日々を気ままに

seokazuo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 13日

今年もまた仙台光のページェント

仙台の誇るケヤキ通り「定禅寺通」を中心に、光のページェントが始まった。
「定禅寺通」は中央が遊歩道、その両側が片側2車線の車道、そして飲食店街に面する歩道となっており、長さは800m。

ケヤキは中央の遊歩道の両側、そして両側の歩道に1列の計4列として植えられている。

仙台の光のページェントは1986年に始まり、今年で26回目になるという。

昨夜歩いた。
a0148206_16511160.jpg
a0148206_16511928.jpg


中央の遊歩道に建つ女神?も何だか嬉しそう?
a0148206_16511435.jpg

上の写真も、下の写真もピントを銅像や手前の幹に合わせて撮っているが、結果としてランプ(LED)はピントがずれる。
このピンぼけを積極的に応用することで、ライトが幻想的に映る。こういう撮り方に興味がわく。

a0148206_16503356.jpg
a0148206_16503783.jpg
両側に建つビルのガラスに映ったイルミネーションも、賑やかさを増してくれる。
a0148206_16504827.jpg
30分毎に、ライトが一斉に消される。
そして、再点灯した瞬間の感動!一斉にどよめきが!
気の利いたサービスである。
a0148206_17232032.jpg

このメインストリートのほか、周りの公園にも色とりどりのデコレーションが。
a0148206_16510067.jpg
a0148206_16510550.jpg
ところで、昼間の「定禅寺通」はこんな感じ、全くイメージが狂ってしまう(笑)
a0148206_17022236.jpg
a0148206_17021826.jpg
昨年のこの時期、妻は近くの病院に入院中であった。
iPadで撮って病室で見せた。
嬉しそうに眺めていた妻はもういない・・・
a0148206_16502991.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





[PR]

# by seokazuo | 2017-12-13 17:13 | イベント | Comments(0)
2017年 12月 09日

久しぶりに女川へ

女川は仙台より東方約60km、太平洋岸に面し、サンマの水揚げは全国でも有数というの港町である。
先の東日本大震災では、高さ15m近くの津波に襲われ、町全体が壊滅的な被害を被った.

久しぶりのドライブで、松島から女川に向かった。
松島の景色は、当然のことながら変わらない。
a0148206_14170256.jpg
勝島から石巻を通過して女川に入った。
土盛りした上に、「シーパルピア女川」という新しい町通りが出来上がっていた。
a0148206_14204561.jpg
突き当りが女川駅である。
女川駅から、商店街を見下ろすと、海に向かっていた。
a0148206_14205956.jpg
まず腹ごしらえ、当然海鮮料理レストランへ。
a0148206_14324496.jpg
a0148206_14212055.jpg
メニューはいろいろあるが、オーソドックスな3色丼。
a0148206_14211697.jpg
a0148206_14255598.jpg
特に新鮮なホタテは絶品であった。

せっかく来たのだから、何か少し復興支援を考えなければ。
水産加工品など少し買ったが、ふと思いつて、遠くにいる親戚へのお歳暮の手配も行った。

遠くの高台では住宅の建設が行われているようであるが、いかにも時間がかかり過ぎている、そんな風に見えてします。
a0148206_14322981.jpg
a0148206_14320423.jpg
この日の気温は4度、しばらく歩き回っていたら体が冷え切ってしまった。
最後の締めは、女川駅舎の2階にある温泉「女川温泉ゆぽっぽ」で体を温めることに。
勿論、このコースは織り込み済みである。

この駅の2階部分を占めた明るくて広々とした温泉、贅沢な施設であった。
a0148206_14205450.jpg





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~













[PR]

# by seokazuo | 2017-12-09 22:00 | 日帰り圏 | Comments(0)
2017年 11月 20日

水沢うどん

a0148206_17082291.jpg
伊香保温泉を出発したが、榛名湖まで登り、また伊香保温泉に戻ってきた。

美味しいうどんがあるから食べていくという。
温泉街を通過して10分程、「水沢うどん街道」の看板が。

数キロmの間に、次々にうどん屋が並ぶ。
いままでうどん屋というのは、割に質素な店構えという印象を持っていたが、この街道に並ぶうどん屋はドンとした店構え、
御殿風のもあった。

一軒に入る。
a0148206_16504402.jpg
店内は絨毯が敷き詰められ、椅子、テーブルもうどん屋には似つかわしくないほど豪華なもの。
オーダーしたのは、
a0148206_16504449.jpg
うどんは太めで、つるつるとした触感、コシがあってうまかった。
うどんを作るときの水は、群馬の名山「榛名山麓」の湧水を使っているというのがおいしさの秘密?とも。

そのおいしさから、秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんと合わせて、日本三大うどんと称されているのだそうである。
正直、稲庭うどん、讃岐うどんは全国区という認識はあったが、群馬県の「水沢うどん」の存在は初めて知った。

こういう発見がある、旅というのはいい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









[PR]

# by seokazuo | 2017-11-20 17:11 | 旅行・国内 | Comments(0)
2017年 11月 20日

伊香保温泉に泊まる

古くから湯治場として有名な伊香保温泉、気になっていた温泉だったが、ようやく孫のお供でやってきた。

石段が伊香保温泉のシンボルである。
急傾斜地に作られた石段の両側に、温泉旅館、みやげ物屋、遊技場、飲食店などが軒を連ねている。
a0148206_10351390.jpg
a0148206_10351534.jpg
石段の下には源泉が流れ、各旅館に分湯されているという。
a0148206_10351584.jpg
a0148206_10351488.jpg
泊まった旅館は、歴史ある古い木造3階建て。
火が出たら?!
避難経路を確認したのは言うまでもない。

1920年(大正9年)に火災が発生し、温泉街を焼き尽くす大火となったという。
木造の建物が多いので、下の方から火事になったら、一気に上の方に燃え広がるだろうことは想像できる。
逆な言い方をすると、それだけ温泉街全体の防火意識は高いのだろうから、安心して泊まれるということ。

周りは紅葉が・・・
a0148206_10351665.jpg

温泉を発って榛名湖に向かったが、途中の展望台から、昨夜泊まった伊香保温泉が・・・
a0148206_10351314.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










[PR]

# by seokazuo | 2017-11-20 10:04 | 旅行・国内 | Comments(0)
2017年 11月 19日

わたらせ鉄道トロッコ列車で紅葉を

群馬県桐生から栃木県足尾を結ぶ「わたらせ渓谷鉄道」は足尾銅山全盛期に資材輸送に使われたが、銅山閉鎖後も観光路線として残されている。

孫のお供で、同線を走っている観光トロッコ列車に乗りに行った。

世田谷から東北道を走って、岩舟JCTから北関東道に入りしばらく走っていると、「あっ、富士山だ!」
車上から慌ててパチリ!高速走行中であり、防音壁や樹木などが邪魔して、苦労してようやく捉えることができた。
a0148206_14012048.jpg
わざわざ見に行ってもなかなか見えない富士山だが(このところ2連敗していた)、意外なところから見えるものである。
おそらく150km以上は離れているだろう。
時刻は8時前だったが、間もなく雲がかかってきて隠れてしまった。
貴重な一瞬であった。

桐生駅からは、トロッコ列車「わっしー号」に乗った。
a0148206_14012026.jpg
普通の気動車であるが、窓が大きく開く構造に改造されている。
ただ、さすがにこの時期は窓は閉まったままであった。
a0148206_21365352.jpg

渡良瀬川に沿って走り、紅葉が楽しまた。
a0148206_14012179.jpg
a0148206_14012293.jpg
a0148206_14012290.jpg
a0148206_14012364.jpg
足尾銅山の閉山跡はまだそのまま。
a0148206_14012467.jpg
終着駅は足尾の一つ先「間藤駅」
a0148206_14012564.jpg
帰りは、別のトロッコ列車「わたらせ渓谷号」である。
4両編成で、こちらは機関車が引いていく。
a0148206_17325928.jpg

中2両は完全にオープン!

ホームで待っている人はそれほどいないが、途中で団体客が乗って来てほぼいっぱい、ツアー客は一部区間だけを利用していた。
定員制のため、指定乗車券が必要で、三男夫婦は発売日にわざわざ新宿駅まで行って並んだという。
a0148206_17311709.jpg

この時期、涼しすぎるが!着込んで頑張っている人も多い。
a0148206_17383317.jpg


最初は寒さを恐れて、最後部に連結されている一般車に座っていたが、孫に勧められこちらに移動。
やはり景色を撮るには、ここがいい。


a0148206_17311640.jpg
a0148206_17311602.jpg


楽しませていただきました、ありがとう!
a0148206_14011958.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2017-11-19 14:16 | 旅行・国内 | Comments(0)
2017年 11月 16日

都心の紅葉は・・・

一ヵ月ぶりに、上京した。
一人生活を心配して、子供たちが孫のイベントなどを口実に呼び寄せてくれる。

東京都心部で紅葉は?と検索したところ、「神宮外苑のいちょう並木」と「小石川後楽園」がヒットした。
まず、「小石川後楽園」へ。

孫の住んでいる世田谷区千歳船橋からは、小田急線、大江戸線で1時間はかからなかった。
小石川後楽園は、江戸時代に水戸徳川家の江戸屋敷に造られた日本庭園である。
a0148206_11514678.jpg
すぐ隣がドーム球場、そんなところにこういう静かな公園があるとは!
というより、その脇にドーム球場が造られたわけである。

a0148206_11514785.jpg
ビル街と日本庭園の共存、東京の特徴かもしれない。

紅葉はやや早過ぎたようだが、気持ちよく散策できた。
a0148206_11514736.jpg

次は外苑のいちょう並木へ。
a0148206_11514954.jpg


やはり都心部では一番人気が高いだけのことはある。
ウイークデーにもかかわらずすごい人出である。
a0148206_11514635.jpg
a0148206_11514832.jpg
並木通りの入り口にあるレストランで早めのランチ(11時半頃だったが)を予定していたが、すでにどこも長者の列、
待ち時間が1時間以上と!
諦めて次を探すことに。

表参道まで歩いたところで、幸いスペイン料理のレストランが見つかった。
思いのほか美味しく、飛び込みにしては大当たり!
a0148206_12233334.jpg

この日歩いた距離は16000歩、東京ではいつのまにやら歩いてしまう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

# by seokazuo | 2017-11-16 11:28 | 旅行・国内 | Comments(0)
2017年 11月 09日

松島にも紅葉がやってきた

松島にふらり・・・
a0148206_11505838.jpg
a0148206_13534561.jpg

このエリアにも紅葉がやってきた。
a0148206_11505796.jpg
a0148206_11505829.jpg


上を見上げても
a0148206_11505765.jpg
a0148206_11505586.jpg

ちょっと見えるのも松島らしい。
a0148206_11505676.jpg
片道1時間弱のドライブ、
車を乗り替えて4ヵ月過ぎたが、まだ2000kmを越えない・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2017-11-09 11:58 | 季節・景色 | Comments(0)
2017年 11月 02日

身体を動かすために通い出した

あんなに歩いていたのに、ひとりになってあまり歩かなくなってしまった。
勿論、街中に出かけた時とか、ゴルフなどではそれなりの歩数にはなるが。

身体を動かす何かを考えなければならない・・・
新たに始めたのが、近くにある東北福祉大の社会貢献施設「元気塾」通いである。

いままでこの前を通っても、あまり関心はなかったが、ちょっと覗いてみた。
同じ町内会の一角にあり、歩いて10分余りの所である。
a0148206_09481825.jpg

いわゆるジム的に肉体改造を目指すような大げさな施設ではなく、高齢者の健康維持を目的にという希望にも適しているような施設のようであった。
取りあえず入塾し、3日間個人指導を受け通い出した。
a0148206_09481985.jpg
いろんなトレーニングマシンがあり、腕力、脚力に応じ、自分で設定して使う。
個人指導時、器械の扱い方、設定基準など、個人ごとに示された。

a0148206_12232528.jpg

この器械では、腕力で前に押すトレーニングマシン、
負荷10kg、15回を3サイクル・・・
次のステップでは負荷を15kgへ、
自分の体力に無理のない範囲で、段々増やしていく。
必要に応じ指導員に相談する。

自転車の例、
負荷を40~50Wに設定し、時速13~15km/Hのペース、
15分もこぐと汗がにじんでくる。
これだけこいでも、たった40Wの電灯を点灯するだけ?

この間に消費したのは、60Kcalにすぎない。
自転車の場合、常時脈拍を監視し、指導員の指示に従って110をオーバーしないようにコントロールしている。

各種器械を一巡するのに、およそ1時間あまりかける。
最初と最後に15分のストレッチ体操の指導もあり、2時間程度で終わる。

午前中、ここに通い、午後からはゴルフの練習場へ、
そういうがんばる日もある。

ここに通い始めて1ヵ月あまり、しばらくは続けられそうである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2017-11-02 10:35 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 10月 31日

早々とスタッドレスタイヤに

例年に比べ1ヵ月早い?
今日冬タイヤ、スタッドレスに交換した。
a0148206_16360971.jpg
新しいスタッドレスタイヤの顔?
各メーカーによって、原理が異なり、顔つき?もさまざまである。
a0148206_16360999.jpg
普通のタイヤより溝が深く、細い溝がたくさんあり、圧雪や凍結路面には強いが、交差点や坂道などでのアイスバーンは特に注意が必要である。
過去に、工事中で鉄板が敷いてあった道路でブレーキをかけたらスリップしてヒヤッとした経験がある。

いずれにしても、スタッドレスタイヤへの過信は禁物である。

早々と交換するのはいいが、雪道に比べコンクリートやアスファルト道路ばかり走ると、当然摩耗が早くなる。

ただ、冬季期間でも、仙台付近の幹線道路は除雪が行われるので、日常生活で雪道を走るのは、例えば団地内などの裏道とか、急に雪が降ってきた時ぐらいであるので、おそらく99%はコンクリートやアスファルト道路を走っていると言っても過言ではない。
その1%のために履き替えるようなものである。

ここ数年、スキー場や地方の雪道を走った記憶はない。
いや、雪が降ったら車には乗らないようにしている。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2017-10-31 17:15 | 車・写真・カメラ | Comments(0)
2017年 10月 26日

紅葉は鳴子峡

宮城県で紅葉の名所と言えば、何といっても鳴子峡である。
鳴子峡の紅葉がいま見ごろであるという情報を得て、そしてこの上ない好天に誘われ、ふらりと出かけた。
我が家から70kmあまり、2時間のドライブである。

こういう時は、妻は何も言わずに助手席に座ったな・・・


鳴子峡は大谷川という川が侵食して形成され、落差80~100mの断崖が、長さ4~6kmにわたって続き、
上流側には中山平温泉、下流には鳴子温泉がある。

陽の光線の当たり具合から、できるだけ早い時間帯が良いこともあり、7時前に出発。
予想通り、見事であった。
大谷橋をバックに・・・このアングルがもっとも典型的である。

a0148206_17305905.jpg
橋の上から眺める人もたくさん・・・
a0148206_17314511.jpg
a0148206_17312311.jpg

遠く山の山頂に向かって鳴子スキー場とそのロープウエーが。
a0148206_17303259.jpg
a0148206_17311258.jpg
こういう看板が。
a0148206_17303996.jpg
渓谷へ降りる遊歩道があるので、少し下ってみた。
橋を見上げる。
a0148206_17312841.jpg
a0148206_17311615.jpg


レストハウスも込み合い始めてきた。中国人客がこんなところまで押し寄せている。
a0148206_20453370.jpg

大谷橋の上からの眺めも人気が高い。
a0148206_17313326.jpg
下を覗くと、JR東日本の陸羽東線のトンネルの出口が。
a0148206_17313679.jpg
a0148206_17314192.jpg

実は9月初めに、リゾート列車でこの線を通過したとき、トンネルを出て一瞬この橋が見えた。
下の写真は<2017-9-1撮影、ブログ:リゾート列車「みのり」に掲載>
a0148206_16444477.jpg

すぐ近くの中山平温泉でひと風呂浴びるのも予定通り。
a0148206_17304628.jpg
帰りは山形県ルート、村山市、東根市経由とした。
先のリゾート列車で回ったコースを、今回は車でトレースしたようなものである。

ランチは東根市のよく利用するそば屋。
遅いランチでおなかも空いていたので、つい大盛りの板そばをオーダーしてしまったが、あまりの多さに後悔!
a0148206_17304955.jpg
山形に来たときは、必ずと言っていいほど、この「板そば」を食べることにしている。

この店には、サラダバーがあった。
自分で取りに行くときは、置いてある手袋(ビニールの使い捨てタイプ)をはめてくださいという。

トングを持つ手に手袋をするわけである。
例の「O157」対策である。

スーパーの総菜コーナーでもやっているかどうか?知らないが、こういうところでも気を遣ってとは!

走行距離は195km、それでも早々と15時過ぎには帰宅、
心配しているであろう家族にLINEで、「無事帰宅」のメッセージを送った。
遠出する時には、家族に連絡するようにしている。




<参考>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

# by seokazuo | 2017-10-26 21:01 | 季節・景色 | Comments(0)
2017年 10月 25日

1年ぶりの飲み会

もう何年続いているだろうか、仕事関連で懇意にしていただいた5人の仲間が定期的に集まってワイワイ・・・
「5人会」と称している。

ただ、妻が倒れたのは丁度1年前、それ以降この会は自粛されていた。
当方のブログを見た幹事役さんが、このところの立ち直り具合を見て、再開の声がかかった。
飲む会から久しく遠ざかっていただけに、二つ返事でOKしたのは言うまでもない。

こういう飲み会は1年振りだろう。
1人の方は体調がすぐれないとのことで、4人が集まった。

皆さんは妻の葬儀にも参列していただいており、またメールのやりとりなどで、ある程度の情報交換はやっていたが、
こうやって酒を酌み交わしたのは、本当に久しぶりであった。
a0148206_16382217.jpg

楽天イーグルスの頑張り、ゴルフの松山選手の話など、ご当地関連から今回の総選挙に至るまでのトピックスから、お互い高齢化の健康問題などの悩み、そして最後は「遺言書はしっかり書いておくべきだ」(ということは、だれもまだ書いていないようだ)など、話はあちこち飛んでしまったが、そういうたわいもない話が、まさにお酒をおいしく飲むたもの肴になっていたのは言うまでもない。

生ビールでの乾杯の後は東北の銘酒めぐり・・・この集いのいつものパターンである。

次の例会は12月、開催頻度は以前に戻りそうである。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





[PR]

# by seokazuo | 2017-10-25 17:00 | 家族・友人 | Comments(0)
2017年 10月 20日

秋保温泉でのんびり過ごす

小雨模様の寒々とした天気が続いている。

いままではシャワーで済ませていたが、ぼつぼつ入浴に切り替えざるを得なくなった。
ふと思いついて温泉にでも行ってみるか・・・

秋保温泉まで車で30分弱、着替えをアレンジしてすぐ出かけた。
いわゆる「日帰り入浴」のつもりだったが、どうせ昼食もどこかで食べるわけだから、「ランチ付き入浴」で予約しておいた。

予約は前日までとなっていたが、OKという。
OKのはずである、ホテルの客の姿も少ない。
a0148206_10505131.jpg

a0148206_10505156.jpg
レストランからは美しい渓流が臨めるが、紅葉はきれいだろうな。
ひとり分の席、何とも言えぬ寂しさが・・・

a0148206_10505035.jpg
a0148206_10505055.jpg
a0148206_10505136.jpg

かけ流しの風呂は貸し切り状態!
いつもは”烏の行水”、さっさと上がるのだが、久しぶりに長湯してしまった。
2時間の滞在。

5~6年前、妻がここで女子会をやるというので、送り迎えをしたことがある。
このホテルの「ランチ付き温泉入浴」だったと思う。

行く先々に妻の名残がある・・・



秋保温泉に来たときは必ず寄る「さいち」というスーパーがある。
おはぎで有名で、連日行列ができるほど人気がある。
最近のネットの影響で、まさに全国区的に広まっているようである。

14時過ぎており、棚には何も残っていなかったが、まもなく追加分がワゴンで運ばれてきた。
待っていた人が次々に・・・ようやく確保!
a0148206_11045421.jpg
勿論今夜の主食である。
何といってもあんこの量が違う!
a0148206_11045404.jpg
また、ここの煮物が気に入っており、いつもセットで購入している。
a0148206_11045323.jpg
のんきな一人暮らし、そういうべきかもしれない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





[PR]

# by seokazuo | 2017-10-20 22:00 | ご当地 | Comments(0)
2017年 10月 14日

国立、立川方面へ

一番下の孫のサッカーの試合があるというので、応援に出かけた。
試合会場はは立川市の小学校、三男の住んでいる世田谷からは車で1時間以上はかかる。

途中、ちょっと寄り道をするからと案内されたのが、国立市にある三男の卒業した大学である。
「お父さんは来たことはないよね!」

今では親が子供の入学式や卒業式に参加するのは当たり前の時代であるが、高度成長期の真っただ中だった当時は、会社を休んでまで行くなど考えられない、そういう企業の一員だった。

当時は休日出勤も当たり前だから、運動会にも出た記憶もない。
「親子ゲームには、男の人に交じっていつも私が走ったのよ!」妻によく皮肉を何回も言われたものである。


大学の構内は昔と変わらないと言う。
武蔵野の雑木林に囲まれ、自然環境に恵まれた美しいキャンパス、80年の伝統を感じさせる。
一般の人も出入りは自由であり、家族連れの憩いの場所にもなっていた。
a0148206_11202673.jpg
「この兼松講堂で入学式、卒業式が行われたんだよ!」
これも皮肉以外の何物でもない。
a0148206_11201867.jpg

卒業式には確か妻が出席してくれたと思う。


孫のサッカー試合は、都内の2年生の18チームが出場したローカルな親善試合のようだった。
選手交代で、母親が一番恐れていたキーパーに!
a0148206_11365568.jpg
a0148206_11370844.jpg

結局2点とられ、0-2で負けてしまった。
本人がそれほど落ち込んでいなかったのが、救いである。

秋晴れの気持ちよい良い一日であった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

# by seokazuo | 2017-10-14 11:55 | 家族・友人 | Comments(2)
2017年 10月 12日

久しぶりの親子対決

離れて暮らしているので、親子で一緒にゴルフを楽しむ機会はめったにない。
3連休に急遽、親子対決が実現した。

場所は埼玉県のさいたまゴルフクラブ、次男、三男、そして三男の義父でプレーした。
a0148206_15162011.jpg
a0148206_18271579.jpg
次男はダントツで上手い。フォームが違う。
a0148206_15175729.jpg
a0148206_15175752.jpg
三男は自分と同じようなスコア?、とは言え、こちらはシルバー・ティ(レギュラー・ティよりかなり前に設けられている)から打つわけだから、かなりのハンディをもらっての話である(笑)
a0148206_15210018.jpg
三男の義父も当方より若いとはいえ、レギュラーティより打っているし、スコアもかなり離されてしまった。
地元であり、プレイ回数がかなり多い・・・言い訳はいくらでもある(笑)

a0148206_15303214.jpg

現役時代は、北海道から沖縄までゴルフをやる機会に恵まれていたが、埼玉県でのプレーは初めてであった。

初めてのゴルフ場というのは、未知の世界?で、いつもワクワクするものである。
20数年前に念願の「ゴルフ場100ヵ所を廻る」を達成するまでは記録していたが、目標は達成したので、その後は記録を止めてしまった。
今回で何ヶ所目だろうか・・・

久しぶりに親子対決が実現し、嬉しかった。
帰宅して妻の遺影に報告したのは言うまでもない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~













[PR]

# by seokazuo | 2017-10-12 15:58 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2017年 10月 11日

孫が講道館に

長男の次男、小5の孫が柔道をやっている。

9月に行われた団体戦(5人制、仙台大柔道塾として参加)で宮城県大会で優勝し、12月に行われる東北大会に進むことになっている。<関連ブログ>


これとは別の柔道大会であるが、今回、宮城県代表(チームは5人、団体戦)として講道館での全国大会に出場した。
宮城県大会で、上位3チームの中から、5名(4~6年生)がピックアップされ、県代表に選ばれた。

今まで縁のなかった講道館である。こういう機会はないので、応援に行った。
意外であったが、講道館は8階建てのビルである。
しかも大道場は、最上階にあるのにはびっくりした。
a0148206_20045165.jpg
a0148206_20050493.jpg
到着したときは、すでに開会式が始まっていた。
本大会は文部科学大臣杯を争奪する大会である。
a0148206_20101129.jpg
a0148206_20102164.jpg
来賓席には、丸川珠代オリンピック担当大臣(右から2人目)や片山さつき議員(左から3人目)の姿も。
a0148206_20103085.jpg
宮城県代表は右から4列目の5人。メンバーには女の子もひとり入っている。
a0148206_20102687.jpg
開会式が終わると、さっそく選挙活動か?
a0148206_20262506.jpg

トーナメント方式で試合開始。
a0148206_20103355.jpg
1回戦の相手は岡山県。本人は引き分けだったが、チームは勝った。右側が宮城県チーム。
a0148206_20262765.jpg
2回戦の相手は静岡県。本人は技ありで勝ったが、チームは残念ながら2:3で惜敗。
a0148206_20262758.jpg

a0148206_20262781.jpg

今回は東京に住んでいる、次男、三男家族も応援に駆けつけてくれ、瀬尾家総動員の応援となった。
我が家族は言うに及ばず、親戚中を探しても、スポーツで全国大会に出たというのは、勿論初めてのことである。

大会は午前中に終わったので、急遽一緒にランチしようということになった。
本人の希望を聞いたら「ゴールド・ラッシュ」のハンバーグが食べたいと。ネットで調べ、父親(長男)にねだって食べることにしていたらしい。

新宿東口にあるというので移動。
「ゴールド・ラッシュ」は知らなかったが、お笑いタレント、「出川 哲朗」がおいしいとTVで紹介したとかで、若者に人気の店になっているそうである。
覚悟はして伊熱田が、入口には長い行列!!
40分程度待たされただろうか。

普通のハンバーグのようだが・・・今日は孫が主賓だから。
a0148206_21024599.jpg

本人も満足してくれたようだし、お陰様で臨時の家族会になった。

「来年もまた頑張って、講道館に連れて行ってね!」みんなからの声援に、本人もその気でいるようだった。

来年もまた、東京で家族会、
頼むぞ!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

# by seokazuo | 2017-10-11 21:33 | イベント | Comments(0)
2017年 10月 04日

今夜は中秋の名月

今日10月4日は「中秋の名月」である。
空を見上げても雲が多く、かすかに月の存在を確認できる。

右側に雲の切れ目があるので、しばらく待った。
ほんの5、6分の勝負、何とかカメラに収めた。
a0148206_21541495.jpg
もう少し引き寄せた。
a0148206_21542916.jpg

中秋の名月は満月と思いがちだが、今年は満月は10月6日となっている。

さらに拡大してみると、満月ではないことが分かる。
a0148206_21543410.jpg
右側に比べ左側にはクレーターが見える。
つまり、太陽が真後ろより少しずれていることを意味する。

満月、つまり太陽が真後ろにあると、月全面に均一に光が当たるので、クレーターの存在は見えないはずである。


なぜ、今年は中秋の名月が満月ではないのか?
調べてみると、次のように解説されている。

<中秋の名月は旧暦の8月15日である。
旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくった。旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じ、つまり、新月が次第にふくらみ満月となり、やがて欠けてまた新月となっていく──そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められている。

そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになった。
ただし前述したように、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多い。今年の場合、実際の満月は10月6日で中秋の名月は満月一歩手前の月である。>


硬いことは言わずに、今夜は中秋の名月、満月であると信じておけばよい。
望遠レンズでわざわざ引き寄せて、難しいことを言うのはまことに風情がない(笑)




[PR]

# by seokazuo | 2017-10-04 22:13 | 季節・景色 | Comments(0)
2017年 10月 02日

あれはニューヨークだ!

アメリカのゴルフ・ツアーPGAで活躍している松山秀樹が、プレジデンツカップに参加し、4日間毎日テレビで応援した。

プレジデンツカップというのは、アメリカ選抜とアメリカ以外の世界選抜の対抗戦で、
今年度の成績で選ばれたそれぞれ10名のトッププロだけが出場できる。
松山は世界選抜の一員として参加し、活躍した。

ただ結果はアメリカチームの圧勝で終わった。

ゴルフの話はここまで。

テレビを観ていると、時々遠くに高層ビル群が見える。
どう見てもあれはニューヨークのマンハッタンである。
a0148206_20301997.jpg

また自由の女神像も時々現れる。

地図(グーグル)を調べてみると、今回開催されたゴルフ場「リバティ・ナショナル・ゴルフ・コース」は、マンハッタンの西側を流れるハドソン川河口の対岸に位置している。
地図上、左下の赤マーク。

なお、自由の女神像はこのゴルフ場とニューヨーク・マンハッタン島(右上)の中間にある二つの島の下の方(南側)の小さい島、リバティ島に建っている。
a0148206_20302027.jpg
右上がマンハッタンの南端で、例の9・11事件のあった「ワールドトレーディングセンター」が建っていたエリアである。
a0148206_20301909.jpg
上の写真の左側に建っている一番高いビルが、跡地(グランドゼロ)に建てられた新しい「1ワールドトレーディングセンター」ビルである。

<次の写真は、2013年11月ニューヨーク訪問時に撮影したもの。当時このビルはオープン直前であった。>
a0148206_20432628.jpg

テレビを観ていると、こういう懐かしい風景がよく出てくる。
今回もゴルフ応援していて・・・

そのたびごとに、妻と一緒に旅したことを思い出してしまう。

<参考ブログ>





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2017-10-02 20:54 | イベント | Comments(0)
2017年 09月 30日

虹に向かって打つ

ひとりになると、歩くことが極端に減ってしまった。

歩くためにただ歩く、というのはなかなか長続きするものではない。
今日のランチは、あそこに行こう・・・
今日のショッピングはあそこへ・・・
歩くために旅行に行くことも・・・

結果としていつのまにやら歩いてしまった、というのがふたりでの散歩のパターンであり、長年続けることができた。


できるだけ体を動かすように努力しているが、そのひとつがゴルフの練習再開である。
ただ、クラブを振り回すだけであるから、練習だけではあまり運動にはならない。
あくまでもきれいな芝の上を歩いて、歩数を稼ぐための準備である。

今日も行きつけの近くの練習場に出かけた。
ふと気が付くと、虹が出ている。
a0148206_20473309.jpg

最初は右側だけであったが、円弧がだんだん左側へ成長して見事に完成!
まさに虹に向かって打つ!!!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2017-09-30 20:57 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2017年 09月 24日

寝袋の活用

朝夕めっきり涼しくなり、毛布が欲しくなる。

寝相が悪いのか、ちょっと暑いと布団や毛布がベッドよりずり落ちることがよくある。

そこで頭に浮かんだのが、シュラフ(寝袋)である。
昔、キャンプで使った記憶があるだけで、何十年もその存在すら忘れていた。
いつものように思い立ったらすぐ行動する・・・即アマゾンを開く。

使ってみると、これがいたって調子が良い。
a0148206_19454976.jpg
昔はごつごつ感があったように記憶しているが、最近のものは羽毛布団のようにソフトで肌触りもよい。

袋の中に入るから窮屈ではないか?
ゆったりしており、左に右に寝返っても余裕がある。
笑いたくなるぐらい暖かい。

少し暑いときはジッパーを開いておけばよい。
決してベッドからずり落ちることはない。

ジッパーを全開すれば、広い掛け布団になる。
a0148206_19454883.jpg
今回試しに購入したのは、薄手の寝袋だったが、厳寒用のをもう一つ買ってもいいかなと思っている。

またこれは丸ごと洗濯機で洗うことができるので扱いやすい。

リビングに床暖が入るころになったら、これをもってリビングで寝る?(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2017-09-24 20:01 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 09月 22日

トンボが飛び交うゴルフ場で

今何をすべきか・・・

考え込むといろいろあるが、今は何といっても健康を維持すること、体を動かすことである。
そうなると考えられるのはゴルフしかない。

1年ぶりに練習を再開した。

そして今日、会社仲間のコンペに参加した。
快晴、気温23度、心地よい秋風、そして飛び交うトンボたち、
忘れていたゴルフの楽しさを思い出させてくれた。

ロングホール、
a0148206_21081469.jpg

ショートホール、
a0148206_21081478.jpg

真っ青な芝生を歩くのが最高に楽しい。
今日は12000歩あまり。

ゴルフをやっているときは、他のことは一切考えない。
これがなによりも精神衛生上よい。
ゴルファーだけの特権である。

これからも機会を見つけて、できるだけゴルフの回数を増やすようにしたい。

このゴルフ場は我が家からはやや遠く30kmあまり、
往復のドライブも最高の気分転換になる。

久しぶりに爽快な一日を過ごした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





[PR]

# by seokazuo | 2017-09-22 21:23 | ゴルフ・スポーツ | Comments(0)
2017年 09月 21日

寝不足気味・・・

a0148206_19381372.jpg
この写真は何?
言い当てる人はまずいないであろう。

このところずっと睡眠不足気味である。
寝つきは割にいい方だが、真夜中、2~3時になると目が覚めてしまう。
特にトイレのせいではないようである。
後は明け方までうとうと・・・こういう状態が続いている。

よく大リーグの試合とか、米国ゴルフツアーで日本人が活躍すると、どうしてもその頃起き出してテレビを見ることが多いが、
昔から妻にそれはそうでしょう!とよく言われたものだ。

当然、昼間に眠くなることがあるが、体調が特に悪いわけではなく、日常生活への影響はない。

2ヵ月ごとに通っているかかりつけ医に相談し、睡眠薬を出してもらった。

今まで睡眠薬なんて飲んだことはない。
一旦薬に頼り出すと、もう止められないのでは?と素人は考えてしまい、しばらく手を付けないでいた。

しかしとうとう飲んだ。
まず半分から始めてみようと、半分からスタートすることにした。
割った残りが、上記写真である。
青い葉っぱのような絵は、薬を置いた小皿の絵柄である。

半分しか飲まなかったが、結構効いたようで、朝まで目が覚めなかった。
ただ、次の日は飲まなかったら、やはりいつものように3時に目が覚めた。

さて、今後どうするか・・・迷っている。


今までも眠れないとき、風邪薬を飲むと、それが結構効いたことがある。
風邪薬にもいろいろあり、睡眠効果のあるのとないのがあるという。

我が家には専属薬剤師がいたので、薬に関してはいつも安心して任せられた。
ちょっと調子が悪いというと、すぐに「これ飲んで」とくる。

孫が熱を出したり、何か体調に異常が出ると、すぐに母親(嫁)から電話が入り、妻に相談していた。
病院が休みの日など、電話するだけでも心強かったようである。

しかし、いまはもうその専属薬剤師はいない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2017-09-21 19:48 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 09月 20日

灯油タンクの修理で思うこと

我が家は風呂などの給湯と床暖房は灯油式である。

200Lの大型タンクを設けており、生協におまかせ給油をお願いしている。
定期的に給油してくれるので、灯油で手を汚すことはない。
a0148206_14092446.jpg
冬場は床暖房の消費が多くなり、毎週給油に来てくれないと追いつかない。

先日、たまたまタンクのそばを通った時、地面が湿っているのに気が付いた。
タンクの下部についている水抜き部のキャップからぽたぽたと(2秒に1滴程度)落ちていた。
a0148206_14092556.jpg

応急処置として、シーリングテープ(もともと水道補修用)を巻き付けて、油漏れを抑えた。
a0148206_14092479.jpg

こういう場合、修理はどこに頼むのか?

近くのホームセンターに行ってみると、灯油タンクを扱っていた。
事情を説明して修理できないか相談したが、20年以上も経つタンクの修理は無理だという。

仕方がない、タンク自体を取り替えるか・・・その時はそう覚悟をした。

一旦帰宅して生協に電話して、タンクのメーカー、型式などを伝え修理の可否を問い合わせたところ、修理可能という。

そして今日、生協指定の業者がやってきて、30分足らずで簡単に修理してくれた。
キャップを交換し、ボイラー周りを含めてのパイプの水抜きをして終わり。
a0148206_14092441.jpg


必要時はタンクの交換も請け負うという。

機器が壊れた時は、どうしても機器メーカー方向に目が向いてしまいがちだが、
そうか、こういう時は生協に相談すればいいんだ!

我が家も建って20年を超えた。
いろんなところでトラブルが発生しても仕方がないが、そういう場合、どこに相談し、どういう手を打つべきか?
悩ましい問題が増えてくる。

高齢化社会の問題が、こういう形でも、自分周りにもひたひたと押し寄せてきていることを実感せざるを得ない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






[PR]

# by seokazuo | 2017-09-20 14:23 | 生活・日常 | Comments(0)
2017年 09月 18日

孫の柔道試合応援、逆転の一本

小5の孫が柔道をやっている。
仙台大学柔道塾で指導を受けている。

今日は宮城県内の少年柔道塾や同好会などが参加する団体戦で、小学生男子部門(5、6年生)では21チームが参加した。
1チーム5名、今年は孫が同塾チームの大将である。
a0148206_18215854.jpg
a0148206_18222006.jpg
1回戦は4勝した後、最後の大将戦では指導を受けて判定負け。相手は6年生で体も一回り大きく評判の強い選手だったようだが、出足が悪い。

2回戦は見事な払い腰で一本勝ち、見事に決まった。
a0148206_18263057.jpg
a0148206_18262937.jpg
a0148206_18262957.jpg
a0148206_18263009.jpg
3回戦ではチームは勝ったが、孫はまた判定負け。
どうした!どうした!

決勝では県内でも強いとされるチームが相手であった。
1人目、2人目、そして3人目はいずれも引き分け。
4人目は判定負け。
もう後はない。

最後の大将戦では、抑え込みの一本で勝った。
抑え込み!(カウント開始)
a0148206_18313055.jpg
20秒で一本!
a0148206_18313434.jpg
結局1勝1敗3分となったが、一本勝ちを優先とし、優勝が決まった。
見事な逆転優勝である。
a0148206_18342557.jpg

そして表彰式。
a0148206_18345121.jpg
a0148206_18345802.jpg
次は、宮城県代表として、東北大会に参加する。

ところで、背中には名前の下にそれぞれの所属するチーム名「仙台大学柔道塾」が入るが、孫は宮城県の強化選手になっているため、こういうローカルの大会でも「宮城」の銘が許されているのだそうだ。
a0148206_18430657.jpg
我が家系では初めての本格的な?スポーツ選手、これからの活躍が楽しみである。

なお、仙台大学柔道塾の塾長 南條充寿氏は、仙台大学の教授で柔道部の総監督であるが、リオ・オリンピック女子柔道監督として、女子柔道金メタルなど5個のメタル獲得するなど指導者として活躍された。

今日も鋭い目つきで指導にも力が入っていた。
a0148206_18554195.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







[PR]

# by seokazuo | 2017-09-18 19:16 | イベント | Comments(4)
2017年 09月 17日

主のいない寂しい庭

庭の管理人が居なくなって、雑草も増え荒れてきた。
倒れて緊急搬送入院したのが、昨年10月末だから、もう10カ月以上になる。

それでも、妻が育てていた花がチラチラ顔を出してきている。
以下は2017-9-17撮影。
a0148206_19325897.jpg


カクノトラノオ、
a0148206_19330070.jpg
アベリア、
a0148206_19330031.jpg

アリッサム、
a0148206_19325996.jpg

アオバナホトトギス、
a0148206_19325911.jpg

マリーゴールド、
a0148206_19325931.jpg


ゼラニューム、
a0148206_19325844.jpg

バーベナ、
a0148206_19325776.jpg

木立ベゴニア、
a0148206_19325703.jpg

シュウメイギク、
a0148206_19370907.jpg

ノボタン、
a0148206_19370872.jpg

ミズヒキ、
a0148206_19370886.jpg

???
a0148206_19371185.jpg
花の名前を覚えるのは大の苦手で、写真を撮るたびにいつも妻に聞いていた。
多い年は200種以上の花が入れ代わり立ち代わりで咲いていたが、妻はほとんど即答で教えてくれ、その記憶力にはいつも感心していた。

今はもう聞く人はいない。

過去の記録を見直し、かろうじてこれだけの花の名前を付すことができた。

庭の花はどんどん消えていくだろうが、撮った花の記録は、しっかり残っている。
妻の好きだった花園は、しっかり画像として残したい。花に囲まれていた妻の姿とともに・・・
a0148206_20422731.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








[PR]

# by seokazuo | 2017-09-17 20:45 | 花・鳥獣・自然 | Comments(0)
2017年 09月 14日

そば畑を探す

この時期、そば畑がきれいなはずである。
一面真っ白になる・・・妻の好きな花だった。

今の車に替わって、まだ遠出したことがない。
好天に誘われ、初めての県外、山形県の最上地方を目指した。
最上地方は、先日「リゾート列車「みのり」で回った、新庄市を中心とした最上川流域である。

目的地は肘折温泉、その手前にある「湯の台高原そば畑」、見事であった。
まさに白い絨毯を敷き詰めたような・・・そういう表現がぴったりである。
a0148206_20004111.jpg
a0148206_20004211.jpg
そばの高さが分かるように撮ってみた。
a0148206_20004145.jpg
肘折温泉まで来て、温泉に入らないわけにはいかない。
温泉街のはずれに立派な日帰り温泉施設があった。
a0148206_20004469.jpg
肘折温泉街は、古くは湯治場であったことから、いまでも自炊客が多いようだ。
町中も鄙びた湯治場の雰囲気である。
a0148206_20004390.jpg
a0148206_20004375.jpg
このエリアは日本有数の豪雪地帯としても有名であり、冬場の積雪は4mを越えるという。
冬場、地区外への唯一の出入り道路が、平成24年の大規模地滑りにより崩落したため、ラセン状の大橋ができていた。
遠景が肘折温泉である。
a0148206_20004439.jpg


帰りに立ち寄ったのが、そばが有名な大石田町、
名物のお団子屋「最上川千本だんご」で団子を食べ、
a0148206_20521608.jpg

ランチは当然「大石田そば街道」で「板そば」である。どういう訳か、イカのげそ天が付く。板そばは家を出る前から決めていた。
a0148206_06535472.jpg
a0148206_20004019.jpg

新しい車は普通のガソリン車である。
覚悟していたとはいえ、今までのハイブリッド車に比べ、燃費はほぼ半分、2ヶ月半で1000km走って、10km/L前後であった。

今日のドライブでは220km走行で、燃費は18.5km/Lと意外に伸びた。
それだけ道路が空いていて、信号はほとんどない田舎道を走ったということである。

今日の妻への土産はそば畑の写真とお団子である。
a0148206_05234310.jpg
a0148206_20515518.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




[PR]

# by seokazuo | 2017-09-14 20:59 | 日帰り圏 | Comments(0)
2017年 09月 03日

江の島散策


三男の住んでいるのは世田谷区、小田急沿線である。
「明日はお天気が良さそうだから、朝の散歩で江の島まで富士山を撮りに行ってくる」
と朝食は断っておいた。

当日朝、出発したのは6時20分、ちょっと出遅れてしまった。

小田急線終着駅「片瀬江の島」に着いたのは7時半過ぎだった。
a0148206_09385766.jpg
富士山は!?
この方向に見えるはずだが・・・見えない!
a0148206_09395271.jpg

犬を連れて散歩していた人に聞いてみたら、朝早くは見えたとのこと。
「これから待っても見えないでしょうね?」
助け舟を求めたが、黙って笑い顔で去って行った。

このまま引き返すのは悔しいので、久しぶりに江の島を歩くことにした。
よく考えてみると、江の島まで渡ったのは何回かあるが、島を歩いた記憶はない。

まず島の左側(東側)へ、土産物店が並んでいるが、まだ営業はしていない。
細い路地に入ると、釣具屋や宿が。
a0148206_09474494.jpg
生活感が漂う。
a0148206_09481526.jpg
江の島に住んでいる人は数百人とか。

さらに歩いていくと、思いがけない風景が。
波消ブロックの向こうに岩場が広がっていた。
a0148206_09482473.jpg

岩場に降りていくと、
a0148206_09490913.jpg

a0148206_09485766.jpg
島の周囲のほとんどは激しい浸食によって切立った崖になることに、今回初めて気が付いた。
a0148206_09552358.jpg

丁度潮が引いている時間帯だったから歩けたが、うっかりすると帰れなく可能性のある岩場である。
格好の磯釣りの場となっている。
a0148206_09591885.jpg
これ以上は進めないので、引き返してヨットハーバーへ。
1964年の東京オリンピックに際し、日本で初めての競技用ヨット用ハーバーとして建設され、1000隻以上ものヨットを収容できるそうである。
a0148206_10020091.jpg
a0148206_10023316.jpg

2020年東京オリンピックに備え、これだけのヨットを他所に移すそうだが、ここに来るとその大変さが伝わってくる。

入口に引き返し、右側ヘ歩くと、飲食店や土産物店などが両側に並ぶ中央の弁財天仲見世通りとなる。
a0148206_10115146.jpg
登っていくと「エスカー」という看板が目について。
何だろう?
屋外エレベーターで頂上まで行けるという。
歩いて登るのはそれほど苦にはならないが、試しに乗ってみることに。
エスカーは3つの区間に分かれており、1区間はせいぜいビルの3階相当分?の長さしかない。
a0148206_10203593.jpg

期待外れというか、歩くためにやってきたというのに、こんなものに乗って・・・恥ずかしい思いだった。

途中にある海の女神を祭ったという辺津宮神社。
a0148206_10222081.jpg
頂上まで上ると、分かりやすい地図があった。
a0148206_10245061.jpg

上が南方向、左が東、右が西方向である。
上(南)の海岸から左側のヨットハーバーに歩いたのが分かる。

この後、左側に進んだが、階段を下ったり上がったり、結構大変な散歩となった。
a0148206_21451281.jpg

水上バイクのレース?
展望所からは見晴らしがよい。
a0148206_21500320.jpg
a0148206_21515748.jpg
ヨットハーバーと鎌倉方面(東方向)を見下ろす。
a0148206_21584578.jpg
島の入り口に戻り、さらに右側(西方向)に進むと、すぐに岩場に降りてしまう。
ここから見る富士山や夕日は素晴らしいだろうな。
a0148206_22011722.jpg
江ノ島の西海岸は絶壁が続く。
a0148206_22012335.jpg

江の島を後にし、江ノ電で鎌倉に。
a0148206_22032718.jpg
鎌倉駅前は相変わらずの人、人、人・・・
早々に引き上げた。
a0148206_22033251.jpg
帰りは、
鎌倉~新川崎~登戸経由で帰り着いたのはお昼過ぎてしまったが、ちゃんとランチを準備してくれていた 。

17000歩の朝の散歩であった。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[PR]

# by seokazuo | 2017-09-03 22:08 | 旅行・国内 | Comments(0)
2017年 09月 03日

孫がまたエスコートキッズに!

東京在住の三男夫婦は日本プロサッカーリーグJ1の「鹿島アントラーズ」の熱烈なファンである。時には全国各地で行われるリーグ戦にも応援で出かけることもあるようだ。勿論敵地に行くときは観光も兼ねているのは言うまでもない。

孫がアントラーズのエスコートキッズに選ばれたので、写真撮りにきてほしいと呼び出しがあった。
a0148206_09590950.jpg
昨年も選ばれており、幸運にも2回目である。
試合は鹿島アントラーズの本拠地、茨城県鹿嶋市にあるカスマスタジアムである。

家に引き籠っているであろうから、気分転換のため呼び出してくれたのだろう。


試合はJ1リーグ戦の合間に行われる「ルヴァン杯」、相手は皮肉にも「ベガルタ仙台」である。

三男の住んでいる世田谷区より車で2時間弱、
この日はわざわざレインボーブリッジ経由で走ってくれた。
a0148206_09535556.jpg
a0148206_09535504.jpg
ディズニーランド、幕張を通過。
a0148206_09535654.jpg
a0148206_09535643.jpg
さらに走ること1時間、成田を過ぎると、茨城県の田園風景は広がってきた。
a0148206_09535668.jpg

そしてカシマスタジアムが。
a0148206_09590712.jpg
a0148206_10191533.jpg
スタジアムの一角、エスコートキッズの指定場所に集合、説明を受けていた。
a0148206_09591819.jpg
a0148206_09591763.jpg
まず、練習でグランドへ。
a0148206_09591071.jpg
試合開始は18時過ぎ、
a0148206_09592020.jpg
いよいよ入場開始。
a0148206_09593403.jpg
孫の背番号は「33番」である。
本人の意に反し、相手チーム(べガルダ仙台)の選手と手をつないで入場することに。

そしていよいよ整列、先発選手が後ろに並んで記念撮影である。
a0148206_09535398.jpg
そしてすぐに解散、退場。この間ほんの1分半程度であっという間に終わってしまった。
そして試合開始・・・
a0148206_09535440.jpg
アントラーズの応援席に比べ、
a0148206_09590972.jpg
アウエーのベガルタ仙台側は寂しすぎるのも仕方ない。
a0148206_09591090.jpg


試合は3-2でアントラーズが勝った。


この日は鹿島アントラーズのユニホームを着せられ、敢えてべガルダ仙台を無視せざるを得なかったのは言うまでもない。
a0148206_09591899.jpg
この日はお月様も観戦?
a0148206_09535497.jpg
a0148206_09535479.jpg
帰りは順調に走り、1時間半で帰り着いた。
充実した一日であった。

少しでも気分を晴れさせようと、こういう企画をアレンジしてくれる気配りが何よりも嬉しい。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









[PR]

# by seokazuo | 2017-09-03 21:29 | イベント | Comments(2)
2017年 09月 01日

リゾート列車「みのり」



ご当地リゾート列車「みのり」に乗ってみた。
余りの好天に、いわば衝動的に飛び乗ったと言った方がいいかもしれない。

この列車は、仙台から東北本線を30分ほど北上し、「小牛田(こごた)」で陸羽東線に分岐し西進、
山形県の「新庄」まで、3時間余りで走る期間限定の快速列車である。
a0148206_16304605.jpg

a0148206_16305326.jpg
東北本線からも、ちらっと松島が見える。
a0148206_16310527.jpg
まもなく陸羽東線に。
a0148206_16305872.jpg



みのり」という名前には、陸羽東線のキーワード「稲穂」実りのある収穫、「温泉」実りのあるひととき、「紅葉」実りの秋「実り多い旅にしてほしい」という意味が込められているそうである。

陸羽東線は国内屈指の源泉数を誇る鳴子温泉をはじめ、東鳴子・瀬見・赤倉など、沿線に数多くの温泉が点在し、また芭蕉や政宗公ゆかりの名所も多く「奥の細道湯けむりライン」の愛称で親しまれている。

いまはまさに「稲穂」実りのシーズン、車窓から眩しいばかりの黄金色一色であった。
a0148206_16384351.jpg
a0148206_16383874.jpg
今年8月は記録的な日照不足で心配していたが、先日のニュースによると、今年の作柄は「やや良」とのこと、
こういう景色を見ると、納得である。

途中、鳴子温泉で30分程度停車した。
a0148206_16384665.jpg
a0148206_16443921.jpg
駅前には足湯もあり、乗客でさっそく足を入れている人たちもいた。
a0148206_16385990.jpg
鳴子峡は屈指の紅葉の名所であり、鳴子峡にかかっている橋の上から見下ろす景色が最高である。
列車はトンネルで谷底を通過するが、一瞬だけトンネルの切れ間がある。
見上げると、いつも見下ろす橋が、はるか上の方に見える。
さすがリゾート列車、しばらく徐行してくれた。
a0148206_16444477.jpg
山形県に入っても、すばらしいみのりである。
a0148206_16445521.jpg
a0148206_16450707.jpg
新庄でのランチは、勿論山形名産のそばである。
乗り換え時間があまりないので、駅前で。
a0148206_16451263.jpg
新庄から山形へ南進、新幹線「つばさ」で40分程。
a0148206_16452034.jpg
そして山形~仙台を結ぶ仙山線で東へ、ローカル線をのんびりと1時間あまり、今日の四角形のルートをぐるっと廻った周遊は終わった。
途中、山寺を通過する。
a0148206_16554790.jpg
仙台駅を出発したのが9時過ぎ、15時過ぎにはもう帰宅した。

今日廻ったエリアは日頃のドライブ圏であり、たびたび訪れている。
運転している視野は制限されるので、列車からは全ての景色が新鮮に映った。
そして、初めての一人旅・・・

あまり家に籠っていると、どうしても気が沈みがちになりやすいので、四十九日法要が終わったことで、できるだけ外に出るようにしているが、今日は久しぶりに気分が晴れた一日であった。

また旅をしよう・・・



-------------------




[PR]

# by seokazuo | 2017-09-01 21:01 | 日帰り圏 | Comments(2)
2017年 08月 28日

久しぶりのブルーインパルス

久しぶりの「ブルーインパルス」・・・
a0148206_09325551.jpg

東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地(仙台市より石巻方向に電車で1時間あまりの東松島市)で昨日8月27日、「航空祭」が復活した。開催は2010年以来7年ぶりで震災後初めてである。
基地所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が久しぶりの真っ青な空を華麗に舞い、堪能した。

見に行こうか・・・朝から迷っていたが、スケジュールを調べてみると、13:45より午後の飛行があることが分かり決断した。すでに11時である。
白内障手術の後で、しばらくは運転は控えるようにとの注意を受けているため、バスと電車(仙石線)を乗り継いで出かけた。
久しぶりに重い一眼レフの出番である。

到着したときには、すでにショーの始まりを告げるアナウンスが流れていた。
基地内には入らず、すぐ外の、工事中の防潮堤(かさ上げ道路、まだブルーシートで覆われていた)の上へ。
すでにたくさんの人陣取っていた。
基地内は人で溢れていた。
a0148206_09325924.jpg
重いカメラに重いレンズ、あっという間に通過する飛行機を撮るのは容易ではない。
a0148206_09330957.jpg
a0148206_21302734.jpg
a0148206_09331578.jpg

a0148206_09351381.jpg

a0148206_09344351.jpg

a0148206_09343607.jpg

a0148206_09352014.jpg
高速シャッター使用<1/3200~1/5000秒>
a0148206_09345437.jpg

a0148206_09332698.jpg

a0148206_09333914.jpg
a0148206_21302711.jpg

久しぶりに写真を撮った気がした。

<追記>松島基地は震災の津波でF2戦闘機など28機が被災。飛行隊は三沢基地で訓練していたが、昨年3月に帰還している。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



[PR]

# by seokazuo | 2017-08-28 09:57 | イベント | Comments(0)
2017年 08月 25日

白内障手術中は何が見える?

1月、免許証の更新に当たり、視力が気になり眼鏡屋に行った。
「0.7」以上が合格だが、調べてもらうとぎりぎり・・・
レンズの度数を変えてみたが、あまり改善されない。

眼科で調べてもらったら「白内障」と診断された。
視力を改善するには手術が必要と。

医者が曰く、「取りあえず挑戦してみたら。手術するかどうか、それから考えましょう」と。

免許センターでのチェックでは、すんなり通過、ラッキー!

それほど進行しているわけではないとのことだったが、やるなら早い方がいい、
思い切って手術することにした。
申し込んだ東北大病院は非常に混んでおり、ようやく順番が来た。
2泊3日の入院である。

白内障手術では、濁った水晶体を超音波で砕き、吸引して取り除き、その代りに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入することである。
a0148206_16083219.jpg

1日目は、心電図やレントゲンなど検査、何回もの点滴など。

2日目、いよいよ手術である。

今回の手術で、一番気になっていたのは、手術中何が見えるのだろうか・・・

水晶体を砕いて吸い取られる様子なんて、何となく怖くて、できることなら目をつむって、見たくないがそうはいかない。
目の表面の部分のみに麻酔をかけるだけなので、視覚を伝える神経はそのまま、つまり見えてしまう!
しかも器具を使ってしっかり瞼が開くように固定される。

前処置の影響で、目がかすんでしまい、最初医者の顔がぼんやり見えたがすぐに何も見えなくなった。
照明だけが眩しい。

そのうち、キラキラ輝くピンクやブルー模様の世界が、いわばオーロラ状というべきか、
ちょっとした幻想的な世界が広がった。
絵心がある人なら、その世界を絵にできるのかもしれない。

この間、水晶体が超音波で砕かれ、吸い取られているのだろうが。

そのうち目に物理的な力を感じたが、このとき新しい人工レンズがはめ込まれたのであろう。
眼帯をしっかりかけられ、

「ハイ、終わりました!」

前処置に10分程度、手術は20分はかからなかっただろう。

3日目、眼帯を外してもらったが、その途端、まさに明るい!!!
濁った水晶体を透明なレンズに取り替えたわけだから、目に入る光量がぐんと増えるわけだから当然であろうが。

担当医とその上司?の2度のチェックで、「きれいに仕上がっています」との評価で、無事退院が決まった。

記録的な長雨が続いていた仙台市、
この日に限って日が差してきた。

眩しい!眩しい!

帰宅してテレビを観たら、我が家のテレビが4Kテレビになったみたいに、一段と高精細になった(笑)
新聞を読んだりパソコン操作など、非常に見やすくなったのは言うまでもない。

ただメガネ(近視)の再調整が必要だが、術後安定するまで2~3ヵ月待つようにとの指示を受けている。

しばらくは点滴が忙しい。
a0148206_16082618.jpg




[PR]

# by seokazuo | 2017-08-25 16:13 | 生活・日常 | Comments(2)