーを後にした。
a0148206_11001755.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











[PR]

# by seokazuo | 2018-04-10 22:37 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 04月 10日

女性専用車

いつものように?どこに行くとも決めないで、取りあえず電車に乗った。
田園都市線はそのまま地下鉄半蔵門線となる。

路線図を眺めてどこで降りようか?
渋谷、表参道・・・大手町、特別興味もわかないので、終点「押上駅」まで乗ることにしよう。スカイツリーの最寄り駅である。

ふと気が付いた。女性専用車だ!
a0148206_18182479.jpg
一瞬ドキッとしたが、男性も乗っている。
a0148206_18182808.jpg
ホームに降りたら電車が止まっていたので飛び乗ったが、女性専用車とは気が付かなかった。

よく読むと、平日は「始発から9時30分まで」とある。
今は10時過ぎ、何も問題はない。
腰を浮かせかけたが、座り直しのは言うまでもない。が、何となく座り心地は良くない。

思わぬところで気を遣う東京である。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-04-10 21:55 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 04月 10日

桜新町 サザエさん通りを散策

今回の東京の拠点は次男宅、世田谷区用賀である。
15分ほど歩くと桜新町、サザエさんで有名なエリアであり、以前にもよく二人で散策したものだ。

久しぶりに歩いた。
東急田園都市線「桜新町」駅のすぐ横に、サザエさん一家が待ってくれている。
a0148206_11053135.jpg
a0148206_11054326.jpg
a0148206_11055507.jpg
a0148206_11055942.jpg
浪平のあの大切な?1本、大丈夫だった。
昔、何者かに引っこ抜かれという事件が報道されたことがあった。
あの毛は弾力性が強く高硬度の特殊合金製ワイヤが使用されており、「鉄線よりはるかに強く、ペンチでは絶対切れない」「人力ではまずひっこ抜けない」そうであるが。
a0148206_11054773.jpg
通りは今、八重桜が満開、4月15日に桜祭りが開催されるとポスターがあったが、おそらくそこまでは持つまい。
a0148206_11120402.jpg
a0148206_11060446.jpg
この通りから南側に入った通りが「サザエさん通り」と呼ばれており、その先に長谷川町子美術館がある。
a0148206_11143710.jpg
この通りを歩くと、公共スペースのあちこちにサザエさんのイラストが施されており、左を右をときょろきょろしながら歩くのは楽しい。まさにサザエさんの町である。
a0148206_11144160.jpg
a0148206_11144768.jpg
a0148206_11145226.jpg
a0148206_15035851.jpg
a0148206_15041541.jpg

長谷川町子美術館までやってきた。
a0148206_11151033.jpg
ところが・・・「休館中」120.png
a0148206_11150399.jpg
これを見ただけでも来た甲斐があったということにしよう。
a0148206_11145949.jpg
桜新町も思い出の場所である。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

# by seokazuo | 2018-04-10 21:21 | 旅行・国内 | Comments(0)
2018年 04月 09日

二子玉川でランチ

今回の上京の拠点は次男宅、世田谷の用賀である。

田園都市線で一駅先の二子玉川を利用することが多い。
来るたびに感じるが、二子玉は進化し続けている。

a0148206_20553716.jpg
a0148206_20553793.jpg
a0148206_20553739.jpg
a0148206_20553737.jpg


都内にはこういう副都心があちこちにあり、わざわざ新宿や渋谷まで出かけなくても十分エンジョイできると思うし、それが東京の魅力である。

今日は両親はお兄ちゃんの入学式へ。
始業式で帰りの早かった孫(高1)とランチに出かけた。

ステーキでも食べたいというかなと予想していたが、意外にもお寿司が良いという。
a0148206_20553700.jpg
今日は二子玉の若者風の雰囲気の食事処でと期待してにやってのに。
でもデザートはやはり若い!というか、こういうデザートが寿司屋のメニューにあるというのは、さすが二子玉か?
a0148206_20553765.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2018-04-09 20:53 | 旅行・国内 | Comments(0)